市場・マーケット

July 07, 2016

「場内に来られるのもあと少しだ…」



DSC_2395



「ここで働く人は、早い人で午前2時から働いているんだ…」



DSC_2396



「しかし、築地に外国人がこんなに訪れるとは…」




hyoutankarakoma at 05:26コメント(0) 

May 22, 2016

「東大を出て、還暦を過ぎても、セコさは生まれ持ったDNAなんだな…」



とある酒場で飲んでいた時、店内のテレビで流れる記者会見のVTRを観ていた隣りの御仁は、ふと、つぶやきました。



何回か当ブログで書いていますが、吉本興業の喜劇役者、帯孝史さんのギャグで、「あほんだら、あほんだら、あほんだら、あほんだら、あほんだら、あほんだら∞」という彦四郎の大好きなギャグがありますが、画に描いた「あほんだら」です。



妻と、二人で食事に行った領収書が、政党交付金で清算されているのを、「第三者にきちんと精査していただく」とは…



まさにスーパー「あほんだら」です。



DSC_2393



築地。



世界一の市場は、本年11月に豊洲に移転します。



さて、築地市場のターレは、二千台。





DSC_2392



当初は、トレーラーに積んで移送の計画でしたが、コストがかかり過ぎるとの事で、条例を改定して、ターレ2千台の自走が検討されているとか…



楽しみです…



DSC_2394



「しかし、外国人が多いな…」



場内は、外国人で溢れかえっていました。



ターレを走らせる「オヤヂ」も心なしげに「見られ」を意識して運転しているような(笑)






hyoutankarakoma at 05:25コメント(0) 

December 09, 2015

「おお、サッポロのターレだ…」



DSC_2021




市場好きな彦四郎は、JR札幌駅から一駅の桑園(そうえん)駅から徒歩で十数分の札幌中央卸売市場にやってきました。



DSC_2019




フードマイレージ十数キロ、数時間以内の朝獲れの烏賊。




hyoutankarakoma at 05:20コメント(0) 

October 29, 2015

「豊洲新市場を紹介しているコーナーがある、行ってみよう」



DSC_1783_1



築地場内の一角に新市場を紹介する場所がありました。



DSC_1780_1



「模型まである」



今月観た映画は3本。



少年ジャンプの連載漫画を描く高校生を描いた「バクマン」



歯が見えない笑い方が大好きなロバート・デ・ニーロの「マイ・インターン」



そして、四国の寺を継いだ24歳の書店店員を伊藤淳史さんが演じた「ボクは坊さん」



オススメです。






hyoutankarakoma at 05:33コメント(0) 

October 26, 2015

「ひっきりなしに行き交うターレ(運搬車)に元気をもらったけ…」



DbbbSC_1767_1



「以前のターレットは、エンジンだったけど、今は、モーターになった…」



DS vxC_1770



 6月下旬の築地場内。



20代の頃から足繁く通った築地市場が、来年の11月上旬に豊洲に移転します。



豊洲への移転は、土壌汚染もあって反対運動もありましたが、今は、新天地への移転に市場の皆さんは期待を膨らませています。



dddDSC_1775



日本橋から築地に移転したのが、昭和10年。



80年の時を経て、世界最大の市場は新たな「食」の時代を刻むのです。



DStttC_1777



仲卸しがひしめく場内の奥へ行ってみましょう。



DSC_1776



「築地場内を脳裏に焼き付けておこう…」



一年後の豊洲市場が楽しみです…



DSC_1779



そして、場内の食堂で、ぷりっぷりのアジフライを…



アジフライは、半身をソースで、もう半身を醤油で食すのが彦四郎流です。


hyoutankarakoma at 05:39 

January 31, 2015

「大丈夫かな…偽札の香港ドルに替えられたりして…」



ディープな街路地裏の両替所で換金。



IMG_2414











































「えッ、こんなに!」



空港や、バンクとは比べものにならない位のチョー優良レイトで換金できました。



IMG_2415











































「ウマそうなんだけど、衛生状態がなあ…」



いくらアドベンチャー好きな彦四郎でも、ちゅうちょしてしまうほどのキタナトラン…



IMG_2422











































「やっぱ、日本のフルーツは世界一だ…」



スーパーでも「とちおとめ」は日本では考えられないプライス。



IMG_2423











































「ドリアンは、日本の1/5の価格だ…」



日本では、高くて食べられないドリアンを買おうと思いましたが、日本から鉈(なた)を持ってくるのを忘れてしまい食べられませんでした…



今度持ってこよう…


hyoutankarakoma at 05:23コメント(0) 

June 23, 2013

仙台駅の真ん前に、ふと、昭和に戻ったような不思議な空間。



画像mm 633









































地元の方々の台所です。



夕方6時まで営業しているけど朝市。



画像mm 646









































夕方になるとこんな感じでセール。



ここには、冷凍のマグロは一切ありません。


hyoutankarakoma at 05:39コメント(0) 

December 24, 2012

クリスマスが終わると、一夜にして琴の「春の段」にBGMが替ります。



この琴の曲が苦手。



仙台の「年取り魚」は、「なめたかれい」の煮付けです。



IMG_4375









































今日は、イエス・キリストの陰盃を用意して純米酒のぬる燗…




hyoutankarakoma at 05:18コメント(0) 

August 23, 2012

「この扇型の曲線は、貨物列車のホーム跡なんですよ」



「へー」



築地市場場内の守衛さんが、場内マップを見ているボクにこう教えてくれました。



8 040









































築地場内、正式名称は、「東京中央卸売市場」といいます。



ここは、汐留と結ぶ貨物線があり「東京市場駅」があったそうです。



廃線は、1981年(昭和56年)今から32年前とあります。



近いうちに図書館に行って、昭和56年の新聞データで、廃線の記事を見てみよう。



豊洲に移転が決まっている「東京中央卸売市場」



ここは、トラック輸送が主の「市場」と考えるから広い埋立地の発想が出るけど…



世界最大の市場で、「世界最大の『食』のテーマパーク」なのに〜



「うーん…」






hyoutankarakoma at 05:00コメント(0) 

August 11, 2012

「ひっきりなしに行き交う『ターレ』を見ていると元気が湧いてくるなー」



「そうだな!前来た時より電動ターレが増えたね」



市場で食材を運搬する無数のターレットトラック。



先月の初め、友人Iクンと久しぶりに訪れた世界最大の市場、築地場内です。



ここ築地は、「食」のパワースポット。



8 037









































「ウィーン」



以前は、このターレットを「バタバタ」とも呼んでいましたが、化石燃料から電動になって、エンジン音からモーター音に変わりました。



前に来た時は、1割ぐらいが電動でしたが、今回は「バタバタ」が1割に。



午前1時から働いている市場の皆さんは、この時間になるともう「お疲れちゃん」モードです。



本当は、午前3時起床でマグロのセリを見たかったのですが、軟弱なオヤヂでした…



8 039









































今回の朝メシは、「豊ちゃん」にしました。



ここ、トヨちゃんは、大正8年(1919年)から続く老舗の洋食屋さんです。



お隣は、午後1時で閉店する牛丼の「吉野家」の本店、ここも老舗です。



以前は、プロの店として敷居が高かったのですが、最近は素人も入り易くなりました。



店に入ると、まっ昼間からビールをガンガンやっている外国人の輩が二人。



「ヘーイ!エンジョイ?」



「ハイハイ、また今度ね…」



赤ら顔でからんできますがシカト。



8 038









































お客さん「アタマライスね」



店員「アタマ一丁!」



ここは、オーダーの隠語があって、とてもむつかしいんです。



「アタマはないところ(訳:肉は、脂がないところ)」



「オムノッケカツハヤシサラダ(訳:ゴハンにオムレツと豚カツをのせ、ハヤシをかけてサラダを添えて)」



「オムノッケカレーちょいがけ(訳:ゴハンにオムレツをのせ、カレーをちょっとだけかけて)」



「ドミヌキ(訳:ドミグラスソースをかけないで)」



うーん市場だ!



「アタマ」とは、カツ丼の上(あたま)を別皿にした「煮カツ」の事。



「サクサク、フワフワ」



アジフライもメチャクチャ新鮮です。



いつも通り、ウスターソースで半身を食べ、半身を醤油で食べる…ウマーイ!



「ハイ!エンジョイ?」



気が付いたら二人ともビールをお代り、さっきの外国人と同じになっちゃった…





豊ちゃん



築地場内



営業時間 午前6時〜午後2時



定休日  日曜・祝日・市場休




hyoutankarakoma at 05:46コメント(0) 

March 10, 2012

うー、寒っ、今年の冬は、マジこたえました…



今夜は、早く帰りたいのに仕事混じりの酒席で、まだ街中です。



そう、今日は、金曜日で、しかも、今、雪が降っています。



タクシープールには、タクシー待ちの行列。



しかし、タクシーは、なかなか来ない…



めちゃ寒いので、仕方なくまた酒場に戻り…



…何か、このシチュエーションは、遠い昔に経験したような…



あっ、思い出しました!



一万円札を振りかざしてタクシーを止めたあの時代を…



仙台の景況は、今、1980年後半のバブル期に少し似ています。



まもなくジャニーズ事務所のスポンスで、パンダが、中国から来仙、この復興特需という「風」を帆に受け止めない手はありません。



熟成熟成




hyoutankarakoma at 00:09コメント(0) 

January 30, 2012

セブンイレブンのおでん。



たくさんのアンケートから、万人がウマイと感じるように仕上がった「出しつゆ」は、本当に



ハマります。



ここの所、毎晩のようにセブンに立ち寄り、おでんを買い求めておりました。



そして、ある事に気がついたのは、先週の事です。



レジに行き「おでんをお願いします」と伝えると、まだ、おでんの種を伝えていないの



に、おでんを挟むトングが、厚揚げにいっているのです。



20121228 2580



そう、セブンのアルバイトJKの彼女は、学習していました。



確かに彦四郎は、必ずおでんの種は、厚揚げと、牛すじです。



「えーと、白滝と…」



今度フェイントをかけてみよっ。










hyoutankarakoma at 10:27コメント(0) 

September 04, 2010

a9a00505.jpgさすが遠洋漁業の港。



漁港から徒歩5分ぐらいのところにソープ街がある。



ふと迷い込んだ彦四郎、



「お兄ちゃん、スッキリしてきましょ、写真だけでもみてきましょ」



五〜六人から呼び込みが。



出港すれば半年間は帰って来ないんだもんなあ…



神奈川からラーメン食べに来たと言っても誰も信じてくれませんでした。



hyoutankarakoma at 15:56コメント(0) 

June 16, 2010

「寿司、トンカツ、ラーメン、うなぎ、コーヒー」…



「ステーキ・ラーメン・コーヒー」



「本格手打ち蕎麦・うどん」



こんな看板を見たとき、「うーん」考えちゃいます。



「一体、どれが美味いんだろう?」



「一番のウリ」は?、複数の項目を挙げるのは日本人だそうです。



すし三昧









































この、20年間、お寿司屋さんは大きな変貌を遂げました。



「金色のお皿と、黒いお皿は、値段が高いから取っちゃいけないんだよ!ねぇ、お母さん!」



今から、十数年前、満員の回転寿司屋さんで大声で放ったウチの娘の名言。



夫婦で凍りつきました。



今や、お寿司屋さん全体の3割は回転寿司が占めています。



すし三昧ランチ









































「すしざんまい」



築地のお店には、年間70万人のお客さんが来店、売上は一店舗で17億円だとか。



都内に29店舗、年商は125億円です



運営する会社「喜代村」の木村清社長は中学を出て航空自衛隊に入りましたが、病気で退役。



リーヴ21、じゃパネットタカダと並んで、「出たがり社長」の一人です。



店内では社長が出演した東京12チャンネル「カンブリア宮殿」のVTRが延々と放映されています。





すしざんまい本店



住所 東京都中央区築地4−11−9

   (築地本願寺の真ん前)



営業時間 24H(時間帯によってはほとんど外国人のことも)






hyoutankarakoma at 23:30コメント(0) 

November 03, 2009

前夜に引き続き、友人Iクンとエドで飲み倒そうと、午前7時に築地本願寺で待ち合わせました。



知らなかった、午前7時から本堂ですごいお勤めが…



ターレ









































毎度「きつねや」のホルモン煮込と、ビールでほろ酔いのオヤヂ2人。



波除神社にお参りして、やってきたのはいつもの築地市場場内。



あー、なんという空気だ!



素晴らしい!さすが世界一の市場。



築地場内









































ナガノでターレットを乗り回すのが夢、色は黄色、なんて、たわいもないことをいいつつ、奥へ。



生マグロ









































可愛いマグロ生を見っけ。



解体を待つ鮪がそこら中に「マグロ状態」。



(注:風俗業界で何の反応を見せず、制限時間をひたすら待つお嬢さんを「マグロ状態」というそうです)



冷凍マグロ









































通称、冷凍バナナ(注:船の冷凍庫から荷降ろしする際、連なるバナナに似ていることから)





ボクの口に入るのは、この手のマグロです。





元気をもらえた築地場内、水曜日はお休みです。




hyoutankarakoma at 18:16コメント(0) 

September 18, 2008

まぐろ丼







































上野アメ横にある海鮮ドンブリ屋さん。



ドンブリを真上から撮影した写真の遠目が効くものだから、皆さんついつい海鮮ドンブリのバリエーションに見入ってしまいます。



価格も600円からと廉価で、お昼どうする?マグロ中落ち丼にしよっか、となる算段。



海鮮丼







































さて、お腹もいっぱいになったし、通りのお店でも冷やかそうかと歩いていると、いつものだみ声が聞こえてきます。



「せんえんだよぉ、せぇぇんえぇぇん(訳・千円だよ、千円)」



おいおい今、何つった?、千円?そのたらこの値札、3千円って書いてあるヤン。



マグロの冷凍が1本2千円って書いてあって、何で2本で千円なん。



だったら、最初っから、1本5百円って書けばいいやん。



だみ声のおじさんに思い切ってインタビューして見ました。



「おじさん、大変だね、1日に何回くらい千円って言うんだろうね?」



おじさんから返ってきた応えは、



「せんえんだよぉ、せぇぇんえぇぇん(訳・そんなの数えていないからわかんないよ」



そうなんです。おじさんにとって「せんえん」は「ミラバケッソ」と同じなんです。



木の実や、チョコレートもガンガン積み重ねて、「千円」。



いっつもアメ横に来て思うんですけど、ここの千円商法は、なんかヒトを小馬鹿にしているようであまり好きになれません…


hyoutankarakoma at 05:34コメント(0) 

June 17, 2008

オランチエこのあたりの方言で「私の家」は「おらん家(ち)」といいます。



その「オランチ」と、フランス語の安売りの意味がある言葉をかけて「オランチェ」



上信越道信州中野ICにほど近い場所にあるJAの直売所です。





オランチエ店内日曜の朝、8時45分にいくと9時オープンを待つ人の大行列。



石川、富山、新潟、練馬など県外ナンバーもたくさん。



野菜や果物のほとんどが100円です。





スーパーで498円していた、さくらんぼ1パックを100円で買いました。




hyoutankarakoma at 05:08コメント(0) 

February 26, 2008

丸武
つきぢの玉子焼専門店といえば、丸武さんと、松露さん。

背中が写っている方が伊藤光男さん。

アニー伊藤さんと言ったほうがいいかもしれません。



界隈のお鮨屋さんは大体この二つの玉子焼専門店から仕入れます。



お砂糖が貴重だった時代、だしと砂糖をたっぷり使った玉子焼はお菓子に匹敵するような感覚だったのでは。



ボクもバナナのお菓子より、築地の玉子焼を買い求めて土産にします。


hyoutankarakoma at 06:10コメント(0) 

February 23, 2008

きつねや
築地場外のきつねやはいつも混んでいます。

場外で実力派といえば、ここ「きつねや」。

Iクンと本日の朝食はビール大瓶と煮込みです。







きつねやもつ煮
旨い。ホントに旨い。

1年に1回ぐらいこんな朝メシがあってもいいよな、なんてことを話しながら煮込みをつっついたのでした。






hyoutankarakoma at 20:30コメント(0) 

February 16, 2008

場内の行列
久しぶりに訪れた場内は、大陸、半島のインバウンド(訪日旅行)の皆さんで占領されていました。

今や中国の億万長者は1億人とか…

鮨文さん、大和さん、名うての鮨屋は、生魚を食べるようになった成金チャイニーズの皆さんに占められていました。



ひさしぶりに場内の鮨で朝食をと思い、早起きして来たオヤヂsは、タイガーバームと、オーデコロンの混ざった臭いに意気消沈し、そそくさと場外へ逃げ出したのでした(哀)…






hyoutankarakoma at 09:54コメント(0) 

February 12, 2008

築地ターレ
築地で朝メシを食べようとやってきました。

ターレット(以下、ターレと言う。)が好きで好きでしょうがないオヤヂsです。

最近は電気モーターで走るターレもありますが、やはりバタバタと音をたてる奴がグー。



築地交通整理
大田市場も築地市場もボクにとってパワースポットそのもの。

ここに来るとがんばろう、という気が注入されます。









ターレット


特に場内(じょうない)がお奨めです。




hyoutankarakoma at 21:31コメント(0) 

November 30, 2007

築地場内ターレット
世界最大の市場、築地。

豊洲に移転するそうですが、銀座4丁目交差点から歩いて来れるこの場所が好きです。

場外がポピュラーですが、おススメは場内(じょうない)です。

「ターレット」といって、現代版の大八車(荷車)がひっきりなしに行き交う場内。



築地場内の七不思議、その一。魚河岸なのに魚の臭いがしないんです。答えはまたの機会に…




hyoutankarakoma at 09:27コメント(0) 
livedoor プロフィール

彦四郎

どっから見ても、誰が見
てもオヤヂですがハート
は好奇心いっぱいの少
年そのもの。

仕事にいそしんだアトは
思いっきり人生を楽しむ
のがモットー。

旅が、酒場が、美味いも
のがなんてったて大好き。

ホッピーをこよなく愛す
オヤヂ少年の見たモノ、
行ったトコ、食べたモノ
の楽観記です。

にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 長野(市)情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログへ
  • ライブドアブログ