2006年12月

2006年12月30日

必殺!!Non-Violence

90d6ede4.jpg年末ですね。。

年賀状
履歴書
追われている
貴女・貴方に



こんなことありませんか?
「よーっし、間違えんぞ・・・」
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
「あうっっ!!!!」





というボールペンでの字の間違えなどに
修正できる方法があるんです

「だって修正液とかテープって反則じゃ〜」
でも安心、これを使えば字が見る見る消えていく・・・


丸十化成から「ガンヂー」という代物が売られています(笑)
結構昔からあるものらしく、
僕らの世代では知らない人が多いのだとか・・・

消し方は簡単、 ̄佞両紊ら液を混ぜるだけ!

これで字が消えなくってパニくって暴れなくていいでしょ
さすが、ガンヂー(笑)

hwakae198495 at 16:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年12月25日

聖シコノフミコ

1d16a029.jpg意外と知らない
世界3大料理と言えば、
中華料理、
フランス料理
そしてトルコ料理
なんですって


今回は、中華でもトルコでもなく、
フランス料理の食材屋さんで有名な
老舗「FAUCHON Parisフォションです

フォションは
今パリはマドレーヌ寺院の目の前にある
1886年に開業されたお店ですが、
今日では誰もが一度は見たことのある
もはや世界中に店舗を構える
大ブランドとなりました

今回はフォションで働く
一人の日本人女性料理長のご紹介です。

狐野扶美子さん Mme, Kono Fumiko
彼女がパリで料理人の道を歩んだのは
夫のパリ駐在がきっかけでした

まずはコルドンブルーという料理学校の
製菓部門(上級)を首席で卒業しました。
その後、数々のフランスやイタリアのレストランで修行をし、
2002年には有限会社を設立、
その2年後には単身で出張ディナーや料理教室等の活動を得て、

2005年にフランス・フォション社の料理長
就任したのだそうです


“素材と対話しながら、素材の望む通りにする”

「例えば火の通し方は彼女のこだわりの一つであり、
素材の持ち味を引き出すため、素材と対話しながら、
素材にストレスを与えないように気を配る。
色、音、香りを感じ、手で触れて素材がしてほしいと望む
通りにする。例えば肉を焼く時は、肉がやけどしないよう、
初めから終わりまで弱火です。」

というような料理にかける熱い思いや、、
そしてやはりフランスにおける健康的で、
極力クリームやバターをおさえる
と言うようなこだわりの精神

そしてなんといっても惣菜を買ってくれたお客様が
「電子レンジにポンッ!」と入れたとしても、
味を損ねないように料理を工夫して作っているのだとか
やはり家事に疲れた主婦の気持ちを理解してのことでしょうね

お正月のお節料理でお悩みの皆さん、
ためしに彼女の料理に対する工夫を取り入れてみては
いかがでしょうか

Madame Fumiko KONO

☆狐野扶美子
http://konofumiko.com/index.html





☆FAUCHON(高島屋より)
http://www.takashimaya.co.jp/store/others/gourmet/fauchon/index.html

☆FAUCHON Paris
http://www.fauchon.fr/





2006年12月21日

凝ってるファッション? 凝ってるファッションネー! contrefacon-contraffazione

8bbeca77.jpg皆さんの間では
「ブランド」とは
どう定義される
のでしょうか。





ブランドは
常に信頼され続けるために
こだわり」を追求し
ロゴの多少のズレも
少しの色の違いにも
細心の注意を払わなければなりません

フランスはファッションブランド市場
いわゆる信頼を「付加価値」する市場
で有名ですが、ご存知の通り
イタリアも忘れてはなりませんね

ブランドと言えば「ニセモノ」がツキモノ。
ニセモノとてブランドだけでなく、
色んなものがあります。。。

近年、イタリアはニセモノ市場のリーダー格
であり、その損害額も欧州なんですって

イタリアはフィレンツェの金融・税関を担当する警察
“Guardia di Finanza”によると、
2006年の1月〜11月まででイタリアだけで
ニセモノ約8884万点が摘発され、
損害額は350億ユーロにものぼるのだとか。

(※ちなみに2005年には7億5700万点もの商品が
EUの25カ国で摘発されたようです。)

「イタリアはニセモノ市場のリーダーである!」

と結構辛口な発表がなされました

ブランドや一般商品も含め
8800万点のうち約半分が日常用品など。
そして25%が電化製品など。
そして残りの約2割がファッションに関する
とのこと。

またタバコ類のニセモノは
2005年には81.7トン→2006には170トンに
大幅に増加(108%△)

どうやら、治安悪しと有名な
イタリアのナポリでは大量に中国のニセモノ船を
大量に受け入れちゃってるみたいですね(笑)

なおフランスでは2006年の1月〜11月で
15,245件を摘発、446人の逮捕者が出たとのことでした

最近では衣服、特に特定のブランドは
徐々にネット販売だとかオークションだとかで
簡単に購入できるようになってきていますが、

やはり正規のお店で
実際に自分の目で確かめて
買った方がいいのでしょうか・・・

どちらにしろ結局はイタチごっこなんでしょうけど(笑)

ニセモノは個人取引(ネット or 非正規店販売)
の信用を損なわせちゃうんですね

そしてやはり正規ルートを担う
ブランド商社が儲ける構図ができてるんだなぁ。。
としみじみ感じました














hwakae198495 at 09:08|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!

2006年12月16日

ダケジャナイ ヴィトン〜♪

b7966268.jpgさてもうすぐ新年の準備、
いやその前にクリスマス
でしたね
年末といえば旅行シーズン
でもありますが・・・




最近ユーロ高が激しいですね
その中でも特にフランスはその影響を
モロに受けてるといってよいでしょう

フランスと言えば芸術そして、
そこから生まれた産業はご存知
ブランド
といって過言ではないでしょう

さてさて今回は日本一のブランド
ルイ・ヴィトンのニュースをお届けします

ルイ・ヴィトンと言えば仏LVMHグループの“LV”にあたる
いわばリーダー的存在でありますが、
このグループは製品の生産販売だけを
メインに活動しているのではないのです。

といいますのも、
美術館など他の芸術産業への基金を
組んでいたりするからです

今回はLVMH創立15周年記念として臨時に展覧会会場を
パリ市内に設けるということでした。
Jardin d’Acclimatation (ジャルダン ダクリマタシオン)
ここはパリのブローニュの森の脇にある子供遊園地です

ちなみに
今回のイベントの施工は建築家のフランク=ゲーリー氏のようですね。

年末年始まりに行かれる方は、
是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか
ユーロも高いしお買い物+高級フレンチばっかりじゃ
財布の中身がすっからかんになりますしね

Qu'est-ce que LVMH?
http://www.lvmh.co.jp/a_product.html




hwakae198495 at 17:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!
Profil
ヒロキ
関西学院 経済学部 卒業
(2008年3月)

4月からは、GINZAのオトコに
なれるよう頑張ります。

というか絶対なってみせます。

これからもヨロシクね☆★☆
Commentaire neuf