重賞追いきり考察所

重賞の追いきり(水曜日)をメインに書いていきます。 【評価】S>A>B+>B>B->C>D

重賞の追いきりや展望など。
併せた相手の◎〇△×は近況の成績より評者の判断による印です。
阪神大賞典(GⅡ)の 追い切りを考察しました。

トレセン 馬場状態 3/13(水)
美 浦坂路(良)・南W(良)・南P(良)
栗 東坂路(稍)・CW(稍)・栗P(良)

 出走登録馬:11頭
 出 走 馬:11頭
 水曜映像数:11頭
アドマイヤエイカン【A】

栗CW⑥(岩田):併せ一杯 >○4歳1000万(一杯)の内0.7秒追走0.2秒先着

 僚馬の内を直線1馬身先行で待ち、相手を待ってから加速併走し、徐々に追われ終い脚を伸ばす。今走は太目感なく、相手と一緒に追われてから当馬の方が脚色は上で、近走の追い切りより明らかに素軽く上々の動き

ヴォージュ【B】

栗坂:一杯 

 混雑している時間帯で、向こうラチ沿いをしっかり登坂し、後半は追い通しで最後迄。膝が硬い走りながらも前肢が良く上がっていて動きは中々。追い通しで反応が薄い辺りは此の距離だけに問題ない。

カフジプリンス【B】

栗坂(中谷):併せ強め >△古OP(強め)を0.7秒追走クビ先着

 OP馬チェスナットコートとの併せ。僚馬の後ろからジワジワと並び掛け後半追い出され是またジワジワと脚を終いまで伸ばした。時計は少々早すぎるかなといった印象を受けるのだが、バタバタした感じを受けるドームも、相手に寄られた時に弾き飛ばすかのような力強い走り。前走条件戦で勝ち切れない辺りは重賞では物足りない気もするがハーツ産駒だけに軽視はできない。

ケントオー【B-】

栗坂:馬なり 

 混雑の時間帯で、前半手前ラチ側を進行してたが、前に口向きの悪そうな馬がいた為か急遽反対の奥ラチ側へ移動し馬なりで進むも、前行く馬の蹴り上げるチップを受けてなのか、終いの脚色は付近の馬に比べ見劣る。動きもパッとせず。

コルコバード【B】

南W④:併せ強め >×障古OP(強め)の内0.5秒追走0.4秒先着

 三頭併せの中で直線は外先頭より半馬身づつ追走。スーッと並び掛け追い出されると、牝馬らしく反応良く前へ出て伸びた。其の後もコーナー迄追い通しだったが、ゴール過ぎた辺りで自ら走るのを辞めていたよう。個人的には長い処は向かない気はするが何とも。

サイモンラムセス【B-】

栗坂:馬なり 

 顔を右に向けキョロキョロしながら走ってる様に見える。体の動きは素軽さあるも、気持ちが続くかどうかが懸念材料かも。其れを裏付け様に、OP戦で凡走したかと思えば重賞で好走したりと成績も安定しない。

シャケトラ【A】

栗CW⑦:併せ馬なり >△古1000万(強め)の内2.2秒追走アタマ先着

 三頭併せの内を直線並びからアタマ先で併走しゴール迄。内外合わせて中馬の為にやった様な内容だったが、大きなフットワークで力強く動けており好感。鞍上が手控える程の行きっぷりの良さは、長丁場では懸念材料だが、実績的にはひとつ抜けているので、この面子で下手なレースは出来ないと思う。一週前戸崎Jが跨りスイッチが入ったのかも。当日煩いようだったら割り引く必要はある。

ステイインシアトル【B+】

栗CW⑦(浜中):併せ馬なり >△4歳1000万(末強め)の内0.3秒追走0.4秒先着

 三頭併せの外で、コーナーから併走し直線持った儘で徐々に加速しながらゴール迄。元々気が勝ってるタイプだが、カリカリした面は感じられず、楽に走れているよう。加齢による硬さは見受けられるが、早めに隊列が決まり楽な展開になれば残り目も十分。

ソールインパクト【B】

南W⑧(調教師):併せ末稍追い >△古1000万(強め)の外0.7秒先行0.1秒先着

 僚馬の外直線は半馬身差を直ぐ詰め並び、相手の追い出しを待ってから軽く扱かれゴール過ぎ迄。馬なりでの動きは当馬にしてみれば中々。只、追われて反応が鈍いのも相変わらず。普段格下馬でも脚色で見劣る馬だが、今追い切りでは脚色良く見せてた処は好感。

リッジマン【B+】

栗CW⑦(加藤祥):馬なり 

 コーナーから勢い良く周り、直線僅かばかり気合いをつけられつつ脚を伸ばす。単走ではあるが一週前からかなりハードなケイコを消化。今追い切りはジョッキーが跨り気乗りして馬なりで好時計。体付き見ても太目感はないが。

ロードヴァンドール【B-】

栗CW⑨:一杯 

 外ラチ沿いを単走で直線は一杯に追われゴール迄。前走程の重め残りではないが若干動きに重さは残る。直線向いて手前換えもスムーズに行かず走りを小さくしていたし、なんだかケイコを嫌がってる様にも感じるが・・・。


粋の良い4歳馬不在に、充実期の5歳馬も不在と、格のあるレースにしては寂しいメンバー構成。シルバーシートの獲り合いな様相。個人的にはあまり興味は湧きません。

良く見えたのは、シャケトラ、アドマイヤエイカン

次いで、リッジマン、ステイインシアトル

穴っぽい処で良さそうなのを、右に1頭挙げておきます。

最終追い切り良く、
抑えたい穴っぽい馬はコチラ→
 
カフジプリンス 2着(6人気)

(左に1頭[50位前後]、右に1頭[2位前後]ランキング紹介文に記載。)
※ランキング先での表示更新に時間が掛る場合があります。

   読者登録で記事の更新通知届きます(無料)

狙い馬の根拠は、更新通知メール内にて配布するかも
 ※ 3/15AM 送信済み



 応援クリックお願いします 
  

ふむふむ、なるほどと思った人はシェア!!


コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

このページのトップヘ