先ほどの記事は、地政学的リスクを例にとり、高下に材料は関係ないと言う事を書いたものであり、特定の外務員さんを誹謗中傷するものではございません。

ところで、金1/9高値の4793円を付けて来るのは何処で決まったと思いますか?

実はこの上げが始まる12月15日にこんな風に会員様にはメールしております。
※高値目標の4963円は未だ付けていませんが次の上げ波動では数字が変わりますので伏字にはしておりません。

投稿日:2017年12月15日(金)16時11分49秒
大勢観=最大で4523円までの押目と考えておりましたが、ここまで待てずに買った玉が引かされてしまいました。エクステンションで4479円前後を試す所が有るかもしれませんが大きな目標を取って、ここが底値と考えたい所。
概況=一旦は戻った金ですが再び4523円以下の引けと成りました。戻って売られた事で今度は4479円を取る可能性も有りますが、ここまで有ればもう一度買と考え様子見。
上値 短期 1 4572円 上値 短期 2 4687円 大勢 4963円
【明日安いなら】無理に難平とは考えませんが、安い所を分散して買と考えていた方は4479円を取るならもう少し買。

【明日高いなら】この辺りで持ち合って上なのかも知れません。高いなら何時戻っても良いと思います。買は維持のまま様子見。

金


この時は大勢目標を4963円と予想しておりましたが、1月5日には変更して4821円と致しました。
ここでも実際の高値は28円足りておりませんので、あまり威張れませんが・・・

2018年 1月 4日(木)16時19分5秒
大勢観=4723円以上の動きに成るなら上抜けたと考えたい所。4821円に向かうと見て良いと思いますが、失速するなら4523円から4687円くらいのレンジに逆戻りか?

現実には下値も目標の下に行き過ぎていますが、高値を取る前に下げた時のおおよその動きも予想しております。


相場は太陽系の惑星の距離の様に一定の法則に基づいて(相場もフィボナッチとは言っていませんのでお間違えない様に)動いております。
そして、それは数学で計算できるというのが私の考えです。

波動分析は機械的な計算で出た数字(私は目標値と呼んでいます)に、私のアナログな相場観を融合したものです。



(mSaaf Win-Station 使用)

にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
商品先物ランキング