埼玉県飯能市で犬の死骸(しがい)が大量投棄された事件で、廃棄物処理法違反容疑で逮捕された動物葬祭業の阿部忍容疑者(71)が飼い主に対し、「骨を返します」と約束してペットを引き取っていたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。実際には火葬せず、別の骨を渡した疑いがあるとみて、県警生活環境2課などは詐欺容疑も視野に捜査している。
 捜査関係者によると、阿部容疑者は3月19日、同県川口市の女性(80)から死んだ犬の引き取り依頼を受けた際、「火葬後に骨を返します」と約束。しかし、実際には飯能市の山中に死骸を捨てていた。
 阿部容疑者は動物の骨を女性に渡したが、火葬していないことから、同課は預かったペット以外の骨とみている。他の客の中にも「戻ってきた骨は飼っていたペットのものと違う気がする」と話す人がいるという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕動物の赤ちゃん
行員演じ現金引き出す=詐欺容疑で2人逮捕
動物葬祭業者を逮捕=元町議、犬死骸を不法投棄
山中に犬の死骸100匹=ペット処理業者、不法投棄か
「脳トレ」で高齢者事故防止=出張講座、「ゲーム感覚」好評

4歳女児、車にひかれ死亡=ホームセンター駐車場で-埼玉(時事通信)
授業中に居眠り、日本の高校生45%!(読売新聞)
<輸血ミス>60代女性死亡 因果関係なしと阪大病院(毎日新聞)
天窓破り児童転落の小学校、教委調査に「天窓ない」(読売新聞)
治療用医療機器部門の新規事業化へ―ゼリア新薬(医療介護CBニュース)