兵頭写真館R

脳が壊れて死にかけてるオッサンの妄想や独り言

近況

秘密作戦やら何やらの絡みで、現在、城内は無茶苦茶な状況になっております。

DSCN6891
DSCN6892
DSCN6893
DSCN6894
DSCN6895
DSCN6896
DSCN6897
DSCN6898

でも、こういう混沌とした状況も好きです。 

害虫駆除

今、安倍さんがベトナムで行った記者会見を視聴していて、暗澹たる気分になりました。 

ベトナム人の記者は、礼儀正しく、まともで有意義な質問をしていたのに対し、朝日の記者は、憲法改正論議について質問してたんですよ! 

それ、今、あそこで聞くことじゃねぇだろうが! 

もし、本気で日本の国益と世界の発展・平和を希求し、実現しようと考えていたら、あの場でそんなこと聞くわけがありません。日本とベトナム、東南アジア諸国が協力して、世界のために何が出来るか補完し、追求する質問をしてこそ、ジャーナリズムの真骨頂発揮でしょう。程度が低過ぎて、話にならないです。 

朝日新聞は、私利私欲しか頭にないってことです。きれいごと書いてますが、あんなのは全部嘘です。もう本当に潰れて欲しいです。 

朝日が破廉恥なのは仕方ないにしても、何で我々まで、恥をかかせられないといけないのか... バカを野放しにして来たのは、我々日本人自身ですからね。害虫は、地道に個別に殲滅しないといけないってことです。

通院日

しかし、寒いな。 

少し前から、車のエンジンかけると最初の数分、異音が鳴るのが気になってましたが、気付かないうちにエアコンのスイッチが入っていたことが原因であることに今日気付きました。 

暖房の効きが微妙だと思ってましたが... ううううう。 

今日は通院日でした。採血を待っていると見慣れない番号が表示されました。我々とは、桁が一つ違うんです。何と、表れたのは、病院の看護婦さんでした。白衣を着た看護婦が採血されるのを見るのは初めてです。しかも、独協医大の看護婦さんは、ナースキャップをしているので、萌え度数がさらに上がります。隣りに座っていたオジイさんも、その光景に興奮してました。 

採血の人は、試験管の多さに驚いてましたが「毎月この量です。いつもと同じですから気にしないで下さい」と言ったら、さらに驚いてました。この4ヶ月ほど、採血の人が当り続きで、痛みが少なくて助かってます。

診察の待合で、隣りに座っていたオジサンは、担当の医者が同じでした。それもあって病気談義で盛り上がったのですが、元の主治医も同じで、米国留学したことで今の医者に回されたのも同じでした。で、「T先生は当りが良かったよね。でも、今のあの先生はよく分からないんだよな。困っちゃうよ」と漏らされたので、全面的に同意しました。本当に、そうなんですよ。T先生が、来年戻って来るのを心待ちにしている人はたくさんいます。 

しかし、今日は混雑が酷かったからか、年寄りのワガママが目に余りましたね。認知力が低下すると自制心も弱まるようです。年は取りたくないです。

冬将軍

今季、最強の将軍様の威力は凄いですね。今までが暖かっただけですけど。 
(しかし、こんなこと書くと、東北・北海道の人に怒られますね) 

朝5時に起きたら、城内の温度は2度でした。 

布団から出るのがきついし、台所で朝飯作るのが苦痛この上なかったです。 

以前はこんなことがなかったのですが... 

ほぼ毎朝、クソ猫が、夜明け前に起こしに来ていたので、否が応にも早起きが当たり前でしたし、今ほど寒さがきつくもありませんでした。確実に生命力が弱ってます。 

注:猫時計は、若い頃は、ほぼ100パーセントの確率で作動していたのですが、年を取るにつれ、気まぐれになり、その不安定さが原因で遅刻しそうになったこともありました。 

仕事が早く終わったので、13時過ぎに戻れました。その時点で、城内の温度は3度です。しかも、陽当たりが良くて暖かい夏の間が3度ですから、北側の冬の間なんて、1度がいいところでしょう。これには驚きました。 

注:我が城の2階は南から夏の間、秋の間、春の間、冬の間と直列しています。それぞれの部屋の壁は、季節に合わせて夏=緑、秋=薄黄、春=桜色、冬=白になっています。 

仕事の後、地道な改修作業を進めていたのですが、上手くいったこともあれば、上手くいかなったこともあります。人生は二進一退です。

オナ禁40年

少し前から5時夢が苦手になり、半年ほど視聴してなかったんですけど、昨日の夕方は妙に暇で、たまたま見たら、とんでもない神回でした。 

カタワ者の乙武洋匡が出演していたのですけど... 

ミ「夢精はしたことあります?」 
乙「10代の頃はよくしました」 
ミ「夢精王ですよね」 
乙「比較対象が無いので王かどうかは分かりません」 

この時点で凄かったのですが 

「オナ禁(オナニー禁止)10日目です」という視聴者の投稿に対し 

乙「自分は40年ずっとオナ禁です」 

重過ぎます。手が無いからオナニーすら不可能なのです。奥さんが子育てで忙しくて、下の世話もしてくれなかったら、他の誰かにお願いするしかないのですよ。 

さらに、極め付けは以下の発言です。 

乙「自分が出演していること自体が不祥事です」 

ほとぼり冷めたら、是非とも議員になって、国会をかき回して下さい。 クズ連中の薄っぺらい言葉を粉砕して下さい。


意外にも、欠損萌えの異性とは交際したことがないのだとか。これについては、にわかに信じ難いです。あれだけ頭が切れて、有名で、手も足も無かったら、その筋の変質女子がいくらでも寄ってくるでしょう。当人が自覚してないだけだと思います。 

しかし、これもオッサンの発想かもしれません。あれだけ困ってる感が高いと、母性本能のくすぐり具合だけでモテモテでしょうし、欠損萌えという概念自体、オス特有なのかもしれません。

第二正月休み

6連休の成果を公表させて頂きます。

DSCN6889
ついに三八式小銃入手です。

DSCN6888
木製の模造銃ですけど。
戦前・戦中、軍事教練・訓練時に使用されていた偽物の本物です。今後、被写体がサイズアップするので、小銃もそれに比例させる必要があったのです。 入手した段階では、痛みが酷かったので、清掃、補修、再塗装して修復しました。銃身は、性質の違う塗料を交互に吹き、バーナーであぶって金属感を出しました。ぱっと見は、実銃にしか見えないはずです。

DSCN6887
木製の模造品ですが、三八式の刻印と菊の紋章は入ってます。
撮影用の小道具ですから、発射出来る必要は無いですし、エアーガン・モデルガンは重い上、高額です。 散々迷って、本物の模造銃を買いました。当時の材料、技術が使われているし、積み重ねている時間が実銃と同じなので、違う意味で重みがあります。 

DSCN6890
軽いので、グリップ+指関節ボディなら持たせられます。スリングを付けて、銃床を修復したら、作業終了です。これの修復だけで3日掛かってます。本当は、短い騎兵銃の模造銃が欲しかったのですが、これまでの経験から、おそらく存在しないと思われます。

DSCN6883
水筒のハーネスを直しました。
以前は、後期型の丸い水筒のレプリカで済ませてましたが、従軍看護婦は、この前期型のとっくり型が定番です(靖国神社に行く度に、閣下に指摘されてました)。看護婦は飯ごうも小振りでしたから、大型化された丸い後期型が普及した後も、小振りなとっくり型が常用されていたのかもしれません。人形と一緒に水筒も盗まれた時点で、次はとっくり型だと心に決めてました。

現在、とっくり型のレプリカは、なかなかありません。皮製のハーネスが付いたレプリカが結構な値段で売られているのは見たことありますが、総皮製は違うよなという疑念もあり、ボロボロの本物を安く買い、修復して、中田製の後期型のハーネスを改造して組み合わせたのです(80年前の実物のハーネスは劣化が酷く、素材感が違い過ぎ、レプリカの衣装と全く馴染みません)。 解体して、小さくして、縫い合わせるのは結構な手間でした。それぞれに一日かかってます。栓止めるヒモは、皮が正解ですが、それはまた余裕が出来たら工作します。

DSCN6885
天蓋ベッドを撤去しました。
秘密作戦実行のためと、次の一般公開に向けた下準備です。

DSCN6886
これまで撮れなかった写真が撮れますし、人形部屋の大掃除も出来ます。

DSCN6884
ソ連海軍の水兵帽も入手しました。
ソ連軍装備も少しずつ拡充しています。 デッドストック品ですが、サイズ大きめだった上、型くずれしていたので、糸で縫って補正しました。 

さくらちゃんのセーラー服

DSCN6879
激しくキュンキュンです。朝、昼、夕と、もう4回も見てしまいました。
こういうスカーフの結び方があったんでしょうか。関西には特有の文化がありますから、未知の領域があったのかもしれません。この制服が猛烈に欲しいです。

DSCN6880
DSCN6881
エキストラの娘さん達は、いわゆる現代の標準服を着せられてます(出身中学の制服そのままです)。スカーフの装着法で若干個性が表現されていますが、当時の名門校の受験会場は、もっと多種多様なセーラー服があったはずです。要は予算の都合ってことですね。

物語的には母親が忙しくて、寂しい思いをしているさくらが、不良化するのを更正させる展開のようですが、自分的には理解不能ですね。この年頃なんて、親との関わりをいかに無くして、自由を謳歌することしか考えていませんでした。衣食住が足りて、進路も進学も自由なんて幸福の極みです。不満を感じる理由すら思いつきません。

あらゆる自由を奪い、人生を破滅に導く障害が父親でしたので、真っ先に消去しましたが、あれは極めて正しい判断でした。
 
正直申して、若い頃は、脳内に「寂しい」という概念すらありませんでした。一人でいることに何の苦痛も感じませんでしたからね。しかし、40歳過ぎて、クソ猫が死んでからは 寂しさが身に染みるようになりました。年を取り、病気を患い、気付かないうちに、弱っていたようです。

終わる平成

平成もあと2年ですか。何だか寂しくなってしまいますけど、次の元号が気になりますよね。大保、明和、慶靖、正化、永明...  いろいろ浮かびますね。正化は、平成になるときの候補の一つだったそうです。個人的には、明和が一番推しです。もしかして、下々の民が、具体的に次の元号のことを思い浮かべられる猶予があるのって、初めてのことじゃないですか。そう考えると、我々は歴史的瞬間にいるのですね。

しかし、今の日本で、誰が元号を決めるんですかね。安岡正篤のようなフィクサーがいるわけじゃありません。安倍さんの後ろには、とんでもない占い師か何かがいると読んでますが、その筋でしょうか。 


先日、仕事初めと書きましたが、その日限りの話で、今週は日曜から6連休です(一件大きな仕事が飛んでしまいました。もっとも元旦からあの部屋の不用品回収してましたけど)。

ビルメン業界は1、2月は谷間ですから仕方ないです。今度の週末から、低調平常モードになります。 
そんな状況なので、年の初めの暇なうちに地味な下準備をやってます。 
注:年始以外は、8、10月が谷です。 

昨日は、水筒のハーネスの直しをしようとしたら、馬力が足りずにミシンが玉砕し、いろいろあったのですが、手縫いで懸案を解決し、模造銃の修復も進みました。 しかし、ミシン使用前提の作業は、いきなり頓挫し困り果ててます。買うか、もらうかするしかないですね。 

夜、7〜8年程前に録画した番組を再生しましたが、大震災以後、この国が激変したことを改めて痛感しました。 


小春日和

朝から縫い仕事をしてました。衣装類や軍装品を整備するためです。しかし、ミシンが壊れてしまいました。もし、ミシンが余っている人がいたら譲って下さい。連絡先は以下の通りです。
hey@mbc.nifty.com 

DSCN6877
冷墨さんに頂いた年賀状が、ウンコ漏らしそうになるくらい素晴らしかったので額に入れました。

DSCN6862
我が城から徒歩数分の場所です。

DSCN6864
20坪くらいでしょうか。

DSCN6863
2000〜3000万円の住宅ローン組んで家建てるなら、金利分くらいで土地が買えちゃうんです。ちなみに葛飾区の端まで、徒歩15分くらいです。23区のすぐ外側にも関わらず、八潮の地価は地方都市より安いです。 


久しぶりに金町に行って来ました。

DSCN6870
久しぶりに金町小町を見に行ったら、劣化が大幅に進んでいました。

DSCN6872
やはり、引き取った方がいいんでしょうか。

DSCN6868
足もえらいことになってます。もう何年も放置されたままです。


DSCN6873
ここで模型用塗料を買うのが目的だったのですが、残念ながら休みでした。
都心に行ったついでにヨドバシ辺りで買った方が安いのですけど、敢えてここで買います。商店街の模型屋を生かすには、それくらいしかやれることが無いからです。


DSCN6874
ジグソーパズル専門店
もう10年以上経過観察していますが、潰れませんね。不思議です。

DSCN6876
DSCN6875
不動産収入とかあるんでしょうか。 

正月

DSCN6857
足立区の下水処理場恒例のイルミネーション

DSCN6858
即物的で大好きなのですが、この数年はイマイチでした。しかし、 今年は素晴らしいです。

DSCN6859
ダンプの傍らに猫がいますが、今日、入り口の警備員のすぐ隣に猫が座ってました。ちゃんと謂れがある可能性大です。

DSCN6861
とにかく即物的なのです。


DSCN6835
アリオの恐竜
公共放送も恐竜の番組を放映してましたが、正月と言えば恐竜なんでしょうか?


DSCN6851
大谷田のリヤカー墓場

DSCN6852
自転車や洗濯機もありますが、大半はリヤカーです。

DSCN6853
ますますスラム化が進んで来ました。

DSCN6854
DSCN6855
はしごが謎過ぎです。
 

ストロボ革命

撮影しようとして気力が高まらず、オルフェンズで気合い入れようと思ったら、ジャニーズが出演しているクソ番組流されて腐ってる最中です。

ニッシン レシーバー AirR 
http://www.nissin-japan.com/airr.html 

近いうちに買いますよ。 

電波で遠くに飛ばせて、しかも前世紀の遺物の古いストロボが蘇るんです。シンクロも付いてますから、これ一つ買えば、同時に有線で光らせることも出来ます(ニコン純正のシステムでは、無線と有線の併用が出来ないのです)。 

障害物の向こう側で無線発光させたかった場合や、日中での使用で、赤外線は難有りまくりでしたが、そのストレスから解放されるのです。 かゆいところに手が届くとは、正にこのことです。

純正の専用コマンダーを使うと、赤外線の到達距離が倍になるんですけど、大きくて重過ぎるんです。横で撮る時はいいですけど、縦に撮る時は安定性が悪くて、実用にならないんですよ。そのため、内臓スピードライトをコマンダーにすることになるのですが、便利な反面、パワーが足りないのです。

ハルナ部隊

変な話だと思われるでしょうが、気が付いたら出来てました。

DSCN6850
トリプルハルナのハルナ部隊です。

DSCN6847
初代ハルナ
12年前、最初に購入したソフビ娘

DSCN6848
2代目ハルナ
7年程前にシリコン娘にバージョンアップ

DSCN6849
3人目のハルナ
訳あって、ちょうど1年前に流れて来たソフビ娘 

実は4人目もいますが、状態が悪いので和装マネキンに乗っけてます。製造時期(によってメイクが異なる)、素材、経年劣化により、同じモデルでも表情が全く異なります。今は、3人目のソフビ娘が一番好みですね。残念ながら、初代は、経年劣化で内部のウレタンが膨張し、大分ギョロ目になっています。一旦、眼球を抜き出し、ウレタンを削って入れ直せば何とかなると思われるのですが、おっかないのでやれません。

昨秋、たまたま大人サイズの白衣を頂き、気付けばハルナ部隊が出来ていました(いろいろな人が、いろいろなモノをくれるのです)。不思議ですよね。スミレ部隊が玉砕し、今まで余り活躍していなかった娘に出番が回るようになりました。この路線で何か話が展開出来ないか検討中です。

何度も書いているようにハルナの名前は、ジイ様が乗っていた戦艦から拝借してますが、おそらく昭和20年の始め頃、ジイ様は呉にいたはずです。そう考えると「この世界の片隅で」とうちの娘共も世界の片隅で繋がっていることになりますね。
 

正月休み

今日が仕事初めでした。 

正月休みの流れを記しておきます。 

30日 城内大掃除 
31日 城内大掃除 
1日 初詣で 早朝より幼児プレイルームの引き払い 
2日 一般参賀・靖国神社 
3日 幼児プレイルームから回収した不用品の検証・選別・解体・清掃 
4日 回収した金属・家電・PCの処分場持ち込み。荒川遊園・東京タワー 
5日 年賀状作成、「この世界の片隅に」観賞
6日 ほとんど何もせず休養 

正月休みの約半分は、あそこのために使いました。タダ働きどころか、一部買取り品があるので持ち出しです。元旦は、八潮から現場まで2往復でしたし、3日は、朝8時から16時まで休まず働いてました。普段の労働と全く変わりありません。 

プリンターの具合が悪くなり、20数枚の年賀状を出力するのに半日かかりました。購入4年目にしてついに修理出しです。 

「この世界の片隅に」は、戦中の日常を淡々と描いているだけなのに、凄まじい映画でした。見終わった後、完全に言葉を失いました。絵柄が余り好みでなくて、今まで腰が上がりませんでしたが、見ておいて本当に良かったです。 

商業主義に毒された現在のアニメ産業と「火垂るの墓」に代表される戦後史観の歪みを真っ向否定する傑作でした。本当に作りたかったモノを作る本気さ、取材の厚み、時代考証の精密さに打ちのめされました。 

主役の声優が、あまちゃんののんでしたが、これが見事としか言いようがありませんでした。彼女が元所属先ともめて、業界から干されて、宣伝の足を引っ張ることが分かったいたのに(映画のことを扱った公共放送が、のんのことには一切触れてませんでした)、敢えて起用した事実が、制作側の本気さを証明しています。 

クラウドファンディングで制作資金を集めたからこそ、貫けたんでしょうね。金の力は、大きいです。

墓石

愛読者の方に紹介して頂いたサイトです。

中之院・軍人墓地(愛知県知多郡南知多町)

2年程前に、ヤフオクに同じような兵隊さんの石像が出品されていました(但し、時代は日清・日露戦争です)。入札するかどうか最後まで迷いましたが、入れませんでした。詳しい説明はありませんでしたが、亡くなった兵隊さんの墓石ってことは一目瞭然です。さすがにおっかないですし、お前が買ってどうするんだという疑念が払拭出来なかったからです。

結局、誰も入札しませんでしたが、あの石像はどうなったんでしょうか。捨てられるくらいなら入手しておいた方が、まだ良かったかもしれません。

この石像群が進駐軍に破壊されそうになり、お坊さんが命を張って説得したって話は、熱いですよね。GHQの急進派は、靖国神社も焼こうとしたのですが、さすがにGHQの中にも良識がある人がいて、取り急ぎバチカンに伺いを立てたら「信仰心を踏みにじるようなことはしてはいけない」と諌められ、バカ共も思い止まったそうです。

止めに入った人は、信仰心云々ではなく、そんなことをしたら日本人が怒り狂って、占領政策が上手くいかなくなることを危惧したのだと思いますけど、急進派に直接文句を言うのではなく(言っても聞かなかった可能性大ですが)、バチカンを経由させたことに、ただならぬ知性を感じます。

東京タワー

1月4日の日記の後篇です。荒川遊園の後、慣れない道を走り、東京タワーに行きました。都心の道はおっかないので、なるべく走らないようにしてますが、正月でがらがらだったので楽勝でした。

DSCN6816
何年か振りに真下まで来ました。 
城下町からスカイツリーが見えますが、全然、美しくないです。ひょろ長くて不細工な上、照明も下品で大嫌いです。どこのバカがあんなモノ作ったんでしょうか。

DSCN6817
大いに鉄分補給です。
東京タワーは、体育館みたいなところに巨大な図面を引き、大きなコンパスや巻き尺、計算尺を使って構造計算が行われています(人間の手作業で構造計算出来る限界が東京タワーです)。 だから、各鉄骨の働きを視覚を通じて直感的に感じ取ることが出来るのです。

DSCN6821
DSCN6822
東京タワーのこういうノリが大好きです。
蝋人形館や屋上の遊園地が消えて、大分薄くなってしまいましたけどね。 

DSCN6825
大展望室2階
スカイツリーに対抗して様々な演出が凝らされているのが、自分的には残念でしたが、1階の方は、ほぼ以前のままなので、好みに応じて選択出来ます(この辺は、さすがによく分かってるなと感心しました)。

DSCN6828
DSCN6829
来るべき2019年まで、後2年!
東京の夜景も我が自宅も、既にほぼブレードランナー化を達成しています。 帰りは、敢えて首都高で戻りました。がらがらの首都高を走ると、気分はポリススピナーです。 東京タワーから自宅まで40分ほど。ちょうど映画のサントラ盤を再生しているうちに戻れました。


DSCN6841
東京タワー土産
東京タワーの密かな魅力は、怪しい土産物です。 

DSCN6843
キーホルダー兼栓抜き
そもそも栓抜きって発想が昭和なんですよ。今や、瓶ビールくらいしか残ってないです。

DSCN6844
裏は、皇居、都庁、富士山です。この辺のセンスが素晴らしいです。

DSCN6845
一番シビれたのはこれでした。
東京タワー+国会+温度計兼筆立て。わざわざ「東京」って書いてあるのがクールです。 昭和30年代感が濃厚過ぎます(でも、東京タワーは地デジ対応後の造形になっています)。家で包装紙に包まれた箱を開けたら、ホコリまみれで驚きました。全然、売れてないんでしょうね。だから今、買う意味があるのです。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード