重賞追いきり考察所

重賞の追いきり(水曜日)をメインに書いていきます。 【評価】S>A>B+>B>B->C>D

重賞の追いきりや展望など。
併せた相手の◎〇△×は近況の成績より評者の判断による印です。
プロキオンS(GⅢ)の 追い切りを考察しました。

トレセン 馬場状態 7/3(水)
美 浦坂路(良)・南P(良)・北C(良)
栗 東坂路(良)・CW(良)・栗P(良)

 出走登録馬:15頭
 出 走 馬:15頭
 水曜映像数:12頭
アディラート【B+】

栗坂:馬なり >55.3-40.1-25.9-12.3

 残1Fだけ集中して走ったものだが、前半に比べ右手前に換えた終いの動きは中々で良い伸び。前躯は締まっていて力強さもある。1週前坂路単走馬なり終い伸ばし、中間坂路単走15-15

アルクトス【A】

南P⑧:併せ馬なり >66.0-51.3-37.9-11.4
>>△3歳未勝利の外0.6秒追走0.1秒先着

 直線向く迄相手の後ろで我慢させ、外に持ち出すと軽く気合いを付けられる程度の余力で一気に捉えた。体は引き締りスッキリと見せ、弾力性に富んだフットワークで反応伸び共に良好。一週前Pコース併せ末強め好内容。中間Pコース単走馬なり。

アードラー【B】

栗坂:併せ一杯 >50.4-36.9-24.4-12.5
>>○ダ古OPを0.1秒追走0.2秒遅れ

 内目を周ってはいるものの、水曜2番時計のサンライズノヴァを追走し併せたもので遅れは問題なく。動きはスムーズももう少し力強さが出てくれば。1週前同馬と坂路一杯で併せ、中間坂路単走15-15

ウインムート【B+】

栗坂:馬なり >53.4-38.8-25.2-12.5

 ピッチの効いた走りで終いを力強く登坂。一週前に時計出しており、当週は鞍上が跨り反応を確かめる程度。昨年勝ち馬より1kg重い58kgは流石に楽じゃないけどね。23日坂路単走馬なり終い伸、1週前坂路単走馬なり好時計。

ヴェンジェンス【B+】

栗坂:馬なり >54.0-38.5-24.8-12.3

 終始持った儘の馬なりケイコも、残1Fは自ら手前を換え一伸び。前躯は細身の割にトモはシッカリ目で瞬発力がありそう。内目を周ったものだが直線の2Fは中々。23日CW単走馬なり15-15、1週前坂路馬なり終い伸。

キングズガード【B+】

栗CW⑦:併せG前追 >86.3-68.9-53.4-39.2-12.2
>>△ダ3歳①の内0.4秒追走同入

 2頭の後ろに着け、直線で内に出して直ぐ様追い付くと目一杯追われ加速する中馬を持った儘で追走。その後G前で仕掛けられ同入と、かなり濃い内容。1週前CW併せ一杯好時計、中間坂路単走馬なり15-15

サクセスエナジー【B】

栗坂:併せ一杯 >52.5-37.5-24.3-12.1
>>×3歳未勝利を0.6秒追走同入

 モッサリした動きで反応も鈍め。残2Fで馬体を寄せようとするも反対方向の右に流れた尻ムチで数度修正されながらの終い。時計は悪くはないが内容的には見栄えしない。一週前CW併せ一杯、中間坂路単走馬なり。

サンライズノヴァ【B+】

栗坂:併せ一杯 >50.3-36.6-24.1-12.3
>>△ダ古OPに0.1秒先行0.2秒先着

 馬場中ほどを進みアードラーが馬体併せ追い出され最後迄渋太く脚を伸ばした。動きは問題ないが体は若干太目残りかも。近3走は不振続き&乗り替わり&ケイコの内容から、ゲートをポンと出れば先行策も有り得る。1週前坂路併せ末強め、中間坂路単走15-15。

ドンフォルティス【B】

栗坂:併せ馬なり >54.9-40.0-25.6-12.7
>>×3歳未勝利を0.2追走同入

 終始右手前の儘だったものの、安定したフォームで雰囲気は頗る良い。中京ダ1200mを勝ち上がって以来、地方を中心に中距離を使われてきたが1400mに戻して是で3戦目。左周りで直線長い舞台設定は合う筈である。当日の気配に要注意。1週前坂路併せ馬なり、中間坂路併せ馬なり

プロトコル【B】

南坂:併せ馬なり >57.1-40.2-25.1-12.4
>>×ダ古②を0.3秒追走同入

 外ラチ沿いを終始持った儘併走し同入。キビキビと動けてはいる。前走の様な長い距離なら此の舞台設定の方が合う筈である。中1週で時計当週のみ。

マテラスカイ【A】

7/4栗坂良:強め >51.8-36.9-23.7-11.9

 奥のラチ沿いを進み、恐らく先に行った僚馬を目標に追い駆けたもの。テンから徐々に加速し終い2Fは11.8-11.9と超抜。一週前も坂路単走一杯でハロン13.9-12.7-11.9-12.0と、ケイコ駆けする当馬に於いても出色。昨年より1kgなら恵まれた方で、昨年圧勝した舞台で引き続き武豊なら無理に嫌う理由もないと思う。粘り腰のある馬ではないので、ゲートを巧く出て楽な逃げ態勢に持ち込めるかが鍵。1週前坂路単走一杯超抜時計、中間坂路終い伸。

ミッキーワイルド【A】

栗坂:馬なり >53.4-38.8-24.8-12.1

 混雑時間帯で馬場中ほどを進み、持った儘楽に駆けさせて終い伸ばす。均整の取れた力強い馬体で気負うことなく力強く登坂し、新進気鋭の雰囲気を漂わす。1週前坂路併せ一杯で好時計、中間坂路15-15。

ワンダーサジェス【B】

栗坂:馬なり >52.5-38.2-25.0-12.3

 終始持った儘楽に掛けさせていた。前半は気を抜いて走っていたが、ラスト1Fは左手前に換えグンと伸びた。牝馬らしからぬ筋骨隆々の体で走りは力強い。2週前CW併せ馬なり好時計、1週前坂路好時計。


 昨年の1、3着馬は順当に実績を重ね再び参戦。他上り馬っぽいのが数頭、左周り実績ある馬の参戦と、昨年より高い処で力が拮抗している印象です。昨年は湿った脚抜きの良い馬場。其れをレコードで勝ったマテラスカイも昨年程楽に勝たせてはもらえないでしょう。

良く見えたのは、マテラスカイ、ミッキーワイルド、アルクトス

他多数も良い動きや内容でした。

穴っぽい処で大駆けありそうな馬を左に1頭、右に1頭挙げておきます。

最終追い切り良く、
抑えたい穴っぽい馬はコチラ→
 
(左に1頭[70位前後]、右に1頭[5位前後]ランキング紹介文に記載。)
※ランキング先での表示更新に時間が掛る場合があります。

   読者登録で記事の更新通知届きます(無料)

狙い馬の根拠は、更新通知メール内にて配布するかも
 ※ 4/25 送信済み

 一定期間、メール通知内のリンクからアクセス無しの方は、メール配信されてない様です。その場合は、過去メール又は最強ランキングより、通知メールの再登録をすると再度メール更新通知が届きますのでご了承下さい。



 応援クリックお願いします 
  

ふむふむ、なるほどと思った人はシェア!!


コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

このページのトップヘ