時々の野鳥たち

季節ごとに移ろう“漂鳥”のごとくあちこちを歩いて、野鳥を撮らせてもらっています。 その「時々の野鳥」を記したいと思います。                       

花いろいろ(2)

近所の花撮りのpart兇砲覆蠅泙后

地味な花を三種。こちらはミドリロウバイ。
(1)
midoriroubai90491
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv500 Av3.2 ISO400

そしてこちらがクロバナロウバイ。
(2)
kurobanaroubai90497
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv250 Av3.2 ISO400

香りがバナナそっくりのカラタネオガタマです。
(3)
karataneogatama90506
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv640 Av3.2 ISO400

フタリシズカは多く咲いていず、思うような画になりません。
(4)
hutarisizuka90520
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv640 Av9.0 ISO400

アマドコロは多くは盛りを過ぎました。
(5)
amadokoro90532
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv1000 Av2.8 ISO400

ウツギは、多分今頃が満開でしょう。チョウはコミスジ。
(6)
utugi90536
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv2000 Av2.8 ISO400

ウラシマソウですが、一株だけそれらしいのが残っていました。
(7)
urasimasou90543
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv1600 Av4.0 ISO400

セイヨウオダマキを2態。
(8)
seiyouodamaki90548
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv200 Av4.0 ISO400

(9)
seiyouodamaki90550
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv200 Av4.0 ISO400

タツナミソウはまだ元気でした。
(10)
tatunamisou90564
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv160 Av4.0 ISO400

チゴユリも少しだけ咲き残っていました。
(11)
tigoyuri90570
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv500 Av4.0 ISO400

チョウジソウに頭を突っ込むのは、ヒゲナガハバチの仲間。
(12)
tyoujisou90583
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv500 Av4.0 ISO400

シャクヤクもまだ残っていました。
(13)
syakuyaku90595
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv500 Av4.0 ISO400

ツルニチニチソウは息の長い花です。
(14)
turunitinitisou90598
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv800 Av4.0 ISO400

キンランも少しだけ咲き残っています。
さてここからはレンズを変えて、12-100mm F4.0  Proを使ってみます。
まずまずでしょうか。

(15)
kinran90616
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED12-100 F4.0 pro Tv400 Av4.0 ISO400

(16) 同上
kinran90651
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED12-100 F4.0 pro Tv400 Av4.0 ISO400

翅を休めるナミアゲハ。
(17)
namiageha90635
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED12-100 F4.0 pro Tv2000 Av4.0 ISO400

セイヨウシャクナゲ。白花は特にきれいです。
(18)
syakunage90690
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED12-100 F4.0 pro Tv640 Av4.0 ISO400

チョウはダイミョウセセリ。あえて遠目から。
(19)
daimyoseseri90700
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED12-100 F4.0 pro Tv400 Av4.0 ISO400

少し近くから。
(20)
daimyoseseri90813
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED12-100 F4.0 pro Tv2500 Av4.0 ISO400

こちらはコミスジ。
(21)
komisuji90792
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED12-100 F4.0 pro Tv3200 Av4.0 ISO400

ボケボケですが、ナガサキアゲハの♀。
(22)
nagasakiageha90738
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED12-100 F4.0 pro Tv100 Av4.0 ISO400

ラストはM田圃にもどり、マツバウンランを探しました。とても良い花だと思います。
(23)
matubaunran90884
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED12-100 F4.0 pro Tv3200 Av4.0 ISO400

(24)
matubaunran90895
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED12-100 F4.0 pro Tv2500 Av4.0 ISO400

(25)
matubaunran90898
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED12-100 F4.0 pro Tv2500 Av4.0 ISO400

今日はこれまで。

花いろいろ

このところ気温の上げ下げが激しいですね。それでも来週あたりは、またかなり暑くなる由。
汗っかきの自分としては、辛い季節が始まります。汗をかくこと自体はそれほどイヤではないんですが、人前に出るのがかなり恥ずかしいです。とにかく1年の内、5か月はじゃんじゃん汗をかいていますから。手足や顔も日に焼けるし、シミはできちゃうしで困ったものです。

さて、4月の下旬に撮った花などを貼らせていただきます。
この頃、シャガはまだまだきれいに咲いていました。
(1)
syaga90024
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv640 Av2.8 ISO400

シランです。
(2)
shiran90038
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv5000 Av2.8 ISO400

愛らしいヒナゲシです。
(3)
popy90043
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv8000 Av2.8 ISO400

園芸種でアグロステンマ(和名=ムギセンノウ)です。
(4)
mugisennou90048
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv6400 Av2.8 ISO400

オダマキ。
(5)
odamaki90063
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv1250 Av2.8 ISO400

数あるハーブの中では、カモミールはわりと好きな花です。
(6)
kamomiru90060
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv6400 Av2.8 ISO400

M田圃を歩いていたら、セイヨウシャクナゲを咲かせている一角がありました。
(7)
seiyoshakunage90115
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv5000 Av3.2 ISO400

野の花も。こちらはキツネアザミです。古くに帰化した植物です。
(8)
kituneazami90075
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv3200 Av4.0 ISO400

さらに別の一角では、カノコソウ?がたくさん咲いています。
(9)
kanokosou90159
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv8000 Av4.0 ISO400

(10) 同上
kanokosou90163
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv5000 Av4.0 ISO400

こちらはダッチアイリスでしょうか。
(11)
duchiris90181
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv800 Av4.0 ISO400

尾形光琳はカキツバタですが、こちらは乾燥地に咲くアヤメ。
(12)
kakitubata90194
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv1250 Av4.0 ISO400

ナガミヒナゲシは、もう残り少なくなりました。
(13)
nagamihiagesi90196
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv4000 Av4.0 ISO400

今の時季、アカシアの白い花が目立ちます。
(14)
akasia90206
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv3200 Av4.0 ISO400

サンザシというと、白い一重花を想起しますが、こんな赤い八重咲種もあるんですね。
(15)
sanzasi90217
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv320 Av4.0 ISO400

ウマノアシガタです。
(16)
umanoasigata90227
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv1000 Av4.0 ISO400

そのウマノアシガタに留まるのは、例によってヤブキリの幼生。深度合成モードを使っています。
(17)
yabukiri90276
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv3200 Av4.0 ISO400

かろうじてハンカチノキの花が残っていました。
(18)
hankatinoki90299
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv640 Av4.0 ISO400

とてもきれいな、これはサクラバラでしょうか。葉が違うような気もしますが…
(19)
sakurabara90314
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv640 Av4.0 ISO400

(20)
P4290315_R
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv500 Av4.0 ISO400

ヒゲブトハナムグリはあまり数が多くないらしいですが、この場所にはたくさんいました。
(21)
higebutohanamuguri90348
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv2000 Av4.0 ISO400

(22) 同上
higebutohanamuguri90368
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv800 Av4.0 ISO400

ヒラタアブの仲間。
(23)
hirataabu90420
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv1000 Av4.0 ISO400

ビロードコガネ。
(24)
biroudokogane90462
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv80 Av4.0 ISO400

まだまだたくさんあるので、次回以降に。

植物園、そして高層湿原へ

連休も終わってしまいました。この間なかなか鳥見にも行けず、残念でした。

連休の前の週の休みに、隣県の植物園と高層湿原に行ってみました。植物園ではGWの頃にはたいていオオルリやキビタキが来ているので、それも目当てに行ってみました。ただやはり少し早かったのか、それら代表的な2種には会えませんでした。
花も、好きなクリンソウがまだ咲いていず、少々気落ちぎみでしたが、目についた花から順次撮影してみました。

まず目についたのはフデリンドウ。そちこちに咲いていました。
(1)
huderindou20001
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv320 Av3.5 ISO400

シャクナゲは、昨今セイヨウシャクナゲが全盛ですね。きれいで見栄えもするのですが、日本のアズマシャクナゲの佇まいに殊のほか惹かれます。ここは植物園ですが、山歩きしていてこの花に出会えると、ましてシャクナゲの群落がトンネルになっていたりすると、これはもう至福の瞬間と言っても差し支えないくらいの気分になります。
(2)
azumasyakunage20022
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv2500 Av3.5 ISO400

(3)
azumasyakunahe20032
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv1000 Av3.5 ISO400

蟻はムネアカオオアリでしょうか。
(4)
muneakaoari20044
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv800 Av3.5 ISO400

多分ミツバツチグリ。
(5)
mitubatutiguri20059
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO T1250 Av5.6  Ev-0.3 ISO400

アカヤシオです。赤八汐と書きます。まだまだ咲き始めです。
(6)
akayasio20063
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO T800 Av7.1  Ev-0.3 ISO400

湿地にはミズバショウがわずかに咲き残っていました。白い花びら状のものは、葉が変形してできた仏炎苞と呼ばれる総苞片ですね。中心の黄色の円柱状のものが、小花が集まった花序になります。
(7)
mizubasyo20093
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO T2500 Av4.0  ISO400

こちらはオオカメノキ。
(8)
okamenoki20088
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO T3200 Av4.0  ISO400

オタカラコウにとまるのはヤブキリの幼生。E-M1 Mark兇任六箸い笋垢なった深度合成機能を使ってみました。
(9)
yabukiri20119
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO T2000 Av3.5  ISO400

オタカラコウの花。こうして水辺に咲きます。
(10)
otakarakou20124
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO T1600 Av3.5  ISO400

同じく水中から顔を出すコウホネ。
(11)
kohone20139
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO T2000 Av3.5  ISO400

花の中(雌蕊?)はこんな色。
(12)
kohone20135
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO T1600 Av3.5  ISO400

やはり水辺に咲くのはミツガシワ。
(13)
mitugasiwa20130
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO T3200 Av3.5  ISO400

植物園内で撮影できた鳥は、わずかにコサメビタキだけでした。三番(ツガイ)くらい見られました。
(14)
kosamebitaki10727
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv1/640  Av5.0  ISO400 

(15)
kosamebitaki10771
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv1/400  Av5.0  ISO400 

それでは高層湿原へ移動しましょう。
標高が1400mほどあるこの湿原では、この時点では植物はまだほとんど芽吹いていませんでした。今ならおそらくきれいな芽生えに出会えることでしょうね。
(16)
sirakaba20152
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv8000 Av3.5 ISO400

ニュウナイスズメがいました。
(17)
nyunaisuzume10818
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv1/800  Av5.0  ISO400 

いつもいるマガモ。
(18)
magamo10865
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv1/400  Av5.0  ISO400 

ここでもコサメビタキに会えました。このクリクリ眼が可愛いから、何度会えても嬉しいものです。
(19)
kosamebitaki10894
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv1/800  Av5.0  ISO400 

動き回るコガラをなんとかワンショット。
(20)
kogara20349
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv1/160  Av5.0  ISO400 

さて、春から秋までこの湿原で見られる代表的な鳥がノビタキです。すでにペアになっていて、雄が良い声を聞かせてくれました。とまっているカラマツも背景もモノトーンに近いですが、この時期ならではです。
(21)
nobitaki10945
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv1/800  Av5.0  ISO400 

(22)
nobitaki20137
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv1/1000  Av5.0  ISO400 

かなり遠いですが、あえてトリミングはしません。
(23)
nobitaki20201
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv1/1000  Av5.0  ISO400 

(24)
nobitaki20245
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv1/1000  Av5.0  ISO400 

(25)
nobitaki20273
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv1/800  Av5.0  ISO400 

(26)
nobitaki20315
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv1/800  Av5.0  ISO400 

偶然ですが、全部ノビが右向きでした。
植物園と高層湿原という異なる環境での撮影は、なかなか興味深いものでした。

春山にて

連休は、一応暦通りの休みなのですが、諸般の、しかもかなり重たい事情で遠くへ行くこと叶わず、気も晴れぬまま近所で時間つぶしをしています。

その連休の前の週、お山へ様子を見にいってみました。
案の定、例年より暑いせいで、お山はきれいな緑に被われていました。毎年のように新緑を見に来ますが、いつでも心洗われる春山の緑のグラデーションです。

“山笑う”とは、ほんとうに
よく言ったものですね。

さてカメラですが、中古ではありますがE-M1 Mark兇鮃愼しました。レンズもデジスコ用の25mmF2.8の他に300mmF4.0PRO/12-100mmF4.0 PRO およびテレコンバーターレンズMC-14を併せて購入。これもすべて中古ですが、見た目はかなりきれいな代物です。

Mark兇砲弔い討2年以上前からずっと気になっていました。超強力な手振れ補正・連写の速さ・E-M1では発揮されなかった合焦の速さ・高画質・昆虫等を接写する際の深度合成モード・プロキャプチャーモード等々、魅力的な付加価値満載のカメラなのです。

鳥撮りに関しては、デジスコドットコムの方でこのMark桐僂離▲瀬廛拭爾魍発してくれているので、基本デジスコでいきます。ただどうしても精彩に撮りたい飛びものなどは、やはりミラーレスマイクロフォーサーズ機といえどもデジスコよりはいくらか良い画像が得られるかと考えています。テレコン込みで840mmの画角が得られるので、少しは使えるようになるでしょうか。鷹の渡りが楽しみです。
12-100mmは普段使い。本当は40-150mmも欲しかったのですが、まあキリがないのでこのくらいいで。

この日は林道を歩かねばならないので、デジスコはまだ以前の機器で。花や風景のみ60mm macroで撮りました。
(1)
haruyama10048
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv800 Av7.1 Ev-0.3  ISO400

(2)
haruyama10039
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv1000 Av8.0  ISO400

山桜も良く咲いていて、まことに喜ばしい景色です。
(3)
haruyama10043
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv800 Av7.1  ISO400

林道を歩き標高を少し上げると、針葉樹(植林した杉ですが)・広葉樹の混交林となります。
(4)
haruyama10135
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv640 Av7.1 Ev-0.7  ISO400

キブシも咲いています。
(5)
kibusi10078
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv3200 Av3.5  ISO400

さて足下に目をやれば…
咲いているのはミヤマキケマン。
(6)
miyamakikeman10054
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv500 Av6.3 Ev-0.7  ISO400

こちらはモミジイチゴでしょうか。
(7)
momijiitigo10036
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv250 Av4.0 ISO400

おや、テントウムシ。ニジュウヤホシテントウの仲間のようです。
(8)
28hositentou10017
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv400 Av5.0  Ev-0.3  ISO400

深度合成機能を使ってみました。なるほど接写にもかかわらず、ピントの合う範囲が広いです。
(9)
28hositentou10035
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv400 Av5.0  ISO400

お、崖側にヤマカガシ! 久しぶりに見たなあ。
(10)
yamakagasi10116
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv100 Av4.0  Ev+0.3  ISO400

さらにサカハチチョウの春型。なかなかきれいです。何かの動物の糞にとまっています。
(11)
sakahatityou10158
OM-D E-M1 Mark供M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv500 Av5.6  Ev-0.7  ISO400

逃げてしまうと思い、先にデジスコで撮ったもの。逆光がイイ感じです。
(12)
sakahatityou10697
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv1/250  Av5.2  ISO400 

さて鳥はいないかな。そちこちでオオルリの声は聞こえてきますが、なかなか良いところに姿を現してくれません。
これはまだ日が高く上る前のもの。色がもうひとつ出ません。若い個体のようです。
(13)
oruri10370
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv50  Av4.9  ISO400 

アカゲラがいます。雌ですが、なんかイイ感じです。
(14)
akagera10373
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv60  Av4.9  ISO400 

(15) 同上
akagera10402
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv50  Av4.9  ISO400 

(16) 同上
akagera10436
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv40  Av4.9  ISO400 

デジスコの山桜。
(17)
yamazakura10449
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv1/800  Av4.9  ISO400 

ミソサザイもあちこちで鳴いていますが、この頃まだ警戒心が強く、少し近づくと行ってしまいます。
遠くから、巣材をくわえたものをかろうじて。
(18)
misosazai10466
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv1/60  Av4.9  ISO400 

またオオルリ。今度はお日様があたってしまい、しかもこちらも若く、良い色合いになりません。オオルリは難しい鳥です。
(19)
oruri10504
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv1/250  Av5.2  ISO400 

(20) 同上
oruri10519
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv1/250  Av5.2  ISO400 

(21) 同上
oruri10525
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv1/250  Av5.2  ISO400 

ヒガラも難しかった><。
(22)
higara10595
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv1/160  Av5.2  ISO400 

こちらはヤマガラ。
(23)
yamagara10604
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv1/160  Av5.2  ISO400 

(24) 同上
yamagara10628
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv1/160  Av5.2  ISO400 

そんなことで連休中にリトライしたかったのですが、ちょっと無理かな。
ま、人生いろいろあります。

OLYMPUS OM-D E-M1逝く

今季は異常なほどに暖かく、よって花の開花も早いので。いつもより早めに市内の花の旧家を訪れました。
案の定、色々な花が出迎えてくれました。
それでは早速撮影しましょう。

先にM田圃で目についた花を写します。こちらはナガミヒナゲシ。
(1)
nagamihinagesi50023
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv3200 Av3.5  ISO400

こちらはオウバイ(黄梅)。と言っても梅ではありませんが。
(2)
oubai50043
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv1600 Av3.5  ISO400

(3)
oubai50045
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv800 Av3.5  ISO400

(4) アメリカハナミズキ
americahanamizuki50052
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv1250 Av3.5  ISO400

さて、旧家におじゃまします。
こちらはシラユキゲシ。
(5)
sirayukigesi50053
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv1250 Av3.5  ISO400

(6) 同上
sirayukigesi50079
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv800 Av3.5  ISO400

(7) 同上
sirayukigesi50083
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv800 Av3.5  ISO400

(8) オオデマリ
odemari50090
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv500 Av3.5  ISO400

(9) タツナミソウ
tatunamisou50110
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv400 Av3.5  ISO400

(10) チゴユリ
tigoyuri50129
OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED75-300mm Tv1/60  Av6.3  ISO400

(11) 同上
tigoyuri50168
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv60 Av5.6  ISO400

(12) ハナイカダ
hanaikada50182
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv400 Av3.2  ISO400

(13) チョウジソウ
tyoujisou50188
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv400 Av3.2  ISO400

(14) 同上
tyoujisou50213
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv125 Av5.6  ISO400

(15) ムラサキハナナ
murasakihanana50219
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv500 Av2.8  ISO400

今回、まだ早いかなと思っていたキンンランが、そちこちに咲いていたのが嬉しかったですね。
(16)
kinran50226
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv100 Av2.8  ISO400

(17) 同上
kinran50233
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv125 Av2.8  ISO400

(18) イカリソウ
ikarisou50243
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv125 Av2.8  ISO400

(19)
ikarisou50269
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv100 Av2.8  ISO400

(20) アマドコロ
amadokoro50278
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv200 Av2.8  ISO400

(21) 同上
amadokoro50294
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv100 Av2.8  ISO400

(22) ホウチャクソウ
houtyakusou50288
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv250 Av2.8  ISO400

(23) 同上
houtyakusou50301
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv100 Av2.8  ISO400

そしてこの旧家では最も有名なのがクマガイソウです。
(24)
kumagaisou50321
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv40 Av3.5  ISO400

と、ところが、あと数枚このクマガイソウを写したら、突然カメラがホワイトアウトしたと思いきや、完全に電源が落ち、その後カメラはうんともすんとも言わなくなってしまったのです。

アチャー、壊れちまったぜよ!!!

他にユキモチソウ・ハンカチノキ・ウマノアシガタ・ヒトツバタゴ・黒ロウバイ等々、写したいものがあったのに…

さてどうする。修理に出せばまだまだ写せるでしょうが、ずっと面白い機能が付加されているOM-D E-M1 Mark兇魄柄阿らずっと欲しかったので、これを機に買い替えるか?
でももちろん、決して安くはないし、買い替えたらレンズも欲しいしで…

どうする自分???

花 虫…(3)

4月の中旬、県中部の雑木林周辺で出会えた花や虫です。

地を這うように咲くキランソウ。
(1)
kiransou40383
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv640 Av3.5  ISO400

こちらはアケビ。雄花雌花の双方が見られます。
(2)
akebi40277
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv200 Av4.0  ISO400

(3) 同上
akebi40286
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv200 Av4.0  ISO400

ノジスミレは愛らしきスミレです。
(4)
nojisumire40334
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv320 Av4.0  ISO400

(5) 同上
nojisumire40339
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv400 Av4.0  ISO400

ムラサキハナナを吸蜜するスジグロシロチョウ。
(6)
sujigurosirotyou40371
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv1250 Av3.5  ISO400

ベニシジミ。
(7)
benisijimi40418
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv1250 Av3.5  ISO400

白い花はミツバウツギ。様々な虫を引き寄せます。
(8)
mitubautugi40165
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv500 Av4.0  ISO400

こちらはヒメウラナミジャノメ。
(9)
himeuranamijyanome40449
OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED75-300mm Tv1/400  Av6.4  ISO400

こちらはビロードツリアブ。
(10)
biroudoturiabu40480
OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED75-300mm Tv1/500  Av6.7  ISO400

(11) 同上
biroudoturiabu40486
OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED75-300mm Tv1/500  Av6.7  ISO400

多分シロスジヒゲナガハナバチ。
(12)
sirosujihigenagahanabati40495
OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED75-300mm Tv1/400  Av6.4  ISO400

ツマキチョウの♀。
(13)
tumakityou40507
OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED75-300mm Tv1/500  Av6.7  ISO400

(14) 同上
tumakityou40519
OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED75-300mm Tv1/800  Av6.7  ISO400

こちらはスジグロシロチョウ。
(15)
sujigurosirotyou40522
OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED75-300mm Tv1/500  Av6.5  ISO400

グミの花はなかなか地味です。
(16)
gumi40397
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv640 Av3.5  ISO400

イチリンソウ。
(17)
itirinsou40174
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv640 Av4.0  ISO400

(18) 同上
itirinsou40222
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv1000 Av4.0  ISO400

ラストは愛らしきシジミバナ。
(19)
sijimibana40124
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv640 Av5.0  ISO400

花 鳥 虫…(2)

県中部の雑木林へチョウを見に行ったのが今月の半ば。ところが生憎気温が低く、虫はほとんど飛ばないという運の悪さ。まあ運がないのはほぼ生まれつきなので慣れてはいるんですが…。

ま、でも花も咲いているし、目につくものから撮影してみましょう。
雑木林の中のよく手入れをされている林床に、ジュウニヒトエが点々と咲いているのが目に留まります。地味ですが、なんとなく捨て置けない花でしょうか。
(1)
jyunihitoe40582
OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED75-300mm Tv1/125  Av5.1  ISO400

林の中に咲くヤマツツジを食すヒヨドリ。
(2)
hiyodori00823
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv100  Av5.1  ISO400 

ツツジにはさほど興趣もわかないのですが、青葉の頃のヤマツツジはいいですね。
(3)
yamatutuji40037
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv500 Av5.6  Ev-1  ISO400

クヌギの樹上で動くものが!
お〜、これはイカルではないですか。冬場、むしろ集団で平地の林にやってくるのは何度か見てきましたが、数羽で春の林で見るのは初めてでした。クヌギやコナラの花穂や若葉をムシャムシャやってました。
(4)
ikaru10010
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv640  Av5.1  ISO400 

(5)
ikaru10025
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv640  Av5.1  ISO400 

(6)
ikaru10057
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv640  Av5.1  ISO400 

(7)
ikaru10138
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv320  Av5.1  ISO400 

こちらはアオダモの花。アオダモというと野球のバットで有名ですが、こんな清楚な花を咲かせます。
(8)
aodamo00874
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv160  Av5.1  ISO400 

さらに林内を歩きます。
おや、白いケマンが咲いているぞ! ムラサキケマン・キケマン・ミヤマキケマンと3種ありますが、白いのは見たことがありません。後で調べたらユキヤブケマンという名が付けられていました。
(9)
sirobanakeman40159
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv200 Av4.0  ISO400

(10)
sirobanakeman40237
OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED75-300mm Tv1/160  Av5.1  ISO400

フデリンドウが数株。でも開いているのはここでは一輪だけでした。
(11)
huderindou40115
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv200 Av5.0  ISO400

カントウタンポポにニホンミツバチ。
(12)
nihonmitubati40293
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv100 Av3.2  ISO400

同じくベニシジミ。でも、こちらはセイヨウタンポポかな。
(13)
benisijimi40070
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv1600 Av3.5  ISO400

セリバヒエンソウはここでもたくさん見られました。ずいぶん増えているんですね。
(14)
seribahiensou40129
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv400 Av5.0  ISO400

(15)
seribahiensou40272
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv250 Av4.0  ISO400

(16)
seribahiensou40355
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv640 Av4.0  ISO400

ムラサキハナナ。
(17)
murasakihanana40363
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv1000 Av3.5  ISO400

クサノオウ。
(18)
kusanoou40215
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv640 Av4.0  ISO400

こちらはヤマフジ。
(19)
yamafujiP4140233
OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED75-300mm Tv1/400  Av6.2  ISO400

やっとチョウが。コミスジですね。羽化して間もないのでしょうか、きれいな個体です。
(20)
komisuji40228
OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED75-300mm Tv1/400  Av6.4  ISO400

長くなるので、続きはまた次回に。

花 鳥 虫…

日本列島はやっぱり広いというか長いなって思います。
例えば青森の桜は今週末が見ごろだと言います。桜のことなんて、こちとらもうすっかり脳裏から消えているというのにです。北国の桜はとてもきれいらしい。いつか一度見てみたいものです。

さて、相変わらずの身近な花や生き物たちです。構成する時間がないので、撮った順です。
まずはレンジャクやコイカルの森の中で出会えた連中を。

(1) ジロボウエンゴサク
jirobouengosaku80020
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv500 Av5.6  Ev-1  ISO400

(2) スミレの仲間
sumire80035
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv320 Av4.5  ISO400

(3) ムラサキケマン
murasakikeman80042
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv800 Av3.5  ISO400

(4) テングチョウ
tengutyou80074
OM-D E-M1 LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm / F4.0-5.6  Tv1600 Av5.6  ISO400

(5) アケビ
akebi80086
OM-D E-M1 LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm / F4.0-5.6 Tv800 Av5.6  ISO400

(6) アジアイトトンボ
ajiaitotonbo80137
OM-D E-M1 LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm / F4.0-5.6 Tv2000 Av5.6  ISO400

(7) カルガモ
karugamo80144
OM-D E-M1 LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm / F4.0-5.6Tv800 Av5.6  ISO400

(8) 森の池
sinryoku80612
OM-D E-M1 LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm / F4.0-5.6 Tv400 Av5.6  ISO400

(9) コイカル
koikaru00535
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv400  Av5.1  ISO400 

(10) シジュウカラ
sijyukara00557
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv160  Av5.1  ISO400 

(11) 同上
sijyukara00764
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv400  Av4.9  ISO400 

(11) ヒレンジャク
hirenjyaku00714
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv500  Av4.9  ISO400 

(12) 萌え出ずる命
sinme00747
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv500  Av4.9  ISO400 

(13) シャガ
syaga80189
OM-D E-M1 LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm / F4.0-5.6 Tv640 Av5.3  ISO400

(14) セリバヒエンソウ
seribahiensou80198
OM-D E-M1 LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm / F4.0-5.6 Tv400 Av5.4  ISO400

(15) カラスノエンドウ
karasunoendou80201
OM-D E-M1 LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm / F4.0-5.6 Tv1250 Av5.4  ISO400

(16) アカハネムシ
akahanemusi80292
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv640 Av3.5  ISO400

(17) 同上
akahanemusi80316
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv800 Av3.5  ISO400

(18) ナミテントウ
namitentou80340
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv1250 Av3.5  ISO400

森を出て、サクラソウの自生地へ。昔よりずいぶん株が減ってしまいましたが、関係者の努力で絶えることなく毎年花が咲き続けていることに感謝です。

(19) サクラソウ
sakurasou80471
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL 75-300 Tv2500 Av5.4  ISO400

(20) シロバナが一輪
sakurasou80453
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL 75-300 Tv3200 Av5.8  ISO400

(21) ヒキノカサ
hikinokasa80442
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv5000 Av3.5  ISO400

(22) アマナ
amana80490
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL 75-300 Tv640 Av5.4  ISO400


(23) クサノオウ
kusanoou80520
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL 75-300 Tv1000 Av5.8  ISO400

(24) ツボスミレ
tubosumire80523
OM-D E-M1 LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm / F4.0-5.6 Tv320 Av5.6  ISO400

(25) ノジスミレ
nojisumire80544
OM-D E-M1 LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm / F4.0-5.6  Tv400 Av5.6  ISO400

(26) ノウルシ
nourusi80594
OM-D E-M1LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm / F4.0-5.6 Tv400 Av5.6  ISO400

In the woods. ―コイカルの森―

季節はどんどん進み行き、フジが咲き、ツツジが咲き、クレマチスも咲き、モッコウバラが早や満開。またそこいらの原っぱには、私の好きなナガミヒナゲシ、マツバウンランなどが開花し、野に彩りを添えています。まだ4月半ばというのに、初夏を思わせる陽気の日も。

この晩春の季節は、最も花の多い季節ではないでしょうか。そしてその花の盛衰の移り変わりが最も早い季節でもあります。街のいたるところで、惜しげもなく白や薄赤の色彩をふりまいていたアメリカハナミズキは、華やかに街を演出していましたが、早くもその頂点が過ぎ去ろうとしています。その内カメラに収めましょうなんて思っている間もなく、すぐにその旬を失ってしまうのです。そんな花がたくさんあって、焦る気持ちを抑えることができません。

花の命が短いのは、なにも昨日今日知ったわけでもないのですが、だから計画的に花撮りに出かけましょう、というのもちょっと違うんですね。まあ、また来年、などとも思い直したりもしますが、今年の花と来年の花と、まったく同じではないですね。花も違うし、こちらの心身の状態も決して同じではないのですから、同じ花、同じ生き物との出会いもやっぱり「一期一会」なのでしょう。
そう思えばなおさら、いま目の前にある一本の野草との会話を慈しみたいと思います。そうした気持ちをなくさないよう、忙しいとか急いでいるとか、他の事物に目や関心が行っているなどのなにかにかまけて、目前のありふれた一本の野草を思う気持ちをなくさないようにしたいものです。

ときに自戒の念をこめて。


さて、もうこうれが最後になるかなと、森にレンジャクを見に行きました。
駐車場に着いてデジスコをセットし、歩き始めると間もなく、かなりの数のカメラマンが集まっています。そうです、大分前からこの森にいるコイカルを目当てとするカメラマンたちです。
ただ、大勢の中に入るのがどうも苦手で、またコイカルは以前に撮影したこともあるので、ここはパスしてレンジャクを探しに行こうと思いました。
ところが皆さんの後ろを通りかかって、何気なく皆が向けるレンズの方向を見ると、おやおや、大分近くで3羽のコイカルが見えるはないですか。しかもレンジャクたちも同じポイントでせっせと採餌しているようです。せっかくなので、皆さんの後方からスコープを鳥に向けてみます。こんなとき焦点距離の長いデジスコは便利ですね。

(1)
koikaru80905
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv400  Av5.1  ISO400 

(2)
koikaru90319
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv320  Av5.1  ISO400 

こちらは雌のコイカル。雌は初めて見ました。シメに似て、しかしシメより優しくたおやかな感じがしませんか?
(3)
koikaru90352
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv250  Av5.1  ISO400 

(4)
koikaru90753
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv800  Av4.9  ISO400 

ものすごく被っちゃって普通はボツですが、新緑の暈け味捨てがたく…
(5)
koikaru90491
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv400  Av5.1  ISO400 

再び雄を。新芽やら何種もの樹木の種子やら、食べるものはたくさんあるようで、それで長逗留していたようです。
(6)
koikaru90439
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv400  Av5.1  ISO400 

(7)
koikaru90706
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv800  Av4.9  ISO400 

(8)
koikaru90805
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv640  Av4.9  ISO400 

森の中で、アオキの花を吸蜜するルリシジミ。残念ながら美しいブルーの翅表は撮れませんでした。
(9)
rurisijimi10017
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv800 Av7.1  Ev-0.7  ISO400

この頃、アオキの花は盛りでした。
(10)
aoki10023
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv640 Av6.3  Ev-0.7  ISO400

(11)
タチツボスミレ。
tatitubosumire10065
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv640 Av6.3  Ev-0.7  ISO400

ネコハエトリかな。
(12)
nekohaetori10088
OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED60MACRO Tv500 Av5.6  ISO400

ヒレンジャクですが、この日はキヅタの実に群がっていて、抜けた写真は撮れませんでした。
まあでも生態写真としては、これでいいんです。
(13)
hirenjaku90916
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv400  Av4.9  ISO400 

(14)
hirenjaku00021
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv400  Av5.1  ISO400 

(15)
hirenjaku00047
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv320  Av5.1  ISO400 

(16)
hirenjaku00184
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv400  Av5.1  ISO400 

(17)
hirenjaku00204
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv400  Av5.1  ISO400 

(18)
hirenjaku00319
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv640  Av5.1  ISO400 

再びコイカルの雄を。時季的なものもあるのでしょう。コイカルは、私が思っていたよりずっときれいな鳥でした。
(19)
koikaru00133
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv640  Av5.1  ISO400 

(20)
koikaru00144
KOWA TSN774 TE-17W LUMIX DMC-GM1S LUMIX G VARIO 12-32 Tv640  Av5.1  ISO400 

もう今は、このコイカルもヒレンジャクも移動していったことでしょう。
夏鳥の飛来もこの森で確認されている由。私も先日、とある森でセンダイムシクイの声を聞きました。
もうすぐ初夏ですね。

植物園にて

konosimaokoku10638

木島櫻谷(コノシマオウコク)という、明治から昭和初期にかけて活躍した日本画家の展覧会に行ってきました。
動物の絵が実に素晴らしく、若冲などとはまた違った世界を見てきました。
動物も良かったのですが、主役とはならない、けれども主たる動物や景色を引き立てる巧妙にして細密な植物の絵がとても良かったです。

展覧会を見終えたその足で、午前の遅くに植物園に行きました。折しも桜がきれいで、ソメイヨシノは盛りを過ぎていましたが、枝垂れや咲き初めの八重が見ごたえがあって、多くの人が訪れていました。
(1) サクラ
sakura10487

サクラもいいですが、モミジがまたいいんです。
(2) イロハモミジ
irohakaede10480

(3)
irohakaede10605

可愛らしい小さなピンクの花をつけるこの樹木は?
正解はカリンでした。あの大きな黄色の果実からは想像もつきませんね。
(4)
karin10613

(5)
karin10616

(6) ヤブイチゴの仲間かな?
ichigo10471

(7) ヤマブキ
yamabuki10509

(8) 同上
yamabuki10511

(9) ヒトリシズカ
hitorisizuka10532

(10) 同上
hitorisizuka10543

(11) キランソウ
kiransou10536

(12) ニリンソウにとまるヤブキリの幼生
nirinsou10549

(13) ニリンソウ
nirinsou10554

(14) セリバヒエンソウ
seribahiensou10558


次回は鳥も出るかな?



Profile

漂鳥

Archives
記事検索
blogram投票ボタン
  • ライブドアブログ