田中孝憲 実践凡人からのハイブリッド集中力、集中法、集中術 2ch口コミ

田中孝憲さんの実践凡人からのハイブリッド集中力、集中法、集中術には騙されるかと思いましたが、結果はというと、、、

ブログネタ
実践凡人からのハイブリッド集中力、集中法、集中術 田中孝憲 口コミ評判 に参加中!
st08

やらなきゃいけないことが山積みになっているのに、思うように仕事が進まず、もたもたしている間にさらに仕事が増えるような状態だったとしても、
仕事モードに入るまでの準備時間が短くなり、さらに長時間にわたって集中力を楽に維持できるようになる方法がこちら




あなたも、↓の悩みのせいで、人生の半分以上を損したような気分になっていたりしないでしょうか??

warkshop2


すぐ眠くなる。

ちょっとことでイライラしてしまう

ものをスムーズに覚えられたためしがない

机上の勉強、仕事、PC作業は落ち着かない。


集中力は私たちの生活の中のあらゆる場面に影響を及ぼしているもので、たとえば、スポーツの大事なシーンで、プレッシャーに負けずに本来の実力を発揮できるかどうかも、いかに集中力を整えられるか?が重要になります。


一般的に、皆に注目される上に騒がしい状態にいると、集中力をなかなか保つことができず、どうしても注意力が散漫になってしまうものですが、プロのスポーツ選手に限って言うと、普段から高い集中力を維持できるトレーニングをしているので、そういったことも可能になります。


同じ状況に私たちが置かれると、間違いなく集中がかき乱されてしない、思わぬ結果を自ら招いてしまうものですが、いつもの生活の中に必要な集中力を養うことは決して難しいことではなく、何のトレーニングも必要ありません。

st04


田中孝憲さんの実践凡人からのハイブリッド集中力、集中法、集中術は、集中力が発生するメカニズムを科学的に分析し、どうすれば集中力を高く引き出せるようになるのか?という具体的なノウハウも用意されています。


マニュアルを1度読めば「え、こんな簡単なことだったんだ。。。。!!」と、集中力を引き出す方法があまりにも手軽なことに、驚くと思いますが、それと同時に、今まで悩んできたのが、本当に意味のないことだったんだというのを実感することになります。

st02


例えば、何気なく本屋さんに入っていって、本棚をなんとなく眺めていくと、興味のある本をなぜかピンポイントで見つけることができたりしますが、これも実は、集中力が働いているからこそ、できてしまうことだったりします。


あなたも、趣味やゲームに没頭して「気が付いたら何時間も経っていた。」といった経験が何度もあるはずで、こういう時は間違いなく「集中」しているものの、集中しようと思って集中していたわけではありませんよね?


無意識のうちに集中できる状態に入り込んでしまっていた、というのが実際のところだと思いますが、これこそがスムーズに集中力を発揮するための流れで、田中孝憲さんの実践凡人からのハイブリッド集中力、集中法、集中術では、この流れを具体的に再現するためにはどうすればよいのか?というのが詳しく紹介されているというわけです。



最適な目標設定のやり方もわかる田中孝憲さんの実践凡人からのハイブリッド集中力、集中法、集中術でトレーニングすることなく集中力を磨いていくにはこちら

st07



SunnyFish
ボディスタイリスト

st06


集中力なんて、いきなり時間を忘れるほど高めようと思っても、そんなことはできるはずもなく、通常は徐々に意識を高めていって、最終的に潜在意識のレベルで集中力をコントロールできるようになっているのが、いわゆる脳波がアルファー波の状態となります。

※つまり、 脳波をアルファー波にすれば集中力が高まるのではなく、あくまでも集中力が高まった結果として脳波がアルファー波になるだけです。


勉強のできる人できない人、仕事の手際の良い人・悪い人を比べたときに、一つ決定的に違うのは、目の前の仕事を片付けるときの目標設定の立て方があります。


勉強ができる人・仕事ができる人というのは、大きな目標に挑む際にも、中目標みたいなものを立てて、まずは中目標に向かって突き進むようにしますし、さらに、中目標を小目標にまで落とし込んで、その日は何をしなければいけないのか?今は何を何時までに片づけなければいけないのか?

というところまで考えて仕事をしているものなんですが、仕事ができない人・勉強が思うように進まない人というのは、目標をここまで具体的に考えていないケースがほとんどです。

st01


田中孝憲さんの実践凡人からのハイブリッド集中力、集中法、集中術でも、目標設定に関してはとっても重要視していて、あなたにとって最高の目標設定を行うことが、集中力を高める秘訣という話しもしています。


人間の脳は面白いもので、どんなにやる気がなかったとしても、何でも良いからとにかく手を動かすようにしてみると、

そこからリズム感が生まれ始め、そのまま手がすらすらと動き始めたりするものですし、さらに、数分とかで終わらせられるくらいにまで、仕事や勉強のサイズを細分化しておくと、やる気を生み出す起爆剤として活用できるようになります(プチ集中力アップ)。


集中力を高めるなんて言うのは、決して抽象的な話ではなく、実はこうしたちょっとした工夫を順番通りに実践していくだけでよく、やり方さえ覚えてしまえば、年齢や性別に関係なく、誰がやっても同じだけのパフォーマンスを発揮できるようになります。


あなたが今まで、集中力不足で悩んできたのも、効果的なノウハウを知らなかったというだけだし、逆に言うと、今まであなたをさんざんバカにしてきた人たちも見返すのも、そんなに難しいことではありません。


集中する仕組みを理解し、必要なことを手順を追って準備していけば、↓のようになるのはもはや、当たり前になっていきますよ。

images (4)


集中力が心の底から湧きあがる

興味のないこともひたすら覚えていける

同じことを何度も聞き直すことがなくなる

■周囲の評価が一変する



やらなきゃいけないのはわかっているけれど、頭と体がつながらず、ずるずると時間を無駄に過ごしてしまうのは今日でおしまいにして、

こんがらがった糸がスルスルとほどけるように頭の中が冴えていき、面倒なことこそさっと短時間で済ませられるようになりませんか??


st10


田中孝憲さんの実践凡人からのハイブリッド集中力、集中法、集中術で、これ以上、あなたのポテンシャルを無駄にし続ける前に、集中したいときにスムーズに集中できるようになるにはこちら








http://www.berkmanfives.com/spanmodel/
http://dogfart-free-series.com/everydayenglishphrases/

↑このページのトップヘ