重賞追いきり考察所

重賞の追いきり(水曜日)をメインに書いていきます。 【評価】S>A>B+>B>B->C>D

重賞の追いきりや展望など。
併せた相手の◎〇△×は近況の成績より評者の判断による印です。
宝塚記念(GⅠ)の 追い切りを考察しました。

トレセン 馬場状態 6/19(水)
美 浦坂路(稍)・南W(良)・南P(良)
栗 東坂路(良)・CW(稍)・栗芝(稍)

 出走登録馬:13頭
 出 走 馬:**頭
 水曜映像数:12頭

アルアイン【A】

栗坂:馬なり 

 残2F辺りから終いに掛け徐々に伸ばす。先週より一層力強いフットワークにて最後の坂を上りきっていた。此の馬にしては若干物足らない時計だが、混雑時間帯で前の馬が若干壁になっていた事を考えると問題ないだろう。

[一週前追い切り:B+]一週前を見る
エタリオウ【B+】

栗坂:馬なり >×ダ古①を0.9秒追走クビ遅れ

 離れた相手と併走し、残2Fから馬体を寄せ終いに掛け徐々に伸ばす。遅れはしたが終始持った儘だし併せて大幅に先着する馬でもないので問題なし。動きには活気があり成長してきた感があり状態は問題無さそう。脚質的にも内回りへの対処と位置取りと脚の使い処だと思う。

[一週前追い切り:B]一週前を見る
キセキ【A】

栗CW⑨:馬なり 

 ラチ沿いを持った儘で、ゴール過ぎから稍気合いを付けられてコーナー迄ビッシリ。大分首が使えるようになって来た感がある。トビの大きさから本質は広いコース向きだろうが、前走でも結果を出してるので。枠番に恵まれれば菊花賞以来のGⅠタイトルも。

[一週前追い切り:B]一週前を見る
クリンチャー【B】

栗坂:強め 

 混雑時間帯に3F辺りから終いに掛け徐々に伸ばす。若干四肢にバタつき感が目立ち、コース追いでは分かり辛かった悪い面が目立つ。終いも他馬から見ても脚勢が良いようにも思えず。

[一週前追い切り:B+]一週前を見る
ショウナンバッハ【B+】

南W⑦:馬なり 

 直線物見をしていた様だったが、残1F辺りからは真っ直ぐ向き力強い走り。いつもは頭の高い馬だが、今追い切り時は良い感じに鶴っ首で走っており気合いは十分に感じる走り。好状態。

スティッフェリオ【B+】

栗坂:併せ強め >◎ダ3歳OPを0.2秒追走クビ先着

 ダートの新星クリソベリルと併せ、3F辺りから終いに掛け徐々に伸ばすし、終いの坂は強く追われる。あまり早い時計出す馬ではないし大幅に先着する馬でもないので問題なし。あとは相手関係だけ。当馬も活気のある走りを披露していたが、相手のクリソベリルは3歳とは思えない程良い馬だなと思った。

スワーヴリチャード【B】

栗芝②:馬なり 

 珍しい芝追い。前走ドバイのAWを走ったので芝に慣れさせる為という考えなのか。稍重でクッション性があるし、当日の馬場を考慮してなら悪くはないと思う。若干動きがいつもより重っ苦しい気はして、もうひと絞り欲しい様な感じだが。

[一週前追い切り:B]一週前を見る
ソールインパクト【ー】

南W⑧:併せ馬なり >○3歳②の外0.6秒先行同入

 映像ナシ。

タツゴウゲキ【B-】

栗坂:末強め 

 テンから一定したラップを16日・19日と馬なりで刻む。休養前から見てもバタバタした走りで、終いは脚色が鈍ってたし、発汗量はかなり目立つ。一週前より良くなった感じはしないなあ。

[一週前追い切り:B-]一週前を見る
ノーブルマーズ【B】

栗坂:一杯 

 テンから一定したラップ刻みも終い稍鈍る。活気のある走りではあるも、顔は終始右向きでバランスは若干悪い。此処狙いで組んでるのだろうけど体の緩さも感じるし、昨年以上に強い馬が揃ってるので今走は厳しそうだが。

マカヒキ【B】

栗坂:末強め 

 テンから一定ラップ刻み3Fから12秒台の連続も、馬場の真ん中辺りで終いは鈍かったし時計は出る馬で。力はある馬だが3着迄ならと言う気はして。

[一週前追い切り:B]一週前を見る
リスグラシュー【B】

栗坂:併せ馬なり >×ダ3歳未勝利を0.4秒追走0.2秒先着

 テン緩め残2F伸ばし。一週前で負荷を掛けてるので。残1F迄僚馬の後ろに意図的に着け其処から左に出して馬なりで先着。手綱を短く持ち終始引っ張り通し。前進気勢は素晴らしいが当日のテンションには要注意。

[一週前追い切り:B]一週前を見る
レイデオロ【B】

南W⑦:併せ馬なり >×古③の内0.4秒追走同入

 直線は併走で隊列を保った儘ゴール過ぎ迄。今追い切りはキビキビと動けてはいるが、何時にも増して時計を出していない感あるし、やはり走りを小さく見せてる印象を受ける。昨年こそドバイ帰り緒戦は秋のオールカマーでアルアインを封じて勝ってはいるのだが、状態的には昨年以上には思えず。

[一週前追い切り:B]一週前を見る

 例年よりタレントの揃った印象のある今年の宝塚記念。しかしながら海外帰り緒戦の馬も多く、稍混戦になりそうな気がします。

 中で良かったのは、アルアイン、キセキ

あとは、エタリオウ、スティッフェリオ、ショウナンバッハ


   読者登録で記事の更新通知届きます(無料)

狙い馬の根拠は、更新通知メール内にて配布するかも
 ※ 6/19 送信済み

 一定期間、メール通知内のリンクからアクセス無しの方は、メール配信されてない様です。その場合は、過去メール又は最強ランキングより、通知メールの再登録をすると再度メール更新通知が届きますのでご了承下さい。



 応援クリックお願いします 
  

ふむふむ、なるほどと思った人はシェア!!


コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

このページのトップヘ