今回の地震で亡くなられた方々、大切な人を亡くされた方々、大切なものや思い出をなくされた方々、避難されている方々にお悔やみとお見舞いを申し上げます。今、私は何もできませんが応援しています。一日も早い復旧復興を願っています。

DSC_3883
DSC_3967
DSC_3978
DSC_3981
南阿蘇を思う(海猫屋1987)

のんびりと春を楽しむために329日から31日の3日間南阿蘇を訪れました。南阿蘇の雄大な風景とコブシや桜など春の草花に癒された旅でした。南阿蘇ではありませんが、阿蘇神社にも参拝しました。阿蘇大橋も通りました。西原村、益城町も通りました。今、テレビ画面に映し出される映像と三日間の旅で見た風景の変わり様に驚いています。

泊まった宿は海猫屋1987(阿蘇郡南阿蘇村河陽4703)。その名のとおり1987年に開業した天然酵母パンとオーガニック料理が味わえる14組だけのカナディアンハウスのペンションです。森の中にある小さな宿は木の温もりと優しさに包まれ訪れた人を童心に戻してくれる不思議な空間です。オーナーの夏井光長さんは、子供たちを大自然の中で育てたいという思いから1987年に阿蘇に移り住みペンション経営をしています。光長さんは五島市の出身で以前は長崎市で飲食店を営んでいました。海猫屋という名前はそのときの店名です。ペンションに海に関する様々なものが置いてあるのも光長さんの五島(海)への想いです。今回は光長さんご夫婦に会い、話をするのが大きな目的でした。阿蘇噴火のあと風評被害からか外国人観光客を中心に客足も鈍くなったと話していました。先ほど光長さん家族の無事を確認しました。南阿蘇は雄大な阿蘇五岳と、清らかな水、豊かな温泉に恵まれた、自然と人の暮らしが調和した豊かな土地です。自然と人心の復興を願っています。


 大木実「_前へ」から…

幸いなこと、厭なこと、哀しいことに、出会うたび、

僕は弱い自分を励ます。

_前へ。


_前へ。南阿蘇、また訪れます。