2009年09月

2009年09月21日

Pull me up !

17554239.jpg急になんだ、
と言われるかも
しれませんが、、






Pull me up!って
別にひっくり返っているわけじゃ
ございません(笑)


イタリア語で、Tirami suそう、
Tiramisuの語源ですね。

今は朝の5時ですが、
こんな朝っぱらから目が覚めて
何気にティラミスがおいしい店の記事を
見てまして、、
http://news.walkerplus.com/2009/0912/21/

銀座でよくわざわざ食後に食べに行く
ティラミスのあるお店が載っていなくて
ブログに書いてみることにしてみました。

その店とは、銀座では誰もが知っている?
と言っても過言ではない老舗。
並木通りの三笠会館の1階のイタリアンバールの
ティラミスなんです。

マスカルポーネチーズがエアリーで
クリームの量が半端ではないんです。
お皿にドンッと大きく盛られ、でも
ペロッと食べてしまうオススメのティラミスです。

イタリアンドルチェの中では最も好きなティラミス。
単純なお菓子だからこそ、お店によって全く違うし、
尚且つ、味の差や好みの差が出やすいんですよね
生地分よりクリーム分が多いほうが好きな自分にとっては、
ベスト1です。

ハッピーアワーの時間にでも
たま〜に入り口から入ったところで
スタンディングでエスプレッソと食べたりしてます

銀座にお越しの際はぜひ♪

Andiamo al bar LA VIOLA per il tiramisu con caffè espresso!

http://www.mikasakaikan.co.jp/restaurant/italian/laviola/index

2009年09月18日

Il Faudra Boire A Voir

f0558d94.jpg昨日は久々に
飲みすぎました。。
最近制限してるの
ですがね〜


まずはいつものAUX BACCHANALES銀座へ、
友達が働いてるので飲みながら
お喋りしに行くお店として、
頻繁に通っていました。

ですが、昨日でそのお友達は
ギャルソンから縫製師へのカムバックのため
辞めてしまうとのことで、
先輩と飲みに行ったのです。

いつもは道に面したテラスが特等席ですが、
ギャルソンにはテリトリーがあるため、
友達の管轄の奥の席に。。。


サラダ、フォアグラのパテ、ステークフリット
チョコレートムース、それぞれにシャンパーニュ
を合わせてビストロな雰囲気を存分に味わいました。
お土産?のサンプルなど喜んでくれてよかったです

ここAUX BACCHANALESのオススメは、まさに
この4品。

具がたっぷりの美食家のサラダ
自家製に濃厚なフォアグラのパテ
外はカリカリミディアムレアのステークフリット
仏ヴァローナのおそらくJIVARA LACTEEを使用した
チョコレートムースことムース・オ・ショコラ


そのあと、「やっぱりテラス。。。景色を眺めたい。。」

ということでまたまた丸の内ブリックスクエアの
マルゴ丸の内という新宿3丁目のワインバーの新店舗へ。
ボルドーの赤を注文して飲みました。
クレームブリュレを注文と同時に、やっぱり
グラスシャンパーニュ!

最高のひと時でした。。。。が、
本日は二日酔いで頭がガンガン痛いです。。

Il faudra boire à voir la terasse mais ne bouvez pas trop!”


AUX BACCHANALES 銀座
http://www.auxbacchanales.com/ginza/index-j.html

マルゴ丸の内
http://www.marunouchi.com/brick/shop/detail/marugo.html

2009年09月14日

RE: Le Meurice

43b86592.jpgオーダーの末
到着。
おNewの名刺入れ



先日、パリの超高級ホテルである
Le Meurice ル・ムーリスで
昔食事したことを思い出し、、
サイトを眺めていたんですが、
その際にグッズがあることを発見しました。



キーホルダーから、シャンパンストッパー
財布にカードケース、テディベア、クリストフルとの
コラボのカトラリーなど、沢山ありまして、、

ムーリスのカラーといえば、ラデュレのような
ミントグリーンというかピスタチオグリーンと
上品なゴールドとのかけ合わせ。
その色を基調としたアイテムが満載。

ちょうど名刺入れを探していたので、
どちらの色でもない(笑)ブラックのカードケース
をオンラインで注文しました。

注文方法は、
いわゆるe-shop形式ではなく、広報部とのメールでの
やり取りにはなってしまうのですが、
フランスにしては(笑)対応が珍しく丁寧で、
さすが一流はサービスたるものを心得ていると
感心しました。

元々、日本以外の“サービス”に
あまり期待していなかったためか、
感動は一際です

このカードケースは、デザインがエルメスの財布
“べアン”のようなストラップが少しついており、
表面は少しヴィトンのダミエっぽいです。
うっすら表面にエンブレムと“Le Meurice Paris”と
彫が致されています。

ブラックのほかにゴールドもご用意があるみたいです。
一応ブラックは紳士用、ゴールドは婦人用
とされていますが、、、

このオンライン注文の難点は、送料が一律や、
何ユーロ以上は無料、というシステムはなく、
モノによって数によって変わってきます。
(欧州圏以外への発送は異例かも?)

ですが、あのムーリスのグッズなんですから、
思いきってここは奮発しましょう

ちなみにこのカードケースは80ユーロ、
送料は25ユーロほどなので占めて105ユーロほど。
国内で適当に誰かとカブる物を買うぐらいなら、
かなりお買い得ではないでしょうか。

このオンラインブティック、
ぜひ自分用、贈答用にいかがでしょうか

解る人には感動されますよ

http://www.lemeurice.com/special_focus/shopping.html

※↓このUSBとか次欲しいかもです(笑)

USB

2009年09月13日

超 M M

b7f4a423.jpg昨日は
楽しかったです。
久しぶりにライヴ







六本木のビルボードにマーカス=ミラー Marcus Miller
のライヴに行ってきました


行く時はかなりの雨でしたが、
開始1時間前にイタリアンでピザを
ペロッと食べて会場に


ギタリストではパット=メセニーが好きですが、
ベーシストではマーカス=ミラーと聞いていたので、
行ったわけです。


個人的にはベースは弾きませんが、
リズミカルなグルーヴ感とアンビエントな空気感は
とってもタイプでした。
チョッパーとドラムの掛け合いとか〜


途中でベースの機種を変更したり、クラリネットに
楽器を変えてみたり、きっとその時の気分でアドリブで
やってるんだと思いました。
譜面どおりキッチリしてるよりも、その時の気分で
コロコロ変わるほうが聞くほうも演奏するほうも
楽しめますね。マニュアル通りはつまらないですね。
その臨機応変なところがまたジャズの面白いところ
ですね。


色々な楽器を弾ける人ってすごいです。
弦楽器を渡る人、ブラス系を渡る人は結構いますが、
違う楽器の種類を色々できるのは素晴らしい。

ギタリストのパット=メセニーも生まれて初めて
触った楽器がトランペットらしいですね。

色々演奏できる人は初めにブラス系から始めた人が
多いのでしょうか・・・?


今度はボサノヴァのようなリラックスできるような
音楽が聞きたいですね


2009年09月05日

地中海の庭

9ba34c89.jpgさてさて
行って参りました。
丸の内ブリックスクエア








オープン2日目の本日、
しかも花金(古い?)

今日の早朝に友達よりメールが入って
急きょ晩をご一緒することに

金曜の当日のお店をキープするなんて、至難の技。
しかも銀座丸の内界隈ときたら・・・

ダメ元でオンライン予約ができたのは、
ブリックスクエアの2階、
『アンティーブ』という地中海料理のお店。

お気に入りの地中海の庭というエルメスの香水から、
思いつきで予約!(ちょうどブリックスクエアには中庭が

コースはヨーロッパの旅行先で出てきてもおかしくない様な
魚介のラタトゥイユにセロリの牛肉のロール、
イカ墨とホタテのタリアッテッレに鴨のグリル。
少なめのポーションなのに、エレガントなお皿ばかりで
満足しました
最後のサツマイモのタルトが、、、すこし残念

デザートですべてが決まるといっても過言ではないので、
くれぐれもデザートは気合を入れてほしいモノですね

サービスはもう少し慣れてらしたほうが快適かも・・・

さてさて、
丸の内の複合施設としては、かなり小さいですが、
中庭の解放感とテラス付きのお店が多いこと。
この点に関してはミドリと都市が共生する
素晴らしいモダン空間だと感じました

次こそは、少し肌寒い外のテラス席で
ブルゾンでも羽織いながら酒をひっかけたいものですね

■ANTIBES〜アンティーブ〜■
http://www.antibes-tokyo.jp/antibes_web/index.html


★丸の内ブリックスクエア★(9月3日オープン)
http://www.marunouchi.com/brick/index.html

Profil
ヒロキ
関西学院 経済学部 卒業
(2008年3月)

4月からは、GINZAのオトコに
なれるよう頑張ります。

というか絶対なってみせます。

これからもヨロシクね☆★☆
Commentaire neuf