忙しかったというのもあるが、諸々すべての処理が完了し、数か月経過し、とくになんの問題も発生しておらずまぁ安心安全の域に達したと考え、備忘録として、戒めしめとして、警鐘を継承して鳴らしてもらうために書き記しておこうと思う。

106
(届いたフレーム)

 

・・・てか、徒然日記なんだからそんな前置きいらんしょw

せやな。せやで。

 

どっかのサイトで記事の冒頭に三行アブストラクトついててあれいいなぁ、と思ったけど、真似すると、


 

この話は、


 ・SACRA-Cyclingで自転車フレームを買ったら注文仕様から勝手に変えられた。

 ・返金・返品依頼したら却下された挙句、HP注文時規約をこっそり書き換えられた。

 ・消費生活センターを介して返金まで漕ぎ着けたが、個人情報流されたり、散々だった。


 

というお話。ふぁっきゅーこなみ。

 

 

さて。ではでは本題。

ああ、メール自体を晒したいくらいなんだけど、一応それはやめておく。でも事実。信じるか信じないかはry

 

話をさかのぼると、SACRAをどこで知ったかという話までさかのぼるが、それはサイクルスポーツだか、サイクリストだかバイシクルクラブあたりの雑誌。

DHバーをコラム直上にセットできるあれの記事。そしてこれは漠然と目に入って覚えてただけ。

フレームを知ったという観点で言うと、この記事でも触れた昨年11月のSBDの会場でのことである。詳しくは記事を見ても見なくても結構だけど出会いはそっちに。

 

 

2017年12月2日

埼玉県にて開催された「スポーツバイクデモin埼玉(以下:SBD埼玉)」にて出店されていた「SACRA-Cycling」(〒206-0021 東京都多摩市連光寺5-11-6A103 代表 田中良忠)のブースにて後に購入する「SACRA SHRIKEロードレーサーフレーム(以下:フレーム)」の存在を知る。

 

んで丁度同時期にイオンで半額セールで買った「momentum iWant RC-105」の“無(ないない)”さんが整備不良による破損(これはのちに結論づけられ、この時には調査回収で最悪返金になる可能性の段階)で手元から無くなった場合を想定して次の車体を検討していて目を付けた。

IMG_4650
(ないないさん)

 

後々自身で結論付けたが、デロザSKピニンファリーナ“もどき”だったこともあり、SKが候補に挙がっていたため、SKよりもデザインが好みでかつ、色指定ができるという点で惹かれていった。ないないが半額10万というのもあり、SKが高いというのもあり、その点でも前のめりであった。

IMG_4737
(最初にSACRAから送られてきた写真)


IMG_4800
(送られてきた画像に色を乗せて返信した第一稿)

 
2017年12月13日~14日

 SACRA-Cyclingに対してSBD埼玉に出品していたフレームの詳細の問合せを行う。

SBDは11月で12月中~下旬にメーカーからイオン返金扱い決定の連絡を受け、師走の年末に車体返品。さよならないない。そのあと年末年始にカラーパターンを考え、年明けに注文に踏み切った。

いなくなった、ないない色にするか、自身の好きなれんれん色にするか大層悩んだ挙句、“好きな色”を採った。つまりランプレ色したSKである。
 

2018年1月6日

SACRA-Cycling(以下:サクラ)代表田中良忠に対して、正式にフレームの注文依頼を行い、同フレームのカラーオーダーの打合せを行う。商品代金18万円、納期約1か月。

んで、1月頭からサイトの通販ページではなくメールにてやり取りを開始した。

細かい色パターンとか詳しく相談。このころは送ればすぐ返事がくるやり取り。

当時の感想は「親身な人だな」。今思い返せば、「シメシメいい金のなる木」と思われていた。ということだな。

ちなみに12月中旬に1度問合せをしたときからカラーパターンが変わり、最終的に以下になった。

a
(SACRAから送られてきた仕様変更後の図)


IMG_4870
(仕様変更の図に着色し注文した図)

 

 
2018年1月17日

 ネット総合決済サービス「クロネコwebコレクト」を通じてフレーム代金18万円をクレジットカードで支払う。


入金。到着まで全裸待機。wktk。


2018年2月18日

 注文を行ったフレームが到着した。

 部品の確認を行ったところ、不足している部品があり、指摘を行った。

届いたんだけど、「わー♪」なんて感想は箱の段階からNE。

なにこれゴミ? って感想。箱がくそ汚い。表面びりびり。封は一度開封した感じ。

中開けたらフレームやフォークに薄いスチロールテープがぐるぐる巻きになってて、「ミイラかよ」状態。ただ逆に言えばそれだけで、そのミイラがぽーんと入ってるだけ。他にフレームとフォークとパーツと箱との隙間を埋めるものはなにもない。ゆすればガッサガッサなるよ。18万の商品てこうやってくるんだね。埼玉サイクルイベントで見たチャプター2のフレーム梱包見たならあれの対極な梱包だよ。

 

とりあえずパーツ確認したらクランプがなかったので連絡した。

 

俺「あんな、シートクランプないねん」

田「ノーマルシートポストじゃないから輪っかみたいのは入ってないよ」

 

あ た り ま え だ ろ が 。


 

リアクト持ってんだからそんなの知ってるわ。オルドゥだって違うわ。唯一そのタイプなのはエアロポストだけどのないないだけやねん。

てかあるとかないとか以前に自転車初めたばっかの人が骨だけで買うかよ。そんなツワモノもいるかもしれないけど、普通フレームで一台目組む人まれだろ。最低限知ってるわ。

全ての付属品写した写メして、ようやく送ります、となる。


2018年2月21日

 届いた商品を確認したところ、事前に告知されている内容と異なっている個所が散見され、サクラに対して14日間以内の返金依頼を行う。同日返金を拒否するメールをサクラより受信した。

 同日、申請以前は返金可能であった利用規約が変更され、返金不可に改変された。


クランプの件はまぁ、アクシデントの域だったけど、この後の流れを鑑みると地獄の入り口だったのかもしれない。いや事実入り口。

 フルアルテ(紐)用意したりシロッコや椅子などをないないの形見から用意して、到着したらガラコして組んでもらおうと思っていたが、部品がないので先に進めず、傷つけないように隅っこにおいておこうと思った時に気付いた。

「あれ?なんか注文したパターンと違くない?ってか、SKといろいろ違ってない?てかこれ何?」


・文字個所がおかしい

・フォークがなぜかハイブリッド

・DTに変な穴ある。

・挙句中からすごいティッシュ出てくる。

・フォークの先端ガタガタ

・椅子固定のボルト長すぎて椅子セットできない。


・いろいろ不安

IMG_4967
(ロゴがなくなった椅子)


IMG_4969
IMG_4970
(ダイレクトマウントと言われたのにノーマル穴のあるフォーク)


IMG_4972
(なぞの穴)

 
早速組んでもらう約束をしていた整備士さんに見てもらいにいった。

仕様と違うのもそうだけど、穴開いてたりかなり不安、とのこと。



んで問い合わせた。そしたら以下のような返答。

1.マーキングは仕様変更で変わった

2.フォークはノーマル・ダイレクトのブレーキ対応

3.DTの穴は別に問題ない

4.ごめん

5.とりま、フォークの写真見せて

6.問題ないけど、不安なら私行きつけの東京の店に持ってきなよ。公平だよ


 

椅子のボルトはホムセン行けばいいから言ってはない。しかしなにこの返信。


感想

1.完成車じゃなく注文車なんだから言えよ

2.ダイレクトって言ってただろ

3.ふつう開いてないものがあるんだから問題だろ。技術屋なら科学的根拠出せや

4.おう。ってなるか

5.いや、お前のメールで見せるとかそんな問題ちゃう

6.お前俺が東京すぐそこ、に住んでねぇの送り先から知ってるだろ、移動費は?時間は?だいたい、お前の指定する店で組まなきゃ安心して乗れない製品てつまり不良品やろも。

 

この対応からいろいろ考え、ホムペに「14日以内なら返品可能」との記載もあったことから、結論として返品を主張した。

 

俺「あんさ、俺の頼んだものと違うし、不安要素ありすぎるから規約に則って返金して」

田「オーダーメイドは無理。以上」


 

「ホムペにはオーダーうんたらは無かっただろが!」と思った瞬間「まさか」という嫌な予感がよぎった。

あわててHPの規約を確認した。

 

「やられた」

 

それが全てだった。

規約の個所はものの見事に書き換えられていた。

この時は相当焦った。魚拓を取ってからメールすべきだったと心底後悔した。

特にタチが悪いのは、盛大に文言を変更するのではなく、一言付け足すだけの修正だったし、それで済む内容だったのがタチ悪い。


S
(メール連絡前)


s3
(メール連絡後)

 
でも、技術屋さんはインターネッツには詳しくないようで。

幸いにもキャッシュから変更前のページを回収することができたので事なきをえた。

でも相当焦って大概調べた結果よね。こちらもプロじゃないし。

いずれにせよ、この行動は犯罪者、詐欺師とさしてかわらんやり口なので、こちらも出るとこ出ることになる。

 

でこれと同時に不足部品送ったとの連絡(伏線)


2018年2月22日

 消費生活センターに相談を行った。

メールにて再度返金を希望する内容の作成ならびに、所在地に会社および代表者が在住しているかの実態確認のための書類作成の指導を受ける。


というご指導をいただいたので、これに基づいた内容のメールを作成し、送信した。

 また、同日不足していた部品が到着するが、内容物が不足部品ではなく別商品が入っており、更にその荷物は大阪府にあるサイクルショップ「アベノバ」(〒545-0014 大阪市阿倍野区西田辺町2-6-21)が商品を発送したことが判明し、本事項についても問合せを行った。

 

センター行く→帰宅→書類作る(添削してもらうため)→センター行く→OK→帰宅→郵便受けにばくd・・・


119
(届いたブツ)

  まぁ、こちらの考えではある種アベノバも被害者だと思っているので悪く書く気はないのだけど、フレームの箱よろしく、ボロボロくちゃくちゃの、ゆうぱっくでもクロネコでも佐川でもなく、段ボールにボールペンで定形外でのそんな荷物がポストにあったらこのご時世こうも考えますがな。

 宛名は合ってるけど、差出人がまったく知りもしない。オクで買ってる到着町荷物もないとくればなおさら。

 この当時はサクラが送ったものだと思ってるし、自転車で、大阪でとくれば海外から取り寄せたものが到着する場所と思っていた。差出人もしらないし。

この当時の俺の推察はこう。

「サクラが不足部品を大阪の中国人あたりに連絡→大阪中国人が中国工場に連絡→中国から大阪中国人に商品送る→大阪中国人が届いた部品を大阪から中国人名義で発送」

と、考えた。

だいたい縁もゆかりもない大阪で、差出人がカタカナで「アベノバ」と書かれてればまぁ外国人と思うわ。「アベ」ならまだしも。

 で、この段階では「SACRAじゃね?」くらいで、なんなのかわけわかめだったので、勇気を出して開けてみた。

 
 てってれてっててーててー♪「サクラ、しーとはいとあじゃすたー!!」
125
(箱の中身)


 
なwww んwww ぞwww

 
いや、当時はそんな気分ではないよ?
だって、もしかしてだけど爆弾かもしれんかったわけだし。


でなんであれ、サクラの物が入っていたので、サクラ絡みであることは間違いなく、アジャスターであったのは「シートクランプ」と「シートハイトアジャスター」が間違われたんだろうと思っていたし、そもそも、箱はきたないわ、保証なし定形外だし、カステリの汚い使用済み袋に入ってるしで頭に来ることの方が強く、説明を要求するメールを送った。田中に。

で、メール送ったあと調べたら(先にしろよw 頭に血が上ってたんでw)大阪の自転車屋が出てきた。いろいろ調べたがよくわからない。だが少なくともサクラの関係者、関係社でもなさそうなので、直接問い合わせてみた。その結果は以下。

 「アベノバ」について直接アベノバに問い合わせを行ったところ、当該店舗に同型フレームの展示品があり、当方購入品に不足していた部品をこの展示品より外して直接送付するようにサクラ代表田中良忠より連絡を受けたということである。別商品が届いた経緯は単純に間違いであった。

 なお、当該店舗は一自転車販売店であり、サクラとは直接関係・関連した店ではないことが判明し、サクラが第三者に対して利用規約によって保護されるべき当方の個人情報を流出させたことが発覚し、この点についても問い合わせた。

送った人間も被害者よね。

ちなみにアジャスタが来た理由は体調不良中だったので勘違いしたそうな。

連絡(メールか電話かしらないが)ではクランプとあったが、体調不良と、展示車の部品を外して送れ、だとはまったく思わなかったそうな。(でしょうね。)

単に「コイツのとこにクランプ送れ」とだけの指示だったようで。

ちなみに、わかってる上で確認したけども、代表者の方の口から「SACRAとは全く別の会社(自転車屋)」との言質を得た。

一介の自転車屋でほかの自転車屋と比較してSACRAの物があるだけ。メリダとかにおけるMGDとかそういうのですらない。 とのこと。

 
えーと、規約にはなんてありましたっけ?

s2

ですよね。

あっさり個人情報流しますね。あんた。そもそも社員なんざいるのか知りませんけど。代表者があっさり破るんですねへー。

 

ちなみこの流出についても言及してメールしたが、この件について一切弁明釈明はない。

そして向こうから返信。

 

同日

サクラより返金を行う旨のメールとクロネココレクトによる返金処理作業の確認メールが送られた。

また、1、2日以内のフレーム返送を指示されるも、消費生活センターの指導により、確実に返金処理が確定するまで返送しない旨をこちらからサクラに連絡を行った。

 

さすがに不祥事やらかしすぎたと思ったか、あるいはマンドクセーと思ったかのどちらかだな。


仕様は勝手に変更するし。

規約は勝手に変更するし。

個人情報は勝手に流すし。

 

とどめに(仕方ないとはいえ)不足部品も違うものが届くし
 

2018年3月17日

 返金処理が確定したため、フレームの返送を行った。


注文時にはあんだけ秒で返信してたくせに。

送り返した連絡にも無言。受け取ったんだろうけど、その連絡も無言。

この段階でも一応まだお客だし、だいたい大概やらかしてるんですけどね。まぁ、規約書き換える時点で人間性ダダ漏れですけど、これがSACRA-Cycling代表の田中良忠という人間の本性ですよ。

 

その後、使用したクレジットカード会社にセンターからのご指導で抗弁書をだし、

抗弁書とまったく同じものをセンターに保管してもらってる。

一連のメールとか、証拠写真類とかそれはもう全部。現物くらいじゃない?ないのは。



私見になるけど、ことが終わってみての推察。

1.フレームは間違いなく黒中華。

2.DTの穴は、いわゆるゲーセン景品ゲーム機(3DS)とかの箱に空いてる穴と同じ

  中国のデロザフレーム工場がデロザ向け、他向けの区別穴

3.マーキングの仕様変更は変更というよりたぶん中国のミス。

 

かな、と思ってる。

ああ、あと、最初(12月中旬)に問い合わせたときのメールにあった「ほかの人からも注文来てます」の一文は安心させるためかなんかのホラだと思ってる。

仮に事実だったとしてもどうでもいいけど。

 

TTなんかも頼もうかなとか考えてたんだから今思うと恐ろしい話よね。

このTT、キャニオンかキューブかと思いつつ違うからどこなんだろなー元ネタと思ってたらガノーでしたね。
055
(SACRA TT)


ga-gennix-tr1_l
(GENNIX TR1)

 
多少違うのはいつものこととして

 

周知の事実かもしれないけど、今回の一件からの結論。

 1.サクラの製品はだいたい全部、黒中華。

 2.規約変えられたから、ウリでもあるアップチャージなし色指定は返品無理よ。

 3.上記以前に、個人情報平気で流されるよ。

 4.不都合になると規約好き勝手変えられるよ。注文後でも関係ないよ。


 

それでも欲しければどうぞご注文ください。俺は知らんし、これ見た後で買ってやられた人は弁解の余地なし。

昨今の状況で説明すると、来年日本大学に入学しようと考えるレベル。

まとめ

 サクラはクソ。 
 
         以上。


追記

ロードフレーム、色指定できておんなじものが売ってる。オクで。

6マソだよ。

IMG_5212



( ´Д`)y━・~~ で?    (´ー`)いやなんも。