日刊・兵頭喜貴

八潮秘宝館館主・兵頭喜貴公式ブログ

タグ:勝本渉

公共放送でクソ話を作ってるのがどういう奴らかは存じませんが、フジテレビに巣くってる汚らしい害虫共については調べが付いているので、改めて公表させて頂きます。より詳しい経過を知りたい方は以下の記事を参照して下さい。>フジテレビ NONFIX「ボクが恋したラブドール」 ...

犯罪企業フジテレビが、また、ちょっかいを出して来ましたよ。バカにつける薬って無いんですね。お前らなんて相手にするわけないだろうが。何回書けば分かるんですかね。不愉快だから関わって来るなよ。このゴミクズ。ああ、お前らが基本的な日本語すら理解出来ないことを忘 ...

少し加筆しました。>清水冨美加が著書出版「全部、言っちゃうね。」http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1780022.html さすがは幸福の科学。例に拠って仕事が速いです。「速過ぎる」「金儲けが目的か」と一部の方々や芸能村が騒いでますが、幸福の科学が、信じ ...

今日は玩具棚の掃除をしてました。全部やるのに4時間掛かりましたよ。美少女フィギュア、綾波、飛行機、戦車、艦艇、宇宙戦艦、ミニカー…これを除塵するのは大変です。よほど暇で気力が余ってないと出来ません。艦艇ゾーンは、引っ越して以来だと記憶してます。3年分のホコ ...

本日、放送倫理検証委員会に以下の公開質問状を送付しました。 放送倫理検証委員会御中               平成29年1月18日 昨春、フジテレビの放送犯罪について記した報告書(フジテレビNONFIX「ボクが恋したラブドール」強要・ヤラセ・誘導・捏造・隠ぺいの実態 ...

本日、放送倫理検証委員会委員長 川端和治氏へ公開質問状を送付しました。以下にその内容を転載させて頂きます。 放送倫理検証委員会委員長 川端和治様 お忙しいところ失礼致します。 2016年春、同封した報告書を放送倫理検証委員会に提出させて頂きました(項目9〜11は提 ...

本日再提出した報告書の追記分を転載しておきます。フジテレビ NONFIX「ボクが恋したラブドール」強要・ヤラセ・誘導・捏造・隠ぺいの実態 http://blog.livedoor.jp/hyodo_shasin/archives/50769077.html 以前、当ブログに掲載した記事を再構成していますが、こちらの方が ...

心配して下さる方がいるのはありがたいし、心底感謝しています。世辞ではなく本音です。  しかし、先頭にいる者は、これまでたくさんの人に託された思いに応える義務があるのです。命と引き換えにしてもです。  是枝裕和が「空気人形」でやったことは、我々に対するヘイ ...

>フジテレビジョン代表取締役社長 亀山千広に告ぐ http://blog.livedoor.jp/hyodo_shasin/archives/50776032.html 先の通告書に対して、9月末にフジテレビから届いた回答を載せるのを忘れてました。結果から申して、何の反論にもなっていません。それどろころか、勝本、熊 ...

気が変わりました。あの悪質極まりないヤラセ・捏造・隠ぺい番組の放映一周年を記念し、9月9日付けで、犯罪企業・フジテレビの亀山千広宛てに送付した通告書を転載します。何で気が変わったかと言うと、ちょうど回答期限が今月末日で、一般公開の前夜祭イベント当日なのです ...

以下は、昨日、あのヤラセ・捏造・隠ぺい番組のプロデューサーに送ったメールです。  村上正成さま  先日、そちらの社長宛に通告書を送付させて頂きました。  >フジテレビジョン代表取締役社長 亀山千広に告ぐ  http://blog.livedoor.jp/hyodo_shasin/archives/5077 ...

はっきり言っておく。お前のような人を騙して金儲けをしようとする下等種に生きる価値は無い。死ね!早く死ね!一刻も早く消滅しろ!それが世のため、人のためだ。ヤラセ・捏造・隠ぺいの常習犯・勝本渉(LADAK)  勝本や熊田のような下等種を雇い、ゴミクズ捏造番組を放映 ...

先日BPOと総務省に提出した報告書をブログ用に手直しして掲載させて頂きます。 フジテレビは、無法者の下請け製作会社LADAKを使って悪質なヤラセ・捏造番組を制作・放映したばかりでなく、悪事が発覚することを怖れ、隠ぺい工作まで行いました。公共の電波を預かり、報道機 ...

所詮はテレビ番組です。 世間様が分かり易いように作られてましたね。実際に撮った尺は、放映分の100倍はあったはずですから、1パーセント以下の抽出でしか構成されていません。 あの件は、起点じゃないと何度も説明しておいたんですけどね。裏切られないから人形って感覚 ...

↑このページのトップヘ