2007年12月

2007年12月31日

.。.:*・゜Bear My friends*・゜゚・*

0fd89442.JPGさようなら2007
こんにちは2008






とはいえ。。。
人間が作り出した暦が変わるだけです。
動物にとっては単なる真冬の始まりなのでしょうか。
クマは今頃冬眠中でしょうね。

少し抽象的になりますが、
今年はいろんな別れと出会い、変化の大切さを味わいました。
変わる前に変わってやれ。
捨てては、得る。
そんな1年でもありました。

来年も変化を恐れず、夢に向かって頑張ることができたらいいな、
と思います。

皆様今年1年は本当にお世話になりました。
来年も素晴らしい1年でありますように。

それでは、よい大晦日を★


2007年12月28日

パシャッ!春を咲き撮り

375e58fa.jpg5年ぶりのデジカメ
今日は、つい衝動買い










本当は、東急ハンズで買い物に行ったつもりが、
上の階の家電屋さんでデジカメを買いました

とはいえ、前のサイバーショットが4年前に買ったっきりで、
外国に行っても、現地人や他の旅行者のよりも
かなり古いものを持っていた状況でしたし、、、

ブラジルでも他の南米からの旅行客の方が新しい機種だという。。

で、今回もサイバーショットにしました。
色は春を先取りして、桜色のうすピンク色

店員さんとお話してたら、
「じゃあプレゼント用ですよね。」と言われ、
「いいえ」と答えると、ポカーンとされました(笑)

男でピンクは変かぃ!!!!」てなわけですよ。
心の中で思っただけですけどね。

こんな可愛らしいカメラなら、普段から旅行先で
パチパチとらない自分でも是非撮りたいと
思わせてくれるとおもいます

今回のパリ行きで何をとろうかなぁ〜

2007年12月26日

Pour oublir tous que j'avais faits

d4e30906.jpgいや〜
昨日はひさしぶりに
いつものメンバーで
暴走です〜〜〜



1,ベルギー料理
2,いつものbar
3, Girl's bar
4, 回る寿司
5, 空桶
6, いつものbar

と異例の 忘年会 第1弾となりました。
もう食べ過ぎの飲み過ぎで・・・
まだ代謝が良い若いうちだからできるんだろな〜〜

とりあえず、ムール貝とベルギービールの
マリアージュは最高だということです

今年はいろんなことがあったけど、
漢字一文字で表せば、「」でしょね。

一瞬で消えてしまうこと、一瞬で現れたもの。
0から100に、100から0に。

ちょっとしたことで物事やモノの考え方が変化した1年でした。
就職、恋愛、将来、人間関係、社会、経済、芸術・・・


一瞬の判断、一瞬のスキ。
たかが一瞬されど一瞬
一瞬がどれだけ難しく大事な存在かが判った気がします。

資生堂のキャッチコピー「一瞬も一生も美しく」とは
いいますが、そんな簡単なことじゃないんですよね。
ほんと安売りシャンプーでウカレてちゃいけません(笑)

この教訓を2008年に活かして生きたいと思います。

皆さんも良い年末をお過ごしください


2007年12月23日

雪山 de 栗スマス

80a12fc2.jpgクリスマスケーキが
お家に届きました。










本当は百貨店の有名パティシエのものが
よかったのですが、このケーキは宅配可
ということで、ネット注文を事前にしていました。
All Aboutスタイルストアというページです☆


クリスマス用とは言えども、ビュシュドノエルという
切り株状のロールケーキはあまり好きではなかったので
京橋千疋屋モンブランにしました

栗がたっぷりはいってて、美味しいですね

もともとケーキなのに?パンの部分が多いのよりも
クリームが多いほうが好きだったので“当たり”と
いえそうです。

一切れ食べたら、もう満腹で・・・(笑)
少し早いクリスマスケーキですが、明日、明後日にかけて
食べていきたいなと思います

さ〜就職先の課題でもやろうかな〜

・京橋千疋屋
http://www.senbikiya.co.jp/

・All Aboutスタイルストア
http://stylestore.allabout.co.jp/mojo?language=ja

2007年12月22日

ブドウ色の夜

012e065a.jpg前回に続き、
またまた潜入、
ワインの会
第2夜








今回は、ワインショップエノテカ主催のものに。
あの失楽園?で話題となったシャトーマルゴーも飲める、
というのと、色々な人と出会いのために1人で行ったのですが。。

MAX50人だったはずが、20人弱だったのでイスも多少あるかんじ。
しかも皆さんの年齢層がすごく高くて、ビックリしちゃいました

ま〜1人で来られている方を見つけたので何とかやりくりしました
この日だされたワインは、
発泡系はシャンパーニュから、
前回お話したRMのエルヴィ・ケナルデルのロゼ、
イタリアのフランチャコルタのヴェッラヴィスタの白、

赤は、フランス、イタリア、チリから
カヴェルネソーヴィニョン種とピノネロ種でしょうか。
白は、同じくソーヴィニョンブラン等。。


クイズ大会みたいなものもあったんですが、ハズレました(笑)

内容は、ある赤ワインを1グラス味見して、
産国名、年、ブドウの品種、価格、を当てるものですが、、、

人を見て、血液型とか、生まれ年の星座を当てるようなものですよね〜

さすがに難しく、結局やはり経験豊富な方々が近い答えを出し、
商品をもらってらっしゃいました
自分もまだまだ青二才だなと実感(笑)
でもワインはウンチクではなく楽しめるのが一番ですよね
敗者の弁じゃないです(笑)

しかしシャトーマルゴーは1グラス限定でしたが、コクがあり
本当に貴婦人のような雰囲気がありました

carte de margot











ちなみに、
前回のブログのシャトーパルメがマルゴーの3級に当たり、
今回が1級になります。


reine de bordeaux











皆さんもワイン好きな方がいらっしゃれば、
是非エノテカのメンバーになってみればいかがでしょう
きっと楽しいイベントがあるとおもいますし、
面白い出会いが待っているのではないでしょうか

あ〜しかし飲みすぎた
頭がガンガンする(笑)でも最高




2007年12月19日

野郎だけのソワレデュヴァン

21036933.jpgあ〜2日連続で
昨晩も飲みでした。











月曜日
ウイスキーダブル×3杯が利いたのか帰ってそのまま爆睡。

火曜日
あまりに寒かったので、夕方開始の飲み会の前に
朝お風呂に入って、なぜか杏仁豆腐のみを食べて、
再び昼寝。。。

そして起きたら、また夕方までお風呂に入って、
雑誌を読んでました。。で
ウコン飲んで出発、みたいな。

この日の飲み会は、ワイン会と題してまして、
言いだしっぺは関大生連中でした。
その1人のお宅にお邪魔して5人で飲んだわけです。

目玉は、「シャトーパルメ1988」。
お土産のこのまえ買ったRMシャンパーニュも参戦です

パルメはあの有名な赤ワインの貴婦人マルゴーの3級です。
色は赤というよりも琥珀色に近い奥の深い後味が特徴でした
お店で飲んだら50000円はするらしいです。。

こんな個性的なのは滅多に飲めないので、
みんな飲むときには無言でした(笑)
カニすきに行ったみたい。。

シャンパーニュのアンドレロベールは、
シャルドネという白ブドウしか使っていない blanc de blanc
なので、焼き鳥のささみ、ミックスナッツと飲みました。
日記最後の写真がそのキャップですね。

余談ですが、そのときに部屋でついていたテレビは
なぜか、「おネエ☆MANS」
お料理研究家マロンさんが出てました
いや〜手際良すぎ(笑)IKKOさんは完全に男です。
「どんだけ〜」、指振りすぎ〜

そしてシャンパーニュもパルメも空いたら
イタリアからスプマンテで有名なベレンダというブランドの
赤ワインを飲みました。これもなかなか美味しかったです。
これで1800円程度とは、コストパフォーマンス良しでしょうか

とまぁ、こんな感じで野郎の会は続き、、、、
自分は24時には真っ先に退散しました。2夜連続さすがに。。
水曜は休肝日です(笑)DVDでも借りようかな〜

<RM、アンドレロベール、泡の3拍子の記事より>
http://blog.livedoor.jp/hwakae198495/archives/51032049.htmlAndré Robert

2007年12月18日

兎と亀、

6a7e7e55.pngついにあの
セリュックス
閉鎖!!!!!
(WWD 12月17日より)





ほんとうに、ビックリしました。
セリュックス「CELUX」とは
ルイヴィトンジャパングループ(以下LVJグループ)
の中でも一定の条件を満たしたのみが入店できる
セレクトショップとして有名でした。
場所は、LV(ルイヴィトン)表参道の上階で、一度ある方のお供で
入店した時はその洗練された雰囲気に圧倒されました

・年収(****万以上)
・紹介制
・etc...

今日、新富裕層、いわゆる黒リッチと巷で言われている
人向けの“コンシェルジュビジネス”の先駆けでした。
2001年〜なので、先見性はかなりのものですよね。
品揃えが、パリのコレット並みのチョイスなのでおそらく、
海外のそういった類からの影響だったのでしょうか。


しかしながら、採算が合わないために閉鎖という結果に。
ハイエンド層に的をしぼった考えは、時流に乗ってるはず。

ルイヴィトンカップの降板、ホリエモンのLVのTシャツ
藤井元社長の退任などなど。。。
以前から国内でのLVの迷走が見え隠れしていましたが。

おそらく、LVの購入層が広すぎたのかもしれません。
日本人のブランド購買心理である、

「人と同じが好き」「人とは違う個性がほしい」

という2点を満たすように意識した手法の落とし穴。
ブランドマーケティングの罠でしょう。

また以前からネット上で「CELUX紹介してあげてもいいですよ」
というような人の出現が横行していました。

総じて、
ファッション自体はもちろんのこと、「ラグジュアリー」は
誰もが手の届く時点で、もうそれは「フツー」なのです。

同じ系列のブランド、
Diorの方が確かに客層も比較的安定しており、
アクセサリーラインやバッグ、服の全てにおいて、
以前から「フツーの人用」と「ハイエンドの人用」に
区分されていたような気がしていました。
とはいえ、グループ内でのLVの活躍はカナリの比率です。

表参道→銀座、とハイエンドブランドが動いている傾向から、
また現在の銀座のブランドビルラッシュにおいて、
LVMHも新たな総合ビルを建てる準備をしているとも噂されています。
もしそこにCELUXらしきものができてもおかしくありません。

LVJグループとくらべ後発ではありますが、
ハイエンド層を意識したシャネルにはじまり、
アルマーニやブルガリがとすれば、
LVJはなのでしょう

「フツーの人」と「ハイエンドの人」を同時に狙った罠、
つまり“二兎追うものは一兎も得ず

これは人生にでも応用の利く一言ではないでしょうか(笑)

あ、NIGOを追っても意味はありませんのであしからず。


※参考記事 ひと味違うアナタに 〜You're distinguished〜
http://blog.livedoor.jp/hwakae198495/archives/50979260.html

2007年12月16日

ワインウィーク ☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

ff900418.jpg来週は、
クリスマス♪♪







例年のようなワクワク感は
あんまりないんですけど〜(笑)

やっぱり、大人しくクリスマスケーキを
家でほおばりながら、お年賀の追い込みにかかろうかな

今週は、面白そうなワイン関係のイベントに行ってきます
ひとつは、個人的な、もうひとつはエノテカ主催のものを
どんなワインかはまた後日記載しますのでお楽しみに

ワイン、ワインと世間ではお高いイメージがありますが、
世界中の国に色々な人がいるみたいに
ほんとに色んなものがあります


固執したイメージにハマることなく

ボージョレのような、おジュースに飽きた皆さんには、
クリスマスには是非、
定番になりつつあるシャンパーニュはもちろんのこと
色々な国のワインを楽しむことをオススメしたいとおもいます

来年からは、社会人。
ワインのように歳を重ねていきましょうネ



2007年12月14日

「革」の流れのように〜♪

24d9e67d.jpg




流行とは流れていくもの






以前、「水」に例えました通りですが。
ということは、目の前にある水は、
次の瞬間にもう流れていってしまうようなもの。
水は動かせば腐りません。


今日の夜も恒例のジョギングをしていますと、
ジモティ学生までもがパープルのカラータイツでチャリを漕いでいました。

最近ではどこもかしこもカラータイツ!
今日も大学内で同じようなパープルタイツを5人以上見ました(笑)
ファッションは現状で満足していてはいけないんだぞ、と
声を大にして言いたかったのは自分だけでしょうか〜

普遍化したらそれはもうオシャレじゃないのかもしれない。。。

パープルやピンク・・マカロンだったら問題ないんですけど♪
ラベンダー味かな、カシス味かな。
フランボワーズ味かな、ローズ味かな、ストロベリー味かな。
と言う感じで、マカロンなら同じ色でも個性があります

「冗談も顔だけにしてほしい」
とはいわんばかりに、「冗談も“マカロン”だけにしてほしい」

そういえば、
マカロンのピエール=エルメロエベのコラボ
が話題になりましたね

ロエベと言えば、スペイン王室御用達であり、LVMHのなかでも
唯一のスペインブランド
革製品のクオリティは群を抜いて良いと言われています。
新作ラインのオレンジ色を貴重としたデザインと
ピエール=エルメのシンボルカラーのオレンジがシンクロした
と言うわけなんでしょうね

過去にも女性のファッション誌でもロエベのアイテムは、
バッグを中心にちょくちょく紹介されていましたが、
大きなヒットはなく、他のラグジュアリーブランドが成功させた
“若返り”をことごとく失敗させてきたかのように見えました。

ところが、近年話題の「食×衣」のファッションコラボによる
言わば“ゴリ押し”によって、ロエベの勢いは男性ファッションにも
食い込もうとしているように見えます。
キーワードは、「性別の超越」。

つまりカバンであれば、女性も男性も関係なく持てる、ような感じ。
ルイヴィトンが過去から行ってきたような性別による
買わない理由をなくす”戦略をスマートに打ち出そう
としている様にも思えますね。

とはいえ、考え方がモダンで個人的にはとても大好きです

これらのウンチクもひとつの“流れ”なのでしょうか。
この流れがやがて大きなウネリとなってロエベのヒットが
成功するのかどうかがとても楽しみでなりません

リヴァーではなく、レザー。
こりゃ「川」の流れではなく、「革」の流れですね


※写真は4年ほど愛用してるロエベの財布♪
ゼミのM本くんから、「パンクっすか?」って言われてショックだった(笑)



・ピエール=エルメ(11月28日参照)
http://www.pierreherme.co.jp/topics/

・ロエベ 〜LOEWE〜
http://www.loewe.com/

・最新のマカロン関連の日記を過去ログから
http://blog.livedoor.jp/hwakae198495/archives/51002730.html

hwakae198495 at 04:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年12月11日

泡の3拍子♪

ffcec3a9.jpgあ〜、
今日はいい買い物
しました♪
旬モノですから。








泡の3拍子、と題しました!
“阿波の三拍子”ではないです(笑)


今日も梅田で用事を済ませ、
ハービスにふらっと立ち寄りました〜

年末年始に重宝かな、と
広尾にあるエノテカの支店のお店に行きました。

すると、なんと珍しいシャンパーニュが入り口に。。
定価5000円以上のものから8000円ぐらいのものが、
よりどり3本で12600円でした

一度に12600円は結構な出費ですが、
ちょうどプレゼント用に1つ買おうかと思ってたので、

今さらながら、RMシャンパーニュを3本!!

もちろんエノテカのオンラインでも買えるのですが、
3本は指定されているので、余裕があれば店頭で、が
オススメ♪でも持って帰るのが重くて重くて(泣)

アンドレ・ロベール blanc de blanc(定価6500円)の
1本のみは贈答用に包んでもらいました。

ちなみに残りの2本は、
エルヴィ・ケナルデル grand cru - blanc de blanc
定価8400円。

ガストン・シケ rosé
定価5500円。

!超お買い得!
20400円→12600円☆

モエやポメリー、クリコなどとひと味違う味わいを
楽しみたい方は是非、エノテカに直行で〜す

ちなみにこのセールの期間は、今週限りらしいです。
エノテカ全店舗でやってるかどうかはわかりませんが、
是非お試しくださいね♪

※RMシャンパーニュって?
http://form.allabout.co.jp/s/031217/index.htm

Wine shop ENOTECAのRM
https://www.enoteca.co.jp/online-shop2/list.php?special=RM

◎1番目の写真がエルヴィとガストン、下がアンドレ。

Andrerobert

2007年12月10日

Good Luck (´▽`)

4b08544e.jpg題名のとおり、
今日でやっと
一息、
です。。。。




まったく私事で、申し訳ないですが。。

本日12時30分、経済学部室で
卒業論文を提出してきました。
9月から本格的に練り始めた内容も
18000字にも膨れ上がりましたが、
晴れて3月に卒業できそうです
5年の大学生活も終わるんですよね〜


さて、まぁ12月早々に出したというのも
締め切りが来年1月10日なんですね。
しかも、1月8日から単独卒業旅行に出かけるために
巻きで頑張りました。

何事も早め早めにしないと、日なんてものは
あ〜っというまに来てしまうものですから

そう、高校3年の夏休み、
「大学入試なんてまだまだ〜」
とかいってあっという間だったみたいに(笑)

1月早々には、個人的にも、やっぱり思い出が
沢山詰まってるパリに行く予定です。
1月は航空運賃が1番安い上に、1/9〜ソルド期間なんですね。
帰ってきたら本格的に物件探しで、忙しくなりそうだし、
友達と思う存分沢山物色したり美食を楽しみたいです!!!

ま、とりあえず、生牡蠣とムールが食べたい

もう卒業旅行に行かれた方も、
これから行かれる方も、フランス国内はもちろん、
パリに行くなら是非オススメしたいサイトがあります。
cityvox」いわば、フランス版ぐるナビというか、
食べログに近いサイトです。

フランス国内の現地人が利用しているサイトで、
ホテルからレストラン、カフェ、バーの口コミ
数多く寄せられていて、平均予算や総合評価など
自前のガイドブックも見つつ参考にしてはいかがでしょうか。
言語は、フランス語を含め英語など6ヶ国語対応ですが、、
書き込んでいる人がフランス語で書いている場合は
ご容赦を(笑)

Cityvox
http://www.eng.cityvox.fr/guide_paris/CityHome
(上ら辺でパリ以外の街、言語を選択できます!)

それでは皆さん、Bon Appétit et Bonne chance!


2007年12月08日

偏見じゃぁぁ (゚皿゚メ)

076b8ee3.jpg今週は、
内定先の同期が
2組大阪に来ました






F森君とH田さんの2人のグループでした。
F森君グループとは予定がうまく合い、
飲みに合流できました。

同じ期間、ほとんど同じ場所を観光してた2組ですが、
なんとお互いのグループが同じ期間に
大阪に来ていたことを知らなかったというんですね。
この期間は大阪に来やすい理由でもあったのかな〜
と思っていますけれど。
やっぱりUSJに行ったみたいだし。
旅行費きいたら「安っ!」ていうほどお値打ちでした。


この2組が口をそろえて、
「やっぱり左側通行なんだね」って(笑)

たこ焼き串カツ、そしてホルモンの3セットが
どうやら大阪観光の食の王道であると言われてるんですよね。。
むむむ・・・非常にお恥ずかしい限りですけど!!

これらは、滅多に食べない珍味中の珍味ですよ(笑)
だから美味しい店を聞かれたとき、
非常に困りましたね〜
たこ焼きは少なくとも5年以上食べてないし、
串カツは2年に2回ほどかな。
ホルモンは初めて行きました。
たこ焼き器は家にありません(笑)ここ重要


まぁ、それを除いたら食べれるものっていいだしたら
首都圏とかぶっちゃうんですよね〜
フレンチでもイタリアンでも寿司でも、洋菓子でも。
大阪より東京のほうがいい物あるのは否めない。
神戸まで行っても売ってる神戸プリンは、
横浜でもありそうなプリンだしなぁ。。


でもホルモンは意外と味が悪くなくてビックリしましたけど。
体には悪いな〜ってのは話にものぼりました(笑)

っていうか、大阪のガイドブックを見せてもらったけど、
結構ヒドくて参りそうでした〜
表紙は串カツとかたこ焼きの写真だらけで、
ケンドー小林の写真が真ん中に・・・
これはメディアがらみでステレオタイプを流してるな・・と。

ま、大阪でも探せばいいところもありそうですから、
大阪にお越しの際は、かなり前もって教えてくださいね
もっとマシなお店を探すように頑張りますから
ネオ大阪人の誇りにかけて(笑)





2007年12月02日

眠れる獅子に対向せよ。

020284be.jpg眠れる獅子
といえば、
中華人民共和国
というのは、
周知の事実、
なのでしょうか。





最近日経で読んだ記事から、ですが。
“どうして銀座に外資高級ブランドが集中しているのか”
という本当の答えが実はあったということです。

シャネル銀座を筆頭に1つのブランドが各ラインを全て集め、
そして上階にはレストランなどを併設するという最近の傾向。
いまでは、グッチもブルガリもアルマーニも。
例外は、松屋のヴィトンとディオールぐらいでしょうね。
自分が春から働くブランドも新しいビルにレストランがありますが。
でもちょっと客層はちがうかな・・・


その答えは、眠れる獅子を含む東アジアのお客さんに対する
アジアを代表するショールーム的役割だったんです。

服やカバン、いわゆるアパレルだけでなく、
アルマーニを例にとりますと、アルマーニカーザ
という家具ラインからリストランテでの味覚への訴えかけ、
つまり「衣」だけでなく、「食・住」もということですね。
総合的にブランドイメージをアピールできる場所なのです。

これから見込めるアジアのお金持ちにラグジュアリーの文化を
伝えるには銀座が一番いいだろうと外資が踏み切ったというわけです。
にしても、やっぱり日本人の客が結構多い気がしますが、
ひやかし客ではなく実際にお金を出すのはそういった
海外からというか、大陸からのお客さんなんでしょうね。

いっぽう本土である中国ではなにやら
LVMH (Moët Hennessy – Louis Vuitton)が
本格的に活動しているようです。

その社長であるベルナール=アルノー氏は、
最重要ターゲットは中国だ!」とまで言ってるらしいです。
先日の万里の長城でのフェンディのイベントも然り。
おそらく、彼らは日本での成功の経験があるだけに、
新興ポテンシャルのある中国に目星をつけるときが
来たのでしょうね。

ま、その先駆けとして中国人旅客の多い東京は銀座で
やがてくる中国でのブランドラッシュに備えている
というわけなのでしょう。

ということで、個人的な話ですが、
欧州言語ばかりの自分にも
ついに中国語に手を出す時期が来たようです(笑)

Profil
ヒロキ
関西学院 経済学部 卒業
(2008年3月)

4月からは、GINZAのオトコに
なれるよう頑張ります。

というか絶対なってみせます。

これからもヨロシクね☆★☆
Commentaire neuf