2007年11月

2007年11月30日

カシオレの美学

a3d6875a.gifバー、
ラウンジ、
クラブ、






同じお酒を飲むことが多いのに、
どうして店の雰囲気でこんなに楽しめるのでしょう。

たぶんその答えは、道行くオヤッさんに聞くのが
早いでしょうけども・・・

しかしながら、
店の雰囲気が変わっても決まりきったことがあるんですよね。
何飲むか〜っていえば、
「カシスオレンジ」
身振り素振りも“小悪魔系”
というか“ツンデレ”というほうが今っぽいのかな。

画一されたフレームに上手くはまる事によって安心を得られるのは、
やはり一番お手軽な方法なのでしょうか。。
それでは本当の魅力を台無しにするかもよ、と
一言言いたい性分なのは自分だけでしょうか(笑)

安定は後退。

本当に輝ける人はオンリーワンな存在。
沢尻エリカは2人もいらん、ということですね

hwakae198495 at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年11月27日

ミーハーブラブラ

e46ef302.jpg今日は、
昨日と違って
銀座もいつもの銀座に









今日は朝から渋谷にある不動産屋さんに行き、
見たい物件を1つだけ見せてもらいました。
う〜ん・・・というかんじでしたが、
まだまだ探す余地はありそうだということでしょう。

見せてもらった方に青山辺りで下ろしてもらい、
ジャイル表参道を目指し歩いていきました。

ジャイル表参道で一息したかったので、
ブルガリのil café へ♪
caféではなくcaffèなのにどうしてだろう・・・

かの有名なブルガリホテル&リゾーツがやっている
カフェだったので綺麗な内装、とやはり女性客多し
今月できた銀座のブルガリタワーも魅力的でしたが、
後日ということに♪

さてさて、カフェで注文したのは、
話題のブルガリチョコレートグラススプマンテ
スプマンテは、パバロッティが愛したというベッラヴィスタという
フランチャコルタ(イタリアのシャンパーニュ式スパークリング)
なので芳醇な香りが5種類のチョコとマッチしました♪

写真をお見せできなくて残念!!!

チョコサロンでチョコを買えば、1粒の単価が500円〜1000円ほどあったかな、と言う風に記憶していますが、なんとカフェで注文すれば
5種類で2000円(これでも高いかな〜)とちょっとお得。
まぁ、朝御飯抜きだったのでOKとしましょう。。


それから地下でコーヒー専門店があったので
NOELという豆を400g購入。
あ、あとエスプレッソプリンもね

それから、MoMAショップも見ましたが、NYの本店を知っているせいか、
なんだかインパクトにかけました。
小さな丸の内のコンランショップっぽいかんじ?

それから銀座へ帰り、アルマーニ銀座へ。
ん〜まぁまぁだったかな(笑)
なんだか狭い。。。
でもレストランはリーズナブルだそう。
今は予約がいっぱいらしく、ほとぼりが冷めた時に行きたいですね

明日は昼過ぎに帰るので、
オフィスが代官山から青山に移転したというインターン先に
ちょっと顔を出してから、キャットストリートのダナキャランへ
行ってみたいと思います


ジャイル表参道
http://gyre-omotesando.com/

2007年11月25日

連休最終日★

e550d4c9.jpg今日は連休最終日
でしたね♪




金曜は髪を切りに行って、
土曜はDiorのセールにいきました
今回のセールでは、男モノが一切無くて本当にビックリしました
誘った友達もガッカリ・・・
くたびれ顔の男性陣が空の袋をもってうろたえていました。。

でもなんとか小さなアクセとか男・女用差し支えないものを買えたし
まぁいいか、みたいな
その後、ちょっとリッチなスペインバルっていうか
スパニッシュレストランに行ってご飯を食べました
5時間以上の立ちっぱなしはさすがにキツい(笑)

今日は、銀座に写真を撮る“一瞬”のために行きました
日曜のしかも連休の最終日の今日は銀座は人だらけ!
歩行者天国になった中央通りには外国人観光客も遠方からの人も
「どっさり」という感じ。。

明日は、平日なので話題の午前中に来年から住むだろう物件を見て、
それから最近できたアルマーニ銀座とか表参道のMoMAショップに
行ってみようかな、と思っています♪

来年から働く会社の並木通りのお店がほとんどできかけていました
外観がほぼ見ることができましたが、やっぱり雰囲気出てますね
リステアの近くだし結構なインパクトで仕掛けると予測できました


2007年11月23日

まずは自分の舌を信じませんか

06769e5f.jpgミシュランガイド東京。

すごい売れてるみたいですね





ミシュランはもともとタイヤの会社。
タイヤ→車を走らせてでも行く価値のあるお店、というのが
ミシュランガイドの定義だと聞いたことがあります。

今回のミシュランガイド東京。
発売前から3つ星を予想していた美食家の方々には
うまく当てた方が多かったみたいです。

ミシュラン東京の発売以前から、
ザガットという格付け本が既に東京のレストランを
評価していましたが、それが参考になったのでしょうね。

今回も、お客として店を訪れたのはもちろんフランス人。
とはいえ、それなりに色々な物を食した経験ありの
食のプロ集団です。

しかしながら、あくまでもフランス人が評価した味。。
という点では賛否両論であり、本来3つ星であるべき店、が
番狂わせにあった現実も否定できないでしょう。

星3つとして選ばれた店は、フレンチと和食の2つ。
イタリアンがなかったのは結構ビックリでした(笑)

よく巷で言われているのは、
フランス本国のフレンチは意外と日本のフレンチより美味しくない
ということなんです。
個人的には、
自分は日本のも本国のもそれぞれに違った良い部分がある、
と思っています。

確かに、味の良し悪しは別として、
日本のほとんどフレンチは本国のフレンチと比べ
あっさりしてる場合が多く、量も少ないです。
あとデザートに関しては、日本の場合、
結構インパクトに欠けることが多い気がします。
しかし、日本のフレンチには、日本人らしく
より繊細さがあると思います。
素材を活かす点では、日本のほうが素晴らしいです。
でもセンスや発想はやはり本国が上でしょう。
しかしながら、
本国のフレンチを忠実に再現できている店は
日本では意外と少ないのではないでしょうか。。。

とはいえ、日本のフレンチ(イタリアンもそうですが)のほうが
素材に関しては、クオリティが高い気がします。
産地偽装が話題になってるご時世ですが(笑)

しかしながら、今回のミシュラン3つ星を獲得した東京にあるフレンチの
ピエールガニェール、ジョエルロブションはパリにもある名店です。
パリの店では前者は星3つ、後者も3つか2つだった気がします。

もし、先ほどのフレーズ
「フランス本国のフレンチは意外と日本のフレンチより美味しくない」
が正しいのなら、ミシュランガイド東京は、私たち日本人には
あまり意味のないものなのかもしれませんね。。。

なぜならフランス式の判断基準で判断されているからです。

とはいえ、「フランス人的にナイスな店」という視点から見れば、
面白いガイドなのではないでしょうか。

意外と既に予約殺到が予想される3つ星を狙うよりも、
1つ〜2つ星を地道に当たったほうが食べられる可能性が高いでしょうね。
あ、でも3つ星のカンテサンスという白金台のフレンチは面白そうです

ちょっと皮肉っぽいですが、
流行や第3者の評価にはめっぽう弱い日本人には
かなりの威力があるんじゃないかなと思います(笑)
今回のミシュランガイド東京によって棚ボタの店、もあれば
ガッカリした店もあるんでしょうね。
つまり、なによりもミシュランガイドの「ブランド力」が
人々を魅了していくのでしょうね♪

2007年11月17日

暖簾に腕押し

d81729cd.JPG昨日の日経に
大きくドンと、
「偽装噴出」
「落ちた名店」



皆さんも既にご存知かと思いますが
船場吉兆という料亭のお話。

今回の件で
よく普段から耳にしてきました吉兆ですが、
お店によっては一見さんお断り?
で有名な吉兆ブランド
暖簾分けの構図をはじめて知った方も
多かったのかなと思います。

1930年創業の神戸の料理屋の跡取りの故 湯木貞一氏が
大阪に創業したのが吉兆のはじまりでした。
いまの“本吉兆”(“船場吉兆”を除いた大阪をメインに展開)
この本吉兆は創始者の孫である湯木潤治氏が社長なんです。

吉兆グループは大きく5つに分かれており、
創始者の、
三女の婿が今回の事件があった“船場吉兆”の社長。(売上:2億1千万

孫が大阪の“本吉兆”の社長。(売上:16億円)
四女の婿が“神戸吉兆”の社長。(売上:10億3千万円)
次女の婿が“京都吉兆”の社長。(売上:18億円)
長女の婿が“東京吉兆”の社長。(売上:非公表)


暖簾分けだからこそ、1つが崩れば皆共倒れということのようですね。。
儲けからして明らかに“船場〜”は儲かっていなかったので、
ズルをしちゃったんでしょうか。
というか船場吉兆は大阪2店舗のうちの1つは
ミナミのOPAなんぞに入ってたとは、、
そりゃダメだわ(笑)と一喝しました。。。
完全にマーケティングのミスですね。
“東京〜”はおそらく儲かりすぎなので税金対策もあり
秘密にしたんでしょうか。。。(笑)

高級ブランドは儲からなければやはり赤字になり、継続できませんね。
でもズルをしちゃうと同族に響くんだな、と
ファッション業界を含め多くの高級ブランドは痛感したのかと思います。
やはりブランドは歴史と伝統を維持してきたと同時に、
安心・信頼も維持してきたと言うことを忘れてはならないですね◎

日本にはまだまだ食業界を中心に“暖簾分け”が多くあります。
主ににスウィーツが多いんですが有名どころでは、

・フルーツの千疋屋(千疋屋總本店、京橋千疋屋、銀座千疋屋)
・ゴーフルの風月堂(東京風月堂、神戸風月堂、上野風月堂)
・レーズンウィッチの小川軒
(代官山小川軒、目黒・新橋小川軒、御茶ノ水小川軒、鎌倉小川軒)

そもそも“暖簾分け”とは?

奉公人や家人に同じ屋号の店を出させる(出すことを許可する)
ことを言う。
商標等を共有しながら円満な形で独立することも指す。
ただし、運営方針、後継者争い、労働争議、
等による敵対的な独立は「分裂」と呼ぶ。
(Wikipediaより)

それぞれが同じ伝統を持つ違ったブランドですが、
暖簾を分けた後でも歴史や伝統、そして安心・信頼を
常に維持することが大切なんですね。

でないとせっかくの繁栄も水の泡。
“暖簾分けに腕押し”にならないように、精進努力が必要なのでしょう。

p.s
ボージョレヌーヴォー解禁しましたが、
イマイチっぽいので、スルーです(笑)

2007年11月14日

+++ LACROIX +++

f53912bc.jpgなんだか
フランスでは
大規模ストです。










ストライキをされちゃうと一番困るのが、
やっぱり交通機関です。

フランスのニュースでも大きく取り上げられているのが、
SNCF (Société Nationale des Chemins de fer Français)です。
いわゆるフランスの国鉄。日本のJRにあたるもので、
仏の新幹線であるTGV(Train Grande Vitesse)で有名です。

これがストップすれば、もうかなり困るでしょうね(笑)
通勤・通学にかなりの大打撃。
一応、スト中とはいえ、数十本単位では運行してるようですけど。

このSNCFの制服って、結構オシャレでして、
ずいぶん前になりますが、制服のデザイナーが
クリスチャン=ラクロワになったんですよ。
SNCF uniforme











彼は既にエールフランスの制服のデザインも手がけていることでも
経験を活かしてぜひSNCFでも、ということになったんでしょう。

Air France Uniforme






ラクロワといえば、自身のコレクションはもちろんのこと、
ホコリのかぶったエミリオ=プッチを甦らせたことで有名ですね。
現在はプッチのデザイナーを退任していますけれど。
また彼の自身のブランド Christian Lacroix
あの有名なLVMHグループの傘下から抜けました。

日本国内ではどうでしょうか。
接客業や学校の制服を手がけるデザイナーは、
実は結構多いらしいのです。
しかしながら、なかなか制服という概念にとらわれて
誰が作っても地味で同じような雰囲気になりがちのようですね。

それに比べ、国鉄の制服であってもシンプルというか地味にせず、
むしろモード感をおろそかにしてしまいがちな“制服”だからこそ
あえてその上品さとモード感のバランスを上手く
とっているラクロワのスタイルからは、
多くを学べるのではないのかな、と思いました。

あ、そういえば今パリではラクロワ展がやってるらしいです。
もしかして展示してあるかもしれませんね♪

Christian Lacroix
http://www.christian-lacroix.fr/


2007年11月11日

ポッキーの日ですね

14c9e144.jpg今日は11月11日。
ポッキーの日











昨日、11月10日の土曜日は、
大学でディベート大会に行きました。

去年のディベート大会は意味不明な大敗でしたが、
今回は、メンバーに恵まれた自分のチームが圧勝できて
よかったです
あ〜ほんとにいい格好させてもらった(笑)

去年は11月11日が土曜日でメンバーに
自分がチームリーダーだったこともあって、
ポッキーを配ったことを覚えています(笑)
「負けちゃってゴメンね」っていう意味も込めて♪

昨日のディベート大会終了後、関西大学チームも
関西学院のディベート大会に参加してたので、
交流コンパに行きました

で、飲みすぎて今日一日ダッル〜としてます。。
あ。でもDiorのセールの招待状が家に届いてたので、
ちょっと気分が晴れたかな〜と思いました!
しかも、今回は3枚も入ってたし

今年はどんなプレタが出るのかなー
友達と誘って行こうっと。
ほんとDiorは質がいいから、対費用効果が抜群!!
スペイン製のフニャフニャスニーカーは例外的にハズレ(笑)

今日はこのへんで(笑)

2006年11月11日
http://blog.livedoor.jp/hwakae198495/archives/50843577.html

2005年11月11日
http://blog.livedoor.jp/hwakae198495/archives/50410798.html

2007年11月07日

RC + HM = ★

73a42764.jpg





ついにやって参りました待望の第4弾。

H&M meets Roberto CAVALLI 2007年 11月8日

近年、話題の北欧生まれのH&Mという※SPAブランド、H&M
その他の高級ブランドとのコラボレーション歴をおさらいしてみましょう。

2004年の11月にはシャネル、フェンディのデザイナー兼
自身のブランドを持つカール=ラガーフェルドと

2005年の11月には、ポールの娘でもある動物愛護で有名な
ステラ=マッカートニーと

2006年の11月には北欧のデザイナーコンビ、
ヴィクター&ロルフと。

そして今年は、イタリアでも名高い
グラマラス・セクシーそしてダイナミックなブランド。
ロベルト=カヴァッリとのコラボレーションです。

ファッションは“自由”である。」とカヴァッリ氏。

女性モノは、計25アイテム。
注目はやはりレオパード柄にゼブラ柄が女性にとってかなりセクシー
ラテンの雰囲気を漂わせながら夜を楽しむコスチュームを提案。
トップス、Tシャツ、そしてジーンズ。
下着やアクセサリーも豊富だとか。

男性モノは、計20アイテム。
やはりブラウンやブラックを中心にレザージャケット
そしてダークブルーのブレザー。ベストにタキシードもあります。
下着は言うまでもなく、
アクセサリー類はトレンディなタイトなネクタイ、スカーフ
そして軽くもてるサック、革小物からカフス、キーホルダーに至るまで。

H&M(英国版)
http://www.hm.com/gb/

Roberto CAVALLI
http://robertocavalli.com/eng/home.htm

シブヤ経済新聞(H&M 渋谷1号店の記事)
http://www.shibukei.com/headline/3917/

SPAブランドってなんなのさ???
http://blog.livedoor.jp/hwakae198495/archives/50947005.html

H&M meets RC

2007年11月03日

チョイ昼飲みの文化

c0a49943.jpgみなさん、
最近飲んでますか

夜、もですけど、
に。








飲酒運転の規制強化によって、
夜に飲む分には、お酒の立場は徐々に
弱まっているようですが。。。

最近はお昼に割と時間がある主婦が昼から外食ついでに
飲むことが多いらしいですね。
主婦に限らず女性が、と言ったほうが適切なのかも。。

昼からイタリアンやフレンチ、じゃなくてもちょっとしたカフェで
シャンパンブランチ”ってのが言われだした頃から徐々に昼から飲む
というトレンドが成長してきたんだと思います。

自分はヨーロッパにいた時、昼からカフェでビールを飲む人をよく
見かけました。ドイツではなく、フランスで
この滞在をきっかけに日本でも昼ビールが習慣?になり、
たまに昼ご飯時にビールを飲むようになりました。
あ、でも1杯だけですよ
ちなみにフランスではビールの消費量は若者を中心に年々増え、
ワイン市場は海外輸出に精を出しているようです。

とはいえ、いままでは昼からクィっとは、オジさんぽかったのも、
女性同士の食事にお酒が入り会話に花を咲かせるのは、
実に華やかではないでしょうか(笑)

http://www.yomiuri.co.jp/komachi/life/antenna/20071022ok04.htm?from=os1

hwakae198495 at 03:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!
Profil
ヒロキ
関西学院 経済学部 卒業
(2008年3月)

4月からは、GINZAのオトコに
なれるよう頑張ります。

というか絶対なってみせます。

これからもヨロシクね☆★☆
Commentaire neuf