September 11, 2022

h.y.e.s.t.records〜アコーディオン弾き語りmatzoのブログへようこそ!

blog_top_new
※この記事は常にトップに置かれます

ハイエスト・レコードへようこそ。アコーディオン弾き語りのmatzoです。日々のあれこれ駄文散文を書き連ねながら、ライブ情報やリリース情報などもこちらでお知らせいたします。ごゆっくりどうぞ。

プロフィール
IMG_4866

matzo(マッツォ)
アコーディオン弾き語りと言う珍しいスタイルで活動しています。日本語オリジナル曲を中心に、懐メロからインストゥルメンタルまで、アコーディオンに合う風景を探しながら、色々な街にお邪魔しています。呼吸する楽器と共に親しみやすく情熱的なステージをお届けします。

matzo&コマッツォ
アコーディオン弾き語りのmatzoと6歳のドラマー・コマッツォによる親子デュオ。パパ作のオリジナルを中心に懐メロからインストゥルメンタルまでレパートリーを増やしています。初ステージから2年半、約60本のステージを重ねて来ました。親子ならではの息のあったアンサンブル、大人顔負けのドラムプレイどうぞご期待ください。

ライブ出演情報2021
3/21 「A COVER L-I-V-E-i-n-F-U-S-S-A 大滝詠一カバーライブ」by matzo&コマッツォ @福生市民会館大ホール(無観客・無料のYoutube配信ライブ)


リリース情報

matzoandcomatzo_welcometotheworld
●matzo&コマッツォの初アルバム「welcome to the world」2020.08.22リリース!好評発売中です。amazon等のネットショップでもご注文可能になっておりますのでぜひご利用ください。また、下記ショップ様のご厚意にて各店頭でも入手可能です。ネット注文より早く確実ですので、お近くの方はぜひご利用ください。
島村楽器日の出イオンモール店(日の出町)
島村楽器立川店(立川)
トンボ楽器製作所ショールーム(日暮里)
谷口楽器4階アコーディオンフロア(御茶ノ水)

photo_hyoushi_400x360_rgb

●フラメンコギタリスト木村直哲と作ったアルバムmatzo and kim「island our love」好評発売中です。amazon等のネット販売も行っておりますので是非ご利用ください。店頭で購入が可能なのは、東京日暮里
トンボ楽器製作所アコーディオン・ショールーム様、東京お茶の水・谷口楽器4Fアコーディオンフロア様です。お近くにいらした際はぜひお立ち寄りください。

お問い合わせは、hyest122★ヤフー.co.jpまで。
(★を@に、ヤフーをyahooに置き換えてくださいね)

hyest at 13:41|Permalinkclip!

March 01, 2021

3/21 ライブのごあんない「A COVER L-I-V-E-i-n-F-U-S-S-A 大滝詠一カバーライブ」by matzo&コマッツォ @福生市民会館大ホール(無観客・無料のYoutube配信ライブ)



3月になりました。年明けたばかりと思っていましたが、あっという間ですね。皆さまお変わりありませんでしょうか。

以前にもお知らせしておりました通り、半年をかけ取り組んで参りました大瀧詠一さん「A LONG VACATION」全曲カバーが大詰めを迎えております。

最悪、細々と自宅から配信ライブをすることも覚悟しておりましたが、急展開がありまして、いろいろとお付き合いさせていただいております福生市民会館の大ホールをお借りして、3/21当日に無観客・無料の配信ライブを行うことが決まりました。

スポンサーもなく、完全に持ち出しの企画となりますので、酔狂この上ないと我ながら痛感いたしますが、むしろこの時期でなければ大ホールを我々がワンマンでお借りすることは非現実的でありました。良くも悪くもコロナ禍ありきという試みとなります。ご快諾・ご協力いただきました福生市民会館館長様をはじめスタッフの皆さまに感謝申し上げます。

当日の配信リンクは記事トップのYoutubeリンクからお願いします。3/21 14時から配信スタートいたします。アーカイブが残りますので事後でも見ていただけます。視聴にはお金はかかりません。投げ銭などもございません。

繰り返しとなりますが、3/21は大瀧詠一さんの1981年作「A LONG VACATION」発売から40周年という記念すべき日です。画面越しになりますが、ぜひこの日に向けて半年間進めて参りました我々の取り組みの成果を、どうかお見届けください。アコーディオンとドラムという最小編成ながら、楽曲の空気感を大切に研究を重ねて参りました。どこまで行っても我々には手の届かない永遠の名作ではありますが、一歩でも1センチでもその世界に迫りたいという思いでございます。

尚、大瀧さんサイドとは一切関係のない地元ファンによる非営利の取り組みとして、何卒ご理解いただけますようお願いいたします。

以下はイベントフライヤーです。配ってもいいよ、店頭に置いてもいいよ、という方がいらっしゃいましたら、お声かけいただければお送りしますorお持ちしますのでどうぞよろしくお願いいたします。

フライヤー表
20210321_flyer_omote

フライヤー裏
20210321_flyer_ura

January 11, 2021

2020-2021



年越しですね。出来なかったことより出来たことを数えた方が良いって話には全く頷けるのです。僕などは苦労したとは間違っても言えない側でありますが、そんな自分でさえこの一年の変貌はあまりにショッキングでありました。音楽活動は未だステイホームのまま、折角のお誘いなど無礼にもお断りしてしまったこともあり、申し訳ない思いもあります。答えのない中では、それぞれに模索するしかなかったのではないかと自分の中では整理しています。

自分としては、これまで棚に上げていたものに取り組むための時間が急遽出来たという感覚でした。以前の勢いのまま年間60本とか70本とかのライブをこなしていたら今頃は良い感じになっていたかな?とか考えなくもないですが、今となってはタラレバ。以前の活動の感覚すら忘れ切るのに、充分過ぎる一年間でした。唯一の救いは1月時点で最後に生ライブをやれたことです。あと、まだ世間が自粛ムードに染まる前に、僕の予定していたステージは早々ほぼ全滅でした。おかげで早い段階で2020のプランを立てられたのかなと思っています。良いんだか悪いんだか・・

一番はコマッツォとのCDが作れたことですかね。ラジオ、新聞、雑誌などでもお披露目の場をいただきました。バズる事もなく細々としたものではありますが、ライブ活動もできない中ではもったいない程の体験でした。後半は9月以降大瀧詠一さんのA LONG VACATION発売40周年に向けた全曲カバーに着手出来まして、12/30の配信ライブではコマッツォ君と10曲中9曲まで何とか演奏をお見せできるところまで来れました。3ヶ月の成果!これも上出来と言わねばバチがあたりますね。

テレワーク活動としては、cobaさん率いるベローズラバーズの皆さんとのバーチャルセッション、ジャズイン府中さんのテーマソング「けやきストリートブルース」のリレー演奏、大ブレイクした星野源さんのうちで踊ろうなど、取り組み甲斐たっぷりの企画に参加させてもらいました。自宅からのライブ配信も何回かやりましたが、まだまだ良い感じでお届けできてるとは言えないのですが、それでも今ある貴重な活動の一つとしては今後も配信ライブは続けて行くのだろうなと思っています(要、設備投資)。

その他は・・牛乳パックでたくさん工作したこと、レコードプレーヤ買ってレコード生活スタートしたこと、弘田三枝子さんご逝去をきっかけにその歌声にハマったこと、自転車買ったこと、VICTORIA社製のアコーディオンを入手したことですかね。引き籠りを拗らせるには十分のアイテムが揃っています。運動はもうちょっとやらないとマズイ。せめて歩くだけでも。人と会わない、外に出ない、座りっぱなし・・老けるし太る。しまいには生ける屍になりそう。

あと、一旦間を置きましたが、コマッツォと次のアルバム制作、大瀧さんカバー活動の区切りとなる3/21以降に着手したいなと思ってます。ソロでの新曲も溜まっているので、水面下で宅録作品として並行しようと思っていますが、そこまでは手が回らないかな・・諸々のあれこれが落ち着くまでにやり切れない程のプランを立ててしまっていますが、ニュートンの言葉を借りればこの「創造的休暇」によってアウトプットやら外面よりも、インプットも含めた自らの再構築をきちんとやりたいという考えです。アコーディオン独奏のインスト曲もそろそろ何かやらないと。。

まずは今取り組んでいる大瀧詠一さんA LONG VACATION全曲カバーを、そのリリース40周年となる3/21当日、どこでどんな形で表現するかを考えねばなりません。大瀧詠一さんカバーと言うことでは、youtubeで1万人以上のチャンネル登録数のサミー小岩さんがすでに大規模な配信ライブを成功させていらっしゃるのですが、自分らの力量や知名度では中々難しく、地元ならではのローカルな絡みに基づく何某かの?試みを行いたいのですが、今のところ残念ながら孤軍奮闘と言うところです。

自分たちのオトシマエとしては、必ずその日には何かしらの形で全曲演奏を行いますので、演奏場所、関連コミュニティ、イベント、配信の方法など、どんな形でもお力添え下さる方がいらっしゃったらお声がけいただけると幸いです。新年早々他力本願&弱気のようですが、決してそうではありませんので、何卒。申し遅れましたが、新年もどうぞよろしくお願いいたします。皆様にとって良き年でありますよう!

【2020年の記録】
01/05 Orangey meets Orangey vol.18@渋谷スターラウンジ
02/09 サンエール相模原リハーサル
02/20 サンエール相模原中止の連絡
02/21 CD作りスタート、仮録音
02/23 ドラム録音用マイク購入
02/28 サンエール相模原ホールワンマン(中止)→配信ライブ第1回
03/01 東京マラソン祭り(中止)→配信ライブ第2回
03/18 新曲「news of the world」完成
04/01 新曲「puzzle」完成
04/10 新曲「in between」完成
04/13 うちで踊ろう(コマッツォのみ)
04/19 うちで踊ろう(僕、コマッツォ)
04/19 新曲「alone, not alone」完成
04/22 新曲「another day」完成
05/04 新曲「please don't cry」完成
05/19 配信ライブ第3回(オリジナル曲「if」ほか)
06/05 吠えろベローズby coba&ベローズラヴァーズ公開
06/06 ジャズイン府中「けやきストリートブルース」公開
06/07 とっておきの音楽祭オンライン(動画出演)
07/12 配信ライブ第4回(星野源「アイデア」、QUEEN「don't stop me now」ほか)
07/21 CDマスター&データ入稿完了
08/11 Orangey meets Orangey(動画コメントのみの出演・CD先行発売)
08/20 MUSIC MAGAZINE誌でCDご紹介いただく
08/22 アルバム「welcome to the world」リリース、配信ライブ第5回(CD収録曲)
09/03 西の風新聞でCDご紹介いただく
09/12 大瀧詠一さんA LONG VACATION全曲カバーに着手
09/21 A LONG VACATION全曲とりあえず耳コピ完了
09/24 radio234でCDご紹介いただく
10/03 レコードプレーヤ購入
10/05 エフエムいわぬまでCDご紹介いただく&電話出演
10/21 A LONG VACATION全曲カバーの予告動画アップ(matzoソロ)
10/26 A LONG VACATION全曲カバーの予告動画アップ(matzoソロ)※ロングバージョン
10/28 すみだジャズフェスティバルinすみだパークシアター倉(動画のみ)
11/02 A LONG VACATION全曲カバーの予告動画アップ(matzo&コマッツォ)
11/11 福生市マスコットキャラクターたっけーイメージソングPV公開(写真のみ)
11/23 配信ライブ第6回(大瀧さんカバー)
12/07 VICTORIA製アコーディオン入手
12/13 配信ライブ第7回(大瀧さんカバー)
12/19 JAPCオンライン忘年会(演奏あり)
12/27 配信ライブ第8回(星野源「crazy crazy」ほか)
12/30 配信ライブ第9回(大瀧さんカバー9曲!)

hyest at 09:16|PermalinkComments(0)clip!サムシング 

December 22, 2020

近況〜大瀧詠一さん「A LONG VACATION」祝40周年!!全曲カバー

118779124_2781387191960827_619446423489652566_n

8月にアルバム完成してあっという間に4か月経ちました。
ご助力いただいた方々、お手に取っていただいた方々、
本当に盛り上げていただき、その節はありがとうございました。

本当に2020年は散々ですね・・細々と生活を続けられておりますが、
大変な想いをされていらっしゃる方はきっと大勢いて、
それでもまだ出口の見えないトンネルのような・・
むしろ状況はより混沌を極めつつあるように思われます。

2月の初ホールワンマンライブがなくなり、それを皮切りに、
その他予定されていたイベントもどんどんと中止になりました。
配信ライブなどは折を見て取り組んできてはおりますが、
なかなかどうして、これまでの活動とは良くも悪くも程遠いもの。

相変わらずライブ活動はできておりませんが、いや、正確には違う・・
こんな状況下でも僕らにお声かけてくださった方々に対して、
今はまだ「YES」とお答えしていない状況なのであります。
この選択が果たして正しいのかどうかは僕らにもわかりません。

117906657_2740040016095545_3955493538984424039_o

ただ、今は今しかできないことがきっとある。そうハラを括り、
2月の時点でもう当面は配信と制作に励むしかないだろうと。
もちろんこの状況下でも、極力今まで通りのステージ活動を続けて
いらっしゃる方々へ、自分とは違う立場とか考え方だとかではなく、
単純に選択の違いだけであると思っています。ただ、こんな自分たちが、
どう見られているかは正直わかりません・・

ニュートンがペスト禍で万有引力を発見した「創造的休暇」の1年半、
ホントかウソかはさておき、今の我々にはポジティブに響く話です。
ちょっとハードルは高すぎる感もありますが、一度あれもこれも
ストップしなければ打ち込めないことがあるのは確かなこと。

今後やりたかったこととしてコマッツォとのアルバム制作、
まずは1枚完成させることができた。これでさえ諦めていたこと・・
ライブ活動を止めなければ落ち着いて取り組めないなと思ってました。
この1枚が完成した時点で、少なくともこのコロナ禍にあと2枚は
作りたいという欲求が湧いています。コマッツォとの2枚目、
matzoソロとしてコロナ禍で作りためた新曲のみで1枚。

需要云々は別な話なので、とにかくじっくり作るという時間を
もてることが今はすべてですね。売り歩くにもライブ活動ありきですし、
ダウンロード販売とか、通販とかまだまだ頑張る余地もありますが、
ここは内面に向く期間になってもいいだろうと。世界レベルですからね・・

IMG_0212

前置きが長くなりましたが、アルバム制作の合間にやりたかったこと、
2014年に東京のはずれ、福生というところに拠点を移したご縁です。
オリジナル曲しかやらないと豪語していた僕ですが、2015年ころに
かつての米軍ハウスで生演奏のコンサートをやらせていただく機会があり。
この時に何かご当地ゆかりのものに取り組みたいと考えまして。
それで大瀧詠一さんの「君は天然色」を初カバーしたのでした(写真)。

家族が増えたこともあり、これまでのようなライブハウス中心の
演奏活動はもう無理かな、皆で動ける範囲で、一緒に楽しめる形で、
自分の音楽活動を続けられないかな、という方向性の転換もありました。
徐々に公共スペースや街中イベントという、音楽好き達の前というより、
散歩に来ている方々の足を止め、一緒に楽しむいう趣向に変わってゆき。

懐メロやアコーディオンに合うインスト曲なども取り入れはじめましたが、
やはり大瀧詠一さんの曲、福生から来ました!っていう自己紹介にぴったり。
実際に大瀧さんがお住まいでしたのはお隣の瑞穂町というところですが、
CDの盤面には「FUSSA TOKYO」の刻印があり、福生をうたった歌もあり、
地元の偉人をちゃんと広める役目を果たしたいと思うようになりました。

アルバムの広報活動も落ち着いた9月半ばころにふと気が付きまして・・
この「君は天然色」を収録しているアルバム「A LONG VACATION」が
ちょうど半年後にリリースから40周年を迎えるという事を知りました。
制作活動だけでは手が届かない世界が広がる予感がパーッと広がってゆき。
何をどうするかはさておき、このアルバムの全10曲をモノにしたい!
おこがましくもそういう思いが沸き上がりました。

122064485_2163908990406126_6673574456729363059_n

そこからは耳コピと聞き込みの日々・・ふんわりとした印象から始まり、
噛めば噛むほど味がするとはこのこと。日本の音楽史に輝く一枚であると
言われるのが良くわかりました。飽きないんです。古くないんです。
ついヤフオクでLPを入手したところから一気にバックトゥザフューチャー!
レコードプレーヤを買い、気が付けば前後の作品を聞き漁る日々です。

遡ればまるで同一人物と思えないほどのキャラ七変化にタジタジしつつ、
だんだんそれが病みつきになるマニア達の気持ちそのものではないかと。
副産物的にレコード盤の音のすばらしさに触れることもできまして。
昨今CDよりレコードが売れているとのことで中古市場も熱いですが、
こんな時だからこそのある意味お祭りと思って楽しませてもらっています。

アルバム「A LONG VACATION」40周年については、僕などが騒がずとも、
しっかりとニュースにもなってましたし、記念ボックスのようなものも
出ますし、むしろ大瀧詠一さんの作品(=ナイアガラの作品)はこうやって、
10年周期でしかも各アルバム毎にお祭りになっていたことを知りました。
つまり2,3年おきに何かの何周年が来るわけで・・これは大瀧詠一さんが
2013年の暮れに逝去された後も続いていたことでした。

大瀧詠一さんのカバーに取り組んでらっしゃる方も結構大勢いらして、
皆さんそれぞれに素晴らしいんですよね・・ただその中でも強く記憶に残る方は、
コロンビア時代⇒いちかたいとしまささん、ソニー移籍後⇒サミー小岩さん、
圧倒的にこちらのお二方でした。何度か公式のカバーアルバムも出ていますが、
今の時代の醍醐味はやはりYoutubeやSNSでダイレクトに触れられること。

130864408_3062350520531158_319894134817049655_n

自分と同じように「A LONG VACATION」の全曲カバーをやってらっしゃる方、
トリビュートバンドを組んで活動されてらっしゃる方、皆さん思い思いに熱く、
生き生きと追及されてらっしゃる姿が印象的です。そんな中で自分にしか
出来ないことは何かなあと考えたときにやはり、地元在住という地の利でした。
3か月考えてまだ答えは出ません、とにかく何かここでしたいというだけ。

そのためにもまず曲に触れよう、作品に触れよう、人物に触れようという、
そんな僕の姿を見てコマッツォ君もドラムで参加してくれることになり、
コマッツォ君の師匠であるドラム教室の先生も一緒になって、全曲カバーに
取り組んでいただいている状況です。そしてさすが練りに練られた楽曲群、
どの楽器一つ切り口としてみても面白くって。「普通」がないんですよね。

狙いとして定めているのは2021年の3月21日です。9月21日に着手して、
今日が12月21日。ちょうど3か月か・・僕一人では折れてしまいそうな思い、
むしろ一緒に走ってくれるコマッツォや家族のためにも自分たちなりでいいので、
何かきっと面白い形でこの取り組みを形にできないかと模索しています。
今や世界に向けて手軽にアウトプットする手段は誰にでもありますけども、
だからこそ難しい、誰もが主役のせめぎ合いの渦中にいる感じですね。

残りの3か月は具体的に、自分たちでできること・できないことを整理して、
高望みこそせずとも、開く扉は開けていこうという考えで行きたいです。
人の力を借りることやきちんとコストを掛けることも時には必要と思います。
ライブ配信の環境もスマホ一つでやってきましたが見直してもいいかな・・





カバーの落としどころとして、原曲の空気をそのまま伝えたいという思いがあり、
自分らしさや個性をどうだそうかという考えは、この段階ではまだなし
似るか似ないかということではなく、大瀧さんの場合は歌唱法も作品の一つと
思っていますので、節回しや譜割りは崩さない方針で(ただし超ムズイ)。
ここまでは守破離の「守」で来ましたので、どこで「破」「離」するのか?

まあ、時間かかると思います。3月21日がゴールというよりスタートかな・・
近々の予定としては、12/27コマッツォ誕生日と12/30のご命日に何か
ライブ配信を試みようというところです(Facebook・Youtubeどちらか)。
奇しくもコマッツォが生まれた日は、大瀧さんが亡くなられる3日前なんですね・・
ものすごく近くにいた可能性もあり、何とも言えないご縁を感じます。

前出のサミー小岩さんが12/30 15:00より配信ライブをされるそうですので、
気になられる方は是非チェックしてみてください(うちが配信するとしたら、
時間はずらすようにします・・自分もぜひ見たいので)。取りとめもないですが、
所信表明的なものとして綴ってみました。今我々が何に取り組んでいるか、
少しでも伝わりましたら幸いです。

わたくしのYoutubeチャンネルです(matzorix)
https://www.youtube.com/channel/UC2kYqhp85HzgKw6yIKqVSew?view_as=subscriber
※今更ですがチャンネル登録ぜひよろしくお願いします!

matzo&コマッツォ「welcome to the world」アマゾン販売ページ
https://amzn.to/3eS16IH
※送料無料ですのでまだゲットされてない方はぜひ!税込み1100円6曲入り。

いちかたいとしまささんのYoutubeチャンネルです
https://www.youtube.com/user/nebokenamako

Sammy KoiwaさんのYoutubeチャンネルです
https://www.youtube.com/channel/UC5xXk4wImppbDcQcqduw_uQ
※12/30 15:00より配信ライブが予定されています

October 05, 2020

エフエムいわぬま(宮城県)電話生出演しました!

20201005_fm_iwanuma_remote1

(Facebookより転載)
エフエムいわぬま「イブニングスマイルon Monday」生放送お聞き下さった方々ありがとうございました!電話でのリモート出演とは言え、緊張感は十分でして、ある意味やり直しのきかないライブみたいなもの・・パーソナリティのFeather真理ちゃん、話の筋道だてて見事にストーリーにしてくださり、流石ですね。我々のアルバム「welcome to the world」の紹介から、コマッツォがなぜドラムを始めたのか、なぜ家族総出でものづくりをしているのか、コロナ禍での音楽活動について、今後の展開、2枚目のアルバム、大瀧詠一さんロングバケーション全曲カバー挑戦中・・などなど。限られた時間の中たくさんスポットを当ててもらいました。

しかし場慣れしていないと、余計な間を多く取ってしまったり、同じことを繰り返して言ってしまったり、もっとこういうことを言えばよかったなあとか、反省はつきませんね。とにかく自分の狙いとその場の空気って全然別で、文字だけだとこんな話にはならないだろうってことがふとあったり、本当に思いがけません。一切楽器も持たず喋りのみでしたが、ライブ感がとてもありました。コマッツォは話振られても割と照れ気味?であんまりヘラヘラしてなかったんで、どうしたんだろうと思いましたが、最後に一言「ラジオに出れて、うれしかった」とごくシンプルに締めてくれました。

自分語りになっていないかとか、こんな話は果たして誰かの役に立つんだろうか、とか考えてしまいますが「休むに似たり」ですね、、とにかく自分たちが表現したいものがあって、それがこんなに面白いんだってありありと伝えることしかないのかも知れません。このような場をいただきエフエムいわぬまの皆様、Featherのお二人には本当に感謝です!とてもとても刺激的でした。

20201005_fm_iwanuma_remote2
20201005_fm_iwanuma_remote3

エフエムいわぬまホームページ
http://fm779.com/

イブニングスマイル
JR岩沼駅サテライトスタジオから生放送!毎週月〜木 17:00〜18:00
仙南、県南地域で様々な活動を展開している方々をパーソナリティに迎えて、個性あふれるプログラムでお送りしています。

月曜日担当 Feather(フェザー)
柴田町在住の夫婦デュオ。
ギターのタカとボーカルのマリが奏でる音楽は、70年代〜80年代の洋楽ポップスが中心。オールディーズや映画音楽もカバーする。県内のレストラン、ホテル、イベント等でも演奏活動を行っている。2009年の定禅寺ストリートジャズフェスティバルではフィナーレ演奏者にも抜擢される。

フェザーホームページ
http://feather.jp.net/



October 04, 2020

10/5エフエムいわぬま・ラジオ出演のお知らせ

20201005_fm_iwanuma_logo

(Facebookより転載)
10/5月曜午後5時から故郷宮城県のFMいわぬま生放送「イブニングスマイル オン マンデー」に
matzo&コマッツォ親子でお邪魔して、アルバム「welcome to the world」のことなどお話させていただくことになりました。友人の夫婦デュオFeatherが毎週やられてる番組で昨年4月に一度お邪魔させていただき。このご時世、故郷への里帰りもままならぬ状況もあり、電話での「リモート出演」となります。

お近くの方はFM77.9MHzから、遠方の方は「放送は、インターネット下記FMいわぬまのHPより聴けます。赤いボタン(NOW ON AIR)をクリックしてください。」とのことで簡単にどなたでも聴くことが出来ます!

20201005_fm_iwanuma_nowonair


エフエムいわぬまホームページ
http://fm779.com/

イブニングスマイル
JR岩沼駅サテライトスタジオから生放送!毎週月〜木 17:00〜18:00
仙南、県南地域で様々な活動を展開している方々をパーソナリティに迎えて、個性あふれるプログラムでお送りしています。

月曜日担当 Feather(フェザー)
柴田町在住の夫婦デュオ。
ギターのタカとボーカルのマリが奏でる音楽は、70年代〜80年代の洋楽ポップスが中心。オールディーズや映画音楽もカバーする。県内のレストラン、ホテル、イベント等でも演奏活動を行っている。2009年の定禅寺ストリートジャズフェスティバルではフィナーレ演奏者にも抜擢される。

20201005_fm_iwanuma_feather_profile

フェザーホームページ
http://feather.jp.net/

写真は昨年4月にサテライトスタジオお邪魔した際のもの。どうぞ、お楽しみに!
20201005_fm_iwanuma_feather

September 23, 2020

radio234「GO!GO!生福生(なまふっさ)」でご紹介いただきました!



(Facebookより転載)
地元福生のyoutube内ラジオ局チャンネル、radio234「GO!GO!生福生(なまふっさ)」で僕らのアルバム「welcome to the world」取り上げていただきました〜20:50頃からあんな話こんな話楽しくご紹介いただいてます。アーカイブでも見れますので是非。1曲まるまるvoyagerを流していただいてます。

お二人のトークもとっても楽しいですね。飲んだ時の話はシラフですとドキッとしますね笑。DJ HIROKICKさんとtimiri toshiさん、ありがとうございます!!コマッツォに熱いラブコールいただき突然のことに本人「えっ・・」と驚いてました笑。次回はスタジオにもお邪魔させてください〜

GO!GO!生福生は毎週水曜15:00から。いつも地元福生を盛り上げてくださりありがとうございます。

お取り扱い店舗紹介・お茶の水谷口楽器さま

20200923_taniguchigakki_1
20200923_taniguchigakki_2

(Facebookより転載)
アルバムお取り扱い店舗のご紹介です。御茶ノ水の谷口楽器さん4階アコーディオンフロアにて「welcome to the world」販売中です。お近くの方是非ご利用ください。谷口楽器さんはアコーディオンだけでなくハーモニカ、左利きギターなど多数取り揃えてお待ちしています。個人的には中古アコーディオンの品揃えが豊富なので、いつもチェックしてます。密かな楽しみ?目が離せませんね。アコーディオンやり始めの頃からちょいちょいとお邪魔させてもらってます。何時間も試奏させてもらったり、何時間も試奏させてもらったり、何時間も試奏させてもらったりと・・見ているだけでもとても楽しいお店ですので、是非遊びに行って見てくださいね。いつもありがとうございます!

レフティギター/ベース、アコーディオン、ハーモニカ専門店
株式会社谷口楽器
東京都千代田区神田駿河台1丁目8タニグチビル3F・4F
Tel. 03-3291-2711 Fax. 03-3291-5188

谷口楽器さんホームページ
https://shop.taniguchi-gakki.jp/

アマゾンでも在庫あり〼。こちらも是非ご利用ください。
https://amzn.to/3eS16IH

September 20, 2020

お取り扱い店舗ご紹介・島村楽器立川店さま

20200920_shimamuragakki_tachikawa

(Facebookより転載)
アマチュア風情の我々には大変ありがたい存在・・島村楽器立川店さんの店頭に新作「welcome to the world」を置かせてもらってます。お近くの方は是非こちらでゲットいただければ。試聴も可能です。
む、お隣はKTINさんでは!?世の中狭いですね〜

立川店 店舗情報-島村楽器
https://www.shimamura.co.jp/shop/tachikawa/

〒190-0012
東京都立川市曙町2丁目7-17
丸井・井上共同ビル(イイノ立川)7F

アマゾンでも在庫ありますのでお届け早いかと思います。こちらも是非ご利用ください。
https://amzn.to/3eS16IH

『福生発!ハイエスト・レコードかわら版チャンネル』(妄想)

20200920_hyestrecords_youtube_channel

(Facebookより転載)
『福生発!ハイエスト・レコードかわら版チャンネル』
(妄想)

ゆるい感じで近日youtubeチャンネル開設してみようと思います。趣旨としては溜まりに溜まったソロやバンドやコンピレーションで作ってきた音源作品の紹介からスタートしたいなと。ゆくゆくは仲間や友人達の音楽発表の場所にもなるような?テーマに即した書き下ろし作品を募って紹介するとか?イカ天的じゃないけど勝ち抜き企画みたいなものとか?今遊び場を失ったミュージシャンにとっての一つのメディアになれたらなあという野心も少々。

編集の手間や見栄えには時間を割けないでしょうし、リアルタイム一発撮り直しなし、とか音声のみ配信とか、からの低空飛行で良いかもしれない。続いていくことが肝心で一回一回はせいぜい10分以内でなんとか週一とか?隔週とか?ゲストと対談なんてすごくやりたくて、今であればzoomとかなんでしょうがぶっちゃけ電話出演でよいのでは。そういう意味では沢山お声かけしたい方々がいますね〜

先日みぃさんのBEAT FACTORY RADIOでオンエアいただいた時に何か目覚めるものがあったんですよね、、youtuberは昨今人気ですが、特殊技能もなく得意な生い立ちもなく芸能人でも有名人でもなければ自分など勝算ないよなあと思っていましたが、自分発信のメディアを持つと考えると色々しっくり。別にウン万フォロワーのいる彼らに追いつこうとする必要もないんですよね。非営利で個人範囲で全然いいはず。そこで集まった音源作品や人気のあったものなどを再編してリリースなど出来たらいいですね。

素敵な仲間達とコラボするにも演奏活動ならばきちっとギャラをお支払いできないとかえって失礼だよなあと思いつつ、ご紹介とか対談とかであればもっと気楽に絡めるんじゃないか?という思いもあります。またまた風呂敷広げて自爆しそうですが、久し振りの友人と長電話する中でそういうのあれば良いよねって。同世代やもっと上の世代は二つ返事で?若手は最近おつきあいなく難しいかもですが、一周回って知人友人の子供たちがそろそろ活躍世代なので、そこを取り上げていくのも良いなあって。

過去に同級生の永澤学人と毎月出していたカセットテープの番組「平成アングラ通信」、その永澤学人の声掛けでnoblynne、フカダイタクらと共同プロデュースして10年続いた年刊チャリティコンピレーションCD企画「we are ALL ONE」とか、その辺は間違いなく土台になっていますが、皆と意見を揃えているとスピード感ないなって気もする。絡んで欲しくなった時にはゲストとしてお願いしたって良いんではと。

何よりそんな規模では今やれないとしても何かしら自分らの遊び場=メディアをもっていたいんですよね。。思いつきを忘れないうちにダダーッと書き留めてみました。