TBS系列で昨日に放送された、『キング・オブ・コント2015』
 キング・オブ・コントは謂わばM-1のコント版で、コントのみの賞レース番組です。
 関西では賞レースは数ありますが、コントのみというのは珍しいですね。


 それはともかくとして、今回のキング・オブ・コントの覇者はコロコロチキチキペッパーズです!

 コロコロチキチキペッパーズの軽い説明を。
 何年目かは忘れましたが、大阪よりもとのかなりの若手で、関西の番組でもあまり露出は多いとは言えません。
 自分が初めて見たのは、サンテレビでやってる『笑い飯のおもしろテレビ』でしょうか。
 恐らくニ年ぐらい前ですが、その時はネタというよりもキャラで面白がっていて。
 で、その年の『オールザッツ漫才』(関西では有名な年末お笑い番組)で司会をしていた千原ジュニアにイジられた事で認知度は広がり、たまーに観るぐらいになりました。
 
 といってもコンビというよりは、特徴的な風体と特徴的過ぎる声の、片方のナダルだけが露出するという形が多かったです。
 「ナダルリバース」や「ナダルリバースレボリューション」は、お笑い好きの方なら聞いた事があるのでは無いでしょうか。
 実際彼らのネタも、そのナダルのキャラを活かした、悪く言えばそれだけのネタが多かったのですが。

 今回のキング・オブ・コントを見て、その見方が全く変わりました。
 

 いやー、面白かったです。
 どんなネタでどう良かったのかもそれなり持論はありますが、そういうのをお笑いで語ると面白くなくなると自分は思うので、これぐらいに留めておきます。



 しかしですね。
 今回のキング・オブ・コントは、個人的にはあまり良くなかったと思います。
 
 なんでしょうか。
 飛び抜けた人が居なかったというか、「こいつらアホやなー」みたいなコンビが不足していたというか。
 まあアホなコンビはいましたが、そこまで飛び抜けたものではなく。
 こいつら点数なんて考えてへんやろ、みたいなネタが無かったというか。
 場荒らしみたいなコントをするコンビがいなく、全てのコンビが良くも悪くもいい出来のコントだったというか。

 あとあれですね。
 会場の雰囲気がガラッと変わったのもあるのでしょうか。
 以前までは多くのお客さんと、その後ろには準決勝で敗退した芸人たちが居て、
 その芸人たちが審査するという方式だったのですが。
 今回の審査員はダウンタウンの松ちゃん、そしてさま~ずとバナナマンの計五人が審査するという形になり。
 客数もどことなく減ったような雰囲気で。
 全体的に重い感じでありつつも、重厚な感じはしない、ただただ暗いようなイメージがあって。

 
 そもそも、賞レースなどのガチ感が強いお笑い番組というのは、客の雰囲気が非常に大事だと思います。
 審査云々に客評価は殆ど関係無いですが、見てるだけならばその空気感が大事です。
 見に来てる人の中には、お笑いが本当に好きな人、コアな笑いが好きな人、流行りのネタが好きな人、人気者だけ見られればいい人、ただ友人に誘われた人。
 様々です。
 その中でネタ一つ一つに「ちゃんと笑え」や「おもんないのに笑うなよ」と言うのは無茶な話なんですが。
 ただ、もう少し和やかな雰囲気もあるべきだったと思いますね。
 重々しくも和やかな、というのがベストなんですが、それはやっぱり難しいんですかね。


 ただ、キング・オブ・コントで自分が好きなのは、よくある芸能人の観覧者が居ない事ですかね。
 別に居てもいいのですが、正直邪魔なので。
 特にフジ系列の番組は特に華やかに作りがちなので、そういう起用が多いですね。
 


 まあグチグチと書きましたが、それでも楽しめたキング・オブ・コント。
 そこで優勝したコロコロチキチキペッパーズ、本当におめでとうございます。
 まだまだ若手故にこれからどうなるか分かりませんが、これからどうなるか楽しみです。
 
 ナダルリバース、流行るかなぁ。
 

 最近、デビルズサードのラグが酷いと言われています。
 自分はプレイ時間帯もあるのか、あまり感じませんが。
 夜八時ぐらいから深夜二時ぐらいまでの、所謂ゴールデンタイムは感じるようです。
 (ディスク版ではなくDL版の人は殆ど無いとも言われてますが)

 そこで、近接攻撃がかなりピンチな状況に陥ってます。


 ラグやカクつきが酷いと、当然エイムが難しくなります。
 「じゃあ近接有利じゃん」と思われると思います。
 自分もそうです。

 が!

 ここで現れるのが、『ショットガン』です。
 

 ショットガン。または散弾銃。
 銃に詳しくない人でも、映画なんかで見たことがあるでしょうし、名前からでもある程度どんなものかは想像つくと思います。
 銃口から多数の小さい弾丸を散開発射する銃です。

 要は、あまりエイムを必要としない銃です。
 他の銃が釣り竿としたら、ショットガンは網ですね。

 ただこのショットガン、そこまで強いというわけではなく。
 ある程度距離が近くないと威力を発揮しません。
 ほぼ肉薄した状況でこそ、輝く銃なのです。

 それ故に最初はあまり使われる事もなく、「ショットガンなんか誰が使うんだよ」みたいな声も一部ありました。
 が、ツイッターなどで用途の説明があったり、ショットガン使いの上手い人が動画をあげたり、そして最近のラグ問題。
 そこでショットガンを使う人が急増してきたように思います。


 そう。
 近距離で威力を発揮する銃。
 
 つまり、近接を仕掛けようと近付くと威力を発揮されてしまうのです。

 ただでさえ回転回避が強すぎて近接不利な状況。
 しかも近接攻撃は(ロケランや一部スナイパーライフル除)銃と違って硬直がある。
 初撃が入ってもそのまま殺しきるのはほぼ不可能。

 それらが相まって、
 近接ドーン→死なない→コロン(離れる)→ショットガンパンパーン→デデーン
 となるわけです。
 
 最近は近接の捌きが上手い人も増えましたしね……。


 といっても、全く通用しないかといえばそうでもなく。
 自陣防衛時ならそこそこいけます。
 
 攻撃時は、大抵の人が施設破壊を目的にロケランを担ぎます。
 で、ロケランを装備できる兵種は、ショットガンを装備出来ません。
 
 だから防衛の時は、ここぞとばかりに刀やハンマーを振り回しましょう。
 

 攻撃時はどうするかって?
 んなもん死んでもいいからロケランで施設破壊してりゃいいんだよ。
 キルレシオなんてクソ食らえ!

 昨日の10月3日。
 宝塚バウホールで行われた、矢野・兵動の兵動さんが定期的にやっているライブ「兵動大樹のおしゃべり大好き」を観に行きました!
 
 
 まず、兵動さんの一応説明を。
 多分すべらない話を観ている方ならご存知、もしくは聞いたこと見たことあると思います。
 ぽっちゃりした体型に、ハンチング帽とメガネをかけた人です。
 まあ、見るからにおっさん、って感じの人です。
 
 矢野・兵動というコンビは(確か)ナインティナインと同期で、結構な芸歴です。
 ずっと不遇な時代が続いていたものの、この兵動さんの喋りが面白いと認知されだし、そしてすべらない話でMVSを取って全国区になりました。
 最近では、相方の矢野さんも「パイセン語」という業界人用語のような話し方も面白おかしくイジられたりしてますね。

 
 その兵動さんが面白いと認知されだしたキッカケにもなる「兵動大樹のおしゃべり大好き」というライブ。
 名前の通り、兵動さんが一人でただ喋るだけのライブです。

 しかしまあ、このチケットが取れない取れない。
 今回は友人が直ぐ様手配してくれたお陰で取れたのですが、それでも最後列の一番端。他は既に満席といった感じです。
 

 話の内容はいずれDVDで発売されると思うし、あの達者な喋りを自分の文章によって台無しにする訳にはいきません。
 とにかく面白かった、とだけ伝えておきます。
 めちゃめちゃ笑ったのですが、周りに人がおるとちょっと気を使ってしまって声をなるべく出さないように笑ったため、胸や気管の辺りがちょっと痛いです。


 しかし、お笑いのみならず、音楽でも演劇でも何でも、ライブってのは良いですね。
 自分は出不精で、「ベッドで横になってDVDで観る方がいいじゃん?」って性格なので滅多に行かなく。
 映画なんかも映画館ではあまり見ないです。
 (腰痛持ちでずっと座れないというのが一番の要因なんですが)
 でもこうしてたまに行くと、その空気感なんかで圧倒されます。
 余韻も凄いですしね。

 しかもこのおしゃべり大好きは、二時間程度ですが凄く短く感じます。
 当然二時間ずっと一つの話を延々話す訳ではなく、幾つかの話をしてくれるのですが。
 それはもう全米が泣いた級の興行収入トップクラスの素晴らしい映画がそれぞれ綺麗にまとまってオムニバスで観るような。
 笑いっぱなしは言い過ぎですが、二時間の内九割は歯が見えてましたね。


 そして帰り、「なんであんなおもろいんやろなー」 みたいな話をしながら帰ってたのですが
 やっぱり、何よりも「ホンマか?」みたいな出来事が起こるのが凄いですね。
 そしてそれは、普通の人だと「自分はツイてない」で終わってしまうのですが、それを笑いに昇華させる技術や、面白く見る眼も凄い。
 自分で面白く持って行こうとしてる話もあるので、そういったアンテナも凄いです。
 
 こうして面白い人が、最終的には認知されるっていうのは良いですね。
 今月7日から始まる水曜22時のドラマにも出演するみたいで、本人が一番驚いたようです。
 西島秀俊さんなど豪華な出演陣の中に『兵動大樹』の名前が並んでいるのは、やはり違和感が。
 


 『面白いから売れるのか、売れているから面白いのか』という言葉があります。
 これはどんな娯楽作品にも言える事で、そう思う事がしばしばあります。
 「有名なものは軽くてつまらん」というマイナー志向も、「無名なものが面白いはずがない」というメジャー志向も、どっちもその娯楽を楽しむ上では邪魔なものなんですよねぇー。
 
 ライブを観に行って高揚したせいか
 昨日は色々と考えた夜になりました。

↑このページのトップヘ