なんか見た事ある という投資家の方も多いのでは?
テクニカル分析を売りにしている投資の学校みたいなところの教本を見ると書いてあります。

共通するのはエントリーポイントが大切という事。

002


で、そのあとにはこんな感じで罫線に当てはめた図解が付いていますね。

003


でも、実際に罫線を見るとなかなか当てはまる所がない?!と感じる方が多いのではないでしょうか?

簡単な事なんですが、当てはまる所を探して書いてるからなんですね。
過去の値動きを見て〇をつけるのと、今がエントリーポイントと判断するのは全く違います。

テクニカル分析を勉強したのに儲からないと言って対面取引に戻る投資家の方も多いと聞きます。
勉強することは大切ですが、人が教えてくれるテクニカルでは簡単には儲かりません。

波動分析はエントリーポイントは教えますが、そこに至る計算式は企業秘密です。