百鬼夜行 ~波動分析論考~

百鬼夜行ホームはFlashの為、IE11以降のブラウザでは互換設定が必要だったり、スマホでは見ることが出来ないなど、少々時代遅れと成ってしまいました。2017年11月12日よりlivedoor Blogを百鬼夜行ホームと致します。

カテゴリ: 百の暁千の闇

百鬼夜行の名前で先物サイトを初めて18年。 昔は外務員さんも沢山いて、HPが(当時は外務員ホームページと呼んでいた)一杯あった。 蛎殻町瓦版とか地場筋現場からの発想、40年の孤独なんてのも有ったな。 その時代からやっていると色々なことが分かって来る。 名前を挙げ ...

私も外務員だったので、10人のお客さんに10通りの相場観を話していた時代も有ります。 Aさん : 原油売ってみようと思うんだけど、どうかな? 外務員 : (ホントは買だと思うけど、売らせないで下げたら文句言われるし、俺の金じゃない 心の声)いいと思いますよ。 ...

県市民税の通知にちゃんと先物の項目が有ることを知ってる外務員さんは何人いるのでしょうか? 既出のネタで何度も書いていますが、相場やっている外務員さんて殆んどいませんよね? 対面取引のお客さんは一度担当外務員に相場を張っているか聞いてみた方が良いですよ。 多 ...

私が外務員だったのは2008年8月末まで。 それから月日は流れ先物の仕組みも随分変わったんじゃないかな? たぶん・・・? 衝撃の事実。 2008年8月末の時点では追証は翌日の昼までに預託しなくても強制手仕舞いはなかった。 それどころか2日3日待つこともあった。 証拠金不 ...

友人のblogで初めて知ったのですが第一商品が4月30日付で廃業したんですね。 記憶では先物業界初の店頭公開。 セントラル在職中は上司が「相場張ったら首だ!」というのでセントラルで取引しているお客さんに第一商品に口座を作って貰って名義変更していない株券を預けて( ...

私が歩合外務員に成ったのは90年代半ばだったかな? 某社に入ったら老人が4人いて、あれ〜失敗したかな?と思ったもんだ。 4人いた爺さんのうち一人が商品はどんな銘柄も売っていれば玄人という考え。 当たっても曲がっても16時には帰る。 今みたいに石油相場は無く、消え ...

これも、もう時効。 業界人は何社か渡り歩くのが昔の常識。 そして、狭い業界なので誰それは今どこの会社にいるらしいなんて噂が駆け巡る。 最初の会社でお世話になった部長さん、私がコミッションに成ったたら電話をかけて来た。 暫く世間話をした後切り出してきたのは、 ...

時はバブルの頂点のチョット前。 私がC商事に在職していたころ。 C商事は大衆店で穀物の現受け現渡なんかないだろうwと言われていました。 そんなとき、地価高騰に沸く県境の町の名士たちが、ぞろぞろとお客様に・・・ さあ、大勝負の始まり! なんと言っても農協が味方 ...

もう時効なので、こんなこと書いてもいいかな? 或る年、お客さんが2000万位儲かりまして。ピークでは1億位儲かっていたのですが、年末時点では2000万の利益でした。丸紅の上前をはねたのですが、ばれて帰り打ちに合ったので・・・ あっ!私の手柄では有りません。 私の仕 ...

冥府魔道に生きる大五郎。 大五郎は白根市の元市会議員。 そして・・・ あ〜 これも闇が深すぎて書けないや・・・ 平和に生きた外務員が羨ましいやw 商品先物ランキング ...

もう時効だと思います。 都内某取引員の外務員だった友人がお客さんのお供で、場が終わると毎日のように非公認のカジノに行っていました。 なんでも毎日300万くらい負けるととか? 半年で手数料バックが7000万あったなんて聞いていましたが、税金どうやって払ったのかwww ...

もう何年になるか? どこかの怪しいファンドが、食い詰めた元商品業界関係者にファンドの代理店を持ち掛けて、顧客開拓させてアッと言う間に破綻したという話を聞いた事が有る。 投資の失敗なのか?それとも最初から詐欺だったのか分からないし、そのファンドの仲介をしてた ...

長く外務員やっていれば良い事もあるって訳で、役員に上り詰めた宮〇さん。 海千山千の商品業界で役員になる人だけあって、二枚舌というか、嘘つきというかw もう、明〇もだいぶ傾いてきたという頃。 事務所の電話に録音システムを付けた。 ええ〜 盗聴されてるみたいで ...

時期は前回の「大豆オプションで大損」から1年後。 値洗いも最大で1000近くマイナスに成りましたので、未だ借金を引きずっていました。 江戸の敵を長崎で討つでと言いますが、大豆相場の仇は大豆相場で討つしかありません。 それも1日で5000円とか10000円の値幅を狙う事にし ...

確か90年代中頃だったと思います。 当時在職していたC商事がバブル枠で採用した、会社始まって以来の偏差値を持つ中大出の新卒社員をシカゴに留学させたのは・・・・ 午前中はファドマネージャの勉強で、午後からは会社の金を使ってトレードの実技。 ハッキリとしたことは ...

↑このページのトップヘ