宮崎県は19日夜、口蹄(こうてい)疫被害が広がっている川南町などの半径10キロの移動制限区域内で飼育される牛や豚に接種するワクチンが、県の宮崎家畜保健衛生所(宮崎市)に到着したと発表した。動物検疫所神戸支所から移送した牛約10万頭分で、豚への接種も可能という。関係者との調整が済み次第、接種を開始する。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕動物の赤ちゃん
ワクチン使用判断へ=口蹄疫の感染拡大防止で
猫虐待で25歳男書類送検=里親サイトで入手「うるさい」
テン、富山の動物園へ=トキのケージで捕獲
脊椎動物、3割減少=10年目標は未達成に

早く具体策を!国の口蹄疫対処方針に農家怒り(読売新聞)
普天間“公約”違反 民主に首相責任論回避の動き 「小鳩で参院選」大勢(産経新聞)
<JR総武線>ポイント故障で6万6千人に影響(毎日新聞)
「090金融」5人逮捕、800人超貸し付けか(読売新聞)
<柏崎刈羽原発>1号機 新潟県が運転再開容認(毎日新聞)