2017年11月18日

紅心大根〜その美しさとフェラーリの赤 農の本質はアートでありエンターテイメントです 食糧供給にのみ甘んじることなかれ!

11月17紅心大根
今日の写真 紅心大根 中を切るとこの美しさ・・・・惚れ惚れしますな いわゆる スポーツカー言うところの フェラーリはなぜ赤なのか といえば 高速で走っている際には サイドミラーにちらっと写る瞬間 赤が一番目立ち安いということのようだ レーシングドライバーは(来た!赤来た!フェラーリ来た!と思うわけですな)
そう 一番印象に残りやすいということですな 大事なことです でも 僕は普段 赤は着ません 赤のTシャツは持ってません なぜならば 本人と相まってアクが強すぎて 別の弊害が出ることを恐れています なので いつも青や緑 紺色のできるだけ 落ち着いた 理性を印象づかせる色を好んで着ています・・・・(でも いのししと戦うときは バラの花一輪を口にくわえて戦いに臨むのさ・・・タンゴか)

 (農の本質は アートであり エンターテイメントだ)・・・・ここ数年はこのように思っております 歴史上 今の時代が最も 農 というものが過小評価された時代はないのかもしれません 今から400年前までは 百姓の奪い合い それが争いの元だったわけです 権力の誇示は 石高 つまり 米の量だったわけですな 侍の給与は米の現物支給を基にしたものだったわけです それが 今やどうでしょう 米の価値はどれぐらいなものでしょうか?
もしかして トイレットペーパーの方がなくてはならない という存在かもしれません・・・悲しい時代です
とすれば 畑の価値 田んぼの価値 というものを 別の領域に展開していくしかありません 文字通り 食糧供給としての 価値は みなさんご覧の通り 農業で食べていくことができないほど 必要とはされておりません (食育)・・・僕が嫌いな言葉です そんなことを堂々と世間で言うのであれば お願いだから 自分の子供の学校に 地元の有機野菜を使ってみなはれ と思います たぶん どれだけ 市民があるいは志ある地方議員さんが 動いたとて 今の教育現場で有機野菜が導入されることはないでしょう (キャベツから虫出て来て誰が責任取ります?即却下でしょう)

 畑で汗をかいて働く 草むしりをする 大地とじかに接して 野菜を育てる そこから学ぶことは当然多い・・・
そこに都市の人は癒しを見るのかもしれない デザインを感じるのかもしれない 健康を意識するのかもしれない 中には IT時代のヒントやビジネスチャンスを見つけるのかもしれない そして ディズニーランドの人工的なエンターテイメントよりも より クリエイティブな遊びを見つけるのかもしれない・・・農 は 無限なのです
 いくらでも 切り口はあるでしょう そこに気づいている人は 僕が想像しているよりも 多いような気がします
ただ・・・現場の田舎で 畑や田んぼをやっている 農家 の多くが 自ら 農業というものの価値を感じていない 都市との軋轢の中で 甘んじて 今の地位 決して産業としての日の目を見ないヒエラルキーの最下層にいることを 諦めと無価値感にさいなまれながら 受け入れているように思います・・・悲しいを通り越して 深紅の暗闇が広がっております
 一人で トラクターを耕しているときには 大声で歌を歌っております 超楽しい・・・・50を過ぎて ハンドル片手に右手でスネアを叩きながら わめき散らせる世界は そうはないのかもしれません いつの日か 畑や田んぼ というものが 想像もできないぐらいの エンターテイメントを供給できるようにしたい 俺は単なる食糧供給だけじゃねーんだ! あ!と 自分にはっぱかけたいと思います・・・・

 

 

 

hyakusho at 23:15|PermalinkComments(0) コラム・百姓から見た世のつれづれ 

動画〜聖護院大根の片付け



hyakusho at 21:22|PermalinkComments(0)

2017年11月17日

動画〜レッドマスタードの収穫



hyakusho at 17:52|PermalinkComments(0) 『旬の有機野菜セット』 

2017年11月15日

春人参トンネル始まる さつま終わる〜苦しみも喜びも往く星霜 11月26(日)占い空いてます

11月12春人参密閉スタート
今日の写真 さて いよいよ本格的な春栽培が始まる 一番手は春人参の密閉トンネルだ 毎年 このトンネルを張ると ああ・・・新たなサイクルがまた始まると思う これから一番寒い厳寒期が来るわけだけども すでに 僕の頭の中は 来年の春 そして 夏が中心となっている この春の人参は すべて 太陽熱マルチでいく予定 畝間もよく抑えられた 順調であれば 春の作付けの大半を太陽熱を回すことにする予定だ これで ほぼ除草の手間はなくなる 落花生などもこの手法を用いれば 何反でもいけるわけだ・・・僕が有機農業という世界に飛び込んで20年 慣行栽培がどのように発展してきたのか よくは知らないけど この20年の有機農業の栽培技術の発展は 凄まじいものがあると思う(品目によっては並んだものもあるかと思う)
 昔は 一人で5反と言われたものだ 今は10倍 5ヘクタールというところか・・・我が農園も多少なり そうした有機農業の末端にいて 貢献できたとしたらば これほどうれしいことはない そして これから 続く若い新規就農者たちは 僕のようなじじいの屍を乗り越えてさらなる発展を遂げて欲しいと切に願う・・・

 今日はひたすら 乾かしたさつまいもを貯蔵穴にふせこむ ぜーぜーはーはー専属スタッフYさんと運びまくりの穴に積み上げまくり・・・(動画見てよ) なんとかこれで2017年のさつまいもは終わった 夕方家に帰ってきて 案の定 足がつる 激痛に襲われながらのたうち回る 昔 尿管結石をやったけども 匹敵する痛みがこうして 定期的に襲う なんかの拷問にあっているようだけども まあ これが人生というもの・・・苦しみというものは向こうからいろんな形でやってくる 逃れられるものもあれば そうでないものもある そうですな・・・ 僕は比較的 そうしたものを 引き受けようとする姿勢がいつの間にかできあがったのかもしれない 楽な人生は楽しいのか?
楽でない人生は苦しいだけなのか? いいや たとえ 地獄の果てであったにしろ 楽園であったにしろ 何を自分で選び 何を求めるのか 何を体験するのか・・・ たぶん すべては 等しく 等価 なんでしょう・・・・ああ・・・時が見えるよララア(いや意識をしっかり持て)

 再来週 11月26(日)我が 百姓ずカフェにて 占いが1枠空いております 夕方4時〜6時 2時間 3000円です ご興味ある方は 予約お願いいたします カフェに直接電話してくださいませ・・・・お待ちしております
明後日 金曜日の朝は1度の予報が出ている おそらく 今年の初霜・・・冬が来ます みなさんは冬好きですか? 僕は冬が好きです だって すべてがゆっくりするような感じになりますもんね 大地は眠って 空気は冷たくそして ひんやりと切り裂くあの感じ 自分の中が 澄み渡っていくように感じるあの瞬間が僕は好きなのですね・・・・

 

hyakusho at 23:12|PermalinkComments(1) 自然や生態系 

動画〜さつまいも貯蔵穴ふせこみ



hyakusho at 18:34|PermalinkComments(1) 『旬の有機野菜セット』 

2017年11月14日

動画〜11月第3週『旬の有機野菜セット」ご紹介



hyakusho at 17:41|PermalinkComments(0) 『旬の有機野菜セット』 

2017年11月13日

海・・・その誰も歩いた事のない広大な海原 11年前の就農候補地・・・

11月12海
今日の写真 海です・・・・はい 海を見に行きました・・・もちろん逃避ではありません プライベートな用事も含めてのことでございました 海を見たのは以前いつだったでしょうか? 千葉県は海に囲まれた県です 僕が育ったところは 海はありませんでした 山に囲まれた地域です なので 海にはいろんな意味での衝撃が今でもあります・・・・場所は 千葉県のいすみ市というところです 実は この場所 僕が成田に2度目の就農をする直前 候補だったところです 神奈川の農園を一旦閉めて トラックドライバーに就職して 休日に就農の候補地を巡りました・・・・長野・山梨 茨城そして 千葉・・・人を介して 紹介されたところが このいすみ市でした それが 今から11年前のこと 計8反あまりの空いていた農地を確保することができました なので 一旦保留する形で 地主さんに頭を下げて 成田に向かい この今の広々と広がる農地の大群に圧倒され 急転直下 成田に決まりました・・・・運命とはまさに 紙一重・・・・今回 そのもしかして 就農していたあの場所が見られるかと思い 寄って見ました 11年前に 一度しか訪れていない場所 地名も道も覚えておりません ただ なんとなくの予感があって 車を走らせていて 呼ばれるようにして ハンドルを右に左に・・・・なんとなく憶えのある 神社の前を過ぎて はい どんぴしゃで その場所に出ました たぶん 最短ルートを走ったようです(こういうときにスピリチュアルな力を使うのです すべからく実践 スマホなんぞいりません) まあ 1時間ばかりうろうろして見つからなかったら 海でも見て帰ろうと思ったのですが 辿り着けてほっとしました・・・・

 もしかして借りていたかもしれないその8反の農地 今でも耕作放棄地でございました・・・驚くのはその条件の悪さ 今ではもう広大な農地に見慣れた僕からすると その場所は 最悪とまではいかないにしても 条件は良くない場所でした 当時は 僕も追い込まれていたのでしょう この場所に就農していたらば 僕はどうなっていたのだろうな と少し考えました まあ 無理だったろう と思います・・・・僕は運が良かった この場所を紹介してくださった方や 多くの人の助力で今の僕があるわけです そうした目に見えない多くの力が働いて 物事は動いていきます 改めて 感謝せねばと思う次第です・・・・あれから 11年・・・農地は拡大して 8ヘクタール 直営のカフェを出店に専属スタッフも一人雇うところまで来ました 早いのか遅いのか いやしかして これ以上でもこれ以下でもないでしょう 放射能も降ってきました(もちろん現在農地の影響はほとんどありません後心配なく) いろんなことがあったこの11年でした 来年 また新たなことにチャレンジします 写真の海のようなまだ誰も歩いていないような広大な海原に船を漕ぎ出そうと思っています この場所を見て確認して 本当にこれからも後ろを振り向くことなく 前を向いて進んで行こうと思います・・・・合掌

hyakusho at 22:41|PermalinkComments(0) 新規就農 

2017年11月12日

我が 百姓ズカフェ 士業の国家試験に受かること 医者とは銀河の果てに・・・

11月6カフェ
今日の写真 夕陽が早く落ちるようになり 畑仕事を終えて その足で電車に乗り カフェに顔を出す 市川真間の駅を降りて20メートル いつも この店の顔を僕はしばらくじっと見る まだまだ 流行っているとは言いがたい状況だけども でも それでも うちの店を愛してくれるお客様はいらっしゃる 百姓が店を出す 畑と同じで とにかく 続けることが大事 店は10年やって生き残れば勝ち 早くも3年目に入ったけども 今年は 店主のリハビリもあり なんとかぼちぼちやってきた ’(玄米弁当)という 商品開発もできた 今後はこれを武器に頑張っていくつもりだ いつも 百姓ズカフェをご利用いただきまして 誠にありがとうございます! どうぞ よろしくお願いいたします!

 さつまいもがようやく終わる ほっとする 今年は2反あまり かなり時間がかかった・・・・いつもお手伝いに来ていただく 男性陣二人の働きが大きい 僕はもう左足が機能してなくて ほぼ戦力外になりつつあるので本当に助かる その男性陣のお一人 妻帯者であるのですが なんと! その奥方が凄い ずっと 国家試験を今年受けていて 今日 めだたく合格!となられたそうです いわゆる 〇〇士 と呼ばれる 士業 の資格をお取りになったわけです・・・・(そして お手伝いに来ていただく旦那さんとは 日本の最高峰赤門のあの大学の院の時代にお知り合いになったそうです 我が百姓農園に〇大博士卒が手伝いに来ているんですよ!どうです!僕のような原始人がですよ?) 社会人となり 子供を育てながら 朝晩のわずかな時間の中で 机に向って勉強する それがどれだけ凄いことなのか・・・ある程度大人になったら わかりますよね? 僕には決してできないことなので 本当に凄いなあと思います 僕はもう 高校のころから じっと何もわからない授業を聞きながら黙って座っている ということが あまりにも苦痛で いい思いではほとんどない 人としてこの時代に生まれて 勉強が得意である ということは なんてうらやましいことだろう と思う 同時に 自分ができること 自分にしかできないことで勝負するしかないなあ と 改めて 行くべき道を示してくれているんだなと思います それにしても 今日は素晴らしいなと思いました おめでとうございます!

 先日 整形外科 に行ってきました すでに 左ひざは常に痛くて たまに 激痛がやってくるので まあ 行ってはみたのですが 案の定 たいしたことはありませんでした レントゲンを撮影して ヒアルロン注射をして その後 リハビリ・・・昼の2時に行って終わったのは夜8時・・・・効果はまったくなく 行きと同じように足をひきずって帰る 根本的な原因を知りたいし 対処的な治療方法も聞きたい 両方ともわからない・・・・いつも 医者 という人たちと相対して思うことは これは誰のものなのか? という基本的なこと これは この痛い左ひざは 僕のものであり 僕の問題なんですな そして だからこそ 専門家の意見を拝聴したいわけです 僕はそのスタンスで毎回臨むわけですが 一枚のレントゲンを互いに見ながら なんだか 遠い銀河の果てのような気持ちになります 病気を治すのは 僕です これは 僕の問題なのです 方法なりを教えて欲しいのです
 最初から 噛み合わない面接試験のような感じで 毎回 どこにも辿り着かない気持ちを抱えて 帰ります・・・ 歯の治療はすでに 1年あまり まだ 全部終わらない 右の上と下は終わったが 今は左の上にかかっている ここまで一年 この後 さらに左の歯茎を切り取る手術が待っている(これがまた痛いんだ)
50にして 体は崩壊の一途を辿っている ああ! 機械の体が欲しい・・・・

hyakusho at 17:48|PermalinkComments(0) 百姓ズCafe 

2017年11月10日

動画〜青首大根収穫編



hyakusho at 19:13|PermalinkComments(0) 『旬の有機野菜セット』 

船橋@山田農場見学!最先端クラウドファンディングの使い方 有機農家の勉強会

11月10山田農場見学
今日の写真 さて 昨日は午前中は船橋の友人の有機農家を見学 午後はこれまた有機農家の集まりの勉強会 と まる一日かけて ひたすら人様の有機農業というものを見学させていただいて 勉強する 熱く語り合う 時には殴りあう・・・(もとい手は出さない) 
午前中にお邪魔したところは 写真にあります 山田農場さん その昔
僕の農園に見学に来ていただいたのがご縁 いわゆる 変態(あ違う!打つキーがすべったので僕に責任はない) 個性の強い 尖った有機農家さんです 経営形態は なんと!半径10キロしか配達しない・・・という凄まじいこだわり そして クラウドファンディングを使っての資金調達そして 消費者との新たな繋がりを常に模索する 最先端の有機農業をされておられます 代表の山田さんはじめ スタッフの方みなさん 日頃から 僕のブログやユーチューブを熱心にご覧になっていただいているということもあって 僕のことはよくご存知でありがたい 
 畑は完全なる都市農業の場所で 農地の確保や維持には当然かなりの難しさがあるのですが それでも 1町5反あまり確保している そして 作っている野菜もこれまた素晴らしい 我々プロはお互いの畑を見れば それが一番答えは早い すべての答えはそこに詰まっている ふーむ・・・・とても勉強になります 
常に 畑でのイベントなどでの集客は満席 消費者との繋がり ということでは たぶん 日本でも最先端だと思うクラウドファンディングについていろいろと教えていただく あくまでも個人 というところで 有機農業を推し進めていく上では 今後 このクラウド〜は 資金調達と消費者との繋がりの2面で 一つの柱になりうるものだと感じる(百姓農園さんなら うまく使えると思います) と言ってもらえたけども 果たして・・・今後の課題です 山田農場様 お忙しい中 ありがとうございました! これで 場所など詳細わかりましたので 今後は農繁期を狙ってアポ無しで突撃する楽しみができました!

 午後は隣町を中心としたいつもの有機農家の勉強会 今回は 千葉の有機農家の若手としてはおそらく一番手SB農園さんのしきり (この秋は畑がぼろぼろなので是非みなさんのご意見を)などと 謙遜しておられたわけだけども いやいや ばかでかいハウス4棟を見せられ これでもかと 就農して10年でここまでの成功を納めた話を聴いて 冷や汗が止まらない・・・・いやはや 優秀である 人物がしっかりしているとここまでできるのだということですな 全く持って不愉快(もとい!いや素晴らしいの一言 そんな中30になったばかりでお子さん3人素敵な家庭 いやいやいや え!全部手に入れていいの?)
 今回 多くの新規就農者も来ていて もう 今の時代はいろどりみどり・・・・すでに 有機農業は新たな段階に入りました 個性とライフスタイルの時代ですな どんな形や形態で営農するのか いかに そこに人とは違うものを作り上げられるのか その 差異が 自分が生き残る方法になります 当然 数字的にはもう 天上知らず 最低でも 4桁はいかないと恥ずかしい時代ですな いやはや 隔世の感があります・・・・
その後 食事会があって 語らう 50を越えたおそらく最年長の僕は若い人のありあまる体力とやる気を才能を感じながら 動かない左足をさすって 今後のことを考えておりました・・・・この業界に入って早20年 もう 今の流れるスピードには全くついていけません 来年新たなことをまたやっていきますが 老体はひたすら若い人の背中についていくだけ 頑張らねば・・・(ラジオやユーチューブを見たことある と言ってくださった方がけっこういた これまた頑張って続けていかねば・・・)

 


hyakusho at 06:13|PermalinkComments(0) 新規就農