Adam isn't here

imagination & creation   

私が教えます… 岩永嘉人:水彩画、美術(絵画)講座のお知らせ
◆水彩画は日本人にとってなじみ深い画材ですが、奥が深く多様で独自の表現ができます。この講座では、水彩の独自性をいかした作品づくりを受講しているみなさんと一緒に考え、制作を楽しみます。
◆美術の世界は自由に制作して、オリジナルな作品が求められています。この教室では油絵、アクリル画など画材も自由に選べます。初心者からベテランまで個性や目的に合わせて伸び伸びと自己を表現してみませんか?
日時:第1・2・3週の土曜日 13:00〜15:00(水彩画)15:20〜17:20 (美術)
受講料:10,380円(3カ月分)
場所:長崎新聞カルチャーセンター
お問い合わせ・お申し込みは:長崎新聞カルチャーセンターTEL095-844-2122

ユニマットコレクション フランス近代絵画と珠玉のラリック展―やすらぎの美を求めて― この展覧会は、島瀬美術センター開館35周年記念事業として開催されます。現在、オフィスコーヒーや介護、リゾートなどの事業を幅広く展開しているユニマットグループの創業者、高橋 ...

0からモノを作り出す創造的な世界は、コンピューターが最も苦手な分野だと思われていました。しかし、今、AI機能により プログラムによる芸術活動が可能に成りつつあると言われています。ロゴを30秒でデザイン出来るAI、作曲するAI、小説を書くAI、ホームページをデザインす ...

ロンドンを中心に活躍する覆面芸術家のバンクシーが描いた「Balloon Girl(少女と風船)」がオークション会場で100万ポンド(約1億5000万円)超で落札された直後、バンクシーが仕掛けたシュレッダーで切り刻まれるという衝撃的な出来事が起きました。それにしても、紙の作品と ...

ギャラリーヴィアッジョ5周年記念 中島秀明×陶山伸一 二人展 会 期:2018.10.13(sat)〜27(sat)11:00〜18:00  最終日は17:00まで 休廊日:10月17日(水)・24日(水)            会 場:Gallery Viaggio (長崎市八幡町3−17  tel:095-895-8907) ...

齋藤寛先生が座長を務める会に参加し、山本太郎長崎大学熱帯医学研究所教授の話を聞きました。齋藤先生から山本先生の著書『抗生物質と人間 −マイクロバイオームの危機− 岩波新書 2017/9/21 』を、お借りしていたので、今回は大変いい機会となりました。今日はその話題か ...

私の勤務先があるビルは長崎市の中心部にあるので、朝からシャギリの音が響きます。ビルの玄関には幔幕(まんまく)が張られ踊り町を迎える準備ができています。9階にある事務所から、庭先周りの様子がよく見えます。演し物は上から見るものではないといわれますが仕方ないで ...

作品に合う額縁がないので、自作しています。これが結構大変なのです。今、同じサイズの額縁、4枚目を制作中です。手順もわかりコツもつかめたのですが、45°が正確に切れないのです。1mm以下の誤差なのですが、すき間が出るのです。これが気になるのです。何とか塗装でご ...

hiko情報… ジョンバトの新譜がマジで素晴らしい。もしかしたら過去1かも…。ジョン・バトラー・トリオ、世界待望の4年ぶりニュー・アルバム『HOME』が9月28日にリリース決定!先行シングル「Home」のリリックビデオが本日公開&デジタル配信もスタート!。前作がパーソナル ...

くんち絵師・鳥羽瀬勝 (Tobase Masaru)デジタル作品展 長崎くんち(唐人船) 130×96cm  会期:2018年10月6日〜 会場:当ブログ「Adam isn't here」内   長崎の町は7日から9日まで諏訪の大祭お宮日(おくんち)一色になります。今年は大黒町の唐人船が出ることもあり ...

ウイスキーの話が三日続きます。今日は「ブラックニッカ・リッチブレンド・エクストラシェリー43%」と「ブラックニッカ ディープブレンド エクストラスイート46%」について。 ブラックニッカの限定シリーズはブレンダーズスピリット2016、2017・クロスオーバー・アロマテ ...

晩酌用のウイスキーは2000円以下のスタンダードスコッチが主流ですが、今はニッカウヰスキー「ブラックニッカ・リッチブレンド・エクストラシェリー43%」「ブラックニッカ ディープブレンド エクストラスイート46%」等も楽しんでいます。感想はいずれまとめますが、いずれ ...

秋が深まるとウイスキーの季節(私は一年中ウイスキーの季節ですが…)です。夏場はストレートやトワイスアップだけでなく、のど越しの良さを求めハイボールを飲むことが多くなります。秋の夜長は、食後に、じっくりシングルモルトウイスキーを楽しみたいですね。   6 ...

美術館が若者文化の核に… 長崎県美術館について、いつもは常設展の充実について書くことが多い私です。今年の長崎県美術館は、企画展といい、イベントといい、平年と違います。運営方針が変わったのでしょうか。子ども若者を取り込もうとする流れを感じます。長崎県美術館 ...

昨日紹介した『明和電機ナンセンスマシーン展 in 長崎』では写真・動画撮影が可能(フラッシュ不可)です。それには、明和電気(土佐信道氏)が作品の著作権を外し、多くの人に情報を拡散させて欲しいという、彼らの戦略的なねらいがあると思います。誰もが同じ考えにはなら ...

今年の長崎県美術館の企画展が充実していることは、このブログでも取り上げました。10月9日から始まるのが『明和電機ナンセンスマシーン展 in 長崎』です。今年、結成25周年を迎える芸術ユニット『明和電機』の大展覧会です。土佐信道プロデュースによる芸術ユニット『明和 ...

谷口英明油彩画展 −長崎の光と花に込めるものー 会期:2018年9月29日(土)〜10月9日(火) 最終入場は午後4時 会場:KTNギャラリー (長崎市五島町3−13 tel:095-827-8452)   谷口英明(たにぐち ひであき)Biography 1961 長崎市大浦東町に生まれる 1983 日洋展 ...

南島原市アートビレッジ・シラキノエデュケーター池田俊彦さんについて… 池田さんの作品については簡単に紹介しました。作品を観ると分かりますが、本当に素晴らしいプロフェッショナルな作家です。よくぞ、この地に来てくれたものだと思います。『南島原市アートビレッ ...

南島原市アートビレッジ・シラキノのパンフレットがあるので掲載します。注目すべきは工房にある木版・銅板・リト用プレス機とシルクスクリーンに使う吸着式焼き付け機です。公民館講座や学校で使われるような代物ではありません。いずれも専門家用です。美大・芸大・美術専 ...

小泉今日子主演の映画『食べる女』を観てきました。笑いの中にほろりとさせられる大人の映画です。この映画では男は刺身のつまでした。帰りに焼き鳥屋で手羽先を食べたのですが、見た目から映画の手羽先に負けていました。 画像は「食べる女」パンフレットより  ラストシ ...

今日は、旧暦の8月15日。「中秋の名月」です。長崎地方は曇り空で月を愛でることはできません。明日は満月ですが、天気が気になります。 昼は、中山ダムで今季初のカルガモとオシドリを観ました。カルガモは留鳥、オシドリは漂鳥なので渡ってきたとは思えませんが、中山ダム ...

南島原市は日本における銅版画発祥の地でセミナリヨ版画展を開催しています。その南島原市に平成26年度末に廃校となった南島原市立白木野小学校が、版画芸術を核とした「南島原市アートビレッジ・シラキノ」として生まれ変わりました。エデュケーターとして、1980年生まれの ...

5年前に全身のがんであることを明かし、先月13日には左大腿骨骨折で入院中だった、樹木希林さんが9月15日に自宅で亡くなりました。最期は家族に看取られながら息を引き取ったそうです。享年75歳。様々なことをについての名言が数多くある樹木希林さん。今後、出版社から名言 ...

今日はウイスキーではなく9月6日の「長期熟成と光量規制」に続き壱岐焼酎の話です。壱岐といえば麦焼酎ですが、かつては、蕎麦を主原料とする蕎麦焼酎も造られていたそうです。今は、猿川伊豆酒造のみで造られています。蔵元のこだわりと熱意で伝統が守られているのです。生 ...

展覧会の案内:AKEMATSU SATISHI WORLDⅥ明松さんは、発表のたびに抽象、具象にこだわることなく作品のスタイルや技法を変えます。今回は初挑戦の油彩(抽象・具象)作品20点と水彩画(太鼓山コッコデショ練習風景等)10点を展示します。さて、どんな作品なのでしょうか。楽 ...

朝夕はめっきり涼しくなりました。夜になると我が家の周りでも虫の声が聞こえます。日本では風流な虫の声ですが、世界では虫の声をノイズととらえるといわれ、虫の声から季節感を感じることはないようです。以前このブログでも『秋の虫の声が心地いいと感じるのは日本人とポ ...

Eliane Elias『Dance of Time』 秋に限らず、通勤時は音楽を聴いています。一年中音楽を聴いているのですが、それぞれの季節の中で聴きたい音楽はあります。特に秋は聴きたい曲が多いように思います。秋はジャズピアノと女性ボーカルと言いたいところですが、夏の余韻が残る ...

私は、平面に絵画作品を制作している表現者です。あなたは何物ですか?と聞かれたら、何と答えましょうか、「カルチャーセンター美術講師?」「絵描き?」「平面に絵画作品を制作している表現者?」、難しいですね。でも、「芸術家」「アーティスト」とは、何となく名乗れま ...

父の名前は「嘉政・ヨシマサ」で、私は「嘉人・ヨシト」、息子は「嘉彦・ヨシヒコ」です。三代続けて「嘉」という文字を使っています。父「嘉政」は、高祖父(曾祖父の父)の「嘉兵衛・カヘエ」から一文字いただいたそうです。曾祖父は嘉永元年の生まれ、曾祖母は安政二年の ...

長崎居留地まつりは、平成8年にスタートし、平成13年からは実行委員会と行政が一体となり、多彩なイベントを開催しています。大きな祭に成長しました。実行委員長の桐野耕一さん、事務局長の梅元建治さん、運営委員長の森正さんを始めスタッフの皆さん御苦労様です。   会 ...

中尾清孝展に行ってきました。小品が中心の展覧会ですがギャラリーの雰囲気と相まって、クールでかっこいい展覧会です。作品は、中尾さんが愛犬と散歩する中で出会った植物や、日常生活の中で見つけた、植物を木炭、シルクスクリーン、熱転写紙などを使い表現しています。描 ...

↑このページのトップヘ