長年使ってきたApple Wireless KeyboardからHappy Hacking Keyboardに変えた事は2017年12月05日の記事で書きましたが、この時かった墨は重大な不具合が有りました。
内心、タッチで大丈夫だろうと思って、無刻印でもいいだろうけど、まあ無難に墨と決めて買ったんのですが、蛍光灯の下で使うとなんと無刻印状態。
大丈夫と思っていたタッチも数字入力で誤タイプが発生。

k001




仕方がないので墨から白に買い換えましたwww

00




で、今日のパームレストのお話に戻りますが・・・
前回の記事で書いたパームレストは純正品のサイズどおりにアクリル屋さんと材木屋さんにオーダーして作ったものですが、アクリルの方が14ミリ奥行きが短いのです。
なんにも考えずに同じサイズで作ったのですが、木製品は使いやすさを考慮して14ミリ伸ばした改良品らしいのです。
この1年は手を乗せた感じが悪くて、木製ばかりを使って来ましたが、汗をかく夏場以外はやっぱり見た目のカッコいいアクリル製を使いたいという事で再オーダーしました。

01




こんな感じ。
前の時は角の面取りをしていなくて、それが使い心地の悪さを際立たせていましたので、今回は面取りもしてもらいました。
結果的に純正より高いものに付きましたが、使い勝手は最高。

02




こんな感じになります。

03




キーボードとの段差はこんな感じです。

04




サンワサプライなんかで廉価なパームレストがいろいろありますが、私はキーボードの横幅と同じでないと、気持ち悪くてNGです。
最低でも純正品。こだわるならオーダーが一番かなw