赤瀬川 原平『ぱくぱく辞典』をご存知だろうか。


同じ寮のタイ人留学生と西荻窪で奇怪なラーメン「パパパパパイン」を食べた後散歩してる途中によった古本屋で見つけたのがこの本である。




明解 ぱくぱく辞典 (中公文庫)
赤瀬川 原平
中央公論社
1998-12




”<美味い>も<不味い>もとことん嚙み分ける、独創的食味辞典” である。



辞典にして895+税は破格ではないだろうか



DSC_0055


たとえばこんな感じである。


律儀にあ行から五十音順に並んであり、「シ」なら【シューマイ】と始まる。シューマイの幕開けである。


写真の左ページを見てみよう。


「シュークリーム」の項目の丁寧なイラスト である。


=======

「シュークリーム」

シュークリームと鍋物の葱の共通点。

どちらも油断して食べると、ピュッと中身が飛び出すので危険。

ちゃんとした大人はもうそういう ことを知っている。

======= 


わりとグダグダと書き連ねられていく(それはそれですごい)のだが、 さすが作家である。

シュークリームに「鍋物の葱」をかけてくるあたりさすがだ。

最後の「ちゃんとした大人はもうそういう ことを知っている。」と余韻をもって結ぶあたりもいい味がにじみでてる(食べ物辞典とかけまして)





とまあこんな風にわずか数文でただの食べ物もストーリーをもって味わえるのがこの本のうまみである(食べ物 辞典とかけまして)


というわけで


ためしに僕もやってみよう。



<もりぞー編>

【駅弁】

高い。駅弁と聞いただけでちょっとした高級感である。

駅弁ときけば車窓が浮かぶ。新幹線の窓に、ローカル線のボックス席。窓のない駅弁の景色は、かえって想像しづらいだろう。 


【うどん】

うどんほど太い麺があるだろうか。想像してみたところ、ちょっと浮かばない。

そして腹にたまる。というわけで常食している。節約である。

よく人にいう話に「うどん派か、そば派か」という議論がある。

僕の回答は

「安いのはうどん、高いのはそば」

が正解である。

うどんは安くてうまい。

そばは安いと自分で作っても変わらないくらいだが、高いのはちょっとした驚きを覚えるほどである。



それでは作家のお手本をみてみよう。



<赤瀬川編> 

【駅弁】

最近は新幹線など、駅に停っても 窓ガラスは開かないようにし、停車時間もほとんどなくして、駅弁を締め出してしまった。

結局は客室内におびき寄せて売り歩くようにしたのだけれど、そうすると駅弁の感じがしない。列車弁か。


【うどん】

これはまあお昼の二番バッターだろう。一番トーストにスープで会社に出たところを、お昼にはとりあえずうどんがバントしてセカンドへ送る。あとは三番か四番がドカンと一発。これがつまり夕食のトンカツやステーキである。

うどんとはそういうものだ。とりあえずバントしてセカンドへ送る。とりあえず。うどんはとりあえずの食品である。





流石である。

うどんはなかなかに秀逸だ。





この本を買った直後にこれを見たタイ人の友人に


「まだお腹がすいてるの?」


といわれたのは言うまでもない。