ゲーマー的、現状報告をします。


期待した分だけ、それがまともに外れてガッカリした、ゲームソフトの購入をしてしまっていると感じてます。

最近のものだと、まず、「妖怪ウォッチ4」。

このゲームは、ストーリークリアまでは良かった。しかし、その後のコンテンツを進めようとすると、無茶苦茶苦労します。
要因は、レベル上げが満足に出来ない。ズバリこれ。
クリア後は、基本的に高レベル(レベル70以上)を要求されます。更にアプデ要素の妖怪大相撲は、レベル99を基本として要求されます。
レベル上げを強要するのに、レベル上げポイントになり得るところが無い。
レベル上げをするだけで疲れてしまい、目標に辿りつけない状態。
これが今の私。
このゲームに関しては、レベル上げに補正または、新しい要素が入らない限りは、封印します。
それでもプレイ時間は、検証を色々やってましたので、200時間以上やってます。妥当っちゃ妥当。


次、アストラルチェイン。
クリア後、YouTubeなどで動画を確認してみましたが、やっぱりダルい。テンポが悪い。
レギオンを切り替えまくり、武器を切り替えまくりと、クドい。
トイレ、ラッピー、レアスライム、ハーミットらのオーダーはクリアしましたが、やっぱりダルかった。
基本的に詰め込み過ぎでダルく、切り替え要素のクドさ、操作性の悪さがあり、このゲームを起動しようとする気持ちが湧かない状態。
「あれがなぁ…」とか「また、あそこをやるのか…」と、ストレスとなる要素が脳裏をよぎり、かなり億劫。
キーコンフィグが全てのボタンをカスタム出来ないのも、不快指数が上がるポイントでしたね。

前にも言いましたが、修正やDLCがこないなら、このまま封印します。
プレイ時間が約32時間。たった32時間。8000円弱払ってるのにね。


この2作品については、かなりガッカリした結果でした。


「Guilty Hell」はエロゲーでしたが、エロ要素を抜きにしても十分、楽しめました。
このゲームがあったおかげで、くすぶり続けた環境が、一気に晴れた感があります。
以前も言いましたが、最近のゲームは難しいのではなく、面倒でクドさを増してます。余計なものが多い。
このゲームをプレイして、目から鱗が落ちました。


モンハンワールドのアイスボーン。
年末商戦まで、保留!
新要素で装飾品が増えた。ということは魔の装飾品掘りが始まったことを意味し、後にドスジャグラスやヴォルガノスの珠が大量に出るクエストが出たことを考慮すると、今頑張っても報われない可能性が非常に高い。
なので、しばらく様子見。



んで、間も無く「デモンエクスマキナ」が発売されます。
これの体験版を落としてます。
感想は、あとでまとめ直してのせます。
期待値は高いとだけ言っておきます。



現状報告としては、こんなところかな。


デモンエクスマキナ…こけないでくれ…!

それでは、今回はここまで。

では、お達者で。