民主党の渡部恒三元衆院副議長は2日、小沢一郎幹事長の資金管理団体をめぐる事件について「(小沢氏が起訴されれば)辞任は当然だ。場合によっては議員辞職もあるだろう」と国会内で記者団に述べた。起訴という前提付きながら、党内から小沢氏の議員辞職に言及する声が出たのは初めて。

 渡部氏は小沢氏本人に刑事責任が及ばなかった場合についても「一番大事なのは国民の世論と道義的責任だ。非常に判断が難しい」と述べ、世論次第では幹事長職を辞することも必要との認識を示した。【須藤孝】

【関連ニュース】
民主:「コア・メンバー」制度を創設へ 政策決定に党関与
小沢幹事長:キャンベル米国務次官補と会談 内容明かさず
党首討論:17日開催で与野党合意 初の鳩山首相対自・公
鳩山首相:小沢氏の招致、明言せず…参院代表質問
鳩山首相:今夏参院選の陣頭指揮「小沢氏に」

子ども手当満額「異論」、火消しに躍起の政府(読売新聞)
神経細胞 皮膚から作成、「万能細胞」使わず 米国(毎日新聞)
元運輸部長、不起訴は不当=福知山線脱線で検察審査会-神戸(時事通信)
サンラ・ワールドを捜索 未公開株投資で巨額集金 金融商品取引法違反容疑 警視庁(産経新聞)
<平城遷都1300年祭>入札工事6件、くじ引きで落札--奈良(毎日新聞)