2014年09月27日

LEDライト、レーザーポインター、探知機を取り扱っています。

LEDポインターと称する製品の多くは、レーザーポインターにLEDライトを追加したものです。光源にLEDを用いたレーザーポインターを思い浮かべがちですがそうではありません。LEDライトを付けることで、暗い室内での利便性を高めることができます。

LEDがレーザーの代わりにならないのには理由があります。レーザー光を発するLD(レーザーダイオード)とLEDは同じダイオードの仲間ですが、 その発光する光は全く異なる性質を持っているからです。LEDは、LED電球やLED照明に使われるようにごく一般的な可視光線を発します。レンズで絞り 込んでも集光することは難しく、平行光を作ることも困難です。一方、LDが発するレーザー光は、直径数マイクロメートル(またはミクロン=0.001ミリ メートル)以下の限界まで集光できます。さらに、遠方まで届くような平行光を発することも可能です。

新商品TrustFire セクター8  USB充電式懐中電灯

このレーザー光の性質を利用したものが、レーザーポインターです。高出力レーザーポインターを使えば、プレゼンテーション中のスクリーンに離れた場所から指し棒を使うのと同様に位置を示せますが、LEDを光源にして同じことを実現することはできません。レーザである
刺激された放射線放出の略語による光増幅 ,レーザー光がどのようにして作られるかと言うとある限られた物質(個体、気体、液体)に外から光または電気的な刺激を与えるとその物質はわずかな光を出します。

連続して物質に刺激を与えるとどんどん微量の光が発生しその連続した微量の光はミラーの間を反射しながら増幅されある程度の値に達するとレーザー光として、レーザー発振器から放出されます。

 太陽光は7つの光を合成した自然光ですがレーザーは人工的に作り出した光で自然光に較べていくつかの特徴を持っています。

 例えば、懐中電灯をつけると懐中電灯の光は広がってしまいますがレーザー光は、ほとんど広がらずに一直線に進みます。

プレゼンなどで使う赤色のレーザーポインターがその役割を果たしています。

 一口にレーザーといってもレーザーの基になる物質によって発振される波長が異なります。

その波長の長短によって加工できる素材も異なります。

レーザー加工機といっても原理はわりと簡単で子供の頃に虫メガネを使って太陽光を絞り黒い紙を焼いた事があると思いますが

レーザー加工機は虫メガネの代わりに高価なレンズで太陽光の代わりにレーザーポインター販売光で黒い紙を動かす代わりにXYプロッタでどの様に動かすかを頭で考える代わりにパソコンで制御するという感じです。

 世の中には研究開発などで使われる微細加工用と木材やアクリル板やゴムなどの加工に使用される一般加工用があります。

 弊社のレーザー加工機は一般加工用で主に、彫刻や切断用のレーザーで比較的小型で低価格なものです。

一般的に一般加工用として多く使用されているのはCO2(炭酸ガス)レーザーです。

そのため、懐中電灯の多くの利点、あなたはより多くのあなたがヨーヨーを参照することができます知ってほしい方法があります ,以下の関連ブログで視野を広げ

url/:

http://www.wholesalejp.com/c-9/p-1529.html

http://hu123.seesaa.net/article/406054466.html

http://nomimono.skyrock.com/3232621595-posted-on-2014-09-26.html




huxiuxiu at 11:42コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー