本日、放送倫理検証委員会に以下の公開質問状を送付しました。


放送倫理検証委員会御中               平成29年1月18日


昨春、フジテレビの放送犯罪について記した報告書(フジテレビNONFIX「ボクが恋したラブドール」強要・ヤラセ・誘導・捏造・隠ぺいの実態)をBPO宛てに提出させて頂きましたが、未だ審理すら開始されておりません。


強い疑念を感じ、昨年末、放送倫理検証委員会委員長を務める川端和治様に報告書と質問状を直接送付させて頂きましたが、残念ながら期限内に回答は頂けませんでした。念のため、改めて事務局宛に報告書の追記分と質問状を送付させて頂きます。


これほどまでに悪質な放送倫理規定違反が行われ、詳細な証拠を示しているにも関わらず、放送倫理検証委員会で審理すら始められないのは、フジテレビ・NONFIXと密接な関わりがある是枝裕和委員長代行の恣意的判断に拠って黙殺されているためではないかと推察しております(別途資料添付)。


大変お手数ですが、何故、審理が始められないのか。こちらが推察したような不適切な経過があったのか。仮に是枝裕和によって、悪質なもみ消しが行われていたとすれば、放送倫理検証委員会としてどのような判断を下されるのか。以上、三点について、お答え頂きたいと考えております。


そもそもTBSが、坂本弁護士一家皆殺し事件を誘発しながら、長年に渡りその事実を隠ぺいし続けた結果、オウム真理教は凶悪事件を繰り返し、多くの人が死に、甚大な被害と苦痛を被った反省からBPOが設立されたはずです。仮に、フジテレビ・LADAKによる放送犯罪・隠ぺい工作を告発した報告書をBPO自身が隠ぺいしているとすれば、自らの存在理由を否定するも同然の行為であり、社会通念上、断じて許されることではありません。


BPOが、放送事業者に対して自浄を求めるのであれば、BPO自身が、自浄能力を発揮する必要があり、先の問いに対し、答える義務があると考えます。なお、この質問状は、以下のサイトで公開させて頂いております。


兵頭写真館R

http://blog.livedoor.jp/hyodo_shasin/


誠に勝手ながら、平成29年2月20日までに回答をお願い致します。もし、回答を頂けなかった場合、報告書の記載を放送倫理検証委員会は、全面的に是認したと解釈させて頂きます。また、異議を唱える場合は、具体的な根拠をお示し下さい。


兵頭 喜貴

 

是枝裕和とフジテレビ・NONFIXとの密接な関わりについては、以下のサイトを参照して下さい。

https://pff.jp/25th/tokyo/daily/report717_2.html
 

言わば一蓮托生の関係です。NONFIXによって、今の是枝裕和は形成され、是枝裕和によってNONFIXという番組も形成されたのです。BPOが、告発したヤラセ・捏造を扱えば、番組の打ち切りは避けられないでしょう。それを阻んでいるのは、是枝裕和しか考えられないです。



参考過去記事

フジテレビ NONFIX「ボクが恋したラブドール」強要・ヤラセ・誘導・捏造・隠ぺいの実態 

フジテレビジョン代表取締役社長 亀山千広に告ぐ 

拝啓 村上正成さま 

フジテレビからの回答-犯罪企業証明書 

是枝裕和に告ぐ 

http://blog.livedoor.jp/hyodo_shasin/archives/50778244.html