TBS系列で昨日に放送された、『キング・オブ・コント2015』
 キング・オブ・コントは謂わばM-1のコント版で、コントのみの賞レース番組です。
 関西では賞レースは数ありますが、コントのみというのは珍しいですね。


 それはともかくとして、今回のキング・オブ・コントの覇者はコロコロチキチキペッパーズです!

 コロコロチキチキペッパーズの軽い説明を。
 何年目かは忘れましたが、大阪よりもとのかなりの若手で、関西の番組でもあまり露出は多いとは言えません。
 自分が初めて見たのは、サンテレビでやってる『笑い飯のおもしろテレビ』でしょうか。
 恐らくニ年ぐらい前ですが、その時はネタというよりもキャラで面白がっていて。
 で、その年の『オールザッツ漫才』(関西では有名な年末お笑い番組)で司会をしていた千原ジュニアにイジられた事で認知度は広がり、たまーに観るぐらいになりました。
 
 といってもコンビというよりは、特徴的な風体と特徴的過ぎる声の、片方のナダルだけが露出するという形が多かったです。
 「ナダルリバース」や「ナダルリバースレボリューション」は、お笑い好きの方なら聞いた事があるのでは無いでしょうか。
 実際彼らのネタも、そのナダルのキャラを活かした、悪く言えばそれだけのネタが多かったのですが。

 今回のキング・オブ・コントを見て、その見方が全く変わりました。
 

 いやー、面白かったです。
 どんなネタでどう良かったのかもそれなり持論はありますが、そういうのをお笑いで語ると面白くなくなると自分は思うので、これぐらいに留めておきます。



 しかしですね。
 今回のキング・オブ・コントは、個人的にはあまり良くなかったと思います。
 
 なんでしょうか。
 飛び抜けた人が居なかったというか、「こいつらアホやなー」みたいなコンビが不足していたというか。
 まあアホなコンビはいましたが、そこまで飛び抜けたものではなく。
 こいつら点数なんて考えてへんやろ、みたいなネタが無かったというか。
 場荒らしみたいなコントをするコンビがいなく、全てのコンビが良くも悪くもいい出来のコントだったというか。

 あとあれですね。
 会場の雰囲気がガラッと変わったのもあるのでしょうか。
 以前までは多くのお客さんと、その後ろには準決勝で敗退した芸人たちが居て、
 その芸人たちが審査するという方式だったのですが。
 今回の審査員はダウンタウンの松ちゃん、そしてさま~ずとバナナマンの計五人が審査するという形になり。
 客数もどことなく減ったような雰囲気で。
 全体的に重い感じでありつつも、重厚な感じはしない、ただただ暗いようなイメージがあって。

 
 そもそも、賞レースなどのガチ感が強いお笑い番組というのは、客の雰囲気が非常に大事だと思います。
 審査云々に客評価は殆ど関係無いですが、見てるだけならばその空気感が大事です。
 見に来てる人の中には、お笑いが本当に好きな人、コアな笑いが好きな人、流行りのネタが好きな人、人気者だけ見られればいい人、ただ友人に誘われた人。
 様々です。
 その中でネタ一つ一つに「ちゃんと笑え」や「おもんないのに笑うなよ」と言うのは無茶な話なんですが。
 ただ、もう少し和やかな雰囲気もあるべきだったと思いますね。
 重々しくも和やかな、というのがベストなんですが、それはやっぱり難しいんですかね。


 ただ、キング・オブ・コントで自分が好きなのは、よくある芸能人の観覧者が居ない事ですかね。
 別に居てもいいのですが、正直邪魔なので。
 特にフジ系列の番組は特に華やかに作りがちなので、そういう起用が多いですね。
 


 まあグチグチと書きましたが、それでも楽しめたキング・オブ・コント。
 そこで優勝したコロコロチキチキペッパーズ、本当におめでとうございます。
 まだまだ若手故にこれからどうなるか分かりませんが、これからどうなるか楽しみです。
 
 ナダルリバース、流行るかなぁ。