重賞追いきり考察所

重賞の追いきり(水曜日)をメインに書いていきます。 【評価】S>A>B+>B>B->C>D

重賞の追いきりや展望など。
併せた相手の◎〇△×は近況の成績より評者の判断による印です。
日本ダービー(東京優駿・GⅠ)の一週前追い切りを考察しました。
アドマイヤアルバ【B】5/17栗CW良⑤:併せ馬なり
馬場中ほどを僚馬の内から直線で併せ持ったままクビ差先着。この馬自身は体を使って動けており力強さもあり僚馬から見ても手応えは良かった。順調

エタリオウ【B】5/17栗CW良⑥:併せ一杯
追走から馬場の外めを僚馬の内で併せ直線はムチを入れて激しく追われ1馬身先着。体を使って大きく走れており回転力があった。前走より上積みありそうも伸び方は若干ジリっぽい感じ。

エポカドーロ【B】5/17栗CW良⑥:併せ直一杯
大幅な追走から馬場外めを僚馬の内で直線は1馬身追走から強く追われ相手と同入した。まだひ弱な部分はあるが体を使って走れていてフォームも安定している。距離延長は微妙な感じがするけれど、まだパンとしてない体で皐月賞を圧勝しているだけに侮れず道悪だったら鬼だと思う。追われた時にもう少しグッと沈むようになれば良くなると思う。状態は良さそうだが成長の余地はあり。

オウケンムーン【B】5/16南W良⑨:併せ強め
前へ行く形から外ラチ沿いを僚馬の外で併せ手綱を適度に扱かれながら同入。太め感無くふっくら見せていて適度な発汗もあり状態は良さそうだが、伸び方には不満があり頭は高めでもう少し首を柔らかく使えると良くなると思う。

キタノコマンドール【B】5/17栗CW良⑦:併せ一杯
馬場外めを三頭併せの内を半馬身追走から先に出て激しく追われるも1馬身遅れ。この馬らしく迫力のある走りは出来ていた。併せた中の馬はペルシアンナイトでマイルG1馬相手に手応えは見劣ったのは仕方ないとしても外の馬にも置いてかれたのは不満が残る。その後外の馬に追いつくとこまではやったので変わり身に期待したい。

グレイル【B-】5/16栗CW良⑥:併せ強め
馬場外よりを僚馬の内で直線は半馬身追走から前に出て、相手が先にやってから強く追われるもクビ差遅れ。コーナーで若干高脚になっていて上へ逃げる。前脚が上がってるわりに一完歩が小さめでまだ馬体や走りのバランスの幼さが顕著。ひと夏越してからじゃないかなと思う。

ケイティクレバー【B】5/17栗坂良:馬なり
坂路単走で軽い内容。足取りはしっかりめでリラックスして真っ直ぐには走れている。本数もあまり熟していないようだし当週も軽めだとちょっと。

ゴーフォザサミット【B】5/16南W良⑦:馬なり
馬場外めを単走で軽め。バタバタせずにしっかりめな足取りで走れている。中3週でこの馬としては間隔の詰まったローテだけにこのくらいで良いのかもだが、前走時は2週続けて三頭併せで負荷を掛けていたので当週は併せてビッシリめのケイコが見たい気も。

サンリヴァル【B】5/16栗坂良:併せ一杯
筋骨隆々で強く追われていたので力強くは見えるが、ひとつひとつは悪くはないのだが首が安定せずバランスが悪い感じの走りとなっている。終いはフワッとしていた。

ジェネラーレウーノ【B+】5/17南W良⑧:併せ強め
馬場外めを僚馬の内で直線1馬身追走から促され1馬身半先着。前脚の出し方が前走じに比べ若干物足りなく写るが重心は低くフットワークは大きめ。相手に並ぶまでが相変わらずモタつくのだが先んでてからの伸びは抜群だった。しかしながら抜き去ると強く追われてるにも関わらず手前を変えフワッとする悪癖も見せる。いかに集中させられるかがまだまだ課題として残る。毛色も手伝って黒光りする馬体はカッコイイ。

ジャンダルム【B】5/16栗CW良⑧:併せ一杯
外ラチ沿いを僚馬の内で併せ併走後仕掛けられると素直に伸びて1馬身半先着。動きは良く時計も終いだけ見れば優秀なのだが今一つ迫力不足に感じるところがある。府中に変わるのは良さそうだが距離は微妙かも。

ステルヴィオ【B+】5/16南W良④:併せ馬なり
馬場の中ほどを僚馬の内を併走し軽く馬なりで1馬身先着。ストライドが大きくゆったりめで走らせ首も上手に使い走れていた。先週のオークスでアーモンドアイが距離不安を一蹴して完勝した事により当馬も人気が予想以上には上がりそうだが、こちらはやや母父の影響が強く出ているように見え距離延長は少し微妙だと思う。

タイムフライヤー【B】5/16栗CW良⑦:併せ一杯
馬場外めを僚馬の内で直線は1馬身先行から促され強く追われるとそのまま3馬身程先着した。時計もマズマズでこの馬にしては手応えも良く見えたが若干動きに重さを感じる。スパっとキレるタイプではないので当週は前走時の最終追いくらいの時計から直線併せてさらに負荷を掛けるようなハードなケイコが見たい気はする。無茶か(笑)

ダノンプレミアム【B+】5/17栗CW良⑦:併せ強め
馬場外めを三頭併せの外を3馬身程追走し追われるとゴール過ぎで追いつきその後1角手前まで追われた。長いとこから時計を出し直線ではゆっくりと加速させてトップまで持って行った。2週前は僚馬の内で我慢させ併走させるケイコだったし、東京コースと距離延長に気を配ったケイコ内容は流石。最後の脚はこれまでのレースからも他馬よりは2枚くらい上だし、どうしても勝ち気な気性と久々の分、折合いが最大の課題になると思う。

ブラストワンピース【B】5/16南W良⑤:併せ直一杯
馬場中ほどを僚馬の内で併せ強く追われ1馬身先着。体は使えているが首も硬めで腹周りからみても若干重そう。ゴール過ぎも追われていたので当週でもう少し動きが良くなれば。

ワグネリアン【B】5/16栗CW良⑥:併せ一杯
馬場外寄りを三頭併せの内で直線は半馬身先行から三頭の追い比べで1馬身半先着。体は若干成長したのか前走より大きく見え、迫力がでてきた代わりに脚元のしなやかさが薄れてきた印象。テンションが高めなのも気になる処。この馬はこのくらいで良いのかもなんだけど。


さすがダービーともあって、世代のトップクラスだけに一週前において良いケイコを消化してるなといった印象は強め。

ふむふむ、なるほどと思った人はシェア!!


コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

このページのトップヘ