重賞追いきり考察所

重賞の追いきり(水曜日)をメインに書いていきます。 【評価】S>A>B+>B>B->C>D

重賞の追いきりや展望など。
併せた相手の◎〇△×は近況の成績より評者の判断による印です。
神戸新聞杯(GⅡ)の 追い切りを考察しました。

トレセン 馬場状態 9/18(水)
美 浦坂路(良)・南W(良)・北C(良)
栗 東坂路(良)・CW(良)・栗P(良)
トレセン 馬場状態 9/19(木)
美 浦坂路(重)・南W(稍)・北C(重)
栗 東坂路(良)・CW(良)・栗P(良)

 出走登録馬:11頭
 出 走 馬: 8頭
 映 像 数: 9頭
ヴィント【B】

9/19栗CW⑧:併せ末強め >83.1-67.1-52.2-38.9-12.6
 >>△古③の外を0.8秒先行同入

 大周りし直線馬体寄せ1馬身追走から徐々に詰め同入。詰めた処で促されるも若干反応に薄い面は見られる。体はスッキリと見せ動きはスムーズ。四肢の動きには切れを欠く。

ヴェロックス【A】

9/19栗CW⑤:直強め >83.03-66.5-52.1-38.0-12.3

 体はスッキリと見せ動きは軽快。当馬らしく四肢の稼動も大きめで後肢に力強さもある。緒戦としてなら問題なさそう。唯、ダービー時の唸る動きという様子ではなく、比較的大人しめな一連の動きで此処を使って心身共に本番を迎えるのだろうなといった印象。一週前CW併せ好時計先着。

サートゥルナーリア【B+】

9/19栗坂:馬也 >52.4-37.4-23.8-12.0

 混雑時間帯での追い切り。テンはゆっくりめも、助手が跨り最後迄持った儘でのラスト2F時計は優秀。動きにも活気があり緒戦としては上々か。唯、若干姿勢の高い面はあり前向きな処は目立つ印象。それ故、早めの栗東入りにて輸送の不安が無いのは大幅にプラスと言える。ダービー時で元々完成度の高かった馬だけに大幅な成長というのは然程。

シフルマン【B】

9/19栗CW⑦:直強め >81.8-66.2-51.9-38.7-12.5

 外めを周り直線は気合いを付けられた内容。未だ体が出来ていないせいか全体的にバランスの悪さを感じる。気合いを付けられてもグッとくる面が希薄な処から、直線伸び負けしそうな雰囲気はある。

ジョウショームード【C】

9/19栗CW⑨:一杯 >84.8-68.2-53.3-39.7-13.0

 頭高く首を硬くしてる為、顎を突き出してる様な走りになっている。鞍上が直線目一杯追終いムチも入ってるのだが、反応に乏しく体が付いて行かないといった雰囲気。重賞だと少し厳しい感じはある。

ユニコーンライオン【B+】

9/19栗CW⑦:併せ末強め >83.1-67.2-52.5-38.4-12.3
 >>△古OPの内0.7秒追走アタマ先着

 三頭併せの内を先行く中馬と併せ併走し脚色良く先着。口向きの悪そうな中馬で詰めた処で稍抑えたが、力感のある前肢の動きと気勢溢れる走りで前に出た面は好感が持てる。大型馬にて春から見れば動きやすい処まで絞れてきたといった印象。唯、これまで速い上がりが使えておらず追って案外なところがあるのも頭に入れておく。

レッドジェニアル【B】

9/19栗坂:馬也 >56.4-40.4-25.8-12.5

 馬也単走でゆったり。頭と体が左傾倒な走りではあったものの完歩毎の力感は中々。先週にCW併せで猛時計先着と負荷は十分掛けており当週は是位で充分と思われる。当週の動きは目立たぬものの、先週ハードなケイコを消化したにも関わらず気負った面を見せておらず、この辺りはプラス評価出来る。唯、成長といった面を考えるともう少し先なのかもしれない。キンカメ産駒だが全体的なフォルムは母父マンカフェに近いかも。

ワールドプレミアム【B+】

9/18栗坂:併せ馬也 >52.7-38.3-24.-12.4
 >>2歳未出走を0.4秒追走0.1秒先着

 格下馬相手のケイコで悠々先着。手前換え時に無駄な動作が多いものの、低姿勢で進み良く四肢を動かせており、流石のディープ産駒といった印象。で、武豊Jが直接跨っての追い切りで大事にゆっくりと育てているのかなという印象が強い。キャリアも浅く是迄中団から後方に構え競馬をしている様に、今走も無茶に勝ちに行く競馬はしないだろうし先を見据えた乗り方になるのではないだろうか。京都2Sで先着許した2頭は共に重賞勝ち馬、前走はヴェロックスに完敗もスムーズな競馬。同世代トップクラス2頭が相手の此処でも大崩れは考え辛い。


 サートゥルナーリア、ヴェロックスといった春クラシック上位馬出走により、他有力馬が回避し少頭数になったのだろうなといった印象です。前述2頭は前哨戦仕上げっぽい感じだけど、春戦線の結果や今追い切りの動きからも、矢張り上位2頭が一枚抜けている事は間違いないですね。一角崩しはあったとしても、2頭が挙って負けるのはどうしても考え辛いです。3番手は平行線だと思います。

良く見えたのは、ヴェロックス

あと、サートゥルナーリアは前走時に見せた気負った面が今追い切り時でも窺がえるので稍低い評価です。

他は、ワールドプレミアム、ユニコーンライオンあたりですね。

レッドジェニアルは当週の追い切りが緩かったので下げましたが先週の追い切りと併せ考えれば雰囲気は中々です。

 結局、人気上位馬が揃ってしまいました(笑)


尾か    読者登録で記事の更新通知届きます(無料)

狙い馬の根拠は、更新通知メール内にて配布するかも
 ※ 9/20 送信済み

 一定期間、メール通知内のリンクからアクセス無しの方は、メール配信されてない様です。その場合は、過去メール又は最強ランキングより、通知メールの再登録をすると再度メール更新通知が届きますのでご了承下さい。



 応援クリックお願いします 
  

ふむふむ、なるほどと思った人はシェア!!


コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

このページのトップヘ