2009年06月18日

忘れた頃に感想〜シュールさん

 世にも珍しい光り輝くD.i.Lが見られると聞いて東京まで。あと何回光れるのか分からないが是非もう一度目にしたいと思わされた。でも社会に出るまで2回以上光ったら次はないな。

 当日の天候は芳しくなかったが雨を呼びそうな面々のシュールさん方(大して知りもしないくせに失礼)は見事演奏前に小雨を降らせ一曲目が始まると同時に雨を小休止させるという神通力じみた演出をしてくれた。まぁ、要するにそんな意図外のところでも陶酔してしまうほど魅入ってしまったわけだ。
 楽器やってる人を生で見るのは否応無しにかっこいいと感じてしまうが、身内補正を差し引いて考えてもステージの上のD.i.Lは普段発酵させているその飛び抜けたパーソナリティを解き放つが如く目に見えるオーラを発していた。まぁ当人に言わせればきっとステージ照明でなければ他の面々のカリスマを浴びただけとか言い出しそうだが。或いは奴に理系の知識があればこういったかもしれない。それは蛍光だ、と。
 ただ無彩色で揃えてきた面々に対し(ボーカルさんの衣装は特に良かった。どこで売ってるんだろあんなの)一人だけ緑のTシャツってどーよ、と。あとドラムの叩き方が背中、首、肩、肘、手首と撓りまくって気持ち悪かった(そんなに悪くない意味で) なんか背中と肩の視覚的に映るリズムと手首から先と音のリズムがズレて聞こえて。きっと全身の関節を加速させることで音速を超えたスティック捌きをしているのだろう。

 曲の方は以前横流ししてもらった草稿よりもずっと良くなっていて、収録の仕方のせいかもしれないけどボーカルのぼやーっとしてた声も聞きやすくなっていて深みも出ていた。ギターさんは偶にコードがちゃんとなってなかったりしてたように聞こえたけどビビリもなく音自体は綺麗に聞こえた気がする。ただキーボードメインで曲作ってあるのか、もう少しギターソロが栄えるような構成でも十分行けそうな技量の持ち主なんじゃないのかなーとか勝手に。キーボードさんはうまいんだけどどんどんリズムが早くなっていくのが気になったけどそれもアリかなーという感じで。ライブだし。キーボードに合わせようとしてるのか戻そうとしてるのか今ひとつよくわからないドラムにぴったりベースが付いてきてるのがなんかかわいかった。

 まぁ、全部素人意見なんで偉そうなこと言っちゃ駄目なんでしょうが。

 ちなみに前のバンドチームのギターとドラムがずれて聞こえたと言ったらD.i.Lに「確かにずれてたけどソレが聞こえたなら結構いい耳してるね」と返されたので自分がそんなにリズム感あるはずがないのできっと方向性が好みじゃないバンドを必死に粗探しした結果なのかもしれない。うーん、子供。

以下それ以外のイベント  続きを読む
Posted by hz_alloy at 04:08Comments(4)TrackBack(0)雑記 | 宴会

2009年05月25日

自由なコメントって難しい

痛いニュースとか割と好きなんだけどレスにありがちなつまらない評価軸が多すぎて、そこも含めて痛いと称すなら機知だと思う。
物事に対して斜に構えずには居られないというか……こけおろさねばならない強迫観念でもあるのだろうか。あったなぁ、若い頃……
見下すことによる一種の精神安定剤なんだろうけどその姿が余計滑稽であるという。

で、それを恐れてひたすらに自虐卑下する理論武装。私のことですよ? あなたとは言ってません(←私信

EngadgetとかGIGAZINEあたりの人くらい洒落が効いた文章が書きたい。  
Posted by hz_alloy at 23:11Comments(0)TrackBack(0)雑記 

2009年05月07日

ドロー! クレジットカード!!

 syokeiたちとの宅飲みのとき、大富豪をやっていたのだが途中で一人が長電話に入ってしまい、ゲームが停滞しそうになった。そこで提示された案は彼の手札を公開し、その場で最も出しそうなカードを切るというルールで、意見が割れたら他プレイヤー同士でじゃんけんをし、当人にとって都合のいいカードを切らせるといった確率的多数決に則った。通話開始時点で彼はクラス富豪だったのだがこれが結構勝ち続ける。
特定の戦局で取れる行動は福本漫画でもない限り手札の数よりずっと少ないようで。


 というわけで手札そのものを変えてみるゲームのほう。
 その翌日の飲み会の間、あまりにもDiLがやかましかったのでさらにその翌昼LDに案内を頼んでMTGを買ってみまたよ。青白デッキ。
 回復系は性に合わないなと思いつつ。ゲームの基本ルールは覚えた。使う数字が基本的に一桁なので厨的なインフレ感がないのが好感。手札を選ぶ時点から勝負が始まるのはいいがそれ以前にもう一段階、手札を揃える点での勝負にはどうしたものか……
 知識と財力が暇に追いつけば楽しいんだろうけど日常的に手が届く範囲で対戦相手に恵まれた場がないので割と早く飽きそう。やはり共通性と平等性が高くツールの準備が容易で且つ戦局の読み合いを楽しむのであれば碁や将棋、運も入れて麻雀などが好まれるのは必然で半ば教養として通じるのも分かる気がする。どれも弱いけど俺。
 まぁ対戦ツールのパラメータに知恵と経験の他だとなんなんだろうねとか。格闘アクションとかだと反射神経という別のセンスが絡んでくるけどコレもセットプレイという経験で結構補えるし。それに財力(人脈含む)があってもいいじゃないかという話か。


 それにしても非電源系ゲームプレイヤー達が醸し出す手の着けられそうもない痛臭さはなんなんだろう。やはりゲーム観(ひいては世界観)を構成するに当りプレイヤーの実像がありありと見せつけられるのがいけないのだろうか。鏡を見ながらエロゲをやるようなモノか。かがみを見ながらアニメを見るとかくだらないダジャレはいいとして。まぁ歴戦のドリームソルジャー達にとっては些末なんだろうが初級職の俺としてはそれが居たたまれなく、そしてたまらなく甘美だ。
 地元の某書店の最上階の迷走っぷりに今後の変遷も冷ややかに見守りたい。  
Posted by hz_alloy at 22:17Comments(4)TrackBack(0)宴会 | 雑記

2009年02月03日

バカのはさみ

ニコマスPやミク職人じゃねぇんだからムービーなんて扱えるかよ。
オタクを町の電気屋かなにかと思ってないか? 詳し「そう」な奴ほど口先だけの無能なんだよ、察してくれよ。三日前に温もりと潤いをなくしたマグカップの底に染みついてる茶渋のように萎びた才覚を前衛的な勲章と掲げるロールシャッハリピーターをそば湯で戻しあまつさえその白く細い指で擦るのはやめたまえ。


わかっているさ、せめてこういう分野くらいでしか活躍も期待して貰える場所もないってことくらい。そして安請け合い。いい加減学習しろ。


木登りなんざできっこないが煽てられないと立つことすらままならぬ。

ニートとは不活性の高エネルギー廃棄物である。いつの日かこの都市鉱山が開拓されることを夢見、今日も洗い物を積み上げて寝る。  
Posted by hz_alloy at 04:27Comments(0)TrackBack(0)雑記 

2008年10月31日

半径3m 愛のコンパス

作図の方ね方位じゃないよ。
またの名を金魚鉢。だが水槽は苔の濁りを餌に生かされている。

幸い普段暮らしている小部屋の方には飛び火していないようですが玉突きの如く連鎖すると困るな。

まぁ、隅で生息してる田螺には関係のないことですが。「恋愛相談で役に立たない奴」リストにすら載らない

ルサンチマン? いいえプロレタリア文学です。もちろん、性的な意味で。



以下、いつもの文系用、或いは理性ある自覚者宛(短い)
  続きを読む
Posted by hz_alloy at 23:11Comments(0)TrackBack(0)雑記 | 戯言

2008年10月16日

呪いで人が殺せたら一分間に5回くらい自己嫌悪で死んでる日常

試薬出しっぱで帰るとか死ねよ俺  
Posted by hz_alloy at 22:01Comments(0)TrackBack(0)雑記 

2008年09月02日

335555

どちらにも好きと答えてしまったので保険をかけたつもりが優柔不断でnice boat

周囲の良識派は世界にしておけば? というが変態共は言葉のほうがネタになると期待している。私がメートルサイズのおっぱいに誘惑されていながら且つバールのようなモノノコギリは荷が重いということも承知の上で。

せっちゃん? うん、最初からそれ選んでおけばよかったねでも通り過ぎたフラグですハイ。

にしてもあれだけひどい状況で両方から返事が来るとは正直思っていなかった。最初から考えておけとあれほど言われてはいたのですが。  
Posted by hz_alloy at 16:36Comments(0)TrackBack(0)雑記 

2008年08月21日

院試終了のお知らせ

俺たちの学生生活はまだはじまったばかりだ!!

kome先生の来年度にご期待下さい

※赤テンインシにて後日エピソード特別編「二月期採用」を掲載予定です  
Posted by hz_alloy at 19:29Comments(0)TrackBack(0)雑記 

2008年06月20日

黴び錆び

 先日かねてより約束していた自転車のお古(ミヤタのマウンテン)を燕氏に引き渡した。

 私の自宅と彼の下宿先ではかなりの距離があるのだがそこは輪行でなんとか乗り切った。正直周囲の視線が痛すぎて、平日昼間とはいえ快速でなく急行にしておけばよかったと後悔した。しかし慣れ親しんだ自転車で別の地域を走るというのは非常に新鮮であったので、できればこのような都市部でなく落ち着いた地方都市などで試してみたい。

 そのマウンテンはもう10年以上前のもので、ちゃんとした車庫もなく屋外放置だったので酷い有様であった。そもそも数年前に私が父から譲って頂いたもので、こちらに越してきて以来使用する機会を無くされてしまったそれは目どころか色々当てられない状態だったのだ。当時自転車を盗難されて新車を購入する気もなかったので在るものを直して使おうというまぁ割と自然な動機だったのだが、修理の過程で自転車の扱いに慣れていきすっぽり嵌ってしまったという次第である。
 譲渡に当たってタイヤ、チューブ、サドル、ブレーキシューの交換と錆取りこそしたもののチェーンとギアクランクはぼろぼろで、間違って触れてしまえば酷い脂汚れに見舞われ、しばし石鹸と格闘することになるだろう。あぁ、あとスポークとリムゆがみが酷いのでなんとか誤魔化して使って欲しい。酷い。
 九十九年大事に使えという道具などもう滅多にお目にかかれないが、さてまぁ大事に使うことと長く使うことの両立に当たって、「使う数を減らす」というのはやや本末転倒気味であるので、大切に扱ってくれと願うほどの品ではないが(しかしなんと彼はそのボロチャリを室内保管して使ってくれるという!)今後の彼の生活と、彼の自転への興味の導入に少しでも役立ってくれればとは思う。なんというマニア精神。  続きを読む
Posted by hz_alloy at 00:11Comments(0)TrackBack(0)雑記 | 戯言

2008年05月30日

時系列とか気にしちゃ駄目

 先月のいつだったかのこと。確か雨だった。

 長い付き合いのA氏と野郎二人で和室にてお茶会。奴さんが以前偉くお気に召したというSFの代表的作品の映画「惑星ソラリス」を観賞。しとしとと雨が降る中何が悲しくてこんな事してるのかと思うけど割といつものこと。空気もあってるしね。

 原作者と映画監督が大げんかしたと聞いたがなるほど、こりゃSFじゃねぇわ。いや、SFなんだけど宇宙っぽくない。やたら生活感のある宇宙船とかロケットのバーナーが灯油だったりとか未来っぽい雰囲気を撮ろうとしたのか車載電話をしながら首都高を走るシーンとかいろいろツッコミどころも多かったが考えてみればそう不思議でもないことなんだよね。
 当時の未来感に私たちがノスタルジーを感じられる(決して思い描かれていた文明にはたどり着いていない)わけだが、それをある種お約束というか、テンプレ化したイメージとして捉えると、つまり映画という視覚印象の強いものに騙されがちだが舞台いうものを考えてみれば違和感は激減するでしょう。暗黙の了解と圧倒的演技力で場を演出する。舞台装置はあくまで修飾。
 現在の多くの人が浮かべるSF宇宙像だって精々はスターウォーズやサンライズなわけで、それにも当然多くのお約束が含まれている。ましてやその発想の元ネタとなった作品群の一つなわけなのだし。リアリティや整合性は必ずしも必要なわけではない。
 それにしても何故当時はテカテカのビニル製品と無意味なスイッチ、照明郡と首都高のダイナミックな曲線コンクリートに未来を見出したのだろうか。どう見てもその当時の最先端の技術の結晶を越えるものでは決してないと思うのだが。

 まぁ、30年もすれば現代人が持つ未来像である半透明な曲線フォルムのプラスチック素材を多用した町並みとか空間に出される立体映像とかリニアトレインとか見て「クリーン(笑)」とか言ってくれるんだろうね。そんなことは創作サイドも十分に理解してるだろうけどどうにも役所の未来都市(笑)像とかが不安だ。

 結局のところ限定空間において真偽など大した意味は持たぬよと無理矢理結びつけて終わる。そんなことより奥さんが色っぽすぎてよかった。あーいう民族衣装はサマになってていいね。液体窒素は不気味だったが。  
Posted by hz_alloy at 00:14Comments(1)TrackBack(0)雑記