2017年04月16日

春は辛い時期

学校では進学、進級。仕事では、就職、新年度、転勤・配置
転換の時期です。大きな変化の中で、緊張しながら、あっと
いう間の時間の経過を感じている人も多いかと思います。

その変化がよかったことか悪かったことか。自分で選択した
道である場合もあるし、自分ではどうしようもならない中で
今の状況にある人もあると思います。

何となく閉鎖的になってしまうと、自分を追い込んでしまう。
仕事のなかでは、よく見られます。放置すると大変なことに
なります。

自分も決して強くない方ですから、何となくすぐに言い込め
られてしまうのですが、そうでないと気づかせてくれるのは
外の人。

いつも一緒じゃないけど、外で一緒に関わってきた人は、
強い味方になってくれます。あ〜そこに自分の居場所が
あるし、頼りにしてくれるって感じさせてくれる。

思い込んだ自分に、違う道があることを気づかせてくれる
のもそんな人たちです。

あと、今の状況は、どうにもならないことか、どうにかでき
ることなのか。

いろんなしがらみがあります。それを全部受け入れていたら
どうしてもそこで終わってしまいます。

そこから、1つでも、呪縛から抜け出す。

それは、自分や身の回りの人の苦しみや大変さを伴うもの
になるかもしれないけど、それくらい大きな変化がないと
自分自身も変えることができない。

一人ではやはり抱えきれないもの。

違った意見に気づかせてくれる人は常に身近にいる環境に
しておいてくださいね。

そんな春は、やはり、前記事にもある、桜とともに流れ、
桜とともに記憶にインプットされていきます。

辛い時期ですが、桜を見て、やはり新しいことに立ち向
かうこと、それがよかったと思えるようであって欲しい
と思います。

先週の雨の中、関東の平地では最後の方の桜。
北関東の桜




学校というシチュエーションは、桜に合いますね。

そして、これがこの春最後の満開の桜かと思われる今日
の風景。
2017最後の桜















青空、水、山のある風景は、最後にふさわしい爽やかな
桜でした…。


hyperchem0511 at 16:04|PermalinkComments(1)TrackBack(0)季節 

2017年04月09日

お花見

もう桜が終わってしまったところ、今真っ盛りな
ところ、まだまだこれからというところもあろう
かと思います。

四季のある日本ですが、屋内や食生活では、季節
性が段々感じなくなってきても、一歩外に出れば、
まだまだ四季が感じられますし、それを楽しむ中
に日本らしさがあると思います。

お花見の食べ物と言えばなんでしょう?

おにぎり、団子、唐揚げ・ザンギ、焼き鳥

上記の4つで結構日本国内でくっきり分かれます。

おにぎりは、関西以西全域と静岡、南関東。
団子は、中部から東北にかけて。
唐揚げ・ザンギは、群馬と北海道。
焼き鳥は、青森。

圧倒的におにぎりが多そうですが、花見団子の
イメージがあるのは、ローカルルールでかなσ(^^ゞ

まだ、本格的に花見はしていませんが、とりあえず
第一弾の桜はこれです。
東京の桜

hyperchem0511 at 09:04|PermalinkComments(1)TrackBack(0)季節 

2017年03月31日

A型

4年前の同じ時期に「B型」という記事を書いています
が、4年ぶりに再会したのは「A型」でした…。

インフルエンザです…orz。

しかも、今回も発見が遅れたためか、長期化。

ひとり暮らしにインフルエンザは、本当に辛く寂しい
時間でした。

最初は急な咳に始まり、その晩にお腹に来たので、
医者では感染性胃腸炎と診断。その薬を続けるも、
悪夢と頭痛に悩まされ、食欲は全くなく、発熱も。

どうにも頭痛に耐えきれず、日曜の当番医に駆け込み、
37.5度以上あったので、強制的に別室へ。そこでは、
全員がインフルエンザの検査をしており、結果、通常
の待合室でないところに案内されたので、これは
まさか…と思ったら、案の定でした。A型ってきつい
やつだよねぇ。長期戦になるなぁ…と。

ここからタミフル開始。翌日から体温は下がり、
それでも人との接触は極力控え、かかってくる仕事
の電話には出たりするが、同一人物とは思えない
受け答えだったらしい…。

そして、熱が出てから7日めに出勤。リハビリがてら
の軽くでしたが、咳と背中の痛みがまだ完治していない
のを実感させられる。

ただ、今回熱は38度以上にはならなかったのは、イン
フルエンザの予防接種をしたおかげかなとちょっと
思いました。

ここからは、前のB型のときもそうでしたが、徐々に
よくなっていくだろうと。

しかし、また発熱したり、とにかく咳が残り、食欲も
出ずで、その翌週から出張。出張先で薬が切れ、出張
先での診察。薬を説明して、さらに、咳が続くのが、
花粉症が気管支に作用してのことではないかと医者で
相談し、花粉症の薬も追加(^_^;)。

最初の咳から半月以上も悩まされることとなりました。
その間に出張や別の通院を取りやめることになり、
出張中は悪化しないようにとかなり注意しながら、
何とかその週の週末を迎えられました。

今回はたまたま行った職場で、その後大流行になった
話を聞きましたが、インフルエンザにならなかったのは、
自分が丈夫になったのではなく、防御がうまくできて
いただけだったのだと実感しました。

さすがにこれからは、インフルエンザも少ないかと
思いますが、今夜も雪になるようです。明日から
4月ですが、皆さんも冬の疲れが出ないように、
気をつけてお過ごしくださいね。


hyperchem0511 at 13:03|PermalinkComments(6)TrackBack(0)できごと 

2017年03月08日

もうあのときには

あのときとは何も変わっていないのに
どうしてうまくいかないのだろう
もう思い出したくもない時間なの?
後悔の時間なの?
長い時間をかけて温めてきたものは
自分が壊してしまったのか
でも
苦しんでるのを見てるのは
やっぱり辛くなる
もう自分では何もできないのか
辛いだけの存在なのか
モヤモヤしたまま
何も解決しない時間だけが過ぎていく
もうあのときには…
いや、決してそんなことはない
きっと…


hyperchem0511 at 03:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0)思い 

2017年02月19日

マインドマップ

マインドマップというのをご存知でしょうか。

『トニー・ブザンが提唱した思考・発想法の一つ。頭の中で
 起こっていることを目に見えるようにした思考ツールのこと。
 描き方は、表現したい概念の中心となるキーワードやイメ
 ージを中央に置き、そこから放射状にキーワードやイメー
 ジを広げ、つなげていく。思考を整理し、発想を豊かにし、
 記憶力を高めるために、想像と連想を用いて思考を展開する。
 この方法によって複雑な概念もコンパクトに表現でき、非常
 に早く理解できるとされ、注目され始めている。人間の脳の
 意味ネットワークと呼ばれる意味記憶の構造によく適合して
 いるので理解や記憶がしやすいと言われている。』
                   − Wikipediaより −

脳は一定の思考回路で処理していきますが、それを目に見える
ように整理していくものですから、思考が定まらなかったり、
見誤っていないかを確認するにもいいものだと思います。

実例がないとわかりにくいかもしれないので、「ブログ」を
お題にサクッと描いてみました(^^ゞ。
マインドマップ(ブログ)






結構、不安に思いながらやっていることがわかりました(^_^;)。
広がっていくキーワードは、自分の思考の中でも重要な位置
づけになっているのではないかと思います。

自分が混乱していたり、ちょっと考えることがあるときは、
こんなツールで解決していくこともあるかもしれませんよ。


hyperchem0511 at 19:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ホッと一息 

2017年02月14日

冬のホッとティー

まだまだ、寒い日が続いていますが、時々
グッと気温の上がる日もあったり、徐々に
春が近づいてきているのを感じます。

普段は甘い系統の飲み物は敬遠していますが、
長い会議の後で水分も十分に摂れず、脳が
疲れた〜というときに、ちょっと欲しく
なった紅茶をご紹介したいと思います。
FAUCHONはちみつナッツアップルティー












とにかく甘そうなものが並んでますね(^_^;)。
『はちみつのやさしい甘みとナッツの香ばしい
 香りで仕上げました。気品あふれるりんごの
 香りに、ナッツの香ばしさとはちみつのやさ
 しさ。心ほぐれるおいしさです 』

もう1つは、これ。
午後の紅茶ミルクティードルチェ和栗モンブラン
















『渋みが少なく優しい味わいの茨城県さしま産
 の紅茶に、同じく茨城県産のふくよかな甘さ
 が特長の「和栗」を合わせた、風味豊かな大人
 のための本格ティードルチェ。』

国産にこだわった組み合わせ。江戸時代から栽培
されてきた伝統ある茶葉を紅茶に加工して使い、
さらに生産量全国一の茨城県産の和栗を使用。

どちらも、普段は手に取らないですが、このときは
よほど体が欲していたのか、たまらなくおいしく
感じました。


hyperchem0511 at 14:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)炭酸・紅茶 

2017年02月12日

あと一歩

いろんな意味で今この「あと一歩」が大事な世の中に
なっていると思います。

人と人の繋がりも…

皆が線引してしまったり、躊躇してしまったら
とてもギクシャクしてしまう
どんどん世の中がそうなっていってる
一歩踏み込む気持ち
一歩踏み込まれてもそれを受け止める気持ち
それが成り立って
信じ合えて、人は人の数以上の力を
発揮できるものだと思います
騙したりあら探ししたり
契約とか証拠とか
そんなものに頼らない世の中であって欲しい

その一歩の踏み込み方も
わからないままに傷つき傷つけ
結局踏み込めなくなる
その一歩が内に向いてしまうと
自分が抱えきれずに耐えきれずに
自分を傷つけてしまう
相手がそう思っていないのに

あと一歩が踏み出せない
どう踏み込んだらいいのか
何かしたい
踏み込んだ一歩が
肩透かしを食ってしまうと
踏み込んではいけないのか
踏み込み方が悪かったかもわからない

タイミングを失うことは怖いこと
あと一歩は
手遅れにならないうちに

手遅れになっても
時間が状況を変えてくれるかもしれない

だから
諦めない


hyperchem0511 at 23:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0)思い 

2017年02月05日

しっとりとした夜

大崎八幡宮1
とても凛とした空気でした
寒いけど、それも心地よくて
まずは、しっかりとお参り
初めての場所なのに
慣れ親しんだ場所のよう
不安と期待が交錯する
そして
訪れたその瞬間に
周りが明るくなったような
錯覚を感じる
長い長い時間が
この瞬間に繋がった
短い時間だったからこそ
しっかり心に留め置かれる
夢のとき
大崎八幡宮2





翌日はこれをいただきました(^^ゞ。
仙台みそかつサンドおむすびと牛たん塩だれおむすび

hyperchem0511 at 02:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)できごと 

2017年01月15日

石川県あれこれ

随分雑なタイトルですが、ブログで上げるタイミグを
逸してしまって、まとめて記事にしました。

1.住所の表記
 全国的に*丁目*番*号でかなり統一された感が
 ありますが、石川県の住所をご存知の方は、あれ?
 と思われたことがあるのではないでしょうか。
 例えば、**市**町イ20とかイロハが使われて
 いるのです。全国的にも珍しいようです。
 さかのぼると、地租改正が行われた頃に各県で独自
 に制定されたようで、たまたま、イロハや甲乙丙が
 使われたのが今に残っているとのこと。
 歴史とともに失われがちなこのような表記ですが、
 保守的な県民性が表れというのもありそうです。
 いろんな地方を回っていると、特徴ある地名や表記
 ってありますよね。

2.温水便座
 これも全国的に普及が進んでいますが、普及率の
 都道府県ランキングをみると、
 1位:滋賀県83%
 2位:福井県80%
 3位:富山県80%
 4位:石川県79%
 5位:新潟県78%
 6位:岐阜県77% 全国平均71%
 と、結構地域的に固まっています。
 北陸は3県とも入っており、この背景には、持ち
 家年齢が低く、そのためリフォームも盛んで、
 温水便座の普及に影響したと考えられます。
 特に金沢では、家族の健康を願ってトイレの下に
 埋める人形があるそうで、加賀藩の時代から今に
 続いているそうです。
 まさしく「トイレの神様」のいる場所で、トイレ
 で亡くなる人も昔から多く、あの世とこの世の境
 の場所だったというのも、温水便座に繋がって
 いるのかもしれませんね。

3.名字
 地域ごとで特徴的な名字はありますよね。自分の
 名字もある地域に多いので、いちいち読みを説明
 するのは、子供の頃からずっとで慣れっこになって
 ます(^^ゞ。
 さて、石川県では、地名を含めて登場するのが、
 「谷内」。「たにうち」と読みがちですが、読み
 は「やち」。そのまま「谷内」という人もいますが、
 「神谷内」「社谷内」「小谷内」「谷内山」なども
 あります。
 「谷内」は地域の地形から生まれた名字のようです。
 間違えて読む人は地域の人ではない→詐欺防止にも
 繋がる利点もありそうですね。 
 
 もう1つ、県名と名字の関係。「石川」というのは
 名字でもあります。名字人口ランキングでは26番目
 で割とメジャーな名字ですが、石川県には120番目
 でかなりレア。都道府県名が名字になっているラン
 キングでは、山口に次いで2位。石川姓率が高い
 都道府県は、秋田、茨木、栃木、静岡、愛知、愛媛
 という分散ぶり。古い名字の1つで、明治時代に
 名字が必要になったときに、石川県にルーツのある
 人が名乗ったというのが有力だそうです。都道府県名
 の名字というのは、そんな形で広まっているのかも
 しれませんね。

4.学校用靴
 これは、呼び方についてです。
 全国的に見ると、大きくは 「上履き」と「上靴」
 に分かれるようです。北陸と東北北部は「ズック」、
 北海道と関西、九州北部は「上靴」で、あとは「上
 履き」のようです。北陸のズックは、オランダ語で
 「布靴」を意味するもの。「ズック」が使われて
 いるエリアは、江戸時代の「北前船」の立ち寄っ
 たエリアに当たります。そんな名残が残っている
 と思うとロマンがありますねぇ。

5.制服
 小学校の制服は、全国的にみると制服率は2割。
 石川県では、制服を標準服と呼んで着ており、
 制服率は8割強にものぼります。学業に専念する
 ためというのがその理由のようです。一方で、
 制服自体は高くても、それだけ着ていれば、
 結果的に私服よりも経済的ということも言えそう
 です。意志の統一感といった意味合い、繊維会社
 も多いことから、産業振興のためというのもあった
 かもしれませんね。
 ちなみに、自分は地域は違いますが、幼稚園から
 高校まで制服だったので、それ以降自由な服装に
 なって非常に戸惑いを感じた記憶があります。

6.冷奴のお供
 季節外れな話題になってしまっていますが、
 冷奴には生姜というのが定番かと思います。
 全国的にみても生姜が76%を占めています。
 ところが、石川県では、生姜は13%、からし
 が63%にもなります。
 明確な理由は分からないようですが、からし
 の防腐効果を経験的に取り入れたためとも
 言われています。自分は生姜派ですが、
 せっかくなので、からしも経験してみようと
 思います。

8.町はまち?ちょう?
 郡部のある都道府県では、*町となっている所が
 あるかと思いますが、このときの町の読みは「まち」
 でしょうか「ちょう」でしょうか。これは、どこかで
 線引ができそうな感じです。例外はありますが、
 西日本は「ちょう」、東日本は「まち」のようです。
 これは、西日本の方が中国文化の影響を受けて音読み
 を使う傾向にあったからだと言われています。北陸
 でも、福井だけが「ちょう」ですから、日本海側は
 その辺に境界線がありそうです。


hyperchem0511 at 15:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ホッと一息 

2017年01月07日

大人になったら

第一生命のアンケート結果が公表されていました。
昨年7〜9月に全国の幼児〜小学生1100人の
回答によるものです。

「大人になったらなりたいもの」
【男の子】
 1位 サッカー選手
 2位 学者、博士
 3位 警察官、刑事
 4位 野球選手
 5位 お医者さん
 5位 食べ物屋さん 
 7位 大工さん
 8位 水泳選手
 9位 電車・バス・車の運転士
10位 飼育係、ペット屋さん、調教師
10位 パイロット

【女の子】
 1位 食べ物屋さん
 2位 保育園・幼稚園の先生
 3位 学校・習い事の先生
 4位 お医者さん
 4位 看護師さん
 6位 デザイナー 
 7位 飼育係、ペット屋さん、調教師
 8位 美容師さん
 9位 歌手、タレント、芸人
10位 ダンスの先生、ダンサー、バレリーナ
10位 ピアノ・エレクトーンの先生、ピアニスト
10位 薬剤師さん

子供と言えども、いろんな情報に接しますから、
その影響も受けます。時期的には、リオオリン
ピックに重なりますから、サッカーや水泳が入った
ようです。学者・博士は、ノーベル賞の影響?

子供が自分の将来の姿を思い浮かべるのは、
身近だったりテレビで放映されているもの
を重ねたりしますが、大人は常に子供に夢
を描ける手本でなくてはいけませんね。

大人は大変です。


hyperchem0511 at 17:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ホッと一息 
Profile
Archives
livedoor プロフィール
メッセージ