新日本婦人の会☆兵庫県本部のブログ

こんにちは!
国連認証NGO団体・新日本婦人の会・兵庫県本部です!

戦争法(安保関連法)の廃止、南スーダン自衛隊撤退を求め、立憲主義と憲法9条を守るよう求める署名にとりくんでいます。
熊本地震など被災地救援募金活動や原発ゼロも発信しています。子ども医療費無料化、学費無償化、自校方式の中学校給食実現など幅広く女性の願い実現に取り組んでいます☆
あなたもぜひご一緒に平和とくらしを守る仲間に!

兵庫県下の新婦人のサークルやイベントをご紹介します。
今回は県本部のアクションです。

3/23
、県本部3名(子育て世代1名)が、

姫路市の認定こども園「わんずまざー保育園」に関わる問題を受け、
「いてもたってもいられない!」と県当局に申し入れました。

県本部は、「今回の事件は子どもの命に直結する重要な問題です。
全国一認定こども園が多い兵庫県としては二度とこのような事件が起こらないように、解明に全力をあげること、また公的な保育所を望む声にこたえて公的保育所をつくってください」と申し入れ、懇談しました。

申し入れ文は以下のとおりです。

 

兵庫県知事・井戸敏三様

兵庫県健康福祉部こども局長様

2017322日 

新日本婦人の会兵庫県本部

会長 岸本友代

 

「わんずまざー保育園」のような事件が再発しないよう、

県の責任で、安心安全の公的保育所を増やしてください

 

 日頃は、子どもたちの健やかな成長、子育て支援にご尽力くださり、ありがとうございます。私たち新日本婦人の会は、創立以来55年間、子どもたちの幸せ、平和とくらしの向上をめざし、全国で活動している国連NGO認証団体です。

 

 さて、このたび、姫路市の認定こども園「わんずまざー保育園」について大きく報道されています。問題の内容は、園が「自治体に隠し直接契約で定員大幅超過の園児を受け入れ」、「40人分の給食を68人の園児に提供」、「職員数を水増し給付金を不正受給」など、劣悪な環境での保育を行っていたというもので、私たちは非常に驚きと悲しみをもっています。

「認定こども園」は、06年から制度化し、都道府県が条例を設け認可・設置する施設であり、県の認可責任は大変重いと考えます。とくに認可外保育所を認める「地方裁量型」は県の認定基準によって決まります。兵庫県は「ひょうご子ども子育て未来プラン」で認定こども園を推進し、全国で2番目に認定こども園数が多くなっており、他の園でも同様の問題があるのではないかと心配です。

兵庫県は待機児が発表分だけでも1000人以上と言われており、保育所ニーズは年々高まっています。保護者が安心して預けられ、子どもが健やかに成長できる公的保育所づくりが緊急に求められています。県下の子どもたちが等しく健全な保育環境で過ごせるように、以下、申し入れいたします。

 

 

1、県として、このような保育園を認定した責任を明らかにし、認定の経過や認定後の運営実態、監査の状況について検証を行い、見直しと改善を早急に行ってください。

 

1、県の責任で、待機児童数を正確に把握し、安心安全の最低基準が守られた公的保育所を増やしてください。

 

 

IMG_2536


こんにちは!
国連認証NGO団体・新日本婦人の会・兵庫県本部です!

戦争法(安保関連法)の廃止、南スーダン自衛隊撤退を求め、立憲主義と憲法9条を守るよう求める署名にとりくんでいます。
熊本地震など被災地救援募金活動や原発ゼロも発信しています。子ども医療費無料化、学費無償化、自校方式の中学校給食実現など幅広く女性の願い実現に取り組んでいます☆
あなたもぜひご一緒に平和とくらしを守る仲間に!

兵庫県下の新婦人のサークルやイベントをご紹介します。
今回は原発ゼロアクション⭐︎



3・11東日本大震災から6年。
原発ゼロ、被災者支援打ち切りやめて、と県下各地で新婦人がアクション。

県本部と中央支部は11人で、元町で署名行動。

寒い中、たくさんの方が立ち止まって
「うちも長田で被災したから‥‥風化させたらあかんよね」「原発、なくせるならなくしてほしい、こわいもん」と署名してくれました。
高校生の集団から、2人が戻ってきて、
「おおーい、大事やぞ、署名しろよ〜!!」と呼びかけてくれました♡

あなたもぜひ新婦人へ!
IMG_2345
イベント、サークルへの参加・お問い合わせはこちらまで
(ご連絡いたしますので、メールの場合、ご住所、お名前、電話番号をお書き添えください)

新日本婦人の会兵庫県本部 
〒650-0022 神戸市中央区元町通6-5-15
◆電話 078-361-4451
(つながらない場合は090-6066‐4684 までどうぞ)
◆FAX 078-361-4558
◆メール shinfujin-hyogoken-honbu@brown.plala.or.jp

新婦人に入会される場合、入会金100円、月会費900円(新聞代含む)+サークル運営費が必要です☆
「新婦人しんぶん」のみの購読も可能です(月400円)。







こんにちは!
国連認証NGO団体・新日本婦人の会・兵庫県本部です!

戦争法(安保関連法)の廃止、南スーダン自衛隊撤退を求め、立憲主義と憲法9条を守るよう求める署名にとりくんでいます。
熊本地震など被災地救援募金活動や原発ゼロも発信しています。子ども医療費無料化、学費無償化、自校方式の中学校給食実現など幅広く女性の願い実現に取り組んでいます☆
あなたもぜひご一緒に平和とくらしを守る仲間に!

兵庫県下の新婦人のサークルやイベントをご紹介します。
今回は 国際女性デーの報告です★

107年目の国際女性デーは、
沖縄県知事のパートナー、翁長樹子さんを招いて行われました!

翁長さんは「沖縄は米軍基地で潤っていると思われていることがつらい。
実際は一部の基地が返還されたところで雇用と税収が増えています。
米軍機の墜落は46回。女性への事件は数えきれないし、
今も不発弾が見つかる。1995年の少女暴行事件のとき、
絶対にあきらめないと思った。私たちはひとつになりましょう!」
と語られました。
会場は熱い思いであふれ、連帯しようとひとつになりました。IMG_2320

運動交流では、
垂水支部が、舞子小学校の自衛隊参加の防災訓練を中止させたこと、
JAL争議団が解雇撤回闘争について、学生が奨学金問題の深刻な実態について発言しました。


IMG_2324

こんにちは!
国連認証NGO団体・新日本婦人の会・兵庫県本部です!

戦争法(安保関連法)の廃止、南スーダン自衛隊撤退を求め、立憲主義と憲法9条を守るよう求める署名にとりくんでいます。
熊本地震など被災地救援募金活動や原発ゼロも発信しています。子ども医療費無料化、学費無償化、自校方式の中学校給食実現など幅広く女性の願い実現に取り組んでいます☆
あなたもぜひご一緒に平和とくらしを守る仲間に!

兵庫県下の新婦人のサークルやイベントをご紹介します。
今回は県本部のアクションです♪

2017年3月8日は107年目の国際女性デー。
呼応して、3月3日、おひなまつりパレードに取り組みました。
憲法県政の会・代表幹事の津川知久さんも「子どもたちが大切にされる兵庫県政に転換しよう」とあいさつ。

県下各地から思いを込めたタペストリーをもちより、
花を手に、
「共謀罪やめて!」
「だれのこどももころさせない!」
「国有地の大幅値下げありえない!」
「アベ友学園ありえない!」
「保育所入れないと働けない!」
「原発なくそう!」

と明るく力強くコール★★
赤ちゃん連れのママも参加♪

道行く人々が拍手を送ってくれました(^_-)-☆
IMG_2149IMG_2067

こんにちは!
国連認証NGO団体・新日本婦人の会・兵庫県本部です!

戦争法(安保関連法)の廃止、南スーダン自衛隊撤退を求め、立憲主義と憲法9条を守るよう求める署名にとりくんでいます。
熊本地震など被災地救援募金活動や原発ゼロも発信しています。子ども医療費無料化、学費無償化、自校方式の中学校給食実現など幅広く女性の願い実現に取り組んでいます☆
あなたもぜひご一緒に平和とくらしを守る仲間に!

兵庫県下の新婦人のサークルやイベントをご紹介します。
今回は38国際女性デーのご案内です♪
飛び入り参加大歓迎!
保育あります!お子さん連れも大歓迎♥♥
お気軽にどうぞ♪♪

2017 3・8国際女性デー兵庫県集会

今から107年前の3月8日、女性の権利向上を!女性に参政権を!と世界中で女性が連帯しよう!と
呼びかけられた日です。
今年の兵庫県集会は、
沖縄県知事のパートナーの
翁長樹子さんです!

〝オール沖縄・辺野古・高江
なぜ私たちはたたかうのか”
女性の視点からみた沖縄のたたかい

です!

ぜひご参加ください

とき : 18:30~20:40(18時開場)

ところ : 神戸市勤労会館7F大ホール

資料代 : 1,000円

運動交流、ミニバザー、保育あり


IMG_1781
参加・お問い合わせはこちらまで (ご連絡いたしますので、メールの場合、ご住所、お名前、電話番号をお書き添えください) 新日本婦人の会兵庫県本部  〒650-0022 神戸市中央区元町通6-5-15 ◆電話 078-361-4451 (つながらない場合は090-6066‐4684 までどうぞ) ◆FAX 078-361-4558 ◆メール shinfujin-hyogoken-honbu@brown.plala.or.jp 新婦人に入会される場合、入会金100円、月会費900円(新聞代含む)+サークル運営費が必要です☆ 「新婦人しんぶん」のみの購読も可能です(月400円)。

こんにちは!
国連認証NGO団体・新日本婦人の会・兵庫県本部です!

戦争法(安保関連法)の廃止、南スーダン自衛隊撤退を求め、立憲主義と憲法9条を守るよう求める署名にとりくんでいます。
熊本地震など被災地救援募金活動や原発ゼロも発信しています。子ども医療費無料化、学費無償化、自校方式の中学校給食実現など幅広く女性の願い実現に取り組んでいます☆
あなたもぜひご一緒に平和とくらしを守る仲間に!

兵庫県下の新婦人のサークルやイベントをご紹介します。
今回は春の女性パレードのお誘いです✿♥
お気軽にどうぞ♪♪

 3・3おひなまつり・春の女性パレード 

「子育てにお金がかかりすぎる!」
「働きたいけど保育所に入れない!」
「介護保険料、高すぎる!」
女性たちは切実な願いでいっぱいです。
女性の貧困、男女平等ジェンダー指数も世界111位と後退。安倍政権の「女性の活躍」なんてほど遠い!
女性の地位向上を!
憲法守ろう!
とみんなで歩きましょう

とき : 3月3日(金)11時~、三宮花時計前に集合
元町に向かってパレードします!IMG_1951


参加・お問い合わせはこちらまで
(ご連絡いたしますので、メールの場合、ご住所、お名前、電話番号をお書き添えください)

新日本婦人の会兵庫県本部 
〒650-0022 神戸市中央区元町通6-5-15
◆電話 078-361-4451
(つながらない場合は090-6066‐4684 までどうぞ)
◆FAX 078-361-4558
◆メール  shinfujin-hyogoken-honbu@brown.plala.or.jp

新婦人に入会される場合、入会金100円、月会費900円(新聞代含む)+サークル運営費が必要です☆
「新婦人しんぶん」のみの購読も可能です(月400円)。






こんにちは!
国連認証NGO団体・新日本婦人の会・兵庫県本部です!

戦争法(安保関連法)の廃止、南スーダン自衛隊撤退を求め、立憲主義と憲法9条を守るよう求める署名にとりくんでいます。
熊本地震など被災地救援募金活動や原発ゼロも発信しています。子ども医療費無料化、学費無償化、自校方式の中学校給食実現など幅広く女性の願い実現に取り組んでいます☆
あなたもぜひご一緒に平和とくらしを守る仲間に!

兵庫県下の新婦人のサークルやイベントをご紹介します。
今回は平和のアクションです!


2017年がスタートしました!


✿新春、核兵器廃絶を求める、6・9行動は、
元町からスタート!
20人が参加し、「ヒバクシャ国際署名」を呼びかけました。
「安倍さんはこわい」
「戦争なんてとんでもない」
と次々署名にご協力いただきました。

被爆者の方も激励に来てくださいました。IMG_1203


✿1月9日、成人の日は、県・12支部が、各地の成人式会場で
「成人おめでとう」行動を行いました。
華やかな晴れ着の成人の皆さんに、
ヒバクシャ国際署名を呼びかけました。
IMG_1421
IMG_1420


✿1月10日、憲法守れ、戦争は廃止に!を求める、毎月のパレードに県本部から参加。50人が参加し、三宮~元町を歩きました!自衛隊は南スーダンから撤退を!とアピールしました。IMG_1408


平和のアクションを広げて、
憲法を守り、戦争法を一日も早く廃止しましょう!
新婦人は多くの仲間を募集しています!
ぜひ少しでもご興味のある方は、こちらまでどうぞ!

こんにちは!
国連認証NGO団体・新日本婦人の会・兵庫県本部です!

戦争法(安保関連法)の廃止、南スーダン自衛隊撤退を求め、立憲主義と憲法9条を守るよう求める署名にとりくんでいます。
熊本地震など被災地救援募金活動や原発ゼロも発信しています。子ども医療費無料化、学費無償化、自校方式の中学校給食実現など幅広く女性の願い実現に取り組んでいます☆
あなたもぜひご一緒に平和とくらしを守る仲間に!

兵庫県下の新婦人のサークルやイベントをご紹介します。
今回は、くらしを守るアクションです(^-^)

12/22、
『ストップ!行革』連絡会が毎年行っている、
兵庫県との懇談に、
県本部、垂水支部、尼崎支部から6人が参加。



⭐️教育分野では、

「大学生は高い学費と生活費のために、アルバイトに追われ、食費も削り、学ぶこともままならない。
県独自の給付制奨学金制度を!」

「未来への投資として、中学三年まで30人学級を」

「安保法制の下、軍事色を強める自衛隊へのトライやるウィーク、学校への関与をやめさせて」

「同じ県民で差がありすぎる。自校方式の中学校給食を県制度に」

「戦前の教育を反省し、日本国憲法の精神で今の教育を行ってほしい。今、どんどん政治が教育に介入してきているのだから、機敏に子どもを守ってほしい!」と強く訴えました。

IMG_0580


⭐️福祉・医療分野では

「保育新システムのメリットを感じない。
待機児童は解消していない。
入所は一点差で競わされる壮絶なもの。
小規模保育所でも、入所できたら、待機児童扱いでなくなり優先枠でなくなった。また3歳から保活しないといけない。
幸せになるために働いてるはずなのに、
保育所に入れないために、
自分のライフプランが悪かったのかと後悔する。
県はつくるなら、基準が守られ、園庭がある、
公的保育所を作ってください」

と訴えました。

行革ストップの団体署名、336団体分(新婦人154枚)を手渡しました。IMG_0594

このページのトップヘ