もう一つ上の目標を狙っても良かったのだが、余りにも早く目標を取って来た事から、つい利食ってしまった金。まあ利食い千人力と負け惜しみを言ってみる。

さて、今回の金は上手くいったのだが、波動分析はアルゴリズム売買とは対極の手法。
デイトレではなく、あくまでもオーバーナイトで尚且つ目標と考える値段を取るまで維持する手法。

荒れている相場だから慎重に様子を見るという人がいるが、底値を買えば「荒れている」は関係ない。
相場が分からないことを責任転嫁して荒れているから仕掛けないでは美味しい所も取れずに終わる。

採算価格を大事にしている外務員さんもいるみたいだが、NY金と東京金は別の相場。採算がずれたとしても買と考える値段と売りと考える値段は変わらない。採算がずれるとか、もっともらしく書いても言い訳。

相場が好きと書いていても、自分で相場を張る事のない営業さんがほとんどだろう。
自分で相場を張っているなら、荒れてるから様子見と言われているうちに、全値返しに成ったらどう思うのだろう? まして損切していたら、ここまで戻ってから考えても損金は取り戻せないかもしれない。

アルゴリズム売買が邪魔するから、荒れているから、採算がずれるから、外電がサイトによって違う値段だから・・・

利益を出せない言い訳でしかない。

金


(MINKABU Win-Station 使用)

にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
商品先物ランキング