重賞追いきり考察所

重賞の追いきり(水曜日)をメインに書いていきます。 【評価】S>A>B+>B>B->C>D

重賞の追いきりや展望など。
併せた相手の◎〇△×は近況の成績より評者の判断による印です。
安田記念(GⅠ)の 追い切りを考察しました。

トレセン 馬場状態 5/29(水)
美 浦坂路(重)・南W(不)・南P(良)
栗 東坂路(重)・CW(重)・栗P(良)

 出走登録馬:17頭
 出 走 馬:**頭
 水曜映像数:16頭

アエロリット【B】

南W⑨:馬なり 

 単走で持った儘でリラックスした雰囲気。時計は見栄えしないけど、昨年も当週の水曜はこんな感じだったし、寧ろ昨年より伸びが良くも見える。昨年2着時と違うのはマイルで強い馬が参戦してる事。(一週前:映像ナシ)

アーモンドアイ【A】

南W④:併せ末強め >△ダ古準OPの内0.6秒追走0.6秒先着

 三頭併せの内を直線並びから併走し、ラスト1F促され3馬身以上先着しその後長め迄。いつも通り見栄えする動きも昨年JC程ではなく、太目感こそないが体は若干張に乏しいかなといった印象。このデキでも十分勝負にはなりそう。(一週前:B+)

インディチャンプ【A】

栗坂:併せ一杯 >△古OPを0.4秒追走0.4秒先着

 ブラックスピネルとの併せ。ピッチの効いた走りで駆け上がり、ラスト1Fから徐々に強く追われ左手前に換え最後は目一杯。終いに脚を取られた様だったが馬場を考えれば仕方なし。多少の道悪になった方が当馬にとってはプラスかも。(一週前:B+)

エントシャイデン【B】

栗CW⑦:併せ一杯 >×3歳未勝利の内2.0秒追走クビ先着

 直線は半馬身先を進み差を詰められた処でゴール過ぎ迄目一杯。大幅な追走からとはいえ、もっさりとした動きの格下馬相手と最後は脚色が同じになっており、条件戦を3連勝したとはいえ当舞台だと若干見劣る感大。(一週前:映像ナシ)

グァンチャーレ【B】

栗坂:一杯 

 ラスト手前換えにスムーズさを欠いたけど、全般キビキビと動けており順調そう。瞬発力では若干見劣るので3走前の様な競馬が出来ればだが。前走時も述べたが、狙うなら京都かなと思うけど安定勢力の一頭ではある。(一週前:映像ナシ)

ケイアイノーテック【B】

栗坂:稍強め 

 単走でラスト1Fを稍追いにて脚伸ばす。ラストで他馬に寄られ真ん中に振ったがヨレた感じではなく、体の使いはいつも通り大きくて、良い感じに力を抜いた走りが出来ていて雰囲気が良い。(一週前:B)

サクラアンプルール【B】

南W⑦:併せ馬なり >△ダ古1000万の外0.4秒追走同入

 直線3馬身以上追走から、持った儘ゴール前で並び同入。動きは先週同樣中々。直線よーいどんになったらキレ負けする可能性が高いが、前後半フラットな流れで前がへタレれば浮上といったイメージな馬。(一週前:B)

サングレーザー【B】

栗坂:末稍追い 

 26日に坂路単走で早いのを出しており、当週水曜は2Fのみサラッと。太い感じでもなく動きが悪い訳でもなし。軽すぎてちょっと判断し辛い。マイルは昨年安田記念以来となるので、距離への対応もひとつ課題がある。(一週前:映像ナシ)

ステルヴィオ【B+】

南W③:併せ馬なり >△3歳500万の外0.3秒先行0.3秒先着

 三頭併せの中で直線外馬を半馬身追走から、内馬が追い付くのを待ってラスト1Fから促され併走しコーナー手前迄ビッシリと併せる。内容や時計は地味な感じだが、雰囲気は頗る良い。前走以上と判断。只、発汗量は目立っていて。(一週前:B)

スマートオーディン【B】

栗坂:併せ馬なり >△古1000万を1.7秒追走0.2秒先着

 体形がガッチりしてきてマイラーっぽくなる。3歳時から見たら変わり身顕著。稍右を気にしながら走っていて手前がスムーズに換えられず。前走唯一頭32秒台の上がりを使い0.3差で高速馬場も向く筈で最後ズドンと飛んでくる可能性は秘めている。只、57kg以上での勝鞍が面子弱かった3歳時の毎日杯のみで。(一週前:映像ナシ)

ダノンプレミアム【A】

栗CW⑨:馬なり 

 外ラチ沿いを楽に最後迄。先週にハードな追い切りを消化しており当週は軽めも、テンションも高く成り易い馬だし、暑い時期の遠征を控えてのもので是は寧ろ好感。CWのみだが、坂路で追い切れない馬なので是も仕方なし。フォームの伸びやかさは現役でもトップクラスで能力でどこまでか。(一週前:B+)

フィアーノロマーノ【B+】

栗坂:馬なり 

 今週はゆっくり入り終い2Fを伸ばす内容。筋骨隆々にてパワーはありそう。かなりポテンシャルは高そうな馬だが牡馬一線級とは初対戦で。(一週前:B)

ペルシアンナイト【B】

栗CW⑦:併せ直強め >△古1000万の内1.3秒追走アタマ先着

 直線並びから併走同入後、ゴール過ぎに目一杯追われてコーナー手前迄。先週より反応は良くなり豪快なフォームで伸びた。今回はM.デムーロ、中団後方からだと思う。昨年時より若干ズブい感あり。右ぺろりんブンブン丸(笑)(一週前:B)[5/31追記&修正]昨年安田記念での騎乗は川田Jでした。誤表記を訂正します。

モズアスコット【B+】

栗坂:併せ一杯 >×古1000万を1.2秒追走0.8秒先着

 終始力強く終い追われて豪快なフットワークで駆け抜け超抜時計を叩き出した。正直一週前まではいらないと考えてたが、やはり追って良く見える馬。前走より着順を上げてはありそう。(一週前:B)

ロジクライ【B】

栗坂:強め 

 今週は単走で淡々と時計を出して消化で、いつも通りの力強い動き。只、終い手前を換えきらず右手前のまま終始。馬が遊びながらこの時計なら中々だが、GⅠウィナーが揃った面子ではちと懸念材料。(一週前:B)

ロードクエスト【B】

南W⑤:併せ馬なり >×3歳未勝利の内1.0秒追走0.2秒遅れ

 三頭併せの内で直線では先行く2頭を半馬身追走から、馬なりで追い付いた処で手控え追走の形の儘フィニッシュ。若干解せない内容だったが、楽に走れており雰囲気は中々。発汗量は目立つ。(一週前:B)


 アーモンドアイ参戦で人気をかっさらう事確定も、評者は勝ち確とは思っておらず。それでも人気上位に推されそうな馬の動きは人気なりといった処。

中で良く見えたのは、アーモンドアイ、ダノンプレミアム、インディチャンプ

中位人気になりそうな処で良さそうな馬を左に1頭、右に1頭挙げておきます。

最終追い切り良く、
抑えたい穴っぽい馬はコチラ→
 
(左に1頭[65位前後]、右に1頭[1位前後]ランキング紹介文に記載。)
※ランキング先での表示更新に時間が掛る場合があります。

   読者登録で記事の更新通知届きます(無料)

狙い馬の根拠は、更新通知メール内にて配布するかも
 ※ 5/30 送信済み

 一定期間、メール通知内のリンクからアクセス無しの方は、メール配信されてない様です。その場合は、過去メール又は最強ランキングより、通知メールの再登録をすると再度メール更新通知が届きますのでご了承下さい。



 応援クリックお願いします 
  

ふむふむ、なるほどと思った人はシェア!!


コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

このページのトップヘ