2018年04月08日

夜桜

桜も今年は早めにピークを迎えようとしています。

いつもと違った桜は見れないかと思って、今夜、
夜桜を見に行ってきました。
夜桜2018








昼間だと親子連れが多いですが、夜桜はオトナの
時間ですから、しっとりと見ることができました。

夜桜と言うと、夜桜お七と自然に出てきます(笑)。

坂本冬美さんの代表曲ですね(1994年9月発売)。

演歌のようでちょっとポップな曲想でもあること
から、多くの歌手によりカバーもされています。

夜桜お七って、柳の下にいる幽霊みたいなイメージ
を勝手に持っていましたがσ(^_^;)、Wikipediaを
見ると、自己主張する現代的な女性像を八百屋お七
になぞらえた歌詞とのこと。

『江戸時代前期、江戸本郷の八百屋の娘で、恋人
 に会いたい一心で放火事件を起こし火刑に処さ
 れたとされる少女である。』
             −Wikipediaより−

犯罪になってしまってはいけないけど、若さゆえ
の一途さは、決して悪いものではありません。

いろんなスタートの4月ですが、一途になるくらい
パワーを持って、自分の道に取り組んでいって
欲しいですね。


hyperchem0511 at 22:44|PermalinkComments(2) 季節 

2018年03月30日

躊躇しない、思いのままに

今までこの歳になるまで生きてきて、周りの人に
変わったと言われても、自分にはあまりその意識
はない。

ただ、まぁいいいや、言わないでおこうと思って
いることが多かったし、たまに言うと、言わなけ
ればよかったと思うことも多かった。

最近は、言わざるをえない場面が増えたことも
あるけど、躊躇して言わなかったことは、言う
ようになってきたかな…。あと、行動も。

いちいち構えないと、行動に移せなかったのが、
何か自然に声をかけたりアクションしている。

そんなことが変わったと思われたのかな。

何もかも思うがままに言ったり、行動したり
するのは、老化の現象の1つでもあるけど、
今はちょうど過渡期なのかな。気をつけよう。

桜はまだ固い蕾です。もう少し時間がかかり
そうです。
桜の硬い蕾





こちらは、梅なのですが、1本の木に、紅梅
と白梅がランダムに咲いています。「思いの
まま」という品種とのこと。

思いのまま(梅)





思いのままの美しさもありますが、セーブの
気持ちも忘れずに、いい塩梅でいきたいもの
です(^^ゞ。


hyperchem0511 at 20:02|PermalinkComments(2) 思い 

2018年03月21日

冬〜春炭酸2018

春分の日ですね。

昼と夜の長さが同じと言われれば、随分夕方も
明るくなりました。外は雪ですが…orz。

そんな春ですが、炭酸も以前ほどではないです
が、試していて、全然記事にできていなかった
ので、まとめて紹介します。
がぶ飲み白いコーラ








この「がぶ飲みシリーズ」は、甘くてあまり
体にはよさそうでないですが(^_^;)、さらに
コーラで、不健康さバリバリです。

最近、そのものの色でないものが各社から
出ていますね。無色の紅茶など。確かに、
ほとんどの飲料がフレーバーでその味や香り
を出していますから、色つけは、かえって
よけいな色素を入れることになるか…と思う
と、少し体にもいい気がしてきました(^_^;)。
味は…コーラでした。5年前にここでも紹介
したペプシホワイトもありましたが、あっち
の方が、クリスマスイメージできれいにまと
められていましたっけね…。

2つめは、紫蘇スパークリング。
紫蘇スパークリング






















こちらは、青紫蘇ペースト+りんご果汁で、
飲みやすくした炭酸で、青紫蘇の香りと赤
紫蘇由来の色で作られています(香料・着
色料不使用)。
350mLと少々量は物足りないくらいですが、
日本を代表するハーブは、こんな形で摂れ
るのもいいですね(^^)。

3つめは、北海道ハスカップスパークリング。
紫蘇は伊藤園でしたが、こちらは、ポッカ
サッポロです。ちょっとイメージが似ています。
ハスカップスパークリング








北海道の希少果実ハスカップエキスを使用
した炭酸飲料です。

ハスカップは、北海道および本州以南の高山
で見られる落葉低木で、不老長寿の秘薬と
言われるブルーの酸味の強い実をつける。

なかなか普段馴染みがないですが、こうや
って調べてみると、炭酸でなく、そのもの
を味わってみたいと思いますね。

今週末から、一気に桜が各所で満開を迎える
とのこと。

期末期初の大変な時期を迎えますが、また
いろんな場所で桜が気持ちを落ち着けさせ
てくれるのを期待しています。


hyperchem0511 at 12:03|PermalinkComments(2) 炭酸・紅茶 

2018年03月15日

籭屋

「とをしや」と読むそうです。

仮名から漢字も全く想像がつかず、しかも
読みが「を」ですか!

籭=篩(ふるい)で、篩を使って薬を計量
していたのが屋号になったそうです。

薬局からドラッグストアになっても屋号を
守っているのは、まさに正統派!という感じ。

この字が一発で読めそうなあの方は元気に
してるかなぁ…。


hyperchem0511 at 03:15|PermalinkComments(3) できごと 

2018年03月12日

今日のGoogle

ウィリアム・パーキン生誕180周年




今日のGoogleは、「ウィリアム・パーキン生誕180周年」
だそうです。

イギリスの化学者で、アニリン染料などを発明した人
とのこと。

染料って結構偶然に見つかったものが多いです。昔の
ことですから、化学合成で、微量の異物が混入し、
それが結果的に触媒や物質の核になって、本来白や
透明のはずのものが、赤になったり青になったり。

逆に言うと、合成の染料や顔料は非常にわずかな量で
色を持つ特色がありますから、ほんの少量ができても
色で存在感を示してくれます。

化学では、染料と農薬と医薬品は原料や中間体が同じ
だったり、それぞれの合成のノウハウが共通していた
りします。

ウィリアム・パーキンは、優秀な化学者というだけ
でなく、絵画が趣味だったこともあり、当時色素が
天然抽出中心であったことから、ビジネスになると
踏んで、仲間と事業を起こしています。

こう考えると、仕事に直結するもの以外の趣味の
世界やそれらを通じた仲間の存在が研究成果の
厚みを持たせていることがわかります。

今はいろんな制約が多いのと、もう何もかもやり
尽くされた感があって、もう昔のようなことは
できないと諦めてしまいそうですが、情報で予測
できないことをするのが人間です。

おとなしいいい子が増えてきていますが、内に
秘めた可能性は、大事に取っておかず、どんどん
出して、磨いていって欲しいと思います。


hyperchem0511 at 21:03|PermalinkComments(2) 科学・医学 

2018年03月04日

彩りのころ

漫画のタイトルですが、この作家の津雲むつみさんが
亡くなって今日で1年…。

昨年記事にできなかったので、1年後のこの日に。

実は、漫画より先に、ドラマで見ました。

「このこ誰の子?」という大映テレビ制作のドラマ
の原作です。

知る人ぞ知る大映テレビは、あの独特なドロドロ感(笑)
がその特徴で、Wikipediaにうまくまとめられています。

1.主人公が運命の悪戯に翻弄されながら幸運を手に
  入れるといういわゆる「シンデレラ・ストーリー」。
2.衝撃的で急速な起伏を繰り返したり、荒唐無稽な
  展開。
3.「この物語は…」の台詞でオープニングに挿入され、
  ストーリーの最中では一見冷静な体裁をとりつつ、
  時に状況をややこしくするナレーション。
4.出生の秘密を持つキャラクターの存在。
5.感情表現が強烈で、大げさな台詞。

1970年台の山口百恵主演の赤いシリーズをはじめ、
1980年台はコミカルな「噂の刑事トミーとマツ」、
そして、「高校生聖夫婦」、「スチュワーデス物語」、
「不良少女とよばれて」、「青い瞳の聖ライフ」、
「乳姉妹」、「スタア誕生」、「ヤヌスの鏡」、
「ポニーテールはふり向かない」、「花嫁衣装は
誰が着る」、「このこ誰の子?」、「アリエスの
乙女たち」、「プロゴルファー祈子」、「青春
オーロラ・スピン スワンの涙」などと続いて
いきました(かなり偏見で選んでます(^_^;))。

ドラマの話を当時図書館で図書館のお姉さんと
していたら、原作持ってるよって貸してくれた
のでした…。それがきっかけで…青春してました(^_^;)。

津雲むつみさんの出身が石川県能登町とのことで
あ〜こんなとこでも繋がっていたのだな…と。

過去が長いとちょっとしたきっかけでいろんな
ことを思い出すものですね…。


hyperchem0511 at 05:06|PermalinkComments(1) ホッと一息 

2018年02月13日

フリーランス

最近ですと「バイトでなくてフリーランス!」という
ドラマのセリフが思い浮かんできそうですが、フリー
ランスで、パソコンソフトが思い浮かぶ人は、もう
少ないかもしれませんね。

今でこそ、オフィスソフトと言えば、マイクロソフト
の独占状態になっていますが、かつては、双璧をなす
(とこまではいってないかもしれませんが)ソフトも
ありました。

ソフトウェアの定番は、ワープロソフト、表計算ソフト
で、最初に覚えたのは、ワープロは、ジャストシステム
の一太郎、表計算は、マイクロソフトのマルチプラン
でした。

一太郎はMS-DOSからWindowsに変わっていってもまだ
しばらく使っていましたが、いつの間にか、ワードを
使わざるをえなくなって、今に至っています。

マルチプランは、ロータス1-2-3へ。表計算で、グラフ
まで描け、とても重宝していました。このロータスが、
1-2-3の勢いから、オフィスソフトまで手掛けていま
した(ロータススーパーオフィス)。

個人には、比較的入手しやすかったので、一部はこの
ロータスの流れのソフトを使っていました。

       マイクロソフト ロータス
ワープロ   ワード     ワードプロ
表計算    エクセル    1−2−3
データベース アクセス    アプローチ
プレゼン   パワーポイント フリーランス
個人情報管理 アウトルック  オーガナイザー

プレゼンや個人情報管理は、マイクロソフトより
ロータスの方が先行しており、よく使っていました。

個人情報管理は、日本は独自のシャープのザウルス
が受け入れられていたので、パソコンでしている人
は、少数派だったと思いますが、パソコンの小型化
に伴い、結構使い込んでいましたσ(^^ゞ。

そして、このタイトルのフリーランスです。

まだ、いろいろな発表をOHPシート(死語(^_^;))
に手書きしていた時代でしたから、それは大変な
進化でした。ただ、添付のイラストが、欧米か!
というものが、多かったように思います。

ロータスは、完全に駆逐されてしまいましたが、
フリーランスと聞いて、ちょっと思い出してしま
いました。

実際のフリーランスは、自由な分厳しそうです。



hyperchem0511 at 13:02|PermalinkComments(2) ホッと一息 

2018年02月11日

特定のメーカーとの相性

日々の生活で、いろんなメーカー品とのおつきあい
があります。

それは、日用品から家電、スマホ、パソコン、車に
至るまで。

気に入って使い続けるものもあるかもしれませんし、
製品によって寿命が短くて、次々買っていかないと
いけないものもあるかもしれませんし、大きな買い
物は、そうたびたび購入もできないので、前に使っ
ていたものと相性がよかったりすると、またその
メーカーのをってこともあると思います。

そんな中で、ある特定のメーカーとの相性の有無を
感じることってないでしょうか。

ケータイ〜スマホあたりは、逆に使ったことがない
メーカーがないくらい、バラついています。

パソコンは、途中、自作やショップ品もありますが、
NEC、東芝、富士通は複数機種使用していました。
なぜか、SONYがないです(^_^;)。
カセットレコーダー時代からSONYとは、なぜか相性
がもう1つで何となく、それから疎遠になっている
気がします。

車は、ダイハツ、トヨタなので、ほぼ偏ってますね。

シャンプー、リンスは、特定のを30年は使っていま
すから、相性が悪いものを避けているというより、
気に入って使い続けてるのでしょう。

自分史の中で、共に歩んだものとリンクさせると、
いろんな相性が見えてくるかもしれませんね。


hyperchem0511 at 11:02|PermalinkComments(4) ホッと一息 

2018年02月03日

におい展

今も開催中ですが、行ってきました。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
  「悶絶」から「美臭」まで
      におい展
2018年1月12日(金)〜2月25日(日)
    池袋PARCO本館7F
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

におい全般ですので、タイトルの通り
いい「匂い」から嫌な「臭い」までが
集められていました。

行ったのは、平日のAMだったので、ゆっくり
見て、体験ができました。

土日とかは、かなり来場者も多いようです。

いい「匂い」の方は、香水やハーブをはじめ、
12ヶ月の花のニオイがあったり、魔除けの
香料なども。

動物のニオイも、例えばジャコウジカの
ムスクは香料としても使われています。

あと、昆虫のニオイの代表はカメムシ。
悪臭で有名ですが、成分的には香料にも
なるもので、レモンの皮やバラの花びらの
香料としても使われています。

ただ、このイベントは、メインは、やはり
悪臭系。激臭レベル1〜5まであって、
それぞれ個室になっていて、さらに上蓋を
開けないと、ニオイが嗅げないようになって
いました(^_^;)。

テレビの罰ゲームでお馴染みのニシンの発酵
缶詰の「シュールストレミング」。豆腐の
加工品の「臭豆腐」。日本を代表する「くさや」。
「ドリアン」もありましたが、ニオイとしては、
まだかわいいもので…。

食品系以外は、ややリアルでしたが、足の蒸れ
臭の代表臭であるイソ吉草酸の付着した靴下、
加齢臭でお馴染みのノネナールの不惜したシャツ。
腕を上げたマネキンの脇の下を嗅げば、インスタ
映え間違いなし!?

男女のフェロモンコーナーでは、ちゃんと異性
に惹かれるかの確認もできます(^^ゞ。

各ニオイのコーナーには、コーヒー豆の香りが
嗅げるようになっていて、鼻をリセットするため
にあるようです。しばし、鼻の休憩…ですね(^^ゞ。

ニオイセンサも自由に使えるものがあって、自分
のニオイを数値でチェックして、盛り上がって
いるのを見かけました。ニオイセンサ≠人間の鼻
なので、あくまでも参考程度に…。

こんなイベントでしたが、どんな人達が来てるの
かな…というのは気になりました。

怖いもの見たさ的なものもあるのかも。

ちょっと離れてはいましたが、レストランフロア
の階でしたので、これは、なかなかのチャレンジャー
だと思いました(^_^;)。

グッズ販売もありましたが、久しぶりにニオイ関係
の本を何冊か購入。

今月、また執筆があるので、勉強がてらの息抜きの
ひとときでした。



hyperchem0511 at 04:05|PermalinkComments(6) 科学・医学 

2018年01月26日

今日のGoogle

ワイルダー・ペンフィールド生誕127周年



ワイルダー・ペンフィールド生誕127周年だそうです。

と書いていても、初めて聞いた名前なのですが(^_^;)、
このGoogleのトップページを見て、何をした人なの?
と思って調べると、脳神経外科医なんですね。

てんかんの開頭手術で、脳に電気刺激を与えると記憶
が鮮明に蘇ることを発見したとあります。

脳はあれだけの空間の中に生き物として、ヒトとして
生きるのを司るものが、すべて入っています。今でも
脳外科の手術は大変なものだと思います。

今、脳外科手術で使う材料の開発をしていますが、
何せ狭い空間で使うものになりますから、非常に
サイズが小さい!本当は開腹手術でも使えるもので
大きく消費量も多いものを狙いたいのですが、まずは、
緻密で小さなものからの実績の積み上げ。なかなか
ハードルも高いし、時間もかかりそうです。

学生の頃に解剖実験があったのですが、この時思った
のは、同級の女子の方が、度胸があること。男子の
方が誰がやるって押し付け合ってたのに、どいてって
女子がスパスパ切ってましたねぇ(^_^;)。

脳も役割が明確になってきて、特に脳梗塞後の迅速
な治療、回復に繋がっていくようになってきました。

医学も進歩が進んでいいことばかりでもありませんが、
活躍できる人が、思い切って頑張れる健康を生み出す
ものは、更なる進歩を期待したいですね。


hyperchem0511 at 23:01|PermalinkComments(4) 科学・医学 
Profile

HyperChem

中部〜関西圏を転々とし、石川県に落ち着いて24年が経ちました。冬の厳しさはありますが、お魚はおいしいし、すっかりなじんでます(^^ゞ。
このブログでは、世の中むずかしいことばかりだけど、自分なりの経験を交えて考えてみました。脱線も多いですが、よろしくおつきあいくださいネ(^o^)丿。

Archives
プロフィール

HyperChem

メッセージ