2015年04月23日

近接職でのフロントライン殲滅戦

デキるすーぱーきゃっとの係長です。
今回はフロントライン殲滅戦での近接職の立ち回りを書きます。

まずは、基礎的なところからいきます。


フロントライン殲滅戦では近接職は居場所がありません。これからフロントライン殲滅戦やりたい人は大人しく黒を出してください。



とまぁ、いきなり見も蓋もないことを言ってしまいましたが、世間の認識はそんなもんです。
基本的にメレーが輝く乱戦ではなく、お見合いなのでその原因です。メレーを見かけたら地雷と思った方がよいレベルです。今回はそんな苦行を乗り越えるために記事にします。


1.メレーは前にでない。
ものすごく当たり前のこと言います。前に居続けると死にます。当たり前ですね。
なぜ前にいると死ぬかといえば、他の人が前にいないから、タゲが集中して死んでしまうのです。
なので、他の人も前に出ません。

2.メレーの役目は基本はハイエナ
お見合いゲーでのメレーの役目は、大ダメージを出すことではありません。キルを取ることです。ポイントにならないなら削っても意味ありません。
ナイトとタゲを合わせて一気に削って、マーシーでキルだけかっさらいましょう。
ターゲットマクロを作成するのがおすすめです。

3.ARは確実にポイント狙いで。
AR単発では敵を殺せません。撃つ相手がいないなら、システムか敵側ドローンに撃つのが良いです。敵側いく際にはフェター忘れずに。
また、高揚落としのチャンスなので、きちんとコミュニケーションをとって高揚狙う旨伝えて、確実に落としにいきましょう。
向き依存だから/fいれとけよ!

以上が基礎編です。一旦ここで公開

フロントライン殲滅戦応用編


ずっと思ってたけど、前に出たら死ぬって記事は腐るほどみたけど、前に出ても死なない方法を書いている人は多くありません。

というわけで、前に出ても死なない立ち回りを書きます。


1.狙われなければ前に出れる
ものすごく当たり前のこと言います。狙われなければ基本的に死にません。意識が他のことに向いている間は殴っても反撃されないのです。

とりあえず一番分かりやすいとこは、コメテオラッシュを仕掛けるタイミングです。みんな逃げるのに必死で致命傷負わせられるまでの反撃をしてきません。キルを稼ぐならまずここです。

2.敵は生体関知モンスターと思え!殺意を感じろ!
今は昔の11時代。HPが減ってくると遠くからでも襲ってくるアンデッドモンスターがいました。
PvPにおいては、敵はアンデッドモンスターです。
ゲージが少しでも減ってるキャラと満タンなキャラがいたら基本は減ってる方が狙われます。
減らされたらスプって逃げましょう。自分のデバフにも注意です。特にファントムダートあたりを入れてくる人は殺す気満々で、しかも自分をタゲってる状況です。最悪なので下がることが重要です。
タゲられてるかタゲられてないか、殺意を感じて押し引きのタイミングを見極めることが重要です。

3.前に出るには波状攻撃が有効
どっちかっていえば基礎編に入れたかったけど、押し込み自体しなくなってるのでこっちへ。
敵を押し込むには波状攻撃が有効です。単純な話、押し込む→タゲ切れる位下がる→下がってる間に他の人が押し込む→その人が下がる間に最初より押し込む。という動きがセオリーです。

4.アビはガンガン使おう。
狙われなきゃ別に捨て身使おうがなにしようが関係ありません。バフは仕掛けるタイミングでほぼ全部使って構いません。インスタントもガンガン使って瞬間火力を出しましょう。

5.スプリンターになろう!
スプリントは一定時間移動速度があがるチートアビです。攻めに離脱にかなり強力なので、豊富なTP回復アビやアイテムを使ってガンガン使いましょう。

6.フェターだけは使い道を選ぼう
フェターはCCを無効にする最強の防御バフです。
どうしても切り込まなきゃいけないタイミングや、みんなの盾にならないといけないときに使いましょう。敵勢力が坂からあがってきたときに、フェターして突っ込み、CCを無効にすることでコメテオ封じにも貢献できます。

7.システムでポイントを稼ごう
システム殴ってたらフレアで蒸発は近接あるあるですが、実はギリギリから殴ればフレアは当たりません。キル数以上にシステムで多くのポイントを獲得しましょう。

8.死ななきゃいい
余計な被弾はおさえなきゃいけませんが、必要であれば被弾しても構わないと考えます。
その分、後ろが動きやすくなります。誰かが食らうはずだったダメージを自分が食らうだけです。タゲが集中しすぎなきゃケアルが間に合い、敵がタゲった敵を落とせなかったことになり、敵の攻撃は無意味になります。死ななきゃいいのです。


後半部分は割と大雑把に済ませてしまいましたが、こんな感じです。
是非とも近接を出して見てください。

hyuwind at 08:17│Comments(0)TrackBack(0)FF14 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔