2007年06月14日

こ・こんなところに

25a64bd3.gif私たちの衣食住文化には
西欧伝来のものが
非常に多いですね

欧州は私たちに文化と伝統を
長い時をかけて伝えてきました。



その代表的な国といえば、言うまでもなく
フランスといって過言ではないでしょう。
食べ物に、衣服、それに多くの借用語

逆に最近では私達の国、日本からも沢山
発信していっているようですね。

昨年11月、日本のファッションメーカーである
センソユニコ(Senso Unico)がパリにブティックを
オープンしました。
NORIEM」ノリエムというブティック。

センソユニコ自体、自分が就活のときに企業検索で
上がってきたアパレル企業のひとつだったということ以外
本当に見たことも聞いたこともない企業だったのですが

このブティックでは、日本発のファッションだけでなく、
陶器や着物の生地を使った製品など日本らしさを発信している
みたいですね。インテリアはフランス人の協力も得ているらしく、
まったくの和風ではなく、モダンなつくりになっています。
和仏折衷 中道 和派 というかんじでしょうか

パリにはもともといくつかの日本のブランドが店を構えています。
しかしながら、それらは日本の雰囲気そのままに体現しています。
たとえば、和菓子のとらや、源 吉兆庵などなど。。

そういった点では、この「ノリエム」というブティック、
しっかりと日本を伝えきれているかという意味では、
フランス通の方には賛否両論のようですね。
まぁ、色々考えた結果、こういったカタチになったんだし、
いいじゃないか〜っていうのが自分の意見です

というか立地がかなりいいんですよ。
サントノレ通りなんです。
エルメスをはじめ多くの高級ブティックが並ぶ通りです。
ヴァンドーム広場にも近くて、リッツは目と鼻の先という。

パリは伝統を持続しつつも確信していく“呼吸をする生きた街
だと考えています。私たちが生きるために色々な食べ物を
摂取するように街もどんどん新しいものや違ったものを
受け入れなければ活性化しないんですね。

あぁ〜そういえば大阪キタヤード、どうなっちゃうんでしょうね。。
なんかこのまえの新聞では、中途半端っぽいこと書かれてましたが

NORIEM: http://www.senso-unico.co.jp/press/europe-sas.html

from MODE PRESS
http://www.afpbb.com/article/entertainment/fashion/2226536/1491193




トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. センソユニコ(Senso Unico)  [ ブログで情報収集!Blog-Headline/fashion ]   2007年10月23日 16:16
「センソユニコ(Senso Unico)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 「ナチュラルコンフォ...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profil
ヒロキ
関西学院 経済学部 卒業
(2008年3月)

4月からは、GINZAのオトコに
なれるよう頑張ります。

というか絶対なってみせます。

これからもヨロシクね☆★☆
Commentaire neuf