2007年02月11日

座々飛ぶ!

広島演劇協会情報誌THE・座々23を発行
印刷中
THE・座々23
 10日(土)、昨年10月発行の22に続いてTHE・座々23を発行しました。広島市まちづくり市民交流プラザ作業室のリソグラフ(原紙を製版して印刷する機械)を使って印刷します。印刷枚数は4000枚。両面印刷なので8000枚分です。夕方からの助っ人を頼みにしながら、昼下がりに1人で作業を始めました。表刷りはわりあいに順調でしたが、印刷するとインクの湿気が紙にまとわりつき、裏刷りには注意が必要になってきます。用紙を揃えようとしてもくっつき合ってなかなか揃いません。印刷を進めるうちに微妙に位置がずれてきて、右端の文字が切れそうになりました。1度にたくさんの枚数を入れたり、速いスピードで刷ろうとしたりすると「紙詰まり」の原因になるので、少しずつ慎重に印刷していきました。写真左は印刷中のリソグラフ。刷れた座々が機械から飛び出してきたところが写っています。

 23の内容、まずは昨年のひろしま演劇祭2006「ハムレット」の報告。演劇協会運営委員長・外輪親憲さんの“総括”とアンケートによるキャストの感想。
 座々に載せられた写真のほか、舞台写真を撮り続けている広瀬龍人さんの記事は「広島演劇写真展」。昨秋、南区民文化センターミニギャラリーで開かれたパネル張りの演劇写真展について報告されています。<広瀬さんの記事の全文と写真はブログ「ひろしば」に掲載されています。>
 各種レポートは、山口県柳井市で開かれたポップシアターЯ(ヤー)のワークショップ報告を濱原佳子さん(「ハムレット」ギルデンスターン役)から。観劇レポートは〆鯒11月22日の「シラノ・ド・ベルジュラック」を私と山口誓さん(「声の劇場」出演者)から、11月29日の「鶴八鶴次郎」を島田美稲子さんと横島康範さん(ともに「声の劇場」出演者)から、12月21〜22日の「シレンシオ」を鏑木碧さんから、ずG1月17日の南河内万座一座「百物語」を杉浦啓子さん(「声の劇場」出演者)とテアトル広島制作部の畠中明子さんから、と複眼的に載せてみました。協会員だけでなく、いろいろな方に書いていただけたことはよかったと思います。
 東から西から劇団の情報をお知らせする「東西東西(とざいとーざい)」は呉に出来た劇団・演劇ユニット90発。制作進行中の現場からのコーナーは「ブルーストッキングの女たち」。演劇以外の舞台からご案内する「舞台あれも・これも」は「花のくびかざりコンサート」。
 またSPAC演出家、巨匠・鈴木忠志氏に突撃インタビューを試みた岩崎きえさんの記事「小劇場へのこだわり」は読み応えのある報告。新しく設けた連載コーナーは老舗テアトル広島の演出家・五十嵐美佐子さんの「振り返るのはまだ早い!」。

 じつに充実した誌面にはなりました。しかし、思ったより原稿の分量が多かったため、せっかく寄せられた写真などを載せるスペースがなく、「字」の詰まった誌面になってしまいました。まだまだ掲載内容をあんばいすることが出来なくて、執筆者にも読者にも申し訳ない限りです。表紙(写真右)を初めとして掲載された写真(撮影・広瀬龍人さん)もインクが濃くて本来の美しさが出せていないのは残念です。
 「ハムレット」の関連記事は今号で終ったので、次号からは少し余裕が出来るでしょう。この調子で行けば、記事が集まらなくて「穴」だらけという誌面にはならなくてすみそうです。

 夕方から助っ人を迎えて続けた作業は夜8時過ぎまでかかりました。次は配布や挟み込みの作業が待っています。

Posted by hyo_gensya2005 at 00:03│Comments(2)TrackBack(1)演劇 | 文芸

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/hyo_gensya2005/50712067
この記事へのトラックバック
「THE・座々」No.23に広島演劇写真展についての 記事を書かせていただきました。
■広島演劇写真展(「THE・座々」掲載分)【ひろしば(広島演劇ひろば)】at 2007年02月12日 00:53
この記事へのコメント
おつかれさまです。
トラックバックとコメントありがとうございました!
「ひろしば」からもトラックバックさせてもらいますね。

印刷に立ち会えず、折る作業しか手伝えなくてすみませんでした。
インクをあまり使わない面を先に刷ったほうがいいかもしれませんね。

いつか近い将来、印刷屋さんでの印刷にしたいですね〜。
予算とのからみもあるかとは思いますが…。
Posted by トム(snail-house) at 2007年02月12日 00:51
トムさん、トラックバックとコメントありがとうございました。トムさんこそお疲れさまでした!挟み込みもしていただけてラッキーでした。
なるほど、印刷の順序などにもテクニックが必要ですね。
またいろいろ教えてください。
せっかくの写真をきれいに載せたいし、人の目を惹いて手にとって貰えるようなものにしたいですよね。
これから考えていきましょう!
Posted by ひょうげん舎まるち at 2007年02月12日 17:33