大阪府警高速隊は16日夜、道交法違反(無免許運転)の疑いで岐阜県池田町萩原、建設作業員、窪田博文容疑者(37)を現行犯逮捕した。高速隊によると、窪田容疑者は名神高速で車を放置、雨の中、反対車線へ横断するなど約200メートル走って逃げており「無免許だったので逃げた」と供述しているという。

 高速隊によると、16日午後11時半ごろ、名神高速上り線吹田サービスエリアで、パトロール中の警察官が窪田容疑者に職務質問。窪田容疑者は乗っていた乗用車で約1キロ逃げ、大型トラックと接触事故を起こした後、車を乗り捨てた。

 走って中央分離帯を越えて反対車線に出たが、追いかけた警察官に取り押さえられたという。

【関連記事】
無免許で公用車運転容疑 相模原市役所職員を逮捕
無免許の講師が授業5年超 福岡・柳川の私立高
「金なくタクシー乗れず」無免許取り調べに無免許運転で出頭
中2と16歳の車が事故 飲酒検問突破しパト追跡中
男性高校講師を懲戒免職 免停中に無免許通勤 熊本県教育委
外国人地方参政権問題に一石

<雑記帳>静岡県立大の大学院生、伊東温泉で芸者デビュー(毎日新聞)
被災地での支援マニュアルを作成-全国ホームヘルパー協議会(医療介護CBニュース)
動き出す大阪「都」構想 どんなメリットあるのか(J-CASTニュース)
普天間問題で協力求める 日米非公式首脳会談で鳩山首相(産経新聞)
<障害者自立支援法>「違憲」訴訟 名古屋地裁でも和解(毎日新聞)