赤松広隆農林水産相は11日の閣議後会見で、宮崎県で口蹄(こうてい)疫による家畜被害が拡大していることについて「やるべきことはやりきってきた。(発生地域が)飛び火すれば別の方策を考えなければいけないが、今は現在の方式をしっかり進める」と述べ、現行のまん延防止策を徹底して実施するのが重要との考えを示した。 

【関連ニュース】
「全額面倒を見る」=口蹄疫での補償で
殺処分の家畜6万頭超す=宮崎の口蹄疫
口蹄疫対策で小沢氏に要望=宮崎県知事
新たに12農場で口蹄疫疑い=宮崎
殺処分対象、3万頭に迫る=豚でまた口蹄疫疑い

偽造クーポン使用、無職男を逮捕=大阪市互助会支給、9万枚流通-府警(時事通信)
<法政大高>元教諭2人書類送検 修学旅行中に体罰(毎日新聞)
<普天間>「5月超えても交渉」 枝野氏、首相の責任を否定(毎日新聞)
橋下知事が憲法改正に言及 「議院内閣制変えるべき」(産経新聞)
<御殿場女性遺体>元夫が殺害認める供述(毎日新聞)