時々の野鳥たち

季節ごとに移ろう“漂鳥”のごとくあちこちを歩いて、野鳥を撮らせてもらっています。 その「時々の野鳥」を記したいと思います。                       

みちのく一人旅(2)

宮城県北部、雁や白鳥が飛来する沼への一人旅、その2になります。

夕刻の蕪栗沼です。人は数えるほど。土手を暫く歩くと、大小の沼が点在している様子。水位が上がればみんな繋がるのかな。手前の沼ではハクチョウが目立ちます。ハクチョウというと大きく青く美しい湖面に佇む姿といった姿がイメージされますが、餌となる真菰などが豊富にあるこうした沼地が居心地が良いんでしょうね。土手のずっと先に、バスで来た方々が思い思いに双眼鏡などを覗いています。

それにしてもハクチョウは、こんなにもシルエットの美しい鳥だったのかと、今回改めて思い知ることができました。オオハクチョウ・コハクチョウ、ともにいたようです。

(1) ハクチョウ
kabukuri70658
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO  Tv1/800  Av4.0 Ev+0.3 ISO500

(2) 同上
kabukuri70653
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO  Tv1/10000  Av4.0 Ev-0.3 ISO500

(3) 同上
ohakutyou70678
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/4000 Av5.6 Ev+1 ISO1000

(4) 同上
ohakutyou70693
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/20000 Av5.6 Ev+1 ISO1000

(5) 同上
ohakutyou70705
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/10000 Av5.6 Ev+0.7 ISO1000

(6) 同上
ohakutyou70712
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/8000 Av5.6 Ev+0.7 ISO1000

(7) 同上
ohakutyou70745
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/2500 Av5.6 Ev+0.7 ISO1000

(8) 同上
ohakutyou70880
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/1250 Av5.6 Ev+1 ISO1000

(9) 同上
ohakutyo70181
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO  Tv1/3200  Av4.0 Ev+0.7 ISO1000

今回の撮影は、こうした引き画や飛びものがメインとなるであろうと、12-100弌300弌300弌椒謄譽灰鵝1.4倍)を持参しました。デジスコも持って行きましたが、やはりこうした情景はデジスコ向きではなく、使用しませんでした。ちょっとトライしたくもあったのですが…。

まだ少し明るさの残る時間帯では、スローシャッター、流し撮りを試しました。
(10) ハクチョウ
ohakutyou70725
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/200 Av5.6 Ev+0.7 ISO1000

(11) 同上
ohakutyou70859
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/125 Av5.6 Ev+1 ISO1000

(12) 同上
ohakutyo70047
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/50 Av5.6 Ev+0.7 ISO1000

(13) 同上
ohakutyou70865
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/80 Av5.6 Ev+1 ISO1000

さて、土手の上から沼を見下ろしているのですが、振り返ると、そこには広い田圃がずっと続いています。
上空を見上げると、ひっきりなしに雁が沼に向かって飛んできます。

(14) ガン類
kabukuri70061
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO  Tv1/50 Av4.0 Ev+1 ISO1000

(15) 同上
kabukuri70063
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO  Tv1/60 Av4.0 Ev+1 ISO1000

そしてまた振り返れば、美しい夕焼けを背景に雁たちの祭典が始まります。
(16) 同上
kabukuri70087
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO  Tv1/500 Av4.0 Ev+1 ISO1000

(17) 同上
kabukuri70094
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO  Tv1/160 Av4.0 Ev+0.3 ISO1000

(18)
kabukuri70132
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO  Tv1/800 Av4.0 Ev+0.7 ISO1000

(19)
kabukuri70140
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO  Tv1/5000 Av4.0 Ev+0.7 ISO1000

(20)
kabukuri70152
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO  Tv1/5000 Av4.0 Ev+0.7 ISO1000

(21)
kabukuri70159
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO  Tv1/2500 Av4.0 Ev+0.7 ISO1000

ふと振り返れば月と雁。
(22)
kari70083
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO  Tv1/100 Av4.0 Ev+1 ISO1000

(23)
kari70226
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO  Tv1/80 Av4.0 Ev-0.3 ISO1000

さらに次号へ続きます。

みちのく一人旅(1)

(1) マガン
kabukuri70050
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO  Tv1/640  Av4.0 Ev+0.7 ISO1000

(2) オオハクチョウ
ohakutyo70780
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/3200 Av5.6 Ev+1 ISO1000

タイトル、何?
もちろん山本譲二を意識しての(大分古い…)タイトルです。

国定忠治の名台詞「赤城の山も今宵限り、雁が南へ飛んで行かぁ…」でも分かるように、江戸の時代であれば、ここ関東でも雁の仲間は普通に見られたようですが、21世紀の今、ほんのたまにしか雁を見ることはありません。
マガンに代表される雁の仲間は、北アメリカやシベリアで繁殖し、越冬のために北海道や東北地方の沼などにやって来ることは、つとに有名です。

驚くべきはその数で、マガンは数万羽の単位でやって来るのです。その数万羽のマガンが、日暮れのねぐら入りや夜明けに一斉に飛び立つ様は、壮大で見る者を圧倒してやまないと言われます。一生に一度は見たいものだと常々思っていましたが、いかにせん遠いので、ま、いつかは、といった心境でいました、これまでは。
ところが地元の鳥仲間の方が、昨年の秋のブログで素晴らし過ぎる雁やハクチョウの写真を載せているのを見たら、もうたまりません。その方から事前に観察ポイントなどを入念に教えていただき、11月の中旬の土日に、満を持して出かけました。

行き先はみちのく、宮城県北部、ともにラムサール条約に登録されているという貴重な水辺湿地、伊豆沼と蕪栗沼です。(あまりにも有名地なので、場所を言いました。大きな影響はないと思われますので)
この二つの沼(その他にも沼は近辺に幾つも点在していて、多くの雁が見られる)で今季観察されているマガンの数を見て驚きます。伊豆沼は68,000羽あまり。ずっと小さい蕪栗沼では80,000羽にものぼる数がカウントされている。(どうやって数えたんだろう。そちらの方がよりビックリです)
その他にシジュウカラガン2,500羽、オオヒシクイ1,500羽、オオハクチョウ1,000羽あまりがカウントされています。
みちのくへは、かつて会社員時代に社員旅行で連れて行ってもらったことが一度あるのと、震災後数年を経て、宮城県の海岸沿いに車を走らせたくらいです。もっとも福島県は関東からは隣になりますし、風光明媚な場所も多く、キャンプなどで何度も足を運びましたが。
でも本当の東北らしさを体感したこともなくて、今回は鳥を通してその“”らしさ“”を感じてみたいという気持ちもありました。

道中が長いので、あまり早く起きて長時間(休憩を入れて5時間半ほど)運転するのも危ないので、比較的ゆっくり家を出ます。昼前に着いて、まずは伊豆沼を覗きますが、なんだか鳥の姿がありません。まあそれもそのはずで、多くの雁は周辺の田圃に行っているのです。沼畔にあるサンクチュアリセンターで昼間の居場所などを教えていただき、とにかくそちらに向かいます。
沼を回り込むように車を走らせると、広い田圃がどこにでも広がります。東北が米の有数の産地であることが実感できます。沼の北東側の田圃に出ると…。
わぁ、いますいます、マガンが。それもわんさかいます。そのわんさか具合が半端ないのです。もうなんだかそれを見ただけで気持ちが高揚してきます。でも冷静に考えると、見えているマガンは全体の1/80にも満たないわけです。

(1) マガン
magan70346
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/800 Av5.6 Ev-0.3 ISO500

(2) 同上
magan70210
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/500 Av5.6 Ev0 ISO500

(3) 同上
magan70048
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/1250 Av5.6 Ev0 ISO640

見ている間にも何度も飛んだり降りたりを繰り返します。
(4) 同上
magan70220
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/1000 Av5.6 Ev-0.3 ISO640

(5)
magan70068
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/1250 Av5.6 Ev-0.3 ISO640

(4) マガン
magan70362
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/1600 Av5.6 Ev+1.3 ISO640

ハクチョウも飛びます。
(5) オオハクチョウ マガン
hakutyo70283
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/3200 Av5.6 Ev-1 ISO640

(6) オオハクチョウ
ohakutyo70345
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/2500 Av5.6 Ev-0.7 ISO500

(7) 同上
ohakutyo70350
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/2500 Av5.6 Ev-0.7 ISO500

(8) 同上
ohakutyo70391
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/2500 Av5.6 Ev-0.7 ISO500

車を走らせて、あちこちの田圃を覗いてみます。その途中で空を見上げると、多くの雁が行き来します。どっちを見ても雁だらけなのです。
こんなこと、ある?
(9) マガン
magan70165
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/5000 Av5.6 Ev+0.7 ISO640

(10) 同上
magan70162
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/3200 Av5.6 Ev+0.7 ISO640

伊豆沼の端っこで。この時間は曇っていました。ここは一面の蓮沼。初夏に来たらきれいなんでしょうね。
(11) マガン
magan70691
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/1600 Av5.6 Ev-0.3 ISO500

(12) 同上
magan70586
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/8000 Av5.6 Ev+0.7 ISO500

(13) オオハクチョウ
ohakutyo70783
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/2000 Av5.6 Ev0 ISO500

夕刻、蕪栗沼に向かいます。ところが沼への入り口にあたる場所が分からず、農道をグルグル廻り。見上げれば広い広い農地の上を、右に左に多くの雁が隊列を組んで飛び回ります。これ、みんな蕪栗に行くのかな? そう思うとますます焦ってきますが付近に人もなく、そろそろ夕闇が下りてきそうです。これでは“ねぐら入り”に間に合いません。
それでもようやく農家の庭から出てきたおばあさんに声をかけることができました。
「どこから来なさったね」
「はあ、埼玉の方から」
「埼玉! そりゃま遠くから。ちょっと待ってな、うまく説明できないだで、息子に聞いてくるから」
おばあさんは一所懸命歩いて家に入って行きます。ほどなく息子さんらしき方が出て来てくれて、ここからそう遠くはないのだけれど、何度も曲がらなければならない道を懇切丁寧に教えてくれたのでした。これ以上道を間違えたら本当に日没に間に合わないので、こちらも必死に耳を傾けました。
15分後、なんとか沼の入り口に到着。親切な農家のおばあさんと息子さん、ありがとうございました。

そう広くない駐車場に何台かの車がありました。バスも1台。
土手を歩いて行くと、おぉ、オオハクチョウがたくさんいます。上空を多くの雁が飛びます。こちらでは珍しくもない光景なんでしょうが、なんだかもう嬉しくてなりません。

(14) 同上
ohakutyo70832
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/1000 Av5.6 Ev0 ISO500

(15) 同上
ohakutyo70836
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/1000 Av5.6 Ev0 ISO500

(16) 同上
ohakutyou70519
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/6400 Av5.6 Ev-0.7 ISO640

(17) 同上
ohakutyo70458
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/3200 Av5.6 Ev-0.3 ISO500

(18) マガン
magan70202
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/800 Av5.6 Ev+1.7 ISO500

(19) 同上
magan70157
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/1250 Av5.6 Ev+1.3 ISO500

(20) オオヒシクイ
ohisikui70546
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/1600 Av5.6 Ev-0.3 ISO500

(21) 同上
ohisikui70589
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/2500 Av5.6 Ev+0.7 ISO500

(22) マガン
magan70491
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/4000 Av5.6 Ev-0.3 ISO500

この後、日没前後のねぐら入りが始まりました。
圧倒されるというよりは、実際にこの目で見るその光景に、どう表現すればよいのか、生命の力強さ、いくつかの理由があってこうして集結するのでしょうが、その不思議さ、美しさ、臨場感、その場の空気間などすべてがないまぜになって、ここでしか味わえない、実際に見なければ分からないであろう独特の雰囲気に言葉もなくなるのでした。

トップの2枚に少しその雰囲気が出ているでしょうか。その壮大なシーンは、また次回にお伝えしたいと思います。

湿原にて(2)

地元の調節池=湿原は、なんといっても秋冬らしいワイルドな背景が魅力です。決してカレンダー向きな絵にはなりませんが、葦や真菰の間を飛ぶチュウヒやオオタカなどの姿には、何度見てもワクワクさせられます。

オオタカは絶滅危惧種から脱しつつある珍しいタカですね。里山の林などで繁殖しますが、小鳥やハトなどオオタカの食料にはコト欠かないので、今後大きな環境変化でもない限り、その数が減ることはないのではと思われます。こちらのM田圃でも、毎年どこかで繁殖が認められています。繁殖期に巣に近づくことはもちろん良くないことですから、私自身は営巣木を見つけたことがありません。あ、隣町でメジロを見ていたら偶然見つけたことがありましたっけ。そのときはオオタカが巣材となる小枝を何度も運んでいました。

オオタカの成鳥は美しく精悍で、カラスくらいの大きさのタカであるにもかかわらず、オオタカの名を穢すことはありません。ただし若鳥となると、成鳥の威厳や貫禄には遠く及びません。狩りももちろん下手だし、カラスにも追われっぱなしだし、色合いも茶系で目立たなくて、これでいつか一人前になれるのかしらと、こちらが心配になるほどの頼りなさです。
そんな若鳥の姿を。あまり鮮明ではないですが。

(1)
otaka10589
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/800秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

(2)
otaka10592
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/800秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

(3)
otaka10613
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/320秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

(4) 右端に…
otaka10794
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/640秒 f1.8 露出補正-0.7  ISO800 絞り優先

(5)
otaka10656
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/400秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

それでは湿原の鳥たちを。相変わらず陽炎にやられちゃってます。
(6) チュウヒ
tyuhi10026
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/2500 Av5.6 Ev-0.3 ISO500

(7) 同上
tyuhi10261
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/2500 Av5.6 Ev-0.3 ISO500

(8) タゲリ
tageri10145
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/2000 Av5.6 Ev0 ISO500

(9) トビ
tobi10100
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/8000 Av5.6 Ev0 ISO500

(10) 同上
tobi10132
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/1000 Av5.6 Ev0.3 ISO500

(11) コガモ
kogamo10136
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/250秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

(12) 同上
kogamo10223
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/800秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

(13) アオサギ
aosagi10292
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/1000秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

(14) 同上
aosagi10389
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/640秒 f1.8 露出補正-0.7  ISO500 絞り優先

(15) ミコアイサ
mikoaisa10345
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/320秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

(16) マガモ
magamo10428
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/200秒 f1.8 露出補正-0.7  ISO500 絞り優先

(17) カンムリカイツブリ
kanmurikaituburi10515
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/800秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

(18) ジョウビタキ
jyobitaki10621
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/1000秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO800 絞り優先

(19) アオジ
aoji10722
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/800秒 f1.8 露出補正0  ISO500 絞り優先

11月は越冬蝶が盛んに動き回ります。
ウラギンシジミ。繁殖期でもあるまいに、雄同士でしきりと縄張り争いをする姿を見かけます。

(20) またまたデジスコで撮るウラギンシジミ(♂)
uraginsijimi40233
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/500秒 f1.8 露出補正-1  ISO640 絞り優先

(21) 同上
uraginsijimi40237
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/640秒 f1.8 露出補正-1.3  ISO640 絞り優先

湿原にて(1)

毎年11月になると地元の遊水池=湿原に通うことになります。
これまた毎年記していますように、その主な観察目的は、やはり猛禽になります。今季は写真にうまく収めたかどうかを別にすれば、以下のような猛禽を観察しています。

トビ オオタカ ハイタカ ノスリ チョウゲンボウ ミサゴ チュウヒ

さらに早期には渡りのサシバも観察されていますし、この後冬になるとコミミズクもやって来ることでしょう。かつてはハイイロチュウヒも来ました。
また、水鳥も多く観察されます。各種のカモやサギ類。運が良ければヨシゴイ・サンカノゴイなども見られます。またバーダーに人気のアリスイやベニマシコもよく見られます。葦原の友オオジュリンは近年数を減らしがちですが…。
他にカモメ類や、稀にマガン カワアイサなども観察されます。
そして地元の方がいつも気にしているオオハクチョウ コハクチョウ。今季はすでにオオハクチョウが飛来したが、どうも長くは居つかない由。

周辺の林では、ジョウビタキ マヒワ アトリ ウソなどの冬鳥の小鳥もこれから見つけられます。
そんなことで、まだ数回しか足を運んでいないのですが、いくらか見ていただきます。

湿原での撮影に際しての最大の問題は“陽炎”です。鳥までの距離があるので、どうしてもその間の空気の揺らぎをカメラ・レンズは拾ってしまい、鮮明に写せないのです。超望遠のデジスコではなおさらですし、デジイチでもその影響は大きくて、悩んでしまいます。暖かな小春日和などはもっての外で、何回シャッターを押しても全滅です。
早朝・夕方、あるいは曇り日、北風の強い日などではなんとか、そんな状態です。
それでも昔から通っている地元の知人たちは、なかなか見事な写真を撮られていて感心してしまいます。
デジスコでの飛びものに悲観的な見通しを先日述べましたが、それでもデジイチの鮮明さには適わないものの、デジイチにはない独特の雰囲気・暖かみ・非扁平感がデジスコにはあるので、条件が悪くなければ今後もできるだけトライしてみようかと考えています。
そんなことで、とりあえず今回の飛びものは、小さなハイタカを除いてすべてデジスコによるものです。
地元の知人たちと同じようにはいきませんが、少し見てみてください。

(1) オナガガモ?
onagagamo20062
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/320秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

(2) ヒドリガモ(前の方にハシビロガモ)
hidorigamo20202
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/400秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

(3) 暗い曇天で厳しかったオシドリ
osidori30109
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/320秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO2000 絞り優先

(4) 同上
osidori30165
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/640秒 f1.8 露出補正0  ISO3200 絞り優先

(5) 時になぜか30羽ほども固まるカイツブリ
kaituburi80215
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/640秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO800 絞り優先

(6) モズ雌
mozu80203
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/640秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO800 絞り優先

(7) モズ雄
mozu80303
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/800秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO800 絞り優先

(8) チュウヒ
tyuhi20119
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/400秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

(9) 同上
tyuhi20121
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/400秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

(10) ミサゴ
misago80582
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/1600秒 f1.8 露出補正0  ISO800 絞り優先

(11) 同上
misago80711
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/1250秒 f1.8 露出補正0  ISO800 絞り優先

(12) チュウヒ
tyuhi80876
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/800秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO800 絞り優先

(13) チュウヒ
tyuhi80878
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/800秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO800 絞り優先

(14) 同上
tyuhi80906
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/640秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO800 絞り優先

(15) 同上
tyuhi80907
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/640秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO800 絞り優先

(16) 証拠写真にもならない? ハイタカ
haitaka10008
OM-D E-M1 Mark+ MC-14(デシタルテレコン)+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO Tv1/8000 Av5.6 Ev-0.3 ISO500

M田圃の花や虫などを。
(17) ニシキギ
nisikigi00023
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm MACRO Tv1/800  Av4.0 Ev-0.3  ISO500

(18) 同上
nisikigi0002
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm MACRO Tv1/800  Av4.0 Ev-0.3  ISO500

キタテハ・ウラギンシジミはデジスコです。なんか独特の暖かさがあると思うんですが…。
(19) キタテハ
kitateha00051
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/620秒 f1.8 露出補正-0.7  ISO500 絞り優先

(20) ウラギンシジミ
uraginsijimi00072
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/250秒 f1.8 露出補正-0.7  ISO500 絞り優先

(21) 同上
uraginsijimi00093
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/500秒 f1.8 露出補正-0.7  ISO500 絞り優先

(22) ホトトギス
hototogisu00151
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm MACRO Tv1/400  Av2.8 Ev-0.3  ISO500

(23) シュウメイギク
shumeigiku00167
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm MACRO Tv1/4000  Av2.8 Ev-0.7  ISO500

(24) セイバンモロコシ
seibanmorokosi80175
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm MACRO Tv1/8000  Av2.8 Ev-0.7  ISO800

(25) 晩秋
maimai80157
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm MACRO Tv1/1600  Av2.8 Ev-0.7  ISO800

続きはまた次回以降に。

ノビタキだより 2018秋(5)

さあ、もういい加減時季外れのノビタキは終わりにしましょう。彼らはもうとっくに東南アジア方面へと旅立っているのですから。

今季、秋のノビタキ撮りは、個人的にはかなり消化不良に終わってしまいました。アキノノゲシやコセンダングサどまりはずいぶん収めましたし、好みの“野菜どまり=長ネギ・サトイモ”もまあ撮れました。でも何度も何度も通ったのに、他の秋草や稲のはさがけどまりなど、季節を背景にした画を収めることはついにできませんでした。
他所へ行けば、それなりの撮影も可能なのでしょうが、秋のノビタキに関してはできるだけ地元(M田圃)産にこだわりたいという気持ちがあります。考えてみれば何故そうなのか、確たる理由もないのですが、でもmy fieldで見るノビタキが、なんだか愛しくてならないんですよね。

勝手知ったる自分の庭に、今年も途切れずに忘れず、飽きずに懲りずに、ほんとうに律義に、なんだか侘しげでちょっと寂しげで、でもどうにも愛らしき小さな小さなノビタキが、繁殖羽を脱ぎ捨て、地味で目立たないブラウンの冬羽となって来てくれること。そしてそれを見つけることこそは、私にとり他に代え難い大きな悦びなのです。

客観的に考えてみれば、荒地や雑草が繁茂する環境でのノビタキなんて、少しもきれいではないし絵にもならないのでしょうが、なに、そんな客観性など私にはなんの意味もなさない。主観でいいし自己満足で十分。だからもしかしたら人に見せる必要すらないのかも知れません。それほど全くもって個人的な強い思い入れの塊なんです、私にとっての「秋ノビ」は。

(1) 
nobitaki80006
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/500秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

(2)
nobitaki80075
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/400秒 f1.8 露出補正-0.7  ISO500 絞り優先

(3) 
nobitaki10467
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/1250秒 f2.0 露出補正-1  ISO800 絞り優先

(4)
nobitaki10612
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/1250秒 f2.0 露出補正-1  ISO800 絞り優先

(5)
PA200138t_M_1
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/1250秒 f1.8 露出補正-0.7  ISO800 絞り優先

(6)
PA200115_M_1
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/320秒 f1.8 露出補正-0.7  ISO800 絞り優先

(7)
PA200108_M_1
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/1000秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO800 絞り優先

(8)
PA200158_M_1
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/1000秒 f1.8 露出補正-0.7  ISO800 絞り優先

(9)
PA200259_M_1
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/1250秒 f1.8 露出補正-1  ISO800 絞り優先

(10)
PA210218_M_1
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/1600秒 f2.0 露出補正-1  ISO800 絞り優先

(11)
PA210322t_M_1
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/1250秒 f2.0 露出補正-1  ISO800 絞り優先

(12)
PA210341_M_1
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/1000秒 f2.0 露出補正-1  ISO800 絞り優先

(13)
PA210382_M_1
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/640秒 f2.0 露出補正-1  ISO800 絞り優先

(14)
nobitaki10397
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/1000秒 f2.0 露出補正-1  ISO800 絞り優先

(15) ミゾソバ(白花)
mizosoba80152
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO  Tv1/1000  Av54.0 Ev-0.3 ISO500

(16) ツマグロヒョウモン
tumagurohyoumon10005
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/800秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO800 絞り優先

(17) 初めて実際に見たDoctor.Heli.
PA210505_M_1
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/2500秒 f2.0 露出補正-1  ISO800 絞り優先

そんなことで、季節外れの「秋ノビ」にお付き合いいただき、ありがとうございました。
今年はNo.5までと少なめでしたが、今季のノビタキはこれをもって終了といたします。一抹の寂しさを隠すことができませんが、また来年きっと会えるでしょう。

ノビタキだより 2018秋(4)

先週末に遠征に行き、その準備やら写真の整理などもあって、またまたすっかり更新が滞ってしまいました。
遠征の成果などは追い追いご報告するとして、遅れに遅れているノビタキの続きです。

荒地・畑地ノビの続きでしたね。

ネギを背に、アキノノゲシに留まる。
(1)
nobitaki40378
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/400秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

(2) 荒地にて
nobitaki40384
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/160秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

こちらもネギ。日が傾いてきて、西日を受けています。
(3)
nobitaki40443
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/200秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

(4) コセンダングサとノビ
nobitaki40450
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/250秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

(5) 同上
nobitaki40454
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/250秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

この日は、多いときで7羽確認できたせいか、いろんな草に留まるノビを撮影できました。
秋ノビ冥利に尽きるというものです。
(6) イヌビエとノビ
PA140498_M_1
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/250秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

(7) 原っぱのノビ
nobitaki40503
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/30秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

(8) こちらもイヌビエどまり
nobitaki40536
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/400秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

(9) 枯れ草に乗る
nobitaki40791
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/200秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

(10) 同上
nobitaki40797
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/160秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

(11) 原っぱノビ
nobitaki40811
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/160秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

(12) 虫を捕えた!
nobitaki40821
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/250秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

(13) 同上
nobitaki40823
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/160秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

ここからは別の日の別ポイントのノビタキ。やはり圧倒的にコセンダングサどまりが多かったのです。
(14)
nobitaki60105
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/640秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

(15) 見返りノビ。
nobitaki60168
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/500秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

(16) 同上
nobitaki60177
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/500秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

ガングロ?
秋ノビは基本的に優しげで可愛らしい子が多いのですが、顔の黒さが残る雄はやはり精悍ですね。
(17)
nobitaki60192
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/500秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

(18)
nobitaki60212
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/400秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

(19)
nobitaki60236
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/640秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

(20)
nobitaki60257
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/500秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

(21) 逆光。アキノノゲシどまり。
nobitaki70062
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/320秒 f1.8 露出補正0  ISO500 絞り優先

まだもう少しノビタキにお付き合いください。
もう冬鳥の季節なのにねえ…。

ノビタキだより 2018秋(3)

11月も早や半ば。
年年歳歳、月日の流れが早く感じられてなりません。と同時に、なんだか徒に時間ばかりが過ぎ、徒に歳ばかりとってゆく歯痒さに気持ちが沈みます。バイオリズムのようなものがあるとすれば、好不調の波は交互にやってくるはずなのに、なんだかその波すらも平坦で、日々漠然と時が過ぎゆくのを指をくわえて見ているだけの己が情けなくてならない。なのに、では何かコトを起こそうという気力にも欠ける始末。

なんだかなあ…

ボヤキはこのくらいにして、きょうもまたノビタキです。
ここは自宅からわずか5分。畑地と荒地が広がるポイントです。この日は日曜。午前中に見つけて、夕方までずっと遊んでいました。午後には2グループが混在し、最大7羽を確認できました。
まずは荒地のノビ。決して美しい画像ではないですが、これもまた自然。しつこいようですが、合成画像などより別の意味でよっぽど美しいと自負しています。
(1)
nobitaki40147
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/250秒 f1.8 露出補正0  ISO500 絞り優先

(2)
nobitaki40170
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/160秒 f1.8 露出補正0  ISO500 絞り優先

(3)
nobitaki40218
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/200秒 f1.8 露出補正0  ISO500 絞り優先

隣はネギ畑。
(4)
nobitaki40170
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/320秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

こちらもネギどまりですが、ネギの大きさから見てもノビタキって小さいでしょ?
自分で言うのもなんですが、(5)はかなり好みの画です。
(5)
nobitaki40180
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/200秒 f1.8 露出補正0  ISO500 絞り優先

(6)
nobitaki40235
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/250秒 f1.8 露出補正0  ISO500 絞り優先

周囲にはコセンダングサ・アイノコセンダングサなどがたくさん咲いています。
(6)
nobitaki40233
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/80秒 f1.8 露出補正0  ISO500 絞り優先

(7)
nobitaki40071
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/200秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

蛾を捕えた! 鱗粉が舞っている!(クリックして見ていただけると分かります)
(8)
nobitaki40114
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/250秒 f1.8 露出補正-0.7  ISO500 絞り優先

食べちゃった!
(9)
nobitaki40129
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/250秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

コセンダングサ同様、引っ付き虫のオナモミどまりです。
(10)
nobitaki40104
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/250秒 f1.8 露出補正-0.7  ISO500 絞り優先

メヒシバ、オナモミ、コセンダングサ…、原っぱと言えば聞こえは良さそうですが、なんだか猛々しいような環境です。
(11)
nobitaki40249
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/100秒 f1.8 露出補正0  ISO500 絞り優先

コセンダングサの種子は、ご存知のように引っ付き虫となって己の守備範囲をどんどん拡げます。
(12)
nobitaki40262
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/60秒 f1.8 露出補正0  ISO500 絞り優先

向こうの原っぱにいたノビが、通りかかった自転車を嫌ってこちらに避難してきたのですが、なんと目の前に!!
風情もなにもなくてあまり良い趣味とは言い難いですが、鳥のこんなドアップ(瞳に空が写るような)、久しぶりです。こんな解像感も久しぶりだなぁ。
ま、たまにはデジスコっぽくていいでしょう。
(13)
nobitaki40288
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/160秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

もう一丁!
(14)
nobitaki40289
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/160秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

ヒャァ〜、ワイルド! 表情までワイルド?
(15)
nobitaki40310
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/200秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

こういう遠い遠いノビも一興でしょうか。
(15)
nobitaki40319
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/160秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

これは可愛らしいでしょ?
(16)
nobitaki40321
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/160秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

この日も小雨が…
(17)
nobitaki40335
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/160秒 f1.8 露出補正0  ISO500 絞り優先

今季ほどコセンダングサどまりを撮影した年もありません。
(18)
nobitaki40348
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/160秒 f1.8 露出補正0  ISO500 絞り優先

こちらは今季生まれの幼鳥かな。
(19)
nobitaki40360
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/250秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

これも好きな画です。
(20)
nobitaki40362
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/160秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO500 絞り優先

続きはまた次回以降に。

ノビタキだより 2018秋(2)

秋のノビタキを撮影する際、秋の花や草、稲のはさがけなどに留まる姿を求める方が多いことでしょう。私もできるだけそんなきれいな状況のノビを撮りたいと思う一人には違いないのですが、なに、そんな背景や状況でなくとも、私はシャッターを押します。
ノビタキはもちろんそうした花などにも留まりますが、実はそれ以上にやや荒地気味の場所を好む傾向にあります。原っぱならともかく、そんな荒地ではあまりきれいな画にはなりませんね。でも私はそんな状況でもシャッターを押すこともあります。なぜなら、それがノビタキの自然な姿だからです。

写真の撮り方、特にデジタル万能時代の今であれば、その様相は大きく変わってきているように思います。商業写真などであれば、いくらでも写真を加工します。汚いものは消し、色合いが面白くなければいかような色にも変えることができます。カメラ側の機能も様々で、とても把握しきれないほどです。ホワイトバランスひとつとっても、7種類も8種類もあり、使い込こなせません。ピクチャーモードなども20種類ほどもあるでしょうか。きれいな花をソフトフォーカスに写したり劇画風に写したりなど、まあ様々です。

然るに野鳥撮影ではどうでしょうか。もちろんどう撮ろうと自由なのですが、最近では写真を合成してしまう方までいるようで、口アングリです。背景は、幻想的な霧深い湿原、その手前の木に鳥が留まっているのですが、その鳥だけはくっきりと写っていて、一見美しい写真なのですが、あれ、これどうやって撮ったのかな? となるのです。
たまたま一緒にそのシーンを写していたカメラマンが言うには、これはあり得ない、どう考えても別々に写したものを合成しているに違いない、と言います。
別の同じような状況の写真を私も見ました。背景が霧に覆われた森なのに、手前の鳥だけが浮き出たようにクッキリ!

いくらなんでもね、これはイカンですね。自然が自然でなくなっちゃうのは、決して美しいとは思えません。カメラマンのその思惑が美しくありません。聞けばその手法であちこちのコンテストに応募しているらしい。見る人が見れば分かっちゃうのに…
バレるかバレないかという問題ではなく、どんなに美しい写真を撮ろうとも、目の前の自然を慈しむ気持ちのない人に、そもそも自然を写す資格などないと思いませんか。写真を撮る目的はそれぞれであってよいでしょう。しかしながら、気候変動やら人の手が加わったりと、ほんの少しバランスを崩しただけで大きなダメージを受けてしまう繊細な自然を相手に撮影に臨むというのなら、風景であれ鳥であれ花であれ虫であれ、それら被写体を慈しむ気持ちこそは、何をさておいても欠くことのできない必須条件ではないのかしら。その条件を満たさない方は、邪魔な木は切ってしまう、足元の草花は踏み荒らす、鳥を猛然と追いかける、巣の真下まで行く、といった愚挙を犯してしまうのではないでしょうか。
ちなみに、いま列挙した愚行を、先述の加工カメラマンはもれなく行っていることを付け加えておきます。
「風上にも置けない」という言い方は、こんな時に使うのでしょう。

こんな輩とは絶対に一緒にノビタキを撮ることはしたくありません。儚げでさびし気で、どこか侘しげでもある秋ノビとは、できる限り一人で対峙したい、少なくとも自然を慈しむ気持ちのある方と一緒に見つめたいのです。しかしながら地元が同じであることから、どうしても顔を合わせる機会が多いのです。4〜5年前に、ムクゲの花に留まるノビタキがいるポイントで出会ってしまい、あれは何の花かと聞かれてしぶしぶ教えたことを思い出しました。ムクゲの花を知らないが、花どまりなら絵になると考えているのでしょう。原っぱのなんでもないノビなら、レンズを向けることはしないのでしょう。

やれやれ、少し熱くなってしまいました。大人げないですね。

それでは、原っぱやその周辺のノビタキです。

(1) サトイモとノビタキ
nobitaki60036
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/160秒 f1.8 露出補正0  ISO400 絞り優先

(2) オオアレチノギク(orヒメムカシヨモギ)とノビタキ
nobitaki60089
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/200秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO400 絞り優先

(3) セイタカアワダチソウとノビタキ(台風や長雨の影響か、あまりきれいではないです)
nobitaki60108
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/160秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO400 絞り優先

(4) 園芸作物とノビタキ
nobitaki60125
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/100秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO400 絞り優先

(5) 支柱とノビタキ
nobitaki60155
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/160秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO400 絞り優先

(6) イヌビエ?とノビタキ
nobitaki60195
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/320秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO400 絞り優先

(7) ???とノビタキ
nobitaki60235
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/160秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO400 絞り優先

(8) 支柱とノビタキ
nobitaki60272
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/160秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO400 絞り優先

(9) アメリカハナミズキの苗とノビタキ
nobitaki60286
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/160秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO400 絞り優先

(10) 水たまりとノビタキ
nobitaki60295
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/200秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO400 絞り優先

(11) 近くに留まったノビタキ
nobitaki60349
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/640秒 f1.8 露出補正-0.7  ISO400 絞り優先

(12) 同上
nobitaki60373
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/640秒 f1.8 露出補正-0.7  ISO400 絞り優先

(13) ???とノビタキ
nobitaki60442
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/500秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO400 絞り優先

(14) 支柱ノビ
nobitaki60478
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/400秒 f1.8 露出補正0  ISO400 絞り優先

(15) 収穫を終えたサツマイモの蔓とノビタキ
nobitaki60510
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/500秒 f1.8 露出補正-0.3  ISO400 絞り優先

(16) 同上
nobitaki60547
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/800秒 f1.8 露出補正-0.7  ISO400 絞り優先

(17) 同上
nobitaki60604
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/800秒 f1.8 露出補正-0.7  ISO400 絞り優先

(18) 同上
nobitaki60614
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/800秒 f1.8 露出補正-0.7  ISO400 絞り優先

(19) 同上
nobitaki60682
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/800秒 f1.8 露出補正-0.7  ISO400 絞り優先

(20) アキノノゲシとノビタキ
nobitaki60587
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/640秒 f1.8 露出補正-0.7  ISO400 絞り優先

(21) 支柱ノビ
nobitaki60657
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/500秒 f1.8 露出補正-0.7  ISO400 絞り優先

次回もノビタキの予定です。


ノビタキだより 2018秋(1)

遅れに遅れてしまいましたが、2018年秋の「ノビタキだより」を配信いたします。
今季、秋の里ノビは少ない方ではなかったと思うのですが、昨年までのようにバリエイション豊かな撮影は叶いませんでした。というのも、これはタイミングもあるのでしょうが、市西部地区の農地には何度も通ったものの、うまく遭えなかったことがほとんどでした。
また、地元M田圃では、これまでよく見かけられた農地の環境がかなり大きく変わったところもあって、観察できた場所がわずかに2ヶ所ほどという不作ぶり。ノビタキ自体は最大7羽観察できた所もあってまずまずなのでしょうが、毎日同じ農地では、撮影枚数も自ずと少なくなります。

まあ、自然相手ではこうした変化は致し方ないことです。
下は、今季一番目に撮影した、遠い里ノビです。セイタカアワダチソウが、まだほんのり色づいたばかりでした。
(1)
nobitaki00124
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/400秒 f1.8 露出補正0  ISO400 絞り優先

周辺の植物などです。
(2) コスモス
kosumosu70018
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO  Tv1/1000  Av10.0 Ev-0.7 ISO400

(3) コスモス(ナミアゲハ)
namiageha20127
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO  Tv1/1600  Av5.0 Ev-0.3 ISO640

(4) 同上
namiageha20194
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO  Tv1/3200  Av4.5 Ev-0.3 ISO640

(5) コスモス(ホシホウジャク)hosihojaku20160
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO  Tv1/2500  Av4.5 ISO640

(6) 同上
hosihojaku20164
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO  Tv1/2500  Av4.5 ISO640

(7) コスモス(チャバネセセリ)
tyabaneseseri20235
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO  Tv1/1600  Av4.5 ISO640

(8) コセンダングサ(ウラナミシジミ)
uranamisijimi20252
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO  Tv1/1600  Av4.0 Ev-0.3 ISO640

(9) ツユクサ
tuyukusa10072
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO  Tv1/250  Av6.3 Ev-0.3 ISO640

(10) 同上
tuyukusa10083
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO  Tv1/320  Av6.3 Ev-0.7 ISO640

(11) ミゾソバ(イチモンジセセリ)
mizosoba10099
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO  Tv1/640  Av5.0 ISO640

(12) 同上
mizosoba10106
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO  Tv1/800  Av5.0 Ev-0.3 ISO640

(13) ジョロウグモ
jyorougumo10123
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO  Tv1/320  Av5.0 Ev-0.3 ISO640

それではM田圃の原っぱノビです。
(14)
nobitaki40067
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/100秒 f1.8 露出補正0  ISO400 絞り優先

(15)
nobitaki40076
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/200秒 f1.8 露出補正0  ISO400 絞り優先

(16)
nobitaki40154
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/200秒 f1.8 露出補正0  ISO400 絞り優先

(17)
nobitaki40148
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/200秒 f1.8 露出補正0  ISO400 絞り優先

(18)
nobitaki40176
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/200秒 f1.8 露出補正0  ISO400 絞り優先

(19)
nobitaki40201
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/200秒 f1.8 露出補正0  ISO400 絞り優先

(20)
nobitaki40232
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/160秒 f1.8 露出補正0  ISO400 絞り優先

このときは小雨が降っていました。
(21) 
nobbitaki40244
KOWA TSN774+OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8+KOWA 25-60x Wide Zoom Eyepiece TE-11WZ(35mm 換算1250-3000mm相当) 1/125秒 f1.8 露出補正0  ISO400 絞り優先

(22) ヤブツルアズキ(ヒメカノコテントウ)
yabuturuazuki70255
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO  Tv1/1250  Av5.0 ISO400

(23) 同上(クロウリハムシ)
yabuturuazuki70262
OM-D E-M1 Mark+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO  Tv1/640  Av5.0 ISO400

暫くはノビタキが続く予定です。

「第14回 秋ヶ瀬野鳥クラブ写真展」のお知らせ

第14回秋ヶ瀬野鳥クラブ写真展案内ハガキ
上記の日程で、写真展が開催されます。
秋ヶ瀬周辺にいらした方は、お立ちよりいただければ幸いです。

私の写真? 期待しないでください><。
Profile

漂鳥

Archives
記事検索
blogram投票ボタン
  • ライブドアブログ