2007年11月01日

日本橋八重洲エリアと再編

大丸東京店が10月31日6時をもって閉館されました。

六日から新店にて営業開始です。

なんだか、泣きたくなりました。
きっと社員さん、お客様。
それぞれいろんな思い出がつまった店舗だと思います。お疲れ様!旧店舗!

旧店の最後の営業日、閉店に居たかったなぁぁ。
とか…こちらも仕事でしたので無理な話ですが。

なんだか新店もだいぶベールを脱ぎ始めました。
楽しみで仕方ありません!

プレオープン行くぞ〜♪
そしたらまた、アップしますね!


というわけで、銀座の次は日本橋でも波が起こりそうです。


大丸は第二期オープンまでミセスの婦人服をお休みするとのこと。
丸ノ内OLを基本に考えているようです。
プランタン、イトシアが控えるあの道・・・・。
駅直結、9時まで営業。
立地の良さでOLを囲い込めるか!!!!勝負!


となると、大丸でお買い物をしていたミセスは日本橋に流れる可能性があります。
(もちろん地元指向になる可能性もあり、違う駅になるかもしれませんけど…)


東京駅に比較的近いのは高島屋東京店。
上手く囲い込めるか高島屋。
高島屋東京店は今は小さな改装はあれど、静かに動向を見守っているように見えます。
もちろん、地区再開発の計画がありますけどね!
それに伴い大幅な増床が予定されています。
隣に新館を建てるらしいです。
大丸の二期オープンも一段落したころにオープン予定かな?
とりあえず十年先の計画です。
今後の収益等々によっては、規模縮小とかも有り得るのかもしれませんし。
(勝手な予想ですが)
顧客特性と他店との差別化なんかをまるっと見極め日本橋らしい高島屋らしい新館を作らないと老舗の看板だけでは売上に繋がらない。
高級感、老舗感を残しながら、新しさを加える。
ただ、同じような特性の三越がいるぞ。
さらに、三越とも差別化を・・・・。
頑張れ眦膕亜



対する三越はいま何かと話題。
やはりそこはなんといっても老舗三越の本店。
大丸のOPENを前に、地下、1階の改装も終えて高級感がでてきた三越。
とても素敵な空間になってきています。
さて、それを上層階まで持っていけるか!
そして、なんだかぱっとしない新館をもっと有効活用できるか!
っていうのも気になったり。の
三越。
再編しても、そのよさは活かして欲しい。
というのも、三越が伊勢丹と同質化してしまっては意味が無いと思うんですよ。
それぞれの良さを延ばしていくようにして欲しいんです。
もちろん、それぞれの持っているものをお互いに交換していくことは
とても大切!!!
ただ、一緒になってしまってはいけないと思います。
再編ってなかなかいろいろ前途多難でしょうけどね。。
西武とそごうの例がありますが、果たして差別化ができているとかと思うと
んーって思ったりもするわけです。
確かに、各社比べて突出した個性というのは無い時代にはなってきているけどね。
ただ、三越には三越の良さがあるからそれは活かさないと逆にお客様が離れていく可能性だって秘めてるわけで・・・諸刃の剣ですよね?!



とりあえず!!!!
再編の主役二社と元業界一位の東京における拠点があるのが八重洲日本橋エリアなのです!!!
元業界一位高島屋
いまや再編の要三越
再編の風雲児大丸。



三越の新館のオープンから始まった日本橋戦線。
次に、大丸のOPEN。
そして、未だ青写真であるものの眦膕或郡杞汁曄


11月6日。
また日本橋八重洲地区の流れが変わる!!
銀座、八重洲、日本橋。
全て徒歩圏内の大きな百貨店戦争が始まっています!



楽しみ!!!

hyakkatenjiten at 12:49│Comments(0)TrackBack(0) 百貨店関連ニュース 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔