デジスコに較べて、やはりデジイチでの撮影は成功率が格段に高いので、残そうと思える写真も多くなります。オートフォーカスの正確さや速さはますます進化するし、今回は使用しませんでしたが動く被写体に対しての追尾システムやコンティニアスシステム等、いろんな機能が満載です。

露出に関しても、マニュアル・シャッター速度優先・露出優先などの、カメラをあまりよく知らない方には難しそうな扱いも、なに、ちょっと試してみれば苦労というほどもなく写せちゃいます。例えばSSを1/1000秒は欲しい(飛びものなどで)とこちらを固定すれば、あとはカメラが勝手に最適なF値(露出)を選んでくれます。条件によりカメラの判断が明るすぎたり暗すぎたりするときは、それこそワンタッチで補正できますから。ああ、それもなんだか難しそうだなと思ったら、Pモードで十分きれいに写ります。こちらは露出補正もできます。
無論オールカメラ任せのAutoモードでもまったく問題ありませんが、少し自分好みに写したい場合は、そうしたモードを使えばよいし、何度か試せばすぐに慣れるものです。

以前なら鳥の“飛びもの”は、いかに優れたデジイチといえどもそれなりの経験が必要だったようですが、強力な手振れ防止システム等により、焦点距離の長いレンズを使用しても、だれでも気軽に簡単に手持ちで飛ぶ鳥を追えます。

私自身は使用したことがないのですが、ついこの間までのカメラの最上位機種といえば、大きくて重厚なフルサイズ機でした。もちろん今でもこの機種の写りは素晴らしく、これを凌駕するものはないのかも知れません。
またレンズは、とりわけ被写体が小さく遠い鳥撮り用のレンズは、「ゴーヨン」とか「ロクヨン」(800mmもありますね)と呼ばれる“大砲”のように長大なレンズが最高峰でした。価格もどうかすると3ケタを超え、庶民には高根の花で、私なんぞ三代かかっても買えそうもない代物です。
しかしながらミラーレスおよびマイクロフォーサーズ機の登場で、カメラがうんと小型化し、画質もフルサイズ機を凌駕することはなくとも、近いところまで迫る勢いです。マイクロフォーサズマウントの良いレンズも次々に世に出て、風景も、マクロ撮影もどれもとても良い画が撮れます。
それなりの価格にはなりますが、さすがに3ケタには届きませんから、なんか無理できちゃうかな、とそんな感じです。

さてゴタクはこのへんにして、変わらずの干潟の鳥です。
シギたちの飛翔です。
(1)
hisyo00843
OM-D E-M1 Mark+MC-14+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm  F4 IS PRO 1/800秒 F10.0  ISO400

(2) 同上
hisyo00851
OM-D E-M1 Mark+MC-14+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm  F4 IS PRO 1/800秒 F10.0  ISO400

チュウシャクシギの着地。
(3)
tyusyakusigi01029
OM-D E-M1 Mark+MC-14+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm  F4 IS PRO 1/640秒 F9.0  ISO400

飛ぶオオソリハシシギ。
(4)
osorihasisigi01037
OM-D E-M1 Mark+MC-14+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm  F4 IS PRO 1/640秒 F9.0  ISO400

飛ぶチュウシャクシギ。
(5)
tyusyakusigi01039
OM-D E-M1 Mark+MC-14+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm  F4 IS PRO 1/800秒 F10.0  ISO400

飛ぶキアシシギ。
(6)
kiasisigi01062
OM-D E-M1 Mark+MC-14+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm  F4 IS PRO 1/640秒 F9.0  ISO400

富士を背に飛ぶシギたち。
(7)
hisyo01236
OM-D E-M1 Mark+MC-14+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm  F4 IS PRO 1/1250秒 F11.0  Ev-0.3  ISO400

(8) 同上
hisyo01238
OM-D E-M1 Mark+MC-14+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm  F4 IS PRO 1/1250秒 F11.0  Ev-0.3  ISO400

トウネン。
(9)
tounen01376
OM-D E-M1 Mark+MC-14+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm  F4 IS PRO 1/800秒 F10.0  Ev-0.3  ISO400

(10) 同上
tounen01399
OM-D E-M1 Mark+MC-14+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm  F4 IS PRO 1/640秒 F9.0  Ev-0.3  ISO400

(11) 同上
tounen01434
OM-D E-M1 Mark+MC-14+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm  F4 IS PRO 1/640秒 F9.0  Ev-0.3  ISO400

(12) 同上
tounen01471
OM-D E-M1 Mark+MC-14+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm  F4 IS PRO 1/640秒 F9.0  ISO400

(13) 同上
tounen01483
OM-D E-M1 Mark+MC-14+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm  F4 IS PRO 1/640秒 F9.0  ISO400

ハマシギ。
(14)
hamasigi01465
OM-D E-M1 Mark+MC-14+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm  F4 IS PRO 1/640秒 F9.0  ISO400

(15) 同上
hamasigi01741
OM-D E-M1 Mark+MC-14+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm  F4 IS PRO 1/800秒 F10.0 Ev-0.3  ISO400

(16) キアシシギ。
kiasisigi01688
OM-D E-M1 Mark+MC-14+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm  F4 IS PRO 1/640秒 F9.0 Ev-0.3  ISO400

(17) 同上
kiasisigi01826
OM-D E-M1 Mark+MC-14+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm  F4 IS PRO 1/800秒 F10.0 Ev-0.3  ISO400

メダイチドリ。
(18)
medaitidori01763
OM-D E-M1 Mark+MC-14+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm  F4 IS PRO 1/640秒 F9.0 Ev-0.3  ISO400

ゴカイ?を引っ張るダイゼン雌タイプ。
(19)
daizen01659
OM-D E-M1 Mark+MC-14+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm  F4 IS PRO 1/800秒 F10.0 Ev-0.3  ISO400

ダイゼン雄。
(20)
daizen01804
OM-D E-M1 Mark+MC-14+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm  F4 IS PRO 1/640秒 F9.0 Ev-0.3  ISO400

食べ物を捕えたオオソリハシシギ。
(21)
osorihasisigi01603
OM-D E-M1 Mark+MC-14+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm  F4 IS PRO 1/640秒 F9.0 Ev+0.3  ISO400

普通に静止画。
(22)
osori/daizen01564_R
OM-D E-M1 Mark+MC-14+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm  F4 IS PRO 1/800秒 F10.0  ISO400

再度トウネン。夏羽がきれいです。
(23)
tounen01529
OM-D E-M1 Mark+MC-14+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm  F4 IS PRO 1/800秒 F10.0 Ev-0.3  ISO400

これで今回の干潟シリーズを終わります。
現在の干潟のシギチは、大半がシベリア方面へ渡ってしまったようです。
寂しくなるなあ…