重賞追いきり考察所

重賞の追いきり(水曜日)をメインに書いていきます。 【評価】S>A>B+>B>B->C>D

重賞の追いきりや展望など。
併せた相手の◎〇△×は近況の成績より評者の判断による印です。
葵ステークス(重賞)の 追い切りを考察しました。

トレセン 馬場状態 5/22(水)
美 浦坂路(重)・南W(重)・南P(良)
栗 東坂路(良)・CW(良)・栗P(良)

 出走登録馬:25頭
 出 走 馬:**頭
 水曜映像数:19頭
アイラブテーラー【B+】

栗坂:馬なり (不出走)

 カーブ過ぎフラつくも其の後は集中して最後迄力強く伸びる。一週前はテンから飛ばし3F12秒台の加速ラップを熟しており、今追い切りでは、テンゆっくり入り徐々に加速する内容で終い2F加速ラップ。安定勢力だろうね。

アウィルアウェイ【B+】

栗坂:一杯 

 手綱引っ張り通しで終い追われる内容。前半溜めを効かせる様に陣営が苦労してる事が之以前のケイコ時計からも見受けられる。この手の馬は、要は引っ掛かっても溜めが効くかどうかで、下手に落ち着き過ぎていても力を存分に発揮出来ない可能性はある。当日落着きがある事に越した事はないが、この距離なら能力で押しきる可能性は高い。フォームのバランスは良いとは言えないが馬体の見栄えはこの中でもトップクラスで其の分の加点。

アスターペガサス【B】

栗坂:一杯 

 見栄えする馬体で適度に活気ある走りもバタつき感強い。ケイコ内容としては良いとは言えず、馬体重の変動激しい馬で気難しい面があるのだろう。2歳重賞勝ちの時の様な決め打ちした乗り方で嵌ればといった印象。あと時計も詰めねばという課題も多い。

アズマヘリテージ【C】

栗坂:強め 

 道中フラフラバタバタで終いは気を抜いてしまうという見栄えのしない内容。ケイコではあっても少し真面目さが感じれれないと・・・。

ウィンターリリー【B】

南W⑤:馬なり 

 馬なりだけど脚捌きは中々で芦毛なのに張り艶が目立つ処は好感。短距離馬にしては稍華奢な印象で馬群に揉まれて割って出て来れる印象は受けない。

エイティーンガール【B】

栗坂:馬なり 

 走りは安定してるせいなのかどうか力強さには欠ける印象で、チョコチョコした走りに見える。悪くはないのだがコレといった強調面もなく。

ケイアイサクソニー【B】

栗CW⑨:併せ末強め >×ダ3歳500万の外0.4秒先行アタマ遅れ

 走りから窮屈さは感じないカナロア産駒なのだが斬れる印象では無い。その辺り結果にも良く表れており兎に角デビューからの使い詰めは懸念する処だが、前々で運べるなら。

ココフィーユ【C】

南W⑤:併せ一杯 >×3歳500万の外0.5秒先行0.6秒遅れ

 内馬を先に置き中外2頭併せで追い駆ける内容で、直線から長く追われるも内馬には追い付かず、外馬には軽く交わされるといった内容。体はスカッと見せているが内容はイマイチ。(不出走)

ジャカランダシティ【B+】

栗坂:併せ馬なり >×3歳未勝利を0.5秒追走0.6秒先着

 終始手綱緊張気味のうえ大幅に先着だが、誉めるべきは其処でなく、気乗り上々も力んでる訳でなく抑えが効いていた事。引き締った馬体で張り艶上々で集中して登坂しており好感。

ショウナンタイガ【B】

栗坂:馬なり (不出走)

 混み合った時間で終いを伸ばしたのは好感。特に強調できる程のものでもないが、ディープ産駒だけあって終いの伸びは中々の迫力。前の止まらない展開を如何に捉えられるかだろう。

タマモメイトウ【B】

栗P⑦:一杯 

 四肢の柔らかさはないものの全体的には体を使って大きく走れている。只、エイシンフラッシュ産駒全般の印象としてスピード感に欠ける印象はどうしてもあって、時計の掛かる馬場になって浮上なのかなと思っている。パンパンの良馬場だとどうしてもキレ負けする印象。

ディアンドル【A】

栗坂:馬なり 

 時計は目立たぬも前走同様終い重点の当週追い切り。比較的トモもしっかりめでスピードのありそうな馬。久々の分気乗りが足らないかなといった印象はあるけども、スプリント戦4連勝は総て1馬身半差以上の勝ちっぷり。人気でも仕方なし。

ディープダイバー【B+】

栗坂:併せ馬なり >△3歳500万を0.5秒追走0.2秒先着

 均整の取れたフォームから稍ピッチ気味に走り回転力は豊富。馬体もガッチりめで筋骨隆々にて一完歩毎力強さもある。ただ個人的にはスプリント戦よりは1400mの方がベターではないかなという印象が強い。人気にはなるだろうけど一歩引いて考えたい。

ドゴール【B+】

南W⑥:併せ馬なり >2歳未出走馬の外を0.6秒先行同入

 直線並びから一杯に追われる相手を馬なり余力で併走同入。大きく体を使えており動きは問題なし。体もふっくら見せていて状態は良さそう。只少し直線キレ負けしそうな印象あって、スプリント戦初めてではあるが、直線長い場の方が向くのではと思っている。内回りコースは疑問。

ホープフルサイン【B+】

南坂:馬なり 

 直線向きムチを抜かれると瞬時に反応し手前を換え最後の坂を上った。反応良く締った体で上々の出来な印象動きもスムーズ。ただ必要以上に良く見える美浦の坂路。ケイコ内容からも後方からっぽそうで届くのかも疑問で。

マリアズハート【B-】

南W⑤:馬なり 

 動きは及第点レベルで細身の体と巻き上がった腹でスプリンターといった印象は受けず。血統背景からも坂の有するコースの方が?といった印象。

メイショウケイメイ【B-】

栗坂:馬なり 

 頭高く四肢の捌き硬めで余計な処に力が入っている。

ラミエル【B-】

栗坂:末強め (不出走)

 フットワークは軽すぎるくらいの印象で体も華奢な印象大。今追い切りも軽いのが目立ち。

ローゼンクリーガー【B+】

栗CW⑧:馬なり (不出走)

 外ラチ沿いを悠々と。締った体で張り艶上々。特に此処といったものでなく、全体的な動きの良さに好感。重賞では一歩足りない競馬続くも1200mは初で。


 比較的仕上がり良好な馬が多かった様に思う。短い距離を使われてきた馬中心だが、クラシック路線から短い距離にスイッチしてきた馬もおり、然し其の大半は外周りコースで実績ある馬が多数であり、京都内回りコースでの混戦は必至。枠番決定を睨んでからですね。また、当日の馬場予想も重要で、馬場に拠って面子がガラリと変わる可能性が高いと思います。

この中で良かったのは、

 ディアンドル、アイラブテーラー辺りで他多数といった感じ。

穴っぽい処で良さそうな馬を、右に1頭、左に1頭挙げておきます。(※出走馬確定後の木曜夕方以降になります)

最終追い切り良く、
抑えたい穴っぽい馬はコチラ→
 
(左に1頭[66位前後]、右に1頭[1位前後]ランキング紹介文に記載。)
※ランキング先での表示更新に時間が掛る場合があります。

   読者登録で記事の更新通知届きます(無料)

狙い馬の根拠は、更新通知メール内にて配布するかも
 ※ 5/23 送信済み

 一定期間、メール通知内のリンクからアクセス無しの方は、メール配信されてない様です。その場合は、過去メール又は最強ランキングより、通知メールの再登録をすると再度メール更新通知が届きますのでご了承下さい。



 応援クリックお願いします 
  

ふむふむ、なるほどと思った人はシェア!!


コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

このページのトップヘ