2007年08月

2007年08月30日

ファッションパッション

f51c409e.jpg









さきほど、やっとこさ卒論の構想を教授に送信しました。
 ふぅ〜これでひとまず安心して旅行に行ける・・・
沢山色んな本を読んで色々考えて本当に良かったです。
まだまだ本文はできていませんけど゚・*:.。..。.:*・゜゚・*

何でもそう、
要は、「情熱」がなければ伝わらないんですよね。
まだ読んでいませんが、お楽しみに残してる本があります。

EFAP-JAPONの校長である 伊藤美恵さんが書かれた、
情熱がなければ伝わらない!」という本です。
旅行に行く際に飛行機の中で読もうと思ってるんです。
内容は、アタシェ・ドゥ・プレスという仕事についてです。

自分も去年のインターンシップで東京の某プレス会社で
ファッションブランドプレスのお仕事のお手伝いをさせていただいた
経験があります。

あの時は、冗談抜きで基礎知識も何もないままに飛び込んだので、
会社の皆さんには本当にご迷惑をかけました

さて、アタシェ・ドゥ・プレスとはなんでしょうか?
伊藤美恵さんの本からの引用では、フランス語で直訳すると
Attaché de Presse「報道担当官」。
(※女性の場合はAttachéeとなります。)
プレス=メディアやジャーナリストを担当する人。
早い話が、ブランドの広報、PRなんです。
しかし、お仕事内容は大変幅が広いんです。

・広告・宣伝
・商品開発
・開発支援
・ブランディング
・マーケティング
・マーチャンダイジング
・営業・販促展開


全部なんですって
こればっかりは片足を突っ込んだ自分も驚きました


面白い表現もありました。

「ミーハー」である“消費者”と
「プロ」である“企業”をメディアを通じてつなげること、ですって

つまり、プレスたるもの「ミーハー心」と「プロ魂」を
同時に持たなければいけないのです。



女性の皆さんにとっては憧れの職業であったりしませんか
まさに女性をもっと輝かせてくれる仕事といっても過言ではありません。
輝く方法を学ぶ場所のようです。

また自分が、お手伝いした会社の社長さんのEmiさんは
こうおっしゃいました
大切なことは、
「物事には良い面悪い面があるもの。
 その良い面をいかに引き出してアピールできるかが大切なの
「ブランドとは“こだわり”なの

すごいシンプルです。
でもとっても大切です。
ブランドだけではなく、一人の人間としても大切な言葉でした。

伝える」という点ではMieさんもEmiさんも共通しています
自分はまだまだできてません。だから頑張らねば


ではでは、この「情熱」を持って本書を読んでいきたいと思います
これさえ読めば、貴女も“情熱的な女”になれるかも(笑)

※EFAP JAPON http://www.efap.jp/





2007年08月29日

大阪山のハイキング。

77459ff7.jpg今大阪では
世界陸上
やってますね。










今日は、今週から行くブラジル & NY旅行に向けて、
シャンプーやらヘアケア用品を買いに梅田に。

安売りのダイコク薬局でウロウロ・・・・
洗い流さないトリートメントを探していたら、、
後ろから大きな影が2つ現れたのではありませんか。

振り向くと、「ハイキングか!」というような格好の
ちょっとイカツ目の外国人の美女が2人。 
海外旅行でよくある、スリのケースに似ていますね(((( ;゚д゚)))

彼女らも同じくヘアケア用品を探してたんですね。
しかし香水つけすぎ。。でもセクシー
メチャ引き締まってるし、自信に満ち溢れていました
でもやっぱりヘアケアを探す彼女達はオンナノコでした


家に帰るとリーガロイヤルに行ってた親も、
「今日は、ホテルの柱に向かってトレパンの黒人さんが
 オマジナイみたいなこと
してた」
っていうんですよね。
てか、部屋でやらんのか、と。

「あーなるほど、それで外国人をいっぱい見たのか」と納得しました

日本、ボロ負けらしいですけど、なんか楽しいですね。ある意味。

ちなみに、オススメの落とさないトリートメントは、
シュワルツコフ(Schwarzkopf professional)の BC KUR
hair-advancementのヘアカラー用という代物です。
美容院で買ったのがきっかけで、以降安く仕入れてます
少々定価は高いですけど、いわゆる薬局とかで見つかります。

※大阪山なんていう山はありません。

※参考までに BC KUR
http://www.schwarzkopf.co.jp/products/kur/bc_kur.html


2007年08月27日

ikkoと1-Pai

7423407b.jpgあ〜
昨日は飲んだ飲んだ





昨日は、友達がバイトしてる苦楽園のスペインバル
LUNA PARPADOSに大学の友達2人を連れて飲みにいきました

やっぱりスペインバルとくれば、
カウンターでCAVAをガバガバですよね
フルボトル+1/2ボトルを開けて、個人では赤ワイン、ビール
でガンガンいきました(笑)

フードはつまみ系しかオーダーしなかったので、
ぜひこんどはパエリアを

hibikiちゃん>Te doy las gracias por tu servicio esta vez
G男くん>テンション高めもたまにはエエな(笑)
。ちゃん>遠慮なしにいつでも誘うでー!




話変わって、話題のメイクアップアーティスト、IKKOさん
最近、はやってますねー「どんだけ〜」って。

この状況を“どんだけ〜”ではなく、
どないやねん”と言いたいhiroki★ですが、


彼の好きなブランド、どうやらエマニュエル=ウンガロみたいですね。
ソワレ用のドレスが得意なこのブランド、IKKOさんのオカマオーラで
なんだかんだで光り輝いてますね
えっ、黒光り?(笑)
神戸コレクションではトップレスを披露したみたいですね

これまでに色んな芸能人が高級ブランドとの“勝手にタイアップ”効果
を狙ってきました(笑)
五木ひろし×ヴェルサーチ(・・・・)
モモ子&ピン子×シャネル(色つながり?)
グッチ雄三×グッチ(これは違う?)
新人歌手のシャネル×シャネル(グッチの弟子か)
いろいろありますけど、次はIKKO×ウンガロなのかな〜、と
勝手に思ってます。。

ま、善し悪しは各個人にお任せします。。。

支離滅裂ですが、今日はこのへんで

2007年08月25日

旧家の妻 と チャキチャキ夫

c172dbc0.gif共に未来へ
はもはや、人と人
だけではありません。







最近何かと「〜と…のマリアージュコラボ」と言われます。

お互いにない要素同士が共鳴して更なるパフォーマンス
生むということです。そしてその2つは真逆であることが
最適な条件である場合が多いですよね。
人では、結婚。食では生ハムメロンですか(笑)

今朝の新聞では例の2つの百貨店。
やはり新旧、というか保守革新
三越と伊勢丹ですね

呉服の越後屋から続く、熟成された生ハムのような名簿を持つ
三越

エレガントかつメロンのような甘美なセンスで時代をリードする
伊勢丹

ファッションの伊勢丹といわれるのはなぜでしょう。
それは、先日話題になったバーニーズニューヨークの株を
過去に所有していたり、顧客第一主義を重視していたからです。

百貨店は、“仕入先のブランド”と“来店するお客”との板挟みされる、
中で、お客がいかに効率的に楽しんで買えるかを重視し、
フロア全体のブランドことのブースの仕切りを外しました
もちろんブランドの反対も時には押し切ったそうです

三越となれば老舗ですし、過去の百貨店の体質となれば、
比較的お客に対して態度をデカくできたでしょうね。
「ガハハハハ、お代官様!」の越後屋みたいに(笑)
もちろん一部のお金持ちさんには腰は低いでしょうけれど。
ですので、基本的には「ブランド or  お客」となれば、
ブランド側にいい顔をしてきたのではないでしょうか

インターネットやセレクトショップ、個人売買が普通になった
今の時代、もはや「見えないサービス」「気遣い」がモノをいう時代に
なってきます。ですから、顧客第一は必須なのでしょうね。
伊勢丹のこういったノウハウを三越は今後取り入れていくようです

しかし、旧体制に慣れ親しんだ三越の人々は簡単に受け入れることが
できるのでしょうか。コラボよりもむしろ「マリアージュ」という
言葉を重点に置けば夫婦喧嘩は結構起こりそうですね
これが倦怠期に入ればエラいことです

でもまだまだ上手くいくためのカードはお互いに持っています。
それは、伊勢丹は東アジアに強く、三越はヨーロッパに強い
という点です。

三越はパリに百貨店以外にパリ三越エトワールという
施設を持っており、芸術活動の拠点としています。
こういった点では、少し資生堂と似ていますが。
伊勢丹は早くから中国の富裕層に注目し、台湾を含め
5店舗がすでに運営されています。

こういったユーラシア大陸に広がるネットワークを
いかに活かしきるかが面白そうなところです

伊勢丹風に体育会系っぽく言うと、
企業にとっての宝物はお客以上に、やはりそこで働く人々
なんでしょうか。 とすれば、
彼らの意見をいかに聴き、モチベーションを上げていくか
が一番重要なことになります。

そして扱う製品のブランドよりもむしろ、
企業のブランドイメージを大切にしていくことが他の統合企業との
差別化につながるのでしょうね。お互いに

そうでないと、
一見「美味しそう」な話が、消化不良を起こすかもしれません。。。

そういえば、生ハムとメロンって消化に悪いって言われたような(笑)

★パリ三越エトワール 詳細
http://www.mitsukoshi.co.jp/store/4110/etoile.html


☆“ファッションの伊勢丹”
  世界最高レベルの食品フロアをリフレッシュオープン
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2238972/1689699



hwakae198495 at 00:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年08月23日

灯台下暗し

09568987.jpg灯台下暗し
近くにいながら
案外気づかないこと。






今日観たDVDは2004年フランスの映画
灯台守の恋」仏題:L'équipier

舞台はフランス西海岸、
フランス本土でも文化圏が異なるケルト系の
ブルターニュ地方のお話です。

今回は浜村淳っぽく映画を解説(笑)

物語は1人の女性がある本を見つけることから始まり、
その本の回想からこの映画の内容に入っていくわけです。

早い話が、
都心部から離れた村にある1つの灯台に灯台守として派遣された
1人のアントワーヌという男と、灯台の主である男、
そして彼の妻との関係がメインなんです。

田舎といえば、村社会。そして独特の文化は、よそ者を嫌います。
よくあることですけどね。
この村にやってきた男もそんな目に遭うわけです。
村の男全員がまぁ、敵っていうわけですね。
また、村の女にアントワーヌは結構モテる始末。

灯台の主も彼にチクチク嫌味を言いまくります。。

あぁかわいそうに

そんな中、主の妻だけが、彼にとって安らげる存在だったのです。
ところがだんだん彼女の旦那である灯台主もアントワーヌに
心を許していってしまい、村の男から彼をかばうようになります。

ここまでくればもうお判りでしょうね(笑)

そうです、アントワーヌと主の妻がデキちゃうんです 
なんとなく気付きだす主との気まずいやり取り。
村人が事実をリークするまで、知らなかったんですしね。

そう、“灯台下暗し”です。

総じて、この映画ほんとにフランス映画っぽい終わり方(笑)
ヨーロッパ映画の多くに言えることかもしれませんけど。
「え? 終わり?」みたいな。
人々の動きや発言も予想のつかないことが結構多いです。
ハリウッドとはやはり違う。。
でもそれぞれそれなりによいんですね。

でもね、かえって自然だとは思いませんか
私たちの生活も意味わからんことだらけでしょ
次の瞬間に友達が何言うかなんて判りっこないですし

実は、いちばん現実的なのってこういう映画なんじゃないかな
現実とは予想のつかないものだってことですね
って最近、この手のものを見ながら感じるようになりました

これも映画に対する灯台下暗しだったんだ。。と実感した
そんな夜でした。

灯台の光は船を導きますが、この種の映画は
私たちの人生そのものを導いてくれるのかもしれません。


◇灯台守の恋 オフィシャル◇
http://www.elephant-picture.jp/todai/ 

◆ブルターニュ地方って?◆ <クリック













2007年08月20日

unlimited ワガママ

9335be99.gifワガママな人って
いますよね。
なぜでしょう?



答えは、「ワガママを聞いてもらえるから
というのが妥当ではないでしょうか(笑)

近頃流行っている富裕層向けのサービス
実はアメリカなどではずいぶん前から
セレブ御用達サービスとして取り上げられてきたようです。

日本でいえば、百貨店やセレクトショップが行う外商に近いですね

最近では、やれ合コン代行やらカジュアル化したものも亜種として
出てきているみたいですが、ここではハイエンドのものを言います。

こういったコンシェルジュサービスは、
海外セレブのパーティ招待状の入手、プライベート旅行
家族や恋人へのサプライズイベントなどなど、、、
何でも代行、何でも揃えるというだけあって会費も高額です。

ワガママを満たせば、その上を行くワガママを満たす

モノを越えたサービスをお金で買うわけです。
某カード会社のCMでいう、「プライスレス」状態が
いよいよ無くなりつつある・・・みたいな。

感じることとしては、これも格差社会のひとつの現象ではないか、
ということです。つまり、「使える」お金のある一握りの富裕層
でなくては現状をキープできません。

この傾向を意識して比較的、「お客様は皆神様」主義であった
欧州系ブランドも徐々にマンツーマンのサービス強化を図っています
ヴィトン、エルメス、グッチ、アルマーニ、ブルガリ、etc...
もちろん、オーダーメイド、オートクチュールなど破格のモノ
ばかりが商品群にあがってくるのは言うまでもありません。
あなただけの一品」が殺し文句なのです

こうした傾向は、
ブランドを持つ意義としてよく挙げられる、
人とお揃いである安心感」と「人とは違う洗練された状態
のうちの後者を持ち上げて満足させるという動きなのかもしれません。

しかし、いずれこうしたトレンドは一般大衆へと広がり、
富裕層向けだったものが、そうで無くなる日が来るのでしょうか。

なにはともあれ、欧州ブランドは先日の円高ハプニングもあり、
少しは安心したのかなと思います









2007年08月17日

チョコレー ト and ズッキーニ 

8c9d3017.jpg今朝のi-Tuneの
ラジオ番組での
あるコーナーにて。。







たまに聴いてるi-Tuneラジオの「WineFairy.com」
今回のパーソナリティーのお相手はフランス人の料理研究家
フランス人っぽい顔がキュートな Clotilde Dusoulier
クロチルド=デュスリエさん。

彼女は今年で弱冠28歳のパリはモンマルトル在住に住んでいます。
彼女、実はアメリカの主婦や料理研究家の中で人気者なんですって

といってもアメリカでよく流行るカリスマ主婦的な偉そばった
ものではなく、ブログを駆使してファンを増やし続ける
地道な努力家のようです。

彼女はブログブームの黎明期であった
2003年に「Chocolate&Zucchini」というブログを立ち上げ、
本場フランスの食卓をカジュアルに解りやすく伝えることで
着実にブロガーとの交流を深め現在に至っているそうです。
彼女自身過去にアメリカ生活の経験もあり、英語は大変流暢。
ブログブームもアメリカ発なので、やはりブログもin English


彼女のサイトには、料理やデザートなどなど沢山のレシピが満載
しかも日記風な雰囲気も結構個人的にも好感がもてました

彼女はサイトだけではなく本も出版しており、サイトと合わせて
調理したり、お料理の勉強会をするには便利だと思います


彼女のブログサイトも本も「英語」なので、英語のお勉強がてら
楽しむのもいいかもしれませんね
でも単語はしっかり調べないと材料間違えちゃいますからね(笑)


☆Chocolate & Zucchini
http://chocolateandzucchini.com/

★About “Clotilde”
http://chocolateandzucchini.com/archives/2003/09/about_chocolate_zucchini.php

  











2007年08月15日

あなたのユニークさをTシャツに

c1100058.jpg夏休みといえば
思い出しますね
夏の工作







工作とはいきませんが、
ひと夏の思い出にデザインしませんか

はい、15日に始まりました
ユニクロのユニクロTシャツグランプリ
UTGP

あなたのデザインがTシャツになるかも
というコンペなんですね。

なんとグランプリには賞金300万円
審査員は佐藤可士和、草間彌生 etc

期間は 8/15〜9/20

なんといってもPCで作成してjpegにし、
オンラインで送信という方法が少しややこしいかも

ま、これも沢山の応募を予測しての
効率アップのテクなんでしょうね〜

800字のコンセプト記述も少し頑張らなければいけないでしょう
しかしながら、トレンドでした騙し絵デザイン
今日ジーンズが注目されていることもあり、
T-Shirtの注目も高しです

今回は少しラグジュアリーからは反れましたが、
ユニクロも日本を代表するブランドですし、
バーニーズの一件で認知度も良くも悪くも
グンッと伸びたことと思います(笑)

さあ、オリジナリティあふれるコンペにトライしてみませんか
詳しくはサイトで

UTGP http://ut.uniqlo.com/utgp/

MODE PRESS  http://www.afpbb.com/fashion/2021995

2007年08月13日

猛暑のミナミ

67f873a2.jpg暑い、やはり暑い
そんな中、高校生
みたいにミナミ
闊歩した土曜日






友達と待ち合わせした後、
なんば〜心斎橋間を歩きまくりました。
日差しガンガンでもう汗ダラダラ(笑)

時期もズレてますが、○I○Iでパッと見で選んだ
サンダルを購入しました。今年初のサンダルです。
水色っぽいグレーの指し色がカラージーンズに合いそう

てかマルイってどこいっても似た店構えですね

話は変わり、東京ミッドタウンでは、
ディオール60周年、ジョン=ガリアーノ就任10周年の
写真展「Color Me Dior
が開催されるみたいですね
8/17〜9/1までかな。

行きたーい、でも遠ーい。
いくらなんでもそれだけのために行くのは気が退けます。
今回は我慢。。。ってことで。

興味がおありの方は足を運んでみては

http://www.vogue.co.jp/fashion/dior/

2007年08月10日

weekendあれこれ

2aa806ea.JPGあっという間に8月
これからが
ホントの夏ですね







今日は日記風で。

普段寝る前ギリギリまでクーラーつけて、寝るときに消す。
というかんじなんですが、熱気の中で目覚めます

グッタリしたままリビングに下りて。。。
朝からざ〜っとニュースをチェック

ユニクロ、バーニーズ飲み込めず。
ユニクロ社長さん、こんな時にハワイでバカンスしてるようでは、
石油王には勝てないですね〜

帰省ラッシュも始まって、いよいよ街中がスッキリしそう(笑)

今日はヨドバシ梅田で変圧器コンセントの先っちょを買いに
行きました。それだけじゃつまらないので、
リーガロイヤルのシャンボールでランチ
お土産に小菓子をいただき

帰りに恒例のグラマラスを買って帰りましたー
やっぱり我慢の限界だった・・・(笑)
ジェシカってやっぱりジゼルを意識してたんですって。。。
どうりでポージングが似てると思った。。

結局今日は朝ご飯抜いて、ランチしたので、
帰ってからもまだ余韻が・・今21時過ぎですがお腹が空かず、
プリンとグレープフルーツをとりあえず食べてみました

ブラポルの勉強も本腰を入れてしていきます
あ〜動詞の活用大変だ






2007年08月08日

ぶらり梅田5

d11747b3.jpg梅田をブラブラ
銀ブラならぬ、
梅ブラという
ところでしょうか



結構雑誌を本屋でチェック
するようにしているんですけども。

お目当てのグラマラスはアムロちゃんが表紙・・
だったので、なんだか延期にしちゃいました・・
ジェシカだったら買ってた(笑)
あ、でも表紙の下らへんに書いてあった
女は30から」みたいなフレーズ、好きです(´∀`*)


今回は今さらながら。。
7月28日にとっくに発売されている
エル・ジャポン9月号
今回はNY特集ってことで買うことに。

っていうのは、9月のブラジル旅行の帰りに
初めてのNYにストップオーバーするんです〜
楽しみ♪

冒頭からSATCのS.Jパーカーそして、
NYのオススメスポットとかレストラン、ブティックetc...
ほとんど女性向けですが、色んな情報が満載
今回は男だけの旅行ですが、出来るだけ寄ってみたいです

そしてNYブランド大図鑑のコーナーも。

そこの貴女にピッタリ?
“お手本はNYセレブ〜マンハッタン美人の法則〜”
ってのもありました(笑)

そしつそして今回の付録は、ジャージワンピで有名な
ダイアン・ヴォン・ファーステンバーグのマウスパッド

ちっちゃいですけど、割とそれなりに存在感はあるから
オフィスの机にでも邪魔にならないですね



http://www.elle.co.jp/home/ellejapon/mag/ellen.php?ellen=0707






2007年08月06日

ロエベ!選手交代!

f534dd7c.JPGルイヴィトングループ
における、
スペインの老舗レザーブランド
がついに・・・





私達の年代にはあまり馴染みがないでしょう、
スペイン生まれの創業160年目を迎えるブランド

LOEWE ロエベ、ついにデザイナーが変わるみたいですね

現デザイナーのホセ=エンリケ=オナ=セルファ(長い名前!)
は今年の10月の2008年春/夏を最後に退任。

新デザイナーは現マルベリーのスチュワート=ヴィヴァース
ホセの後2008年秋/冬よりプレタを含め活動をスタートさせます

彼はイギリスの大学卒業後、ボッテガ、ジバンシーを得て、
ヴィトンのマーク=ジェイコブスの下でバッグを担当
2年半前にマルベリーのデザイナーに就任しました。

やはり、現時点でのロエベは控えめすぎるという模様。
しかしながら売上は順調に上がってるとか(ほんまかいな・・)

私個人としても、このブランドはデザインやトレンドという視点はさておき、
やはり唯一のスペイン王室御用達ブランドとして気になる存在です
現に3年前に買った財布を意地でも愛用してます(笑)

ほんと、レザーの質は天下一品なんですから

でもオバアちゃん、オバちゃまなイメージがやはり強いロエベ。
あのロゴマークがな〜ちょっと地味・・と思うのは自分だけでしょうか。。
やはり上品を意識しちゃうと避けられない難関ですね

LOEWE







本部LVMHとしては、ヴィトン、ディオールに続くスターブランド
育てたいというのが本音のようです。

http://www.fibre2fashion.com/news/company-news/moet-%20chandon-%20louis-%20vuitton-lvmh/newsdetails.aspx?news_id=38384




2007年08月05日

フランスモクモク事情 07

8397aee4.jpg台風は、
温暖低気圧に
変わりました。
ホッと一安心





今日は約2年ぶりに美容院でカラーリング
してきました
ちょっと若返ったかな(笑)

さて、今日の話題は、日経新聞の夕刊から。
「喫煙大国」にも包囲網

ということで、フランスでタバコ1箱が850円になりました。
今現在が、1ユーロ≒162円(円高になった!!)なので、
1箱 5.2ユーロぐらいですね。

フランスは今月6日より小売価格を平均6%したそうで。
値上げは04年度より3年ぶりになります。

フランスでは喫煙の肩身は狭くなるばかりで、
政府は大型減税政策の財源をまかなうのに必死なんですって。

今回の価格上昇によって売り上げ数が変わらないとすれば、
最大で税収が6億ユーロ(約1000億円)増えると見積もられています

パリのカフェでコートの襟を立てタバコを吸う姿はよく
見られたのですが

フランスでは何年も前から、多くのレストランで分煙化が
進んでいました。店に入れば、まず

 嵳縮鵑鬚気譴討い泙垢?」
◆峩惘譴任垢?喫煙ですか?」はお決まりのフレーズなんです

ですが、フランスにおける「全面禁煙」がこれからも広がり、
来年からはレストランやカフェにも適用されていくようです

タバコはマナーを守って、吸いましょうね

コーヒーが超大好きな自分は、意外にも全く吸いませんけど


★2006年4月27日の記事より(当時、1ユーロ≒140円、安っ!!)
フランス人 “モクモク” de 腐乱す♪ 」
http://blog.livedoor.jp/hwakae198495/archives/50680365.html



2007年08月04日

本場の小粋なフレンチ @ Osaka

1429930a.jpg今日は運よく、
台風が直撃
とはならず。。





パリはSt Germainの本屋でばったり再会してから
約1年ぶりになります、Yoko先輩と留学前ランチでした

ランチの場所はやはり、本場の味をということで
梅田から徒歩数分、「Olivier Le Françoisオリヴィエ=ル フランソワ

ここはパリのビストロをそのまま体感できるフランス人シェフによる
キュイジーヌ・パリジァンと言うべきところでしょう♪
店員も全員フランス人でした♪♪

さすがYokoさんのパリ仕込みのフランス語はTrès bien, Superbe!!!!

皆さんが通常イメージに持つ宮廷料理のフレンチとはひと味違う
素朴でカジュアルな料理だと思います


Yokoさんも私も大変満足
ただ、ハプニングは熱しすぎたエスカルゴの爆発でしたが(((( ;゚д゚)))

まず、グラスシャンパーニュはモエではなく、
ポメリー(この辺もチョイ 小粋〜?)

そしてなんといってもメインは1人分のナベが用意され、
お皿に分ける仕組み。
私達はそれぞれ、牛テールのポトフ、タイのポワレを。

これならお料理のシェアもスマートにできそうですね!!
でも今回はナベのつつきあいはナシ(笑)

ランチなら各コース価格帯は本当に1000円台〜4000円弱まで
ディナーは結構します♪♪

でもちょっと夜にも行きたいな〜って思います


〜更新ミスが多々あるので、両方見れば分かりやすいです(笑)
「え?ここもフランス人風?みたいな(笑)」

http://www.olivierlefrancois.com/

http://www.geocities.jp/restaurant_olivier/olivierfrancais_005.htm
<外国人用の情報サイトにも掲載>

http://www.kansaiscene.com/2004_04/html/food.shtml


2007年08月02日

ついにステッカーGET (^o^)

78bed18f.JPG恥ずかしながら
うめだ阪急4Fへ。
なんでかって?

ゴルメットちゃん
のためですよ

もう行かれた方は
いらっしゃいますか



今日も用事で梅田へ行き、うめ阪に立ち寄りました
4Fといえば、海外ブランドフロアでして、人も少なく
クーラーもよく効いていい感じ
ちなみにエトロの占い小屋みたいなブースが好きです☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

ま、Diorジュエリーに直行でしたが、
店員さんに、「あの。。ゴルメットちゃんのシー・・」
まで言いかけたところで、

「では、携帯のバーコードもしくはプリントアウトした用紙を」
といわれて顔を赤らめつつ差し出しました

隣のジュエリーを見ていた、おっちゃんがジロジローっと( ´,_ゝ`)-----

で、目的のシールをいただいたのですが、強制?ではないですけど
ジュエリーの説明を聞く流れというか雰囲気になって、
どんどんジュエリーを取り出す店員さんに翻弄されそうになりました

「ただでは帰さんぞ〜話しだけでも聞けや〜」的なね(笑)
あ、もちろん笑顔ですごくキレイでお上品な方でしたよ♪

それと発見した事実が1点。
意外と安い値段のラインからあるんだ、ということでした。
3万〜とか。でもほんとチリのような小粒のアクセになります★

サイトとか雑誌見る限り20万は覚悟
っていう感じだったんですけどね!!





Profil
ヒロキ
関西学院 経済学部 卒業
(2008年3月)

4月からは、GINZAのオトコに
なれるよう頑張ります。

というか絶対なってみせます。

これからもヨロシクね☆★☆
Commentaire neuf