2006年04月

2006年04月27日

フランス人 “モクモク” de 腐乱す♪ 

33914bb6.png皆さん
タバコを吸いますか
俺は吸いません




昔3歳ぐらいの頃
おばあちゃんに
「吸ったらあかん」
といわれて吸えません



さてここフランスでは結構な喫煙者が
います。しかし健康を害するのは確か
フランスは社会保障が効いてることで
有名ですが、移民やら失業者の
サポートで大量のお金が
流れちゃいます

まぁそういうことも1つの理由でしょうか、
今回シラク大統領は、
依存症に対する政策」を発表しました
というのは、単純な療法で、ガン患者
の3割が救えるというのです

ここでいう“依存症”は、
タバコ、大麻、アルコールを指します。
“ガン”ときたらまぁ「タバコ」
でしょうけれど。。。

依存症は軽傷のケガとくらべて、
長期スパンのものなので、
保険会社や銀行も文句を言いにくい
と言う現実もあります

去年のデータによれば、
タバコの値段が40%上がったことにより
1400万人の喫煙者が減ったとか
タバコ1パック(約3ユーロ→約5ユーロ)
1ユーロ140円として、280円程の高騰ですね

生活さえも大変なフランス人は、
有料な毒ガスをカットしたわけです

なにはともあれフランス政府は、今回
170億ユーロを投じて依存症ならびに、
それによるガン患者などの国民に医療措置
などのサポートをすることを決定しました

ひとりひとりの「自己責任」というか
自己規制」の意識で結構患者数は
抑えられそうですが。。。

この国もキリストの権化のような国です(笑)

ちなみに身内がだいぶ前、長年の喫煙によって
肺がんになりました
まぁ歳なのであっさり治りました

タバコを吸う皆さん、
本当に気をつけましょうね

“Save our money, Save our health”

歩きタバコ罰金法を施行してほしい・・・


hwakae198495 at 19:47|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

え?今頃!?

03e98205.jpgいまヨーロッパの
日本ひいきな人たちに
密かに人気になってる
コアな“日本趣味
それは、、
ヴィジュアル系
マイノリティですが、
そのファン層は
確固たるもの
だそうです



その中でもやはり一番人気は
Gackt”日本が好きな
ヨーローピアンはビジュアル系ファン
でなくてもこの名前はかなりの確立で
挙がってきます

そのほかDir en Grey
クラシック路線ではやはり
X-JAPAN、名前がわかりやすいから?(笑)

Dir en Grey





しかし、ファン達も一応日本通なので、
もうヴィジュアル系が日本では
廃れてることぐらい知ってるんですね

じゃあなぜに今ごろ???



それは、日本では売れなくなったバンドが
ヨーロッパ遠征を始めているからです

むかしはご近所の台湾などが精々でしたが
最近は食っていくために彼らも必死なようで
わざわざ十数時間かけて欧州遠征というわけですね
ドイツはベルリンのロックフェスティバルでは、
ヴィジュアル系が結構頻繁に来てるみたいです

ところが彼ら英語の単語は知っていても
さすがにドイツ語、フランス語、
イタリア語、スペイン語、オランダ語などなど
急に勉強するのは無理なんで、
サイン会や、ファン交流会では、どうしても
言葉少なげにになってしまうらしくファンからは、
「日本の男の子はやっぱりシャイなのね、可愛いっ
って言われる傾向があるらしいです(笑)

まぁちょっと「可愛い系」で売ってるので、
ちょうど“追い風”なんじゃないでしょうか

これからの時代の
ヴィジュアル系にいる要素は
“ヴィジュアル面”だけでなく
国際面”として多ヶ国語を話せる
必要もあるみたいですね

さぁ、スタジオもいいけど、
ECCやらBERLITZに行きましょう(笑)



残念ながら日本のHIPHOPの評価は
海外ではよくないみたいですね・・・・
フランスではかなりの酷評です
ケツメイシすきなんだけどなぁ・・・

LUANSEA

2006年04月26日

SLOWFOOD (⇔FASTFOOD)

64f4a08b.gif前回に続き、
」特集。
食欲の秋といいますが、
食欲の春でもあるでしょう。



スローフード
をご存知でしょうか。。。


SLOWFOOD(スローフード)と書きますが、
実はイタリアで起こった運動なんです
その名のとおり、アンチファーストフード
なんですね

1986年、イタリアは北部、
ピエモンテ州(トリノなど)の
Bra(ブラ)という小さな町で起こった
ローマに店舗を増やし続けた
マクドナルドに対して起こった運動

指導者、Carlo PETRINI カルロ=ペトリーニは、
イタリアの食文化を守るために、
グローバリゼーション(アメリカナイゼーション??)
による「食」の汚染から自国の食文化を
守ろうとしました

イタリア料理は、歴史的にもフランス料理にも
多大な影響を与えてきました。
フランスの宮廷料理は、イタリアのメディチ家の
カトリーヌがフランス宮廷に嫁いだ際、
料理人を連れて行ったのが始まりといわれています

重要なことは、素材を生かすということ。
自国の食材を使うことにより、
自国の農業や産業を守る
と同時に“食”に対する
信用を守る。といったメリット
が挙げられるでしょう

というかフランスもそうですが、
イタリアは観光産業が大きな役割を
果たしているということが大きいでしょうね

外国からのモノを受け入れにくいのは、
多少ナショナリズムな気もしますが、
これが結果的に文化を守るという根拠を明確に
するのならば認められるべきなのでしょう

過去のアメリカの日本に要求した
オレンジ・牛肉に対する
輸入制限の解除を思い出しますね。
まぁ日本はオレンジも牛肉も
文化と何の関係もなかったですけどね(笑)

世界にはこのスローフードの支部が
たくさんあります。
フランスのスローフードフランスも結構
大きいみたいです。

実はアメリカにも少なからずスローフード派が
いるようです
。日本はどうなのでしょうか。。

※SLOW FOOD.com
クリック in English
クリック in italiano
クリック en francais
クリック 日本語


※今日の晩御飯は、
カモ風味人参・ネギのソテー
結構脂っこかったような・・・
カモは油が美味いんです

あぶねぇ・・ポッチャリしちゃう
Saute de carotte et poireau au canard

2006年04月25日

楽々ダイエット♪♪

30b24004.JPG「ダイエット
お前はしなくていいだろ
と思ってる俺を知ってる人は
思うかもしれませんが(笑)
ダイエットってちょっとした
心構えでできちゃうんですよ






ダイエットで一番怖いのは
「食べないでおこう・・」という
への執着心からくるストレス
だと思います。

例えば、意識しちゃう子の事を
意識しないでいようと、
考えれば考えるほど、
どんどん好きになっちゃう、
“甘い”ワナ
と似た感じかと

食べたいものは仕方ない!
好きなものは仕方ない!

そんな感じで食べましょう。
そうなれば食べるものの
選択が必要になります。。。

簡単な事。
買い物の時点で、スナック、チョコ
のコーナーは「通らない」(笑)

特定のものを買わないようにする、っていう
特定の〜」っていう意識は
余計に執着心をかきたてます
(例:ドリトスは買ってはダメ・・・)

それと一番やせている時期に
ピッタリサイズのお気に入りの服を
買いましょう
太ったらはいらなくなるので太れない

当然ですけど、あまり動く予定がない日には
それに応じたカロリー計算が必要です。
→ 朝昼1回で軽いブランチ + 早めの晩御飯

就寝3時間以内にモノを食べない。
お茶、ダイエットコーク、コーヒー等は

ファーストフードにありつかない
これは鉄則。 ex) BIGMAC= 900kcal


自分で調理して、用意・後片付けで忙しい状態にする
そうしたら食欲減退効果アリ
野菜をおでんやら、スープ、ポトフ風にすれば、
食物繊維も取れて、お腹も膨らむ
人間が欲してしまう「塩分」「油分」を
多量に取る習慣を体に覚えさせない事

少し食べ過ぎて胃に未消化を感じる場合は
バスタブで半身浴
読書でもしてたら消化促進、代謝向上
食後の散歩も


などなどこれらのことは、
今回9ヶ月ほどフランスに一人暮らしをして
体得した“留学中でも太らない方法”です

比率的には女性のほうがダイエットには
関心を持ってるようですが、
男性も太ってしまってはみっともないですから
ぜひ参考にしていただきたいです

フランスもアメリカ食文化の影響で年々
肥満の人口が増えつつあります
特に若者を中心に、
女性の肥満が問題とされているようです


写真は今日作ったポトフ★
人参、ネギ、カブ、セロリ、タマネギ
を金華ハムスープで煮込みました
ちょっと和風なPot-au-feuでしょ

※参考ブログ:クリック

※ be on a diet = etre au regime



2006年04月23日

睛天レア倫敦

39a7f543.JPG昨日帰って来ました
イギリスで過ごした
1週間〜
ほんとによく
歩きました
昨日は特に


6日滞在中、地下鉄利用は
2回だけ
だって最低(≒¥620)
そら世界一高いって言われるわ(笑)

最後の最後に雲ひとつない晴天でした
来た日もロンドンは晴れでしたが、
それ以上。。。真夏日でした
は完全にベタに、タワーブリッジ
ビッグベンを北西のパディントンから
歩いて回り、テムズを越えて、南に

OXOタワーでサンドイッチ
落ちたパンくずをあさりに来る鳩と格闘
ヴィノポリスで、
ワインからできた石鹸を購入。。
ワインなんてフランスで買えばいい(笑)

そしてシティ区域で、卵型(写真)の
ビルに遭遇。というか遠くから見えてたので
引き寄せられた感があります

ロンドンはパリより
広い

ロンドンはパリより
買い物しやすい

ロンドンはパリより
サービス精神がよろしい

ロンドン女はパリジェンヌより
ミニスカをよく履く

ロンドンはパリより
日本人が多い

ロンドンはパリより
地下鉄の駅と駅の距離が合理的(笑)

日本人の移民というか、
ロンドンに住居を構える世帯数が増加
しているのもなんとなく納得

でも・・・
モノ高いんじゃあぁぁぁぁぁ

でもきっとまた行きますC'est une tour la plus connue sur Londres

2006年04月22日

♪どんどん買い物ロンドン♪

65a2b281.JPGということで、
ロンドンじゅうを
Tubeに乗らずに、
終始徒歩でお買い物

ほんとに疲れた・・
でも満足

さて宣言どうり、
Paul Smith Sale Shop
行きました。
場所は、ご存知かと思いますが
オックスフォードストリート上で、
ボンドストリート駅からちょっと南
Avery Rowっていう小道(マジ狭い)
にちょこっとある地味な店。
もちろん公式サイトにはのってません

このショッキングピンクの
水玉のネクタイが5000円ちょっとです
あまりモノには違いないでしょうが、
俺にとってはすごくラッキーでした

どんどん内容も変わるみたいだし、
ジーンズは結構種類あるかもです
スーツはやっぱり目ぼしいものは
300ポンドはしました。買いませんでしたが

なにはともあれブリティッシュトラッドが
好きな人にはオススメ

ランチまでの時間を本屋に行き、
英国発音の教材を購入
だって発音聞き取りにくいときあるので

ランチは最近朝・昼・夜を
スーパーで済ましてる自分にご褒美 
Fortnum&Masonにて。
舌平目ヤバいぐらいデカかった
サービスの具合もしっかり満足
計10回ほど「お味はいかがですか?」
これはさすがにまいった(笑)
味もそこそこフレンチ並に美味しかったです★
これがこの旅でのピークだったのかも〜

いったんホテルに戻って荷物を置いて、
ハロッズに行きましたが、疲れてるせいか
買う気が失せてました(笑)
オバちゃんにはなれませんでした〜
ぐるっとまわっただけ。

ハロッズより、セルフリッジって言う
デパートのほうが個人的には楽しかったです
老舗もいいけど、欲しいものがすぐ見つかるほうが
良いときもありますよね

明日は定番観光ツアーで

※Selfridges&Co→クリック

※Fortnum&Mason→クリック(in English)
 →クリック(日本語)

※Harrods→クリック







2006年04月21日

Cymru am byth

6f201de2.JPGカーディフ最終日。
今日は買い物やら、
偶然デパートで
10ポンドセールに
遭遇。。。。
そして買い物に狂う






カーディフはイングランドの西に位置する
あのプリンス・オブ・ウェールズ
ウェールズの首都です★
首都といえどもこじんまりした港町
ですが、地中海の港町のように
危なっかしくありません(笑)

ウェールズはもともと
アングロサクソンの土地ではなく
ケルト人”の土地でした。
そうです、スコットランドや
アイルランド、アイスランドなど、
赤毛系の種族です。
彼らと同系の人種として、
フランスの西海岸ブルターニュでも
彼らと同じ血が流れる人たちがいます。

フランス人も、もともとケルト系と、
フランク族の中間がいわゆるフランス人
なんです。いまは移民やらアフリカ系やら
アラブ系やらで人種のるつぼ、ですが。

ちなみにウェールズのモットーは、
Cymru am byth”、読めません(笑)
英語では、“Wales for ever
という意味だそうです

全く英語とはかけ離れた言語ですね。
単語単位でも想像もつきません

しかし、アイヌ語のように、
ウェールズ語を後世に残すように
標識なども2カ国表示になっています。


今日はまたロンドンに帰ります
明日は、ポールスミス・セールショップ
に行くぞ〜買い物バンザーイ
ハロッズでオバちゃんになりに行きます(笑)




2006年04月20日

N'oublions pas de remercier★

de849a17.JPGついに再開、
俺の語学の原点。
6年ぶりに再会




やっと会えました。
高1以来,
MSNのチャットでしか、
連絡をとってなかった、
ホストブラザーJoshに会うことが出来ました

カーディフからローカル線でロンドン方面に
45分、MonmouthshireのAbbergavenny
朝から行きました

彼はバンドをやってて、ウェールズのアマバンド
では結構名が通ってるみたいです

ワンパク野郎で困った頑固少年だけど、
当時ほんと彼にはお世話になりました
彼なしに俺の英語はなかったし、
フランス語もなかったと思います


今日は昔のホームステイ体験を懐かしみ、
同時に“出逢い”の大切さが身にしみた
一日でありました

今現在の自分があるのは、
周りの人とか環境あってのことなんですね。
ちょっとした感謝の気持ちでも常に忘れたくないな、と
お勉強になりました

さぁ、日本帰ったら英会話じゃ、英会話

まぁとりあえず土産渡せたんで、Mission completed

Here is his band's web site
CLICK HERE

2006年04月19日

ブリティッシュ・ウェルシュ

669189c3.JPG今日は、
ロンドンを昼に出て、
2時間強ほどで、
The United Kingdom
のひとつ、Wales
ウェールズの首都は、
カーディフに到着


ロンドンでは晴れてたのに、
到着したら雨
イギリスらしい雲の低さ、
いつもの折り畳み傘でなんとか
助かった〜

ホテルについて一休み、
会うはずだった友達と連絡のミスで会えず、
明日会うことに急遽変更に...



一応カーディフ城の写真をブログネタとして
で撮って(今日は城は閉館・・)
で、町をぶらついたものの
18時半ぐらいでほとんど店が閉店・・・

ケンタッキーでチキンを食い漁るデブカップル
を横目に久しぶりのハイカロリーミール
たまには、から揚げもいいよね(笑)
と同時に、肥えゆく英国人を想像して
次回はもうないだろうと決意表明

明日はショッピングっていうか、まともに
まわります〜晴れたらいいな
ホテルは最高です、朝飯は別途ですが

2006年04月18日

楽々倫敦・・飯ガーん!

188c6183.JPG電車で寝てたら、
いつの間にか通り過ぎる
駅の名前が英語に。。
着きました、
ロンドン



こりゃ運動するいい機会じゃない、と
ロンドン市外をう〜ろうろ
デパートは行ったり、食べ歩いたり、
一人も結構楽しい
と同時に、
英語を話してるはずなのに、
どうしても「Merci」
「S'il vous plait」
は自然と出てしまう

これはやばい・・・
帰国後英語しなきゃとあせりつつ、

てか、モノ高すぎ・・・
ロンドンはだいたい日本の
2倍します。
どんな服でも
どんな“飯”でも(笑)
でも、TAX-FREEかんがえたら
フランスで買うより安いのでは・・
どうなんでしょ

フランスで買ったガイドブック(例の)
見ていった店で、何故か焼き魚食べました
選択間違ったかな?と思いつつも、
一番ヘルシーだったのは間違いなし
デザート頼んだら、ウニウニのリンゴの上に、
オートミールがかかってるヤバいのが襲来
腹パンクしかけました・・・

明日は、WalesはCardiff★
電車で2時間ほどかけて行ってきます

SEE YOU SOON

※1,レストラン予約時間に遅れると思って、
ハイドパークを東から西へダッシュしました
ひと口目の酒がかなり回った〜〜

※2,TAX-FREEこの場合できるんですかね・・?



hwakae198495 at 07:39|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2006年04月16日

勝手にベジタリアン

daed2dbf.JPG一人暮らしを長く続けると、
自炊が増えます。
最近ふと気がついた
ある習慣性、


「俺だんだん・・・ベジタリアン系?」


といいましても、完璧にベジタリアン生活
ってわけじゃないんですよ。
サラダの上のササミやサーモンは食べてます
ただ、単純に肉・魚を焼くとニオイが出て困るから
という理由が大きいですがー(笑)

最近一日部屋にいるときは特に、
野菜以外口にしてなかったりします

確かに、野菜を食べると、顔から油も浮きませんし、
なんとなく精神的にも安定するような気がします。
あと、やっぱり食物繊維だし、お腹にいいですね
というか、フランスは野菜がかなり安いです

この「ベジタリアン」という言葉、
結構微妙なもんなんですね〜
調べますと、

乳製品も食べちゃうベジ〜(以下省略)は
ラクト・ベジ〜」

乳製品も卵も食べちゃうのが、
オヴォ・ベジ〜」

人参・レタス等の収穫されると
死んじゃう野菜を食べないのが、
フルータリアン

ほぼ断食に近い水も食べ物も食べない
ブレサリアン」え?これは断食では??(笑)

その一方で、
乳製品も卵も魚もたべる
ぺスコ・ベジ〜」

そのうえ家禽(鳥類)も食べちゃう
ポウヨゥ・ベジ〜」

ここまで来たら、もう
「四足動物食べない人」でええやん(笑)
と思いますがね。こうなったらなんでもアリですよ

とはいえ、ベジタリアン思想は宗教とも、
科学的な根拠からも何らかの意味合いを
持ってるようですね。。。

とはいえ、やっぱり、肉は食べないと
体は強くなりません
子供だって大きくなりません
結局「〜主義」とかでグループ化するより
個人的にどうしたいかを尊重したほうが
手っ取り早いってことでしょうか



2006年04月14日

本屋行き→旅準備♪♪

66bec9b1.JPGもうすぐ、
イースターの
お休みなので、
ま、あんまり関係ないけど、
プチ旅行に行きま〜す

2年ぶりのロンドンと、
初イタリアでフィレンツェ
(一応ミラノも通ります)




となると日本でいうガイドブックが
ないので、フランスの本屋さんで気に入ったもの
をチョイスしてみました

日本なら結構、総合的にフランスなら「フランス」
っていう本を「地球の歩き方」とか、そんなかんじの
本を各旅行社が出版したりしていますよね。
内容は結構似てるし、レイアウトもだいたい同じ。
日本はそういった本を買うお客さんの
ニーズがだいぶ統一化されているみたいですね

フランスでは、同じ 例)「フィレンツェ」っていう本
でも、文化とか、地域情報をひたすら書きつづるってる
文字だけの本もあれば、写真とか地図とか文章とかが
バランスよく載ってる本。はたまた地図中心で説明は
ちょこっとだけの本まで、種類が豊富なんですね

ニーズによって買い分けることが出来るのは、
この国の人々が海外旅行をする場合、
彼らが常に多種多彩な旅行プランを考えているという
ことの表れなのでしょうか

やはり、日本人はほぼ共通して、みんなで
定番の行動をとり、
逆に西洋人、とりわけフランスのような個人主義社会の
人々の行動は、より細分化されてるんだろうな〜と、
近づきつつあるプチ旅行の計画を立てつつ、ふと思いました

ちなみに俺が買ったのは、
ロンドン・ミラノ用には、
見開きをさらに縦に開くと地区単位の地図に変わる
地図中心の「Cartoville」シリーズ→クリック
このシリーズはめったに日本にないタイプで、
持ち運び便利で、厳選されてる感じがします
フランスからお隣の国へのプチ旅行にオススメ

そして、フィレンツェ用には、
比較的日本に売られてるのに近いレイアウトの
おなじみHACHETTEの「UN GRAND WEEK-END」シリーズ
クリック
このシリーズも同じく持ち運び便利

まぁしかし、両方ともフラ語での説明っていうのが、、
ガイドのようでガイドでないような〜
わからん単語あったら即死ですから、特にイタリア編(笑)

どなたか、ロンドン、ミラノ、フィレンツェに
詳しい方がいらっしゃればオススメや、アドバイス
お待ちしております




2006年04月12日

Made in どこ?

77eb3f55.jpgさて、フランスも
ストが終わりました。
うれしいような
かなしいような
(笑)






さて、フランスといえばファッションですよね。
フランス人がお洒落かどうかはさておき(笑)
彼らが着ている服ってどこで作られてるのでしょうね
フランス人とて、ヴィトンやらディオールで固めた人
なんてめったに見ませんが、、、、、

彼らのカジュアル着は、
ほとんど中国製のようです。
セーターやワイシャツやブラ、
スポーツウェアが
その代表例
ヨーロッパ全体で
この類に関して中国からの輸入が去年の時点で
それらの生産拠点の50%を占めており、
さらに価格の低下がすすみ、
逆に、Tシャツや、女性モノのブラウス
の価格が上昇してるのだとか

つまり、フランス国内の
スーパーに売ってるようなものは値段が下がり
代表例としては、
ヨーロッパではポピュラーなZARAやH&Mの
値段は上がってるということです。
となると、これらのブランドは値段を下げて調節
すれば。。っといってもすぐには出来ません
なぜなら、ヨーロッパのZARAH&Mは中国製ではない
からなのでしょう。。日本ではどうでしょうか??
(結構フランス人日本で言うジャスコ系の大型店で、
ブラとか、スーツのしたのシャツとか選んでます
)


俺が買ったZARAのジャケット2着は、
モロッコ製、ブルガリア製、
インナーのほうは結構、ポルトガルが多い気がします。

中国からの輸入が増えたせいで、フランス国内でも
繊維を扱う工場が多い北フランス(Lilleなど)
のその製品を扱う工場の労働者の合計
10万人中の8000人〜9000人の給料に
影響が出ているようです

※日本は日本で、円安・ユーロ高なので、
高級ブランドにも中国製が混ざってるみたいですよ。
ブランド力(信用度)を維持するためには、
質を下げるか、価格を上げるか。。。
これは難しい話ですよね。。






2006年04月09日

気が早いですか?いえいえ・・・

99401560.jpg春到来・・・
と言いたいところですが
そうは言ってられません
夏が来ますよ(笑)
といえば海、薄着に
なりますね、そうです、
今のうちから計画的に


夏ともなれば冬に溜まった「ゆとり」を
見せてられません
そこで、いまから考えましょう、
食べ物と健康の関係

やっぱりフランスでも日本でも
健康にダイエットしたい気持ちは同じです

健康でこそダイエットして「」を意識する
のですからバランスを考えないといけません
食事を抜くような短期スパンは要注意
もうひとつ忘れてはいけないのは、
年齢、生活リズム、一日の運動量、味覚
しっかりと念頭に入れること

フランスのダイエット専門家、
Nathalie Negroのレシピによれば、、
一度の食事のカロリー値と、バランスを
配慮した組み合わせは、

- 野菜類を1皿 (調理 or 生)
- たんぱく源 (肉、魚、卵うちひとつ)
- ひとかけらの炭水化物食品 or パン
- 乳製品1品
- 1種類の果物 (調理 or 生)

を必ず保つこと。。もちろんポテチ、アイスはダメ

さて、こうはいっても、大雑把ですよね(笑)
ここからがテクなんです。。。

さぁ皆さんはまず買い物をしますよね、
その際に気をつけることを挙げましょう

・お買い物は、1週間に最低1回を基準に、
 毎週同じ日に行くこと。
 買う量が極端に少くならないように。
 また衝動買いは避けましょう。

・子供を連れて行かない(笑)
 いがいと重要!彼らはどんどん元凶となる
 甘いもの、スナック系をねだり、あなたも
 責任転嫁して買ってしまいます。

・これは基本ですね、空腹時にスーパーに行かない

・欲しいもの中心に買わないように、
 買い物リストを作ること。

・甘いもの(ケーキ類、クッキー)のスペースは
 避けて通ること、味見コーナーで味見もダメ

・成分表示を常に見る習慣を(カロリー表示 etc..)

・生野菜、果物は、早く調理、賞味すること。。
 (どこがアドバイスなのかよくわからん・・・)

続いては、○×ゲームというか、
 栄養『バランス』の
チェックテストです。。。
バランスを考慮するので、いわゆるダイエット法とは
すこし違うかもしれません。
関心をもたれた方は、続きを読むをクリック


続きを読む

2006年04月06日

どうなる?若者・・

ea501596.jpg最近フランスでは、
ドンパチやってますね
将来を心配する若者達。
でもこれもこの国の
歴史における、一通過点
なんでしょうね


というか、こんな感じで
今私たちが知ってる
フランス』という国は
成長してきたのではないでしょうか


フランスの首相であるDominique De Villepin
(ドミニク・ド・ヴィルパン)は、今朝方に
3つの方針を発表しました。

.ぅ鵐拭璽鸚度(企業側のお試し雇用)
に対する不安の回復

貧困、生活保護に対する計画

4覿箸函大学との関係を修復・強化

若者が暴れるのは、やはり“若気の至り
ということが大きいでしょう
彼らは自分達の奮闘が国を変えるという、
世直し的感覚をもっているはずです

しかしながら、暴力はいけませんが、
いますっかり社会で働いてるひとも
こういった方法で社会に訴えてきました

このもめ事を治めるために考えるべきことは
重要度』と『緊急度』の2点でしょう。
誰でも、怒り心頭すれば、判断が鈍ります。

「大事なことで、今すべきこと・する必要ないこと
今すべきことで、あまり重要でないこと
とりわけ重要でも必要でもないこと」

これを忘れると、だんだんストであろうと、
暴力行為であろうと政治する側にとっても
方向というか目的が曖昧になるだろうと
考えるからです。

今回のフランスでのやりとりにおいては
やはり私たちの生活のなかでも勉強になる
であろう要素が多いと感じました

みなさんも、自分が好きなこと、嫌いなこと
という分類方法に、少しばかりこの2点を
混ぜて考えてみてはいかがでしょうか。
案外その先に将来の自分像が見えてきたりして

futuravenir

2006年04月02日

Cinema Costume &Mode in Paris

d53b4887.JPG今日、4月1日に、
パリはコンコルド広場の近く
エスパス・ピエール=カルダンで、
初日となる第一回の
映画の衣装とそのファッション
と展覧会がありました






その名も
※1.『Festival Cinema Costume & Mode
ここでは、実際に映画に
使われたデザイナーの衣装が一部のみ、
展示してありました
上映会(平日は1日約3回ほど)も
あるようなのですが、今回は第一回で、
しかも初日のせいか上映機が故障・・・
(フランスらしい出来事・・)

ということで、有名らしい(笑)
映画の衣装を手がけるデザイナーのおばあちゃん
※2.Yvonne Sassinot de Nesle(イヴォンヌ=サシノ=ドゥ=ネスル)の講演会に友達と行きました。
彼女は、『ラマン(愛人)92'』
『カサノヴァ最後の恋92'』
『スワンの恋83'』などを手がけた可愛い女性
(どなたか映画に詳しい人いませんかぁ〜??)

discussion


衣装製作における心構えや、完成までの
それを着る役者とのやり取りのお話、 
※3.コメディーフランセーズ(フランス王朝時代の演劇)
が盛んだった頃の衣装、ルイ14世の服装のお話まで
事細かに説明してくださいました



(※4.太陽王は背がヤバいぐらい低くてハイヒールを
欠かさなかったとか(笑))

その後も、質問コーナーがあったのですが、何故か
質問者同士の討論が始まったりで・・
結局、解散後に、パリで縫製を学ぶ友達もさすがに、
腹が減ったらしく、この辺りで退散としました(笑)

そうそう、この会場に入る前に、パリの※5『とらや
お茶しました〜「初カフェ in とらや」ってかんじ

やらと


ひさしぶりに軽いデザートとシンプルなお茶
日本語ぺらぺらのフランス人店員
(何故か「オススメ」という単語を知らなかった・・)
パリ店限定の「とらやマカロン」を買っちゃいました
明朝試食します(笑)


たまに和菓子もいいですね
お花見の季節、
映画のワンシーンのように、
桜の下で和菓子と共にくつろいでみては
いかがでしょうか



※1 公式サイト:<クリック>(3/31〜4/4)
※2 Yvonne Sassinot de Nesle <クリック>
※3 ここでいうComidieのComidienは漫才師じゃなくて“俳優”(笑)
※4 太陽王 = ルイ14世
※5 とらや (日本語)・(En francais)←各言語をクリック


Profil
ヒロキ
関西学院 経済学部 卒業
(2008年3月)

4月からは、GINZAのオトコに
なれるよう頑張ります。

というか絶対なってみせます。

これからもヨロシクね☆★☆
Commentaire neuf