停電に備えて常備しているノートPCを久しぶりに使おうとすると必ずバッテリーがゼロに成っていて><
Windows7のころまでは、多少放電していても10日位でゼロにはならなかったのに??て感じで・・・

今回の大停電を見て改めて非常用ノートPCの必要性を感じ設定を見直してみました。

調べた結果、犯人は高速起動というやつ。
Windows7まではシャットダウンで良かったのですが、これ以降のバージョンではシャットダウンと名前がついていても実はスタンバイなんですね。

つまり、次の起動に備えバックグラウンドで電力を消費しているのです。
普段使いでないPCはスタンバイを無効にしておけば、いざというときにバッテリー切れで使えないと言う事がなくなるとおもいます。

手順は

コントロールパネル → 電源オプション
001


電源ボタンの動作を選択する
002


現在利用可能ではない設定を変更します
003


高速スタートアップを有効にする(推奨)のチェックを外す
004



にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
商品先物ランキング