次の八潮秘宝館の一般公開は、10月の予定です。幼児プレイルームを再現し、実演もやります。最初は、お客さんの前で、幼児プレイを実際にやるつもりでした。しかし、我が城の物理的状況から考えて、動員出来る人数に限りがあるので、事前に実演を録画し、上映しようと考えています。 

幼児プレイの介助、動画・スチール撮影の要員を動員し、それぞれのスタッフが自在に動ける環境を確保すると、観覧者は5〜8人がせいぜいでしょう。だったら動画上映の方が、より公平な機会を確保出来て、公益性が高まるという判断です。 

あと、我が自宅秘宝館の特性から考えて、城主が幼児プレイの実演をしながら、接客対応するのは不可能なんですよね。これは文明の利器の力を頼るのが吉です。 


以下に今後の予定を記しておきます。 

今月末の30日にトークショーをやり、その前後に万歳の人の搬出作業があります。トークショーは、ある意味、嫁の実家に弓引く行為なのかもしれませんが、山下裕二の暴虐を止めるためにはやらねばなりません。 

東大出た大学教授が何様ですか。山下裕二なんて、自分じゃ何も面白いことが出来ない詐欺野郎に過ぎません。低能の独りよがりのためにメーカーが無くなったら、我々が困るんですよ。だから、全力で潰します。お前みたいな下等生物は、現代アートの文脈でサギボーグと仲良くやってろって話です。 

すの人の家・店の移転はかなり大変なことになりそうです。その合間にいろいろ請け負ってる仕事や取材対応をしなければならないので、スケジュール調整が大変です。 

6月24日の夕刻以後に岩手でイベント実施の予定です。イベント名は「陸軍北上病院」です。詳細は現在詰めている最中ですが、日程だけは、ほぼ確定です。これはこれで、かなり凄いイベントになりそうです。 

正直申して、岩手の僻地でイベントなんてやっても誰も来ないだろうと舐めていたら、信じ難い数の来客があり、激しく後悔したので、今年は本気でやります。岩手のカブキ者3組程にやってもらった後、自分が2時間ほどトークして、その後は飲み会の予定です。酒蔵の飲み会ですから、おそらく美味い酒がたらふく飲めるでしょう。 

去年、岩手の才能の豊かさと厚みにぶったまげましたが、今回はいろいろと段取りを組むので、より相乗効果が高まると思われます。 

夏に怪サロでイベントやることになってますが、まだ詳細不明です。ソ連娘軍団を出開帳するつもりですが、気が変わるかもしれません。 

8月は、甥が再度上京してくる予定です。次回は、高めのハードルを設定していますが、無事に越えられるでしょうかね。ハードルを越えた褒美はしっかり用意しておきます。欲しいモノがあれば、それに見合う努力をして、成長しろってことです。タダではやりません。男ですから、少しくらい危ない目にあった方が能力は格段に発達します。そのためには、カワイイ子に旅をさせなければなりません。